このキーワード
友達に教える
URLをコピー

福島瑞穂とは?

日本政治家
福島 瑞穂
ふくしま みずほ

2010年6月24日東京都新宿区にて

【生年月日】
(1955-12-24) 1955年12月24日(62歳)
【出生地】
日本 宮崎県延岡市
【出身校】
東京大学法学部
【前職】
第二東京弁護士会所属弁護士(1987年-1998年)
【所属政党】
社会民主党
【称号】
法学士(東京大学・1980年)
弁護士
【公式サイト】
【福島みずほ】参議院議員(比例区)
内閣府特命担当大臣
(消費者及び食品安全担当)

【内閣】
鳩山由紀夫内閣
【在任期間】
2009年9月16日 - 2010年5月28日
内閣府特命担当大臣
(少子化対策担当)

【内閣】
鳩山由紀夫内閣
【在任期間】
2009年9月16日 - 2010年5月28日
内閣府特命担当大臣
(男女共同参画担当)

【内閣】
鳩山由紀夫内閣
【在任期間】
2009年9月16日 - 2010年5月28日
参議院議員

【選挙区】
比例区
【当選回数】
4回
【在任期間】
1998年7月26日 - 現職

福島 瑞穂(ふくしま みずほ、1955年12月24日 - )は、日本弁護士政治家社会民主党所属の参議院議員(4期)、社会民主党副党首参議院議員会長、希望の会議員会長、社会主義インターナショナル副議長、学習院女子大学客員教授神奈川県在住。

社会民主党幹事長(第4代)、社会民主党党首(第3代)、内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)を歴任した。

目次

  • 1 来歴
    • 1.1 弁護士
    • 1.2 参議院議員
    • 1.3 社会民主党党首
    • 1.4 内閣府特命担当大臣
    • 1.5 社会民主党党首辞任後
  • 2 略歴
  • 3 人物
  • 4 活動
  • 5 政策
  • 6 議員連盟
  • 7 発言・主張
  • 8 家族・親族
  • 9 その他
  • 10 著作
    • 10.1 単著
    • 10.2 共著
  • 11 出演番組
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

来歴

弁護士

宮崎県立宮崎大宮高等学校東京大学法学部卒業。大学受験時代は全国模試で1位を取ったこともある。

1987年弁護士登録をし、第二東京弁護士会に所属する。その後、人権を重視する弁護士あるいはフェミニズム論の論客として、テレビ朝日朝まで生テレビ!』、読売テレビウェークアップ!』をはじめとしたテレビの政治討論番組などに出演した。 慰安婦募集の強制性を認めた1993年(平成5年)8月の河野談話の根拠となった日本政府による韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査にオブザーバー参加している。

参議院議員

1998年第18回参議院議員通常選挙で、社民党政治姿勢と知名度を買われて比例区から出馬し初当選。以降、社民党神奈川県連合代表・党幹事長などを歴任する。

社会民主党党首

2003年、社民党は第43回衆議院議員総選挙で議席を大幅に減らし、党首の土井たか子が引責辞任する。同年11月、後任の党首に就任した。

2004年第20回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し再選した。

2007年11月1日に期限失効したテロ対策特別措置法の後継法として国会に提出された新テロ特措法案には、テロ対策特別措置法に引き続き反対した。2008年1月10日、参議院外交防衛委員会で法案が否決され、参議院の本会議でも否決される見通しとなったので、与党日本国憲法第59条に則り再可決を行う方針を示したことに対して「衆議院の再議決は、ここ50年間はなかったことだ」「与党の数の横暴であり、憲政史上最悪の汚点となる」と反対・批判した。

2008年、社会主義インターナショナル副議長に就任する。

2009年3月26日の参議院予算委員会で、北朝鮮のミサイル発射問題に関して弾道ミサイルが日本領内に落下した場合にこれを迎撃するとする日本政府の方針を批判した。外務大臣中曽根弘文防衛大臣浜田靖一から理解を求める答弁がされたが、これに対しても福島は「当たらない場合は国益を侵害し、当たった場合でも単なる人工衛星だったらどうなるのか」と迎撃批判を続けた。4月4日、政府の北朝鮮ミサイル発射の誤報に際し、「間違ってミサイル防衛で迎撃していたら先制攻撃にもなりかねなかった」と、先制攻撃が起こった可能性を主張した。

内閣府特命担当大臣

2009年12月7日内閣府にて内閣府大臣政務官泉健太(左)、内閣府副大臣大島敦(右)と

2009年9月16日、社民党は民主党国民新党と連立して鳩山由紀夫内閣を発足させ、社民党は11年ぶりに与党に復帰する。自身は初入閣し、内閣府特命担当大臣(少子化対策担当)内閣府特命担当大臣(男女共同参画担当)および、鳩山由紀夫内閣で内閣府特命担当大臣(消費者担当)内閣府特命担当大臣(食品安全担当)を統合して新設された内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)に任命された。

しかし、普天間基地移設問題では一貫して沖縄県外、日本国外への移設を主張。2010年5月28日辺野古地区への移設で日米が合意したためこれに反発し、閣議了解の書類に署名しないと宣言する。鳩山の説得にも応じなかったため、同日中に罷免された。日本国憲法下での閣僚罷免は5例目で、政党の党首職にある閣僚の罷免は初めてであった。

2010年5月30日に開いた社民党全国幹事長会議で、最終的に連立を解消することを決定した。

社会民主党党首辞任後

2010年第22回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し3選。

2013年7月25日、前年の第46回衆議院議員総選挙および第23回参議院議員通常選挙での敗北の責任を取り、2003年以来10年近く務めていた社民党党首を辞任した。党首辞任理由に選挙戦での敗北に伴う引責を掲げる一方で、兼任していた党の選挙対策の総責任者である社民党選挙対策委員長については留任する。辞任前の日本国会における政党要件を満たす政党党首の中では、山口那津男(公明党)や荒井広幸(新党改革)とともに数少ない参議院議員であった。このため、衆議院通常国会代表質問などを行うことはできず(参議院では行った)、この役目は社民党幹事長だった重野安正らが担った。

2013年11月1日、社民党副党首に就任する。

2016年第24回参議院議員通常選挙に比例区から出馬し4選。同年7月26日、社民党と生活の党と山本太郎となかまたちの参議院統一会派「希望の会」の議員会長に就任した。

略歴

人物

文書に賛同した19人は衆議院議員では民主党の篠原孝生方幸夫 ・社民党の吉川元、参議院議員では民主党の蓮舫小川敏夫藤田幸久相原久美子有田芳生石橋通宏小西洋之難波奨二野田国義大島九州男田城郁徳永エリ森本真治・社民党の吉田忠智福島瑞穂又市征治だった。

活動

2007年6月10日東京都新宿区での演説にて

政策

2010年6月24日東京都新宿区での演説にて

議員連盟

発言・主張

2010Happy Mail