このキーワード
友達に教える
URLをコピー

秦郁彦とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2016年7月)
  • 脚注による出典や参考文献の参照が不十分です。脚注を追加してください。(2016年7月)
  • 正確性に疑問が呈されています。(2016年7月)
秦 郁彦
【人物情報】

【生誕】
(1932-12-12) 1932年12月12日(86歳)
日本 山口県
【出身校】
東京大学
【学問】

【研究分野】
日本の近現代史
第二次世界大戦を中心とした日本の軍事史
【研究機関】
防衛庁防衛研究所
防衛大学校
大蔵省財政史室
プリンストン大学大学院
拓殖大学政経学部
千葉大学法経学部
日本大学法学部
【学位】
法学博士(東京大学)
【主な受賞歴】
菊池寛賞
毎日出版文化賞

秦 郁彦(はた いくひこ、1932年(昭和7年)12月12日 - )は、日本歴史家大蔵官僚。歴史家として、拓殖大学教授千葉大学教授・日本大学教授を務めた。法学博士(東京大学、1974年)。

目次

  • 1 略歴
  • 2 研究・主張
    • 2.1 南京事件
    • 2.2 慰安婦
    • 2.3 その他
  • 3 評価
  • 4 受賞歴
  • 5 その他
  • 6 著書
    • 6.1 単著
    • 6.2 共著
    • 6.3 編著
    • 6.4 共編著
    • 6.5 監修
    • 6.6 共監修・共著
    • 6.7 訳書
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 論文
    • 7.3 出典
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

略歴

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年11月)

山口県防府市生まれ。父は広島県広島市の出身で、小学生までは郁彦の本籍地も広島の爆心地にあった。このため自身は広島出身でもあると述べている。父は鉄道省の技術官吏で、九州宮崎県出水(鹿児島県)、若松(福岡県北九州市)の順で機関区長をしたため、小学校を5回転校。太平洋戦争中に広島市に引っ越し、原爆投下の一年前に母の実家がある山口県防府市に移った。父は戦時中に陸軍司政官としてフィリピン北部のカガヤン州における鉄道建設に従事して終戦の1か月前に戦死した。

1951年山口県多々良学園高校卒業後、1951年東京大学文科一類に入学(後に法学部へ進級)。在学中は戦史や、清浦奎吾ら政治家の研究に没頭した。当初の指導教官は丸山真男だったが、後述する休学で丸山ゼミには入れず、岡義武に学んだ。二年次に結核と診断され(後に誤診と判明)一年休学し、巣鴨プリンズンに収監中のA級戦犯を含む旧陸海軍軍人百数十人のヒアリングを実施した。

1955年6級職国家公務員採用試験(経済)合格し、1956年に卒業。通商産業省自治庁からの内定は辞退し、将来の転職も考えて大蔵省に入省した。朝日新聞の入社試験も受けたが、落ちたという。入省当初は大学時代の戦史研究の延長で出版社の仕事もしており、『別冊知性・秘められた昭和史』(河出書房、1956年)の刊行などに携わった。大蔵省では為替局、中国財務局名古屋国税局で勤務したほか、経済企画庁に出向。大蔵省や経企庁の半ば公認で、日本国際政治学会などでの研究活動と二足の草鞋だったと回想している。

1963年ハーバード大学1964年コロンビア大学にそれぞれ留学している。1965年防衛庁防衛局に出向し、防衛研修所(防衛研究所)教官、防衛大学校講師を務めた。1969年8月に大蔵省へ復帰して、国有財産総括課長補佐として沖縄返還の事務を担当。1971年から1976年まで大蔵省財政史室長を務め、叢書「昭和財政史」(「大蔵省財政史室」 編として、東洋経済新報社から上梓された)の編纂責任者となり、自身もそのうちの一巻『アメリカの対日占領政策』を執筆した。財政史室長を最後に大蔵省を退官した。

大蔵省を退官した後の5年間、読売新聞社の嘱託として、公開された外交文書の分析などに協力。1977年プリンストン大学大学院客員教授1980年拓殖大学政経学部教授となり1994年に依願退職、1994年千葉大学法経学部教授、1997年に定年退職した。1997年からは日本大学法学部教授、2002年に退職後は日本大学大学院法学研究科非常勤講師を2010年まで務めた。

研究・主張

専攻は、日本の近現代史第二次世界大戦を中心とする日本の軍事史。その他、昭和史に関する著作がある。

日本国際政治学会太平洋戦争原因究明部による共同プロジェクトに参加し、研究の成果は後に『太平洋戦争への道』として出版された。同書は開戦に至る日本外交を描いている。

ジョン・W・ダワー『敗北を抱きしめて』、アルヴィン・D・クックス『ノモンハン』では共同研究者として、献辞で名が挙げられている。

南京事件

南京事件については自著『南京事件』において、日本軍の不法行為による犠牲者数を「3.8万-4.2万人」とし、以後も被虐殺者数は約4万人程度と推定している。2007年に出した同著の増補版では、「4万の概数は最高限であること、実数はそれをかなり下まわるであろうことを付言しておきたい」と追記しており、週刊新潮2007年12月27日号では、「だいたい4万人」とコメントしている。

百人斬り競争については、行ったとされる旧日本陸軍少尉が故郷鹿児島県において地元の小学校や中学校で「投降した敵」を斬ったと自ら公言していたことを、名簿を頼りに問合せ4人から回答を得て、1991年に日本大学法学会『政経研究』42巻1号・4号にて発表している。志々目彰証言は「戦意を失って投降した敵を斬」ったと言っている。秦自身が語る捕虜の要件は「リーダーがいて、標識を制服につけていて、公然と兵器を携帯しているのが条件で、国際法上の待遇が受けられます」。北之園陽徳は中国兵が綿服を着ていたと言っている。

慰安婦

日本軍による「朝鮮半島において婦女子を強制連行慰安婦とした」ことについては否定的である。1999年、それまでの議論や様々な資料を広く参照し、おもに時代背景やその変化などから慰安所制度や慰安婦の実態を明らかにすることを試みた著書『慰安婦と戦場の性』を出版した。

1992年3月済州島において慰安婦狩りをおこなったとする吉田証言について現地調査を行い、そのような事実が存在しなかったことを明らかにした。

フィリピン人では強要を認定せず、女性を慰安婦として募集した事例を記す。

オランダ人女性を慰安婦として採用したスマラン慰安所事件については、「承諾書に判を押させているから、みんな自発的だったと言っても、うそにはならんですよ」と言いつつ「なかには違反する部隊もあった」とする。根拠は大戦直後の軍事裁判で、これは判事が全て軍人、本人(慰安婦人)は法廷に出席せず、弁護側からの証人は一切受付けない、拷問(54人)、脅迫・強要(71人)、甘言・強要(38人)、白紙陳述書に署名強要(8人)、等を呈するものであったが、秦は「オランダ官憲の公正な手法に感銘する」と述べている。「承諾書」に「違反する部隊もあった」については、「自由意志に依る者のみより採用す。本人署名せる宣誓書に依る」「例外は見たることなし。日本語及マレー語にて作成せられあることを要す」と、被告ではない、従って自己正当化する必要の無い監督参謀が証言しているのだが。なお、日本軍は婦人らとの意思疎通をマレー語に依った。

1992年名のり出たジャンヌ・オフェルネは、当時の軍事裁判で「我々に日本語で書いてある書類に記入署名させたが、内容の説明はなかった」と内容も知らずに契約した事になっている。が1994年の手記では「署名させようとしました。……おどされようと、どなられようと、わたしたちは署名しなかった」と証言を変える。人生の一大事を契約で始め、そう証言したが、50年後に翻し、ダッチ国対日補償請求に加わる。肝心要の承諾書で記録と異なることを言うオフェルネ、その証言する「日本軍の非行」を、秦は1ページを使って本人写真付きで詳述する。

オランダ女性を強要して慰安婦にしたとされた櫻倶楽部事件には、反証として、朝日新聞記者らの編集による『秘録大東亜戦史 蘭印編』が有る。「女性は抑留所から希望者を募り、未成年者はことわっていちいち契約書に署名させた」律儀さ等を「知る人も多い」、と当時当地を取材した記事である。これを知らぬ筈ない博覧の秦だが、櫻倶楽部を強制売春の例に加える。

2007年3月5日首相安倍晋三参議院予算委員会において「狭義の意味においての強制性について言えば、これはそれを裏付ける証言はなかったということを昨年の国会で申し上げたところでございます。」と答弁した。秦はこの答弁について、「現実には募集の段階から強制した例も僅かながらありますから、安倍総理の言葉は必ずしも正確な表現とはいえません。「狭義の強制は、きわめて少なかった」とでも言えば良かったのかもしれませんが、なまじ余計な知識があるから、結果的に舌足らずの表現になってしまったのかもしれません(苦笑)。」とコメントしている。

2014年、政府による「河野談話」の検証チームのメンバーとなる。

『慰安婦と戦場の性』英語版をアメリカの出版社から刊行する準備を進めている。

その他

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2017年8月)

評価

肯定
否定
その他

受賞歴

その他

著書

単著

共著

編著

共編著

監修

共監修・共著

訳書

脚注

注釈

  1. ^ 個々の兵員が武器を捨て,敵権力に服するのが投降で、司令官の間で「降伏規約」を結び,兵員等の引渡し,武装解除等を取り決めるが降伏山本七平少尉は特使として米軍との交渉に応じ、数十人規模で降伏して在フィリピン米軍に降った。

論文


出典

  1. ^ 秦郁彦『旧制高校物語』文藝春秋(文春新書)、2005年、著者紹介。
  2. ^ 著者プロフィール 秦郁彦 - 新潮社
  3. ^ “時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(1)大本営発表に疑問抱く”. 読売新聞朝刊. (2017年3月14日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170313-118-OYTPT50417/list_JIDAINOSHOGENSHA
  4. ^ “時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(4)国鉄マンだった父 戦死”. 読売新聞朝刊. (2017年3月18日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170317-118-OYTPT50374/list_JIDAINOSHOGENSHA%2509%25E5%25AE%259F%25E8%25A8%25BC%25E5%258F%25B2%25E5%25AD%25A6%25E3%2581%25B8%25E3%2581%25AE%25E9%2581%2593%25E3%2580%2580%25E7%25A7%25A6%25E9%2583%2581%25E5%25BD%25A6_0
  5. ^ 秦郁彦『慰安婦問題の決算 現代史の深淵』PHP研究所、2016年、pp.200–202。 ISBN 9784569830070。
  6. ^ “時代の証言者/実証史学への道・秦郁彦(5)あだ討ちの心情消えた”. 読売新聞朝刊. (2017年3月20日). http://premium.yomiuri.co.jp/pc/#!/news_20170319-118-OYTPT50286/list_JIDAINOSHOGENSHA%2509%25E5%25AE%259F%25E8%25A8%25BC%25E5%258F%25B2%25E5%25AD%25A6%25E3%2581%25B8%25E3%2581%25AE%25E9%2581%2593%25E3%2580%2580%25E7%25A7%25A6%25E9%2583%2581%25E5%25BD%25A6_0
  7. ^ 秦郁彦『現代史の争点』文春文庫、2001年。 ISBN 4167453061。
  8. ^ 『現代史の虚実』
  9. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/25 12:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「秦郁彦」の意味を投稿しよう
「秦郁彦」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

秦郁彦スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「秦郁彦」のスレッドを作成する
秦郁彦の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail