このキーワード
友達に教える
URLをコピー

福岡市とは?

 | 
福岡市旗 | 福岡市章
1909年(明治42年)10月制定

【国】
日本
【地方】
九州地方
【都道府県】
福岡県
市町村コード
40130-7
法人番号
3000020401307
【面積】
343.39km

【総人口】
1,603,043[編集]
(推計人口、2020年9月1日)
人口密度
4,668人/km
【隣接自治体】
佐賀県
佐賀市
神埼市
神埼郡吉野ヶ里町

【市の木】
1979年(昭和54年)10月制定
【市の花】
1979年(昭和54年)10月制定
【市の鳥】
1989年(平成元年)6月制定
福岡市役所

【市長】
高島宗一郎
【所在地】
810-8620 福岡市役所専用番号
福岡県福岡市中央区天神一丁目8番1号
北緯33度35分24.5秒東経130度24分6.2秒座標: 北緯33度35分24.5秒 東経130度24分6.2秒
市庁舎位置


【外部リンク】
福岡市

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村



ウィキプロジェクト

福岡市(ふくおかし)は、福岡県西部に位置する。福岡県の県庁所在地であり、政令指定都市である。

近畿地方以西の西日本では2番目、東京23区を除いた全国の市では横浜市大阪市名古屋市札幌市に次ぐ5番目の人口(約160万人)を擁し、九州地方行政経済交通の中心地として同地方最大の人口を有する。

概要

福岡市のスカイライン

博多湾に面するこの地域は古来から博多(はかた)として認識されており、大陸方面への玄関口として利用されてきた。中世に商人による自治都市が形成され、戦乱で度々焼き払われながらも、豊かな町人文化を育んだ。豊臣秀吉の手で復興されたのち、黒田氏福岡城とその城下町を築いたことで、那珂川を境に西が城下町としての「福岡」、東が商人町としての「博多」となった。その後、江戸時代から明治時代初頭にかけて、福岡と博多は共存していたが、1876年に福岡と博多は統合され福博(ふくはく)となり、その後、福岡と改称された。

九州地方行政経済交通の中心地であり同地方最大の人口を有し、西日本においても大阪市に次ぐ人口を擁する都市である。福岡市を中心とする福岡都市圏都市雇用圏として全国5位の人口を擁し、北九州市(北九州都市圏)とともに形成する北九州・福岡大都市圏都市単位の経済規模において日本の4大都市圏に数えられる。明治維新の近代初期は現在のように九州地方で最大の都市では無かった(都道府県庁所在地と政令指定都市の人口順位を参照)。当時、九州地方最大の都市は長崎市鹿児島市であり、九州地方を統括する中央の出先機関は熊本市に置かれるなど、九州地方における福岡県および福岡市の重要性は低かった。1899年博多港開港、1911年九州帝国大学(現在の九州大学の前身)設置に端を発して発展が進み、徐々に九州地方の中枢として位置づけられるようになった。1910年代に熊本市の人口を抜き九州地方最大となる。1920年人口統計では熊本県の人口の2倍を超えている。また、この時期から九州を統括する中央の出先機関は福岡市に移行している。1963年に、五市合併で北九州市が発足すると同市の人口が九州地方最大となったが、その後、昭和後期の日本における炭鉱の相次ぐ閉山・第三次産業の急速な発達と、政令都市指定・山陽新幹線博多延伸などを経て、1979年に再び福岡市の人口が九州地方最大となった。2010年以降、福岡市は人口増加数、増加率とも政令市の中で最も高く、現在もなお年間1万人を超えるペースで増加傾向にある。2015年には神戸市を抜き、全国でも5番目に人口が多い市となった。2020年5月には、人口が160万人を突破した。

日本の森記念財団が2019年に発表した「世界の都市総合力ランキング」では評価対象となった都市の中で世界42位、国内3位に評価された。また同財団が国内の都市の魅力や持続性を評価した「都市特性評価」では京都市に次いで国内2位であった。グローバル創業・雇用創出特区として、北九州市とともに国家戦略特別区域に指定されている。

福岡市の都心は、天神博多の両極がある(それぞれ江戸時代の福岡と博多に相当する)。天神地区は福岡市役所西鉄福岡(天神)駅福岡市地下鉄天神駅のほか、多数の百貨店ファッションビルが集積する九州最大の繁華街である。博多には九州最大のターミナル駅である博多駅があり、多数の新幹線や特急列車が九州各都市を結んでいる。また福岡空港も地下鉄で数分と至近距離であるため、駅周辺は大企業の支社が集積するビジネス街となっている。天神と博多を隔てる那珂川中州に形成された歓楽街は、中洲(なかす)として全国的に有名である。中洲は西日本一の歓楽街とされ、東京新宿歌舞伎町札幌すすきのと並んで、日本三大歓楽街の一つとされる。天神・博多・中洲・長浜などで夜間に常設される屋台の数は日本一で、屋台目当ての観光客も多い。1995年には複合商業施設キャナルシティ博多が中洲の東側に開業、2011年には九州新幹線博多延伸に伴い博多駅に複合商業施設JR博多シティ(アミュプラザ博多博多阪急)、2016年にはKITTE博多(博多マルイ)が開業した。博多駅周辺の商業施設の集積が進んでおり、天神地区との商業地競争が激化している(「天神流通戦争」も参照)。

福岡市の主な副都心としては、西新香椎が挙げられる。両者の周辺には高校大学専門学校が多数存在するほか、ウォーターフロント開発地区として、西新の北にはシーサイドももちが、香椎の西にはアイランドシティが隣接している。特にシーサイドももちには、福岡PayPayドーム福岡市総合図書館福岡市博物館報道各社といった文化・エンターテインメント施設が集積している。天神や博多などの福岡都心は福岡空港に近く超高層ビルが建てられないが、福岡市内の高さ100m以上の建造物の殆どが(比較的高さ規制の緩い)この両副都心の近辺にある。この両副都心ほど大規模ではないが他に福岡市の副都心として挙げられる地域は、大橋姪浜がある。

地理

位置

福岡市の衛星写真
2015年10月撮影

九州の北部。日本海(博多湾今津湾玄界灘)に面した半月型の福岡平野の大半の部分を市域とする。北は博多湾の北辺に位置する砂州である海の中道陸繋島である志賀島、西は糸島半島の東部まで市域となっている。南・南西は脊振山地に含まれる山間部まで市域が伸びており、佐賀県に接している。ほかに有人島嶼として、博多湾上の能古島や市の西部で博多湾口付近の玄界灘上に浮かぶ玄界島、そのさらに西北部にある小呂島を市域に含んでいる。

福岡市から壱岐対馬を挟んで向かい側に朝鮮半島がある。日本の人口100万人以上の主要都市としては韓国ソウル特別市中国上海市台湾台北市に最も近い都市で、直線距離では東京特別区から約880km、大阪市から約480km、広島市から約200km、韓国の釜山広域市から約200km、ソウル特別市から約540km、中国の上海市から約890km、台湾の台北市から約1280kmの位置にある。

地形

市域の多くは福岡平野に含まれており、一部に小高い山なども存在するものの概ね平坦である。他の大都市と比べて平坦であるため、通勤や通学、買い物における自転車利用の利便性が高い。市域西部・西南部は脊振山地の一角を成しており、標高が高く起伏の大きい地形となっている。市街地の海岸部は大半が埋立地であり、港湾・住宅などが建設されている。また、博多湾東部には人工島も建設されている(アイランドシティ)。一方、西区の大部分や東区海の中道と島嶼部などには自然海岸も残っている。また、玄界島の北方約300mに黒瀬と呼ばれる幅200m程度の岩礁が発達している。黒瀬は、新生代第四紀に活動した福岡県唯一の火山島に分類され、玄武岩で構成されている。

市内を流れる河川としては、市域中心部を流れる那珂川御笠川や市域東部を流れる多々良川、市域西部を流れる室見川などがあるが、一級河川はない。従って自主水源に乏しくたびたび大規模な渇水(例:昭和53-54年福岡市渇水)に見舞われている。

長大河川はない一方で、前述のとおり平野周辺の山地から短い河川長とやや急な勾配で博多湾に流れ込む河川はおおむね市街地を経由しているため、集中豪雨があった場合に氾濫しやすく、それが福岡平野を形成したと見られるが、現代において都市治水上の課題となっている。

気候

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。
出典検索: "福岡市"ニュース 書籍 スカラー CiNii J-STAGE NDL dlib.jp ジャパンサーチ TWL
(2014年8月)

日本海側に面しているが、温暖な太平洋側気候九州型気候区であり、年平均気温は概ね17℃前後、年間降水量は概ね1500〜1800mm程度で推移している。なお、背振山地やその麓にあたる地域はそれよりも多くなる。冬季に日照時間が少なくなる点が太平洋側諸都市と異なり、年間日照時間は概ね1800〜1900時間程度で、九州の他地域に比べてやや短い。冬季の日照時間は少ないが、降水量分布の観点では夏季に降水量のピークがあり冬季の降水量は少ない典型的な夏極大型の太平洋側気候であり、島根県以東の日本海側気候の地域と比べ冬季の10mm以上の雨日数と降雪量が極端に少ないという点で典型的な日本海側気候とは決定的に異なっている。

緯度が低い上に内湾に面している大都市のため、夏季は大阪市などと並んで昼夜を問わず大変暑さが厳しい地域の一つである。6月から真夏日が見られ、7月以降、9月にかけて真夏日の厳しい暑さが続く。猛暑日の平年で5.5日と毎年猛暑日を記録する。人口規模に比してヒートアイランド現象が著しく、戦前からの熱帯夜日数の増加率が日本の主要な気象観測点で一番高くなっている(1936年〜2007年にかけて10年で5.0日のペースで増加)。平年の熱帯夜日数は本土では大阪市神戸市鹿児島市に次いで多い33.4日で、実に1か月以上に及ぶ。猛暑日15日以上、熱帯夜50日以上となった年もある。九州という低緯度地域で夏期にはより湿った気団の影響を受けやすい上、市街地が博多湾に面しており湿った海風が入りやすく、気温に加え湿度が高い。そのため東京23区名古屋市など東日本の主要都市と比べ不快指数や暑さ指数(WBGT、湿球黒球温度)が高く、体感的な暑さは厳しくなる。近年は特に夜間に気温が下がりにくくなっており、2018年8月22日には国内で8例目となる最低気温30℃以上、国内観測史上2番目に高い最低気温30.5℃(いわゆる超熱帯夜)を記録した。

冬季は北側の玄界灘を流れる暖流である対馬海流の影響を受けるため、冬日は少なく(平年4.3日)、全くない年もある。東京23区や名古屋市、京都市などと比べて平均気温は約2.0℃高く、気温の面で温暖と言える。しかし北西季節風が吹きつけ、曇天の日が多く日照時間は少ないため体感気温は低めである。また比較的大陸に近いために西回りで強い寒波が流れ込みやすく、一時的に寒さが厳しくなり最高気温が0~3℃台となることもある。降水量は少ないが、降水日数は太平洋岸の諸都市よりやや多くなっている。平年の年間降雪日数は17.1日で、積雪は年1〜2回、最大5cm程度で、積雪が全く無い年も珍しくない。これは、北西季節風の風上が朝鮮半島の影響で狭くなっている対馬海峡のため、北西季節風の海上吹走距離が短く、雪雲が発達しないためである。北西風型の冬型では、吹走距離が短く未発達の雲がかかる福岡市の積雪が0cm〜3cm程度なのに対し、東シナ海上の吹走距離が長く発達した雪雲がかかる鹿児島市が20cm以上の大雪になったという例も度々起こる。早良区南部(脇山・内野・板屋・曲渕)や山沿いでは積雪量はやや多くなるが、日本海側や広島市などの山陽地方の山沿いと比べても少ない。

年間の雷日数は雷都として有名な宇都宮市の次に多く、全国の県庁所在地で第11位の24.7日で、太平洋側と異なり冬季にもしばしば落雷が観測される。夏の晴天日のいわゆる夕立は少なく、首都圏のような中心部直撃の激しい雷雨や降雹はない。その分夕立による打ち水効果を期待できず、熱帯夜が多くなっている(平年値の統計期間は1981年2010年)。

福岡市(福岡管区気象台)の気候
【月】
【1月】
【2月】
【3月】
【4月】
【5月】
【6月】
【7月】
【8月】
【9月】
【10月】
【11月】
【12月】

最高気温記録 °C (°F) 21.5
(70.7) | 24.3
(75.7) | 26.3
(79.3) | 30.1
(86.2) | 32.3
(90.1) | 37.3
(99.1) | 38.3
(100.9) | 38.1
(100.6) | 37.1
(98.8) | 33.3
(91.9) | 28.2
(82.8) | 26.0
(78.8) | 38.3
(100.9)
平均最高気温 °C (°F) 9.9
(49.8) | 11.1
(52) | 14.4
(57.9) | 19.5
(67.1) | 23.7
(74.7) | 26.9
(80.4) | 30.9
(87.6) | 32.1
(89.8) | 28.3
(82.9) | 23.4
(74.1) | 17.8
(64) | 12.6
(54.7) | 20.9
(69.6)
日平均気温 °C (°F) 6.6
(43.9) | 7.4
(45.3) | 10.4
(50.7) | 15.1
(59.2) | 19.4
(66.9) | 23.0
(73.4) | 27.2
(81) | 28.1
(82.6) | 24.4
(75.9) | 19.2
(66.6) | 13.8
(56.8) | 8.9
(48) | 17.0
(62.6)
平均最低気温 °C (°F) 3.5
(38.3) | 4.1
(39.4) | 6.7
(44.1) | 11.2
(52.2) | 15.6
(60.1) | 19.9
(67.8) | 24.3
(75.7) | 25.0
(77) | 21.3
(70.3) | 15.4
(59.7) | 10.2
(50.4) | 5.6
(42.1) | 13.6
(56.5)
最低気温記録 °C (°F) -6.0
(21.2) | -8.2
(17.2) | -4.7
(23.5) | -1.4
(29.5) | 1.4
(34.5) | 4.3
(39.7) | 13.8
(56.8) | 15.4
(59.7) | 7.9
(46.2) | 0.4
(32.7) | -2.1
(28.2) | -5.4
(22.3) | -8.2
(17.2)
降水量 mm (inch) 68.0
(2.677) | 71.5
(2.815) | 112.5
(4.429) | 116.6
(4.591) | 142.5
(5.61) | 254.8
(10.031) | 277.9
(10.941) | 172.0
(6.772) | 178.4
(7.024) | 73.7
(2.902) | 84.8
(3.339) | 59.8
(2.354) | 1,612.3
(63.476)
降雪量 cm (inch) 2
(0.8) | 1
(0.4) | 1
(0.4) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 4
(1.6)
平均降水日数 (≥0.5 mm) 11.0 | 10.1 | 12.9 | 11.0 | 10.7 | 12.4 | 11.9 | 10.4 | 10.9 | 7.3 | 9.7 | 10.3 | 128.6
平均降雪日数 (≥0 cm) 6.9 | 4.3 | 1.9 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0.1 | 3.8 | 17
% 湿度 63 | 63 | 65 | 65 | 68 | 74 | 75 | 72 | 73 | 67 | 67 | 64 | 68
平均月間日照時間 102.1 | 121.0 | 149.8 | 181.6 | 194.6 | 149.4 | 173.5 | 202.1 | 162.8 | 177.1 | 136.3 | 116.7 | 1,867
出典:気象庁 (平均値:1981年-2010年、極値:1890年-現在)


地名

福岡市の地名を参照。

行政区

西区
東区
早良区
博多区
中央区
城南区
南区

以下の7つので構成される(自治体コード順)。 人口はいずれも2020年9月1日時点の推計人口。

コード 区名 人口
(人) 面積
(km) 人口密度
(人/km)
40131-5 東区 321,728 | 69.36 | 4,639
40132-3 博多区 245,437 | 31.63 | 7,760
40133-1 中央区 204,588 | 15.40 | 13,285
40134-0 南区 265,063 | 30.98 | 8,556
40135-8 西区 212,211 | 84.17 | 2,521
40136-6 城南区 133,097 | 15.99 | 8,324
40137-4 早良区 220,919 | 95.87 | 2,304
 | 合計 | 1,603,043 | 343.39 | 4,668

当初は5区体制で発足したが、1982年(昭和57年)に西区から城南区、早良区が分区された。

市街地構成

市の中央部にある天神地区(中央区)が市の中心部で、ここには数多くのデパートやビルが建ち並んでいる。天神から那珂川を挟んだ東隣には那珂川の本流と支流(博多川)に挟まれた中州地形部分があるが、そこが日本三大歓楽街の一つに挙げられる中洲である。そのさらに東隣は「博多」の市街地である。その博多市街地の南東に博多駅が位置している。中洲から博多駅の間の一帯はオフィスビルやビジネスホテルなどが建ち並ぶビジネス街である。天神地区の西および西南に位置する大名今泉警固では、1990年代後半ごろから主に若者をターゲットとした店舗が増え、若者の町として急速に発展している。

大名から西へ行くと福岡城跡がある。さらに西方、天神から約4kmの位置には、福岡市の副都心を成す繁華街の西新(早良区)がある。西新の北側は1980年代に埋立により開発された土地で、シーサイドももちと呼ばれ、当時として新しい市街地が形成されている。

市域東部の博多湾上においてアイランドシティ(東区)と呼ばれる人工島が建設中であり、2000年代後半から2010年代初頭頃にかけて、港湾地区と住宅地の一部が竣工している。福岡市では、2000年(平成12年)前後から市東部のJR鹿児島本線、西鉄貝塚線沿線において土地区画整理事業や連続立体交差化事業などの市街地開発事業を実施しており、古くから東部の副都心とされる香椎駅西鉄香椎駅周辺の香椎地区とJRの旧香椎操車場跡地を利用した新興市街地である千早地区との間、および箱崎地区と吉塚地区との間で整備事業が進んでいる。連続立体交差事業は、千早地区が2004年頃、箱崎地区が2004年3月、香椎地区が2007年3月に竣工した。また、土地区画整理事業は、箱崎地区、千早地区については2010年頃までにほぼ完了し、香椎地区については進行中である。

市内南部方面を網羅する、福岡高速5号線福岡外環状道路を中核とする都市計画道路の整備も進み、2011年4月に福岡外環状道路が全線完成供用されるのと前後して、これに接続する新たな主要幹線道路が都市計画道路として整備されほぼ完成している。2012年7月には高速5号線が全線完成し福岡高速環状線となった。

市街地形成と関連した重大な動きとして、九州大学のキャンパス移転が挙げられる。本部を始め多くの学部が置かれていた東区の箱崎キャンパスと、主に教養部が使用していた中央区の六本松キャンパス(旧制福岡高校校地)を西区に新たに開発した伊都キャンパスに移転させる計画である。伊都キャンパスへの玄関口となる今宿から周船寺にかけての地区では伊都土地区画整理事業が実施され、西部地区に新たな拠点地域が整備された。キャンパス移転は2005年より開始され、同年には九大学研都市駅も開業している。一方、六本松キャンパスの跡地には複合施設・六本松421が開業し、福岡高等裁判所福岡高等検察庁福岡県弁護士会館などの法曹関係の施設も当地に移転した。箱崎キャンパスの跡地では「Fukuoka Smart EAST」計画のもと先進的な都市づくりが行われることとなっている。

このほか、駅周辺再開発事業により、福岡市地下鉄姪浜駅周辺の姪浜地区(西区)に新興の商業地が、西鉄大橋駅周辺の大橋地区(南区)にも既存商業地が、それぞれ発達している。

また、街路は、新しく建設された主要幹線道路においては無電柱化、街路樹の整備が促進されている。

さらに都市景観上の大きな特徴として、郊外に超高層マンションが林立しているにももかかわらず、中心部に超高層ビルが存在しないことが挙げられる。これは中心部の至近距離に福岡空港が存在し、航空法の制限表面によりビルに高さ規制が掛かっているためで、博多駅地区では60m、天神地区でも70m程度までが限度となっている。そのため、市では天神及び博多駅周辺500m圏内のビルの建て替えなどに合わせて、「天神ビッグバン」・「博多コネクティッド」と称した大規模な市街地再開発事業に着手しており、国家戦略特区制度を活用して高さ制限の緩和が行われることとなっている。

福岡市全域のうち玄界島及び小呂島を除く都市計画区域34,082ヘクタールのうち約半分にあたる17,710ヘクタールが市街化調整区域に指定されており、新規に建築物等を建築することが厳しく規制されているが、既存集落等においては、一定の区域を定めて、住宅等の一部の建築物の用途に限り、建築を認める制度が条例で定められている。福岡市においては現在(令和3年時点)も人口が増加し続けており、郊外への開発圧力は依然として高く、線引き制度による規制の重要性は減じていないが、市街化調整区域では、少子高齢化の進む既存集落の活性化も課題となっている。

「福岡」と「博多」

都市名は「福岡」であるが、「福岡」を称する市の中心駅名は、西鉄 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2021/05/14 10:20

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「福岡市」の意味を投稿しよう
「福岡市」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

福岡市スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「福岡市」のスレッドを作成する
福岡市の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail