このキーワード
友達に教える
URLをコピー

秋山登とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
岡山県岡山市
【生年月日】
(1934-02-03) 1934年2月3日
【没年月日】
(2000-08-12) 2000年8月12日(66歳没)
【身長
体重】
177 cm
73 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1956年
【初出場】
1956年3月21日
【最終出場】
1967年6月25日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴

  • 大洋ホエールズ (1963 - 1977)

野球殿堂(日本)
殿堂表彰者

【選出年】
2004年
【選出方法】
特別表彰
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


秋山 登(あきやま のぼる、1934年2月3日 - 2000年8月12日)は、岡山県岡山市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ監督解説者

現役時代からコーチ・監督時代まで大洋ホエールズ一筋を貫いた人物。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入りまで
    • 1.2 現役時代
    • 1.3 引退後
  • 2 野球人として
    • 2.1 監督としての秋山登
    • 2.2 成績
    • 2.3 後継者
  • 3 詳細情報
    • 3.1 年度別投手成績
    • 3.2 年度別監督成績
    • 3.3 タイトル
    • 3.4 表彰
    • 3.5 記録
    • 3.6 背番号
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

プロ入りまで

 | 
このプロ野球選手・監督の経歴・人物像に関する文献や情報源が必要です。出典を明記するためにご協力をお願いします。(2013年6月)

岡山東高では、高校、大学、プロを通じての同期である土井淳バッテリーを組む。1950年秋季中国大会県予選準決勝に進むが岡山朝日高に惜敗。しかし翌1951年夏の甲子園予選東中国大会決勝では因縁の岡山朝日高を完封で降し、夏の選手権に出場を果たす。1回戦で高松一高と対戦するが、中西太に本塁打を喫するなど3-12で大敗した。土井以外の高校同期では遊撃手の中田庄治郎(近鉄)がプロ入りしている。

明治大学時代

卒業後は明治大学に進学。東京六大学野球リーグでは1953年秋季リーグの戦後初優勝を含め3度優勝。1954年1955年全日本大学野球選手権に連続優勝。リーグ通算で70試合登板33勝18敗、防御率1.48、334奪三振、ベストナイン1回。1954年春季リーグの東大戦での1試合22奪三振はリーグ記録。当時、「黒雲なびく駿河台」と校歌をもじられるまで弱体化していた島岡吉郎監督下の明治大学に、第一期黄金時代をもたらした。島岡監督からは毎日1000球の投げ込みを課せられていたが、秋山はこれを忠実にこなし、強靭な身体と投球術を身に付け、プロ入り後の大きな財産となった。土井以外の大学同期には一塁手黒木弘重、遊撃手の岩岡保宏外野手沖山光利がおりいずれも大洋入り、秋山とともに「明大五人衆」と呼ばれる。さらに二塁手土屋弘光中日に入団した。

現役時代

1956年に土井らとともに大洋へ入団、1年目に25勝を挙げ、新人王を獲得した。以降、エースとして活躍し、9年連続で2桁勝利を記録した。一方で入団から4年連続リーグ最多敗戦投手を記録し、これは1リーグ制から含めてもNPBでは連続リーグ最多敗戦投手の最長記録となってる。入団から9年連続50試合以上登板は当時のプロ野球記録。

1960年は開幕戦で中日コーチだった牧野茂のノックバットが額に直撃。病院に運ばれる前途多難な始まりだったが、21勝10敗、防御率1.75でリーグ初優勝に貢献。続く大毎との日本シリーズでは4試合全てに登板し、16回と3分の1を投げて1失点(防御率0.53)を記録。第1戦では鈴木隆、第4戦では島田源太郎をリリーフして勝利投手となる。チーム日本一の功労者として、日本シリーズ最高殊勲選手は逃したものの、年間MVPを獲得した。

1962年には72試合登板、自己最多の26勝を記録。同年の9月25日9月26日には、2リーグ分裂後では唯一の2日連続完封をやってのけた。ダブルヘッダーで1日2勝も通算5回やってのけており、現在もプロ野球記録である。1963年からは投手コーチを兼任し、1964年は21勝をあげ、阪神との優勝争いの原動力となった。島田源太郎、鈴木隆、権藤正利稲川誠らとともに強力投手陣を形成したが、1965年以降は長年の酷使が祟って思うような成績が挙げられず、通算200勝が目前ではあったが、1967年のシーズンをもって現役を引退した。

引退後

その後は一軍投手コーチ(1968年 - 1973年)、ヘッドコーチ(1974年)、監督(1975年 - 1976年)、二軍監督(1977年)を歴任。退団後はテレビ朝日テレビ神奈川解説者を務める一方、OB会長として大洋・横浜を支えた。自身が胴上げ投手となった1960年以来となる横浜の優勝を1998年に見届けると、程なくして体調を崩し、2000年8月12日呼吸不全のため死去。享年66歳。2004年野球殿堂入り。

野球人として

日本プロ野球史上極めて稀な「横手投げ・下手投げの速球投手」の1人であり、直球だけで充分打者を牛耳ることができた。ただし、杉浦忠大友工とはタイプが違っており、その2人が「手首を立てたサイドスロー」で、速球とカーブ・スライダーを武器にしたのに対し、「手首を寝かせた、完全なアンダースロー」で、速球と「カミソリ」と言われたシュートを武器にした。

捕手の土井淳とは、高校・大学・プロと18年間にわたってバッテリーを組み続けるという、稀有な仲であった。

後に絶対的守護神として全盛期を迎えていた頃の佐々木主浩に対して「お前みたいに勝ちゲームの最終回1イニング限定でいいなら、俺は130試合全部にベンチ入りして全試合投げて抑えてやるよ」と語ったことがあったとされる。

監督としての秋山登

秋山は、監督としてはシーズンの途中で解任されるなど成績がよくなかったが、オーナーの中部謙吉は秋山を評価し、1977年に二軍監督に就任させている。近い将来の監督再登板を意識した人事であったが、翌年中部が没し立ち消えとなった。当時のエースだった平松政次は監督の秋山について、風格のある監督だったが選手に人材がなかったことを指摘し「間が悪かったんですよ。・・・選手さえいたら大監督になっていますよ。僕が現役でいるうちにもう一度監督やってほしかった。」と述べている。

なお秋山が監督を務めたあいだ、高校時代からの盟友だった土井淳がコーチとして支えることはなかった。これについては諸説あったものの、秋山の逝去直後に土井が受けた『月刊ベイスターズ』の追悼取材によれば、1968年に自身が引退した際“一度球団の外から、野球を勉強し直したい”と考えてコーチ等で球団に残る選択肢を選ばなかったため、1975年に秋山が監督に就任した際にも中部謙吉オーナーから「土井は大洋を辞めた人間だから」という理由で復帰を許してもらえなかったのが真相だったという。

成績

大洋一筋で重ねた勝星が193勝で、あと7勝で名球会入りだった(但し、名球会の発足は1978年で、秋山の現役引退時点ではまだ名球会は存在しなかった)。また、1956年の入団から優勝前年の1959年まで毎年最下位、秋山の現役生活12年間中でAクラスが3回だけと低迷するチーム事情の中で、エースとして先発にリリーフにとフル回転し、負け越しながらも年間50試合以上を投げ続けた秋山が積み重ねた193勝は、強い球団で200勝を挙げた投手よりも価値が高いと評価されることも多い。

後継者

秋山と入れ替わるように大洋のエースとなった平松政次は高校の後輩。平松もシュートを決め球の一つとし、「カミソリシュート」の異名をとって他球団の主砲たちに恐れられたが、もともと「カミソリシュート」の異名は、実は秋山に対して付けられていたもの。この点でも平松は秋山の後を継いだといえる。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1956 | 大洋 | 58 | 35 | 26 | 7 | 0 | 25 | 25 | -- | -- | .500 | 1552 | 379.2 | 290 | 24 | 136 | 7 | 19 | 266 | 3 | 1 | 120 | 101 | 2.39 | 1.12
1957 | 65 | 40 | 27 | 3 | 0 | 24 | 27 | -- | -- | .471 | 1631 | 406.0 | 319 | 21 | 116 | 13 | 9 | 312 | 2 | 1 | 138 | 113 | 2.50 | 1.07
1958 | 62 | 36 | 20 | 3 | 1 | 17 | 23 | -- | -- | .425 | 1418 | 359.0 | 287 | 30 | 89 | 11 | 5 | 243 | 2 | 0 | 112 | 100 | 2.51 | 1.05
1959 | 56 | 33 | 17 | 3 | 2 | 14 | 22 | -- | -- | .389 | 1238 | 300.1 | 267 | 26 | 87 | 5 | 8 | 212 | 4 | 0 | 131 | 110 | 3.29 | 1.18
1960 | 59 | 26 | 8 | 4 | 0 | 21 | 10 | -- | -- | .677 | 1055 | 262.1 | 189 | 11 | 86 | 10 | 12 | 183 | 3 | 0 | 65 | 51 | 1.75 | 1.05
1961 | 69 | 17 | 6 | 1 | 1 | 20 | 15 | -- | -- | .571 | 1117 | 280.2 | 239 | 16 | 70 | 4 | 7 | 179 | 2 | 1 | 97 | 82 | 2.63 | 1.10
1962 | 72 | 17 | 8 | 5 | 0 | 26 | 12 | -- | -- | .684 | 1139 | 290.2 | 213 | 16 | 79 | 7 | 7 | 199 | 1 | 0 | 73 | 62 | 1.94 | 1.00
1963 | 60 | 17 | 8 | 1 | 1 | 13 | 14 | -- | -- | .481 | 876 | 214.2 | 212 | 23 | 52 | 3 | 2 | 99 | 1 | 1 | 88 | 74 | 3.10 | 1.23
1964 | 63 | 23 | 8 | 2 | 1 | 21 | 10 | -- | -- | .677 | 1053 | 259.2 | 214 | 20 | 68 | 4 | 9 | 126 | 1 | 0 | 96 | 79 | 2.73 | 1.09
1965 | 39 | 11 | 1 | 0 | 0 | 5 | 5 | -- | -- | .500 | 420 | 103.1 | 98 | 8 | 30 | 3 | 2 | 41 | 1 | 0 | 34 | 31 | 2.71 | 1.24
1966 | 34 | 22 | 3 | 0 | 0 | 6 | 8 | -- | -- | .429 | 557 | 130.1 | 134 | 18 | 37 | 2 | 3 | 35 | 1 | 0 | 67 | 58 | 4.02 | 1.31
1967 | 2 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | -- | -- | 1.000 | 27 | 6.1 | 6 | 2 | 4 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 3 | 3 | 4.50 | 1.58
通算:12年 639 | 278 | 132 | 29 | 6 | 193 | 171 | -- | -- | .530 | 12083 | 2993.0 | 2468 | 215 | 854 | 69 | 83 | 1896 | 21 | 4 | 1024 | 864 | 2.60 | 1.11

年度別監督成績

年度
球団
【順位】
試合
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差
【チーム
本塁打】
【チーム
打率】
【チーム
防御率】
年齢
1975年 | 大洋 | 5位 | 130 | 51 | 69 | 10 | .425 | 21.5 | 137 | .249 | 3.93 | 41歳
1976年 | 6位 | 130 | 45 | 78 | 7 | .366 | 32.0 | 172 | .256 | 4.45 | 42歳
通算:2年 260 | 96 | 147 | 17 | .395 | Bクラス2回

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

脚注

  1. ^ ノックバット直撃しエース昏倒!開幕6連敗も秋には美酒
  2. ^ 当時は一シーズン130試合制だった。
  3. ^ 村瀬秀信「4522敗の記録」P・145 双葉社 2013年
  4. ^ 土井の大洋コーチへの復帰は中部謙吉の没後の1978年だった。

関連項目

外部リンク

大洋ホエールズ監督 1975 - 1976


業績
日本シリーズ最優秀投手賞
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 秋山登
  • 1961 堀本律雄
  • 1962 安藤元博
  • 1963 高橋明
  • 1964 J.スタンカ
  • 1965 宮田征典
  • 1966 城之内邦雄
  • 1967 城之内邦雄
  • 1968 金田正一
  • 1969 高橋一三

  • 1970年代 | 
  • 1970 堀内恒夫
  • 1971 堀内恒夫
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 堀内恒夫
  • 1974 村田兆治
  • 1975 山田久志
  • 1976 足立光宏
  • 1977 足立光宏
  • 1978 松岡弘
  • 1979 山根和夫

  • 1979年限りで廃止

    セントラル・リーグMVP
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 秋山登
  • 1961 長嶋茂雄
  • 1962 村山実
  • 1963 長嶋茂雄
  • 1964 王貞治
  • 1965 王貞治
  • 1966 長嶋茂雄
  • 1967 王貞治
  • 1968 長嶋茂雄
  • 1969 王貞治

  • 1970年代 | 
  • 1970 王貞治
  • 1971 長嶋茂雄
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 王貞治
  • 1974 王貞治
  • 1975 山本浩二
  • 1976 王貞治
  • 1977 王貞治
  • 1978 若松勉
  • 1979 江夏豊

  • 1980年代 | 
  • 1980 山本浩二
  • 1981 江川卓
  • 1982 中尾孝義
  • 1983 原辰徳
  • 1984 衣笠祥雄
  • 1985 R.バース
  • 1986 北別府学
  • 1987 山倉和博
  • 1988 郭源治
  • 1989 W.クロマティ

  • 1990年代 | 
  • 1990 斎藤雅樹
  • 1991 佐々岡真司
  • 1992 J.ハウエル
  • 1993 古田敦也
  • 1994 桑田真澄
  • 1995 T.オマリー
  • 1996 松井秀喜
  • 1997 古田敦也
  • 1998 佐々木主浩
  • 1999 野口茂樹

  • 2000年代 | 
  • 2000 松井秀喜
  • 2001 R.ペタジーニ
  • 2002 松井秀喜
  • 2003 井川慶
  • 2004 川上憲伸
  • 2005 金本知憲
  • 2006 福留孝介
  • 2007 小笠原道大
  • 2008 A.ラミレス
  • 2009 A.ラミレス

  • 2010年代 | 
  • 2010 和田一浩
  • 2011 浅尾拓也
  • 2012 阿部慎之助
  • 2013 W.バレンティン
  • 2014 菅野智之
  • 2015 山田哲人
  • 2016 新井貴浩
  • 2017 丸佳浩
  • 2018 丸佳浩


  • セントラル・リーグ新人王
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 堀本律雄
  • 1961 権藤博
  • 1962 城之内邦雄
  • 1964 高橋重行
  • 1966 堀内恒夫
  • 1967 武上四郎
  • 1968 高田繁
  • 1969 田淵幸一

  • 1970年代 | 
  • 1970 谷沢健一
  • 1971 関本四十四
  • 1972 安田猛
  • 1974 藤波行雄
  • 1976 田尾安志
  • 1977 斉藤明雄
  • 1978 角三男
  • 1979 藤沢公也

  • 1980年代 | 
  • 1980 岡田彰布
  • 1981 原辰徳
  • 1982 津田恒美
  • 1983 槙原寛己
  • 1984 小早川毅彦
  • 1985 川端順
  • 1986 長冨浩志
  • 1987 荒井幸雄
  • 1988 立浪和義
  • 1989 笘篠賢治

  • 1990年代 | 
  • 1990 与田剛
  • 1991 森田幸一
  • 1992 久慈照嘉
  • 1993 伊藤智仁
  • 1994 藪恵市
  • 1995 山内泰幸
  • 1996 仁志敏久
  • 1997 澤崎俊和
  • 1998 川上憲伸
  • 1999 上原浩治

  • 2000年代 | 
  • 2000 金城龍彦
  • 2001 赤星憲広
  • 2002 石川雅規
  • 2003 木佐貫洋
  • 2004 川島亮
  • 2005 青木宣親
  • 2006 梵英心
  • 2007 上園啓史
  • 2008 山口鉄也
  • 2009 松本哲也

  • 2010年代 | 
  • 2010 長野久義
  • 2011 澤村拓一
  • 2012 野村祐輔
  • 2013 小川泰弘
  • 2014 大瀬良大地
  • 2015 山崎康晃
  • 2016 高山俊
  • 2017 京田陽太
  • 2018 東克樹

  • 記述のない年は該当者なし

    セントラル・リーグ最優秀防御率
    1950年代 | 

    1960年代 | 
  • 1960 秋山登
  • 1961 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2019/09/22 16:55

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「秋山登」の意味を投稿しよう
    「秋山登」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    秋山登スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「秋山登」のスレッドを作成する
    秋山登の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail