このキーワード
友達に教える
URLをコピー

福岡放送とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2017年4月)
  • 信頼性に問題があるかも知れない資料に基づいており、精度に欠けるかもしれません。(2017年10月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2017年10月)
  • 正確性に疑問が呈されています。(2017年10月)
 | 画像提供依頼:福岡市博多区築港本町にあった初代本社(博多パラダイス時代)の画像提供をお願いします。(2014年5月)
株式会社福岡放送
Fukuoka Broadcasting System Corporation

FBS福岡放送・社屋

種類
株式会社
【略称】
FBS
【本社所在地】
日本
810-8655
福岡県福岡市中央区清川2丁目22番8号
【設立】
1968年5月27日
業種
情報・通信業
法人番号
3290001010017
【事業内容】
放送法に基づく一般放送事業
【代表者】
代表取締役社長 菅原洋二
【資本金】
3億円(2011年3月31日時点)
【売上高】
129億3591万円(2011年3月期)
【営業利益】
11億6693万円(2011年3月期)
【純利益】
6億3921万円(2011年3月期)
【純資産】
259億8208万円(2011年3月31日時点)
【総資産】
286億293万円(2011年3月31日時点)
【従業員数】
158人(2017年3月31日時点)
【決算期】
3月
【主要株主】
九州電力(26.7%)
読売新聞グループ本社(20.0%)
日本テレビホールディングス(16.9%)
【主要子会社】
株式会社FBSエンタープライズ
【外部リンク】
http://www.fbs.co.jp/
【福岡放送】

【英名】
Fukuoka Broadcasting
System Corporation

放送対象地域
福岡県
ニュース系列
NNN
番組供給系列
NNS
【略称】
FBS
愛称
FBSテレビ
呼出符号
JOFH-DTV
呼出名称
ふくおかほうそう
デジタルテレビジョン
【開局日】
1969年4月1日
本社
〒810-8655
福岡県福岡市中央区清川
2丁目22番8号
演奏所
本社と同じ
リモコンキーID
5
デジタル親局 福岡 32ch
【主なデジタル中継局】
北九州・行橋・糸島 32ch
久留米・大牟田 21ch
宗像 20ch
【公式サイト】
http://www.fbs.co.jp/

株式会社福岡放送(ふくおかほうそう、: Fukuoka Broadcasting System Corporation)は、福岡県放送対象地域としたテレビジョン放送事業を行っている、特定地上基幹放送事業者である。 略称はFBS日本テレビ系列に属している。

目次

  • 1 会社概要
    • 1.1 事業所
    • 1.2 その他
  • 2 主なチャンネル
    • 2.1 デジタル放送
    • 2.2 アナログ放送
  • 3 資本構成
    • 3.1 2015年10月1日
    • 3.2 過去の資本構成
  • 4 沿革
    • 4.1 ネットワークの移り変わり
    • 4.2 福岡県と日テレ系
  • 5 シンボルマーク
  • 6 マスコットキャラクター
  • 7 概況
    • 7.1 過去のエピソード
  • 8 スタジオ
  • 9 番組
    • 9.1 自社制作番組
    • 9.2 日本テレビ系時差ネット番組
    • 9.3 独立局・プロダクション制作番組
    • 9.4 終了した自社制作番組
    • 9.5 TVQ九州放送開局まで放送していたテレビ東京系の番組
  • 10 所属するアナウンサーなど
    • 10.1 男性
    • 10.2 女性
    • 10.3 契約職
  • 11 過去に在籍していたアナウンサー
    • 11.1 男性
    • 11.2 女性
    • 11.3 契約アナ
  • 12 アナウンサー以外の出身者
  • 13 ケーブルテレビ再送信局
  • 14 脚注
  • 15 関連項目
  • 16 外部リンク

会社概要

事業所

新小倉ビル(北九州支社が入居)
旧:本社(サンセルコ(奥)・現在は電気ビル別館)
現在、屋上のロゴ入り鉄塔・入口の「FBS福岡放送」のロゴは撤去されている。
本社・演奏所
支社

その他

主なチャンネル

直接受信可能エリアは福岡県、佐賀県のほぼ全域と山口県下関 - 宇部市付近の沿岸部、長崎県有明海沿岸部、壱岐、対馬、大分県中津 - 宇佐・日田地域、熊本県北部の一部地域。

デジタル放送

日本テレビ系列のリモコンキーID地図

NNN系列局のリモコンキーIDは原則「4」となっているが、福岡県では先に開局したJNN系列のRKB毎日放送(RKBテレビ)が福岡地区のアナログ放送チャンネルと同じ「4」を獲得していることに加え、ANN系列の九州朝日放送(KBCテレビ)も福岡地区のアナログ放送チャンネルと同じ「1」を獲得したことでANN系列局が使用することが多い「5」が空いていたことから、札幌テレビ放送(STV)と同番となる「5」を獲得した。佐賀県でもそのまま「5」にプリセットされるが、長崎・熊本・大分・山口の各県では、地元ANN系列局(長崎文化放送熊本朝日放送大分朝日放送山口朝日放送)が「5」を使用しているために枝番が付く。

このことを周知することから、FBSのID画面では「地デジGO!」と宣伝したものを放送した(その一例として、戦隊ヒーローもののかぶり物をした人たちが人文字で「5」をこしらえたり、アイドル風の3人の女の子がテクノ調の曲に合せて指文字で「5」と表し「ラララ地デジGO!」と歌うものもあった)。

呼出符号:JOFH-DTV(リモコンキーID:「5」)
【局名】
【物理
チャンネル】
【空中線電力】
【所在地】
備考
福岡局 | 32ch | 3kW | 福岡タワー | 当初暫定30Wで運用し、2006年11月試験的に定格に引き上げ。12月以降は定格出力
北九州局 | 32ch | 1kW | 皿倉山 | 2006年10月1日開局。当初は暫定10Wで運用し、1ヶ月後に100Wに引き上げ
久留米局 | 21ch | 30W | 九千部山 | 2006年12月1日開局。当初は暫定3Wで運用
大牟田局 | 21ch | 10W | 甘木山 | 2007年6月1日開局。当初は暫定1Wで運用していた
行橋局 | 32ch | 10W | 大坂山 | 2007年9月1日開局
宗像局 | 20ch | 21W | 許斐山 | 2007年9月1日開局。試験放送時は暫定2Wで運用
苅田局 | 21ch | 1W |  | 垂直偏波
筑前山田局 | 21ch | 1W | 熊ヶ畑山 | 
吉田局 | 15ch | 1W | 権現山
(小倉南区) | 
黒木局 | 32ch | 1W |  | 
須恵局 | 32ch | 1W | 岳城山 | 
太宰府局 | 20ch | 1W | 高雄山 | 
鞍手局 | 32ch | 1W | 六ヶ岳 | 垂直偏波
田野浦局 | 36ch | 0.3W |  | 
早良局 | 20ch | 0.3W |  | 

アナログ放送

2011年7月24日停波時点 呼出符号:JOFH-TV
【局名】
【チャンネル】
【空中線電力】
【所在地】
備考
福岡局 | 37ch | 30kW | 鴻巣山 | 
北九州局 | 35ch | 10kW | 皿倉山 | 
久留米局 | 52ch | 300W | 九千部山 | 
大牟田局 | 43ch | 300W | 甘木山 | 
行橋局 | 43ch | 100W | 大坂山 | 垂直偏波
宗像局 | 47ch | 30W | 許斐山 | 
苅田局 | 37ch | 10W |  | 垂直偏波
筑前山田局 | 47ch | 10W | 熊ヶ畑山 | 
吉田局 | 43ch | 10W | 権現山(小倉南区) | 
黒木局 | 37ch | 10W |  | 
須恵局 | 39ch | 10W | 岳城山 | 
太宰府局 | 61ch | 10W | 高雄山 | 
鞍手局 | 21ch | 10W | 六ヶ岳 | 垂直偏波
田野浦局 | 43ch | 3W |  | 
早良局 | 44ch | 3W |  | 

資本構成

企業・団体の名称、個人の肩書は当時のもの。出典:

2015年10月1日

【株主】
比率
九州電力 | 26.7%
読売新聞グループ本社 | 20.0%
日本テレビホールディングス | 16.9%

過去の資本構成

1978年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
発行済株式総数
3億円 | 12億円 | 500円 | 600,000株
【株主】
【株式数】
比率
瓦林潔 | 60,000株 | 10.00%
今村寛 | 46,000株 | 07.66%
読売新聞社 | 42,000株 | 07.00%
西日本新聞社 | 42,000株 | 07.00%
九州産業不動産 | 42,000株 | 07.00%
読売興業 | 36,000株 | 06.00%
有田一壽 | 36,000株 | 06.00%
中島忠輔 | 36,000株 | 06.00%
西日本相互銀行 | 36,000株 | 06.00%
福岡銀行 | 30,000株 | 05.00%
西日本鉄道 | 30,000株 | 05.00%
1992年3月31日
【資本金】
【授権資本】
【1株】
【発行済株式総数】
株主数
3億円 | 12億円 | 500円 | 600,000株 | 19
【株主】
【株式数】
比率
九州電力 | 60,000株 | 10.00%
平田正蔵 | 58,000株 | 09.66%
西日本ユウコー商事 | 46,000株 | 07.66%
読売新聞社 | 42,000株 | 07.00%
西日本新聞社 | 42,000株 | 07.00%
九州産業不動産 | 42,000株 | 07.00%
読売興業 | 36,000株 | 06.00%
有田一壽 | 36,000株 | 06.00%
中島忠輔 | 36,000株 | 06.00%
西日本銀行 | 30,000株 | 05.00%
福岡銀行 | 30,000株 | 05.00%
西日本鉄道 | 30,000株 | 05.00%
2003年3月31日
【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
3億円 | 600,000株 | 17
【株主】
【株式数】
比率
読売新聞東京本社 | 78,000株 | 13.00%
日本テレビ放送網 | 60,400株 | 10.06%
九州電力 | 60,000株 | 10.00%
佐田吉之助 | 58,000株 | 09.66%
西日本新聞社 | 42,000株 | 07.00%
九州産業不動産 | 42,000株 | 07.00%
電気ビル | 42,000株 | 07.00%
よみうり | 36,000株 | 06.00%
西日本銀行 | 30,000株 | 05.00%
福岡銀行 | 30,000株 | 05.00%
西日本鉄道 | 30,000株 | 05.00%
2011年3月31日
【資本金】
【発行済株式総数】
株主数
3億円 | 600,000株 | 15
【株主】
【株式数】
比率
読売新聞東京本社 | 119,900株 | 19.98%
九州電力 | 118,000株 | 19.66%
日本テレビ放送網 | 101,400株 | 16.90%
西日本新聞社 | 042,000株 | 07.00%
電気ビル | 042,000株 | 07.00%
西日本シティ銀行 | 030,000株 | 05.00%
福岡銀行 | 030,000株 | 05.00%
西日本鉄道 | 030,000株 | 05.00%

沿革

当時の本社は博多区築港本町(博多パラダイス)。福岡送信所は福岡市中央区小笹の鴻巣山(新築)、北九州中継局は皿倉山(新築)、久留米中継局は九千部山に設置。
当時はUHFコンバータ付のテレビが普及しておらずFBSの視聴率が低くなるため、CM放送料をVHF局よりも低く設定せざるを得なかったことや、白黒からカラー放送への過渡期で、キー局の日本テレビでも完全にカラー化されておらず、カラー放送機材が大変高価で、3箇所の基幹送信所とカラー設備を開局当初から揃える余裕がなかったことから、スタジオ、中継用の放送設備や人員を最小限に抑え、テレビカメラなどの放送機材は安価な白黒放送機材を導入し、自社制作番組を極力制作しない方針が取られた。同様の方針は、昭和40年代に開局した他のテレビ局においてもみられた。先発VHF局は、親局(福岡又は八幡)のみ先に開局し、数年後に中継局(八幡又は福岡、久留米)を開局しており、FBSはエリア拡大を優先させた。
社史によると、開局間もない頃はスタジオサブの機材が整備されておらず、ローカルのスタジオ生放送番組は白黒放送機材を搭載した中継車をスタジオサブ代わりにして放送していたため、しばらくの間カラー化されなかった。スタジオも近年のテレビスタジオのようなしっかりしたものではなく、他の部屋からの音が聞こえるようなものだった。開局当時はメイク担当者もいなかった。
ただし、マイクロ波中継器を他社に先駆けて導入するなど、スタジオ設備が整っていない代わりに、屋外からの生中継は当初から積極的に行っていたようである。

ネットワークの移り変わり

福岡県と日テレ系

ネットチェンジ#福岡県と山口県(関門2県)のケース」および「テレビ西日本#経緯」も参照

当初、福岡県の日テレ系列は八幡市(現・北九州市)に本社を置いていたテレビ西日本(TNC)であった。これは当時、TNCに日テレが資本参加していたことが主な理由としている。また当時のTNCは朝日新聞社も資本参加していたので、福岡市にある九州朝日放送(KBC、当時は日本教育テレビ(NET、現・テレビ朝日)とフジテレビジョンの2つのキー局のクロスネット局だった)と合併させて福岡県全域をカバーする朝日系テレビ局を開局することを条件にTNCは関門地域、KBCは福岡地域を主対象として開局させた。

しかし、その後朝日新聞社はTNCから資本撤退した事でKBCとの合併は撤回、互いに相図ってサービスエリアの相互乗り入れをして両局は全県放送を開始したが、入れ替わる形で山口放送(KRY)が下関市に関門テレビ放送局を開局(当初はTNCのサービスエリアを考慮し、日テレ系の徳山=現・周南本局とは番組内容を代えて事実上はNETメインの独立局扱いとして開局)。さらに読売新聞西部版の創刊で、TNCとの資本関係が強い西日本新聞に重圧を与えることになる。

更にTNCとKBCが全県放送を開始したことにより、同じように毎日新聞資本でラジオ九州(福岡市)と西部毎日テレビジョン放送(小倉市=現・北九州市)の統合で誕生したRKB毎日放送側が反発。その事から毎日側がUHFによる新テレビ局を開局させる計画につながって、読売側も資本参画する動きまで出る事態となった。そのため、TNCと西日本新聞はこのまま日テレ系で続ける事が難しいとしてスポンサーからの反対を押し切って1964年(昭和39年)10月フジ系列への1本化を強行し、またKBCもフジ系列とのクロスネットを捨てNET系に1本化。日テレ系フルネットのテレビ局が福岡県から一旦消滅することとなった。それとほぼ同時に、山口放送も事実上NETメインだった関門局も徳山本局と同じ日テレ系に1本化し、FBSが開局するまでは事実上福岡県での日テレ系列を補完する役割を持っていた。また福岡県でも日テレ系列の一部の番組は番販の形でRKBなどがネット受けしていた。また報道に関しては、九州地区のNNNのフルネット局がこの期間中消失してしまっていた関係で、日本テレビが福岡に九州分室を設置して取材を担当していた。

4年後の1969年(昭和44年)4月1日、福岡初のUHFテレビ局となるFBSが開局。TNCのネットチェンジから4年半、読売新聞と日本テレビにとって待望のフルネット局が誕生したが、上記の経緯から最初は福岡と久留米だけの開局であり、北九州局の開局は、KRY関門局とのエリア調整に時間を要し5か月遅れで開局した(ちなみに、その後開局したTXN九州(現・TVQ九州放送)は福岡・久留米・北九州同時に開局している)。

シンボルマーク

2000年(平成12年)11月1日から採用している新しいシンボルマーク(参考リンク)は福岡県久留米市出身のミュージシャン藤井フミヤがデザインした。コンセプトは「family・家族」で、FBSの頭文字「F」をモチーフに子どもを抱いた聖母をイメージしている。

マスコットキャラクター

概況

FBSの小型中継車

過去のエピソード

2010Happy Mail