このキーワード
友達に教える
URLをコピー

稲川淳二とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2014年8月)
いながわ じゅんじ
稲川 淳二
【本名】
稲川 良彦(いながわ よしひこ)
【生年月日】
(1947-08-21) 1947年8月21日(71歳)
【出生地】
日本 東京都渋谷区
【国籍】
日本
【血液型】
AB
【職業】
タレント
コメディアン
工業デザイナー
【活動期間】
1976年 -
【活動内容】

1976年:オールナイトニッポンDJ担当
1987年:『ハングマン』出演
1987年:怪談語りのカセットテープを発売
1992年:『信長 KING OF ZIPANGU』出演

1992年:怪談ライブを開催
【著名な家族】
稲川貴洋(息子)
【主な作品】

映画
心霊
オリジナルビデオ
『稲川淳二の超こわい話』
受賞
平成8年度 通商産業省選定グッドデザイン賞「車どめ」


稲川 淳二(いながわ じゅんじ、1947年8月21日 - )は日本のタレント工業デザイナー俳優。本名:稲川 良彦(いながわ よしひこ)。愛称は淳ちゃん東京都渋谷区恵比寿出身。血液型はAB型。3人兄妹(姉1人弟1人)の長男。ユニJオフィース所属。

ラジオの深夜放送で人気を博し、テレビ番組のリポーターリアクション芸人として活躍。また、ラジオ放送での怪談が好評を博し、以後「霊感タレント」としても活動している。トレードマークは口髭マオカラースーツ(ただし口髭を剃っている時期もあった)。怪談トークの際の愛称は「座長」。

目次

  • 1 人物・エピソード
  • 2 略歴
    • 2.1 幼少時
    • 2.2 タレントとしての略歴
      • 2.2.1 デビュー
      • 2.2.2 人気
      • 2.2.3 俳優
      • 2.2.4 怪談
    • 2.3 デザイナーとしての略歴
  • 3 作品
    • 3.1 シングル
    • 3.2 アルバム
    • 3.3 オーディオブック
    • 3.4 ビデオ・DVD
    • 3.5 劇場公開作品
    • 3.6 ゲーム・メディア
    • 3.7 Webアニメ
  • 4 出演
    • 4.1 テレビドラマ
    • 4.2 テレビ番組
    • 4.3 ラジオ番組
    • 4.4 映画
    • 4.5 オリジナルビデオ
    • 4.6 Webドラマ
    • 4.7 CM
    • 4.8 マルチメディア放送
    • 4.9 ゲーム・メディア
    • 4.10 トークショー
    • 4.11 テレビアニメ
    • 4.12 劇場アニメ
    • 4.13 Webアニメ
    • 4.14 ドラマCD
    • 4.15 吹き替え
    • 4.16 パチンコ
  • 5 書籍
    • 5.1 著書
    • 5.2 コミック
  • 6 ものまねをする人物
  • 7 関連項目
  • 8 脚注
  • 9 外部リンク

人物・エピソード

東京都中野区に在住。自身の工房は茨城にある。

怪談の語り口は特徴的で、その独特の口調で聞く人に恐怖を味わわせている。タレントとしてだけではなく、テレビ番組などにデザイナーとしても出演することもある。

俳優の安岡力也とは幼馴染だった。

稲川の人柄の良さは業界内では有名で、「稲川の悪い話は聞かない」と言われるほどである。すこぶる温厚、ユーモアのある人柄でありつつ、壮大なサービス精神を持ち前にしており(生来のサービス精神と場持ちのよさから、学生時代から「コンパ屋」の異名をとっていた)、他人のためなら自分を傷つけていいと思っており(リアクション芸において垣間見ることが出来る)、絶大なるお人好しだという。ファンに対するサービス精神も旺盛で、頼まれもしないのにファンに怪談をエンドレスで聞かせ、マネージャーに止められることもしばしば。かなりの確率でファンレターに返事をすることでも有名。インターネット上では、ライブの際に控え室で記念撮影をしてもらったことなどが記されたブログもある。

2003年以降、稲川自身が心霊スポットに向かい、独自の“稲川節”と呼ばれる心霊に関する発想・発言や建築への造詣、突然倒れたり吐き出したりする映像が収録された“恐怖の現場”シリーズがネット上で人気を博している。

恐怖の現場シリーズの詳細は「稲川淳二 恐怖の現場シリーズ」を参照

かつてはおしどり夫婦として妻(青森県弘前市出身)と共にテレビCMにも出演していたが、1990年の正月に妻が家からいなくなり、現在も別居中ではあるが淳二の事務所社長として働いており、本人いわく「給料を振り込む、込まれるだけの間柄」(『おはよう朝日です』水曜日にレギュラー出演していた時によくネタにされていた)。息子が2人いるが、次男は先天性の頭蓋骨形成異常を引き起こすクルーゾン氏症候群(Crouzon syndrome)という重度の身体障害を持っており、バリアフリーに関する講演も多く行っている。また、政府が2005年に案を出した「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律案」に反対の意思を表明している。長男の稲川貴洋は俳優として活動中。2006年、ダイドーブレンドコーヒーのCMで、元プロ野球選手の新庄剛志と共演した。

『恐怖の現場』というDVDシリーズでは、心霊がいることを証明するために心霊スポットに潜入するドキュメントを制作しており、「科学で心霊を説明しようとする考えが大嫌いだ」と番組内で強く発言したことがある。

1985年8月12日、日本航空123便墜落事故の当該便に搭乗する予定だったが、当日は「稲川淳二のためになる話」という健康番組の収録が東京であり、立っていられないほど具合が悪かったため、翌日の新幹線で大阪へ向かうようスケジュールを変更して、難を逃れた。その一方で、友人で同じ番組を手伝っていた美容研究家が収録後に大阪へ移動するために羽田へ行き、到着が早かったため本来予定していなかった当該便に搭乗したことにより、亡くなっている。稲川本人はこのエピソードを「運命の分かれ目」「生涯忘れられない出来事」と語っている。

夏場の怪談ツアーの活動が知られるが、実際は冬にも怪談イベントを開催するほか、怪談話の取材・収集、工業デザイナーとしての仕事や前述の障害にまつわる講演やボランティア活動にも取り組んでおり、年間通して精力的な活動を行っている。怪談以外の活動にも注力するため、テレビ出演は夏場の怪談関係の仕事に絞っている。

前述の通り、障害者自立支援法案に反対の意思を表明していた縁で、同趣旨の主張を行っている平和・民主・革新の日本をめざす全国の会(全国革新懇)並びに日本共産党との関わりは深い。

略歴

幼少時

幼少時は恵比寿に在住しており、地元ではガキ大将的存在で「10人ほどの弟分を従えていた」というが、ある時公園で、同い年で当時麻布在住だった安岡力也と遭遇して叩きのめされたことから力也の弟分となる。力也曰く「当時は『ドラえもん』のジャイアンのび太のような関係だった」とのこと。ちなみに力也とは中学校進学後に一時疎遠となるが、芸能界入り後にある現場で再会して交友が復活し、以後力也の死まで関係が続いていた。

タレントとしての略歴

デビュー

1976年4月より、ニッポン放送の深夜ラジオ番組『オールナイトニッポン』二部カッコマン(伊藤政則)の跡を継いでパーソナリティーとなる。

人気

舞台俳優として活動していたが、1980年代中期に貧乏・不健康というキャラクターでバラエティ番組にも登場。一世を風靡したフジテレビオレたちひょうきん族』内の一コーナー『ひょうきんベストテン』にて、"歌手役で登場 → 「悲惨だなー」と嘆き、散々な扱いを受ける → カメラに向っての決め台詞「いかがでしたか? 喜んでいただけましたか?」"という一連の流れを披露していた。

日本テレビスーパージョッキー』では初期のレギュラーであった。同番組では、Jockey-1のコーナーで、マイナーな商品やあまり意味の無い商品をビートたけしのツッコミを受けながら、視聴者がなんとか欲しがるように説明や実演を行っていた。また、番組名物の「熱湯風呂」に入る際は、たけしがきちんとピンマイクを外す冷静さを指摘し、その後のダチョウ倶楽部のネタ「聞いてないよ」の伏線となっている。

その後も、日本テレビの『ルックルックこんにちは』やTBSテレビの『痛快なりゆき番組 風雲!たけし城』などのバラエティ番組に出演、体を張ったリポートと大きなリアクションで人気を得ることとなる。リアクション芸人としての地位は、後にダチョウ倶楽部出川哲朗が引き継いでいくこととなる。

極度の音痴も芸風のひとつで一昔前のものまね番組では沢田研二勝手にしやがれを調子はずれな音程で熱唱するのが恒例だった。

俳優

1987年朝日放送テレビドラマザ・ハングマン6』および『ハングマンGOGO!』で、悪人に対する仕置きの見本となる「モルモット小父さん」役を演じた。

1992年NHK大河ドラマ『信長』では、サイドストーリー的な準レギュラーとして、宣教師に出会い洗礼を受ける琵琶法師・慈海(ロレンソ)役を演じて俳優出身のシリアスな一面を見せ、さらにその時にはトレードマークであった口ひげを剃り周囲を驚かせた。

怪談

独特の口調で語る怪談の語り手としても知られている。1986年オールナイトフジでの『生き人形』の怪談が反響を呼ぶ。翌1987年には数篇の怪談を収録したカセットテープが発売され、オリコンチャートの上位にランクインする(その後もCDやビデオ、あるいは書籍として数多くの怪談がリリースされた)。 また、1993年頃から『ミステリーナイトツアー』という怪談によるライブを毎年夏から年末にかけて行い、全国を廻っている(2001年には、正月にも開催された)。演劇調の演出が施された稲川の怪談は従来の講談や落語のようなシンプルな演出をやや派手に発展させたものであり、特にテレビのコンテンツとしての相性が良かった。稲川の登場により多くのタレントが怪談の語り手としてメディアに登場するようになったという点で怪談の現代化・ビジネス化に大きく貢献したと言える。

夏場は怪談のトークライブを全国各地で行っていることから、関西テレビの『ナンボDEなんぼ』の"に忙しい芸能人番付"で、横綱に選ばれた(ちなみに西の横綱は盆踊り関西各地を廻る河内家菊水丸)。

稲川淳二自身が口にしたくない程に恐い(話の内外で死者や負傷者が出ている)『生き人形』という話がある。大抵、この話をすると呪いがかかると噂されている。自身の著書でも、自分のお気に入り恐い話のランキング1位に持ってくるほどである。

スティーヴン・キングの大ファンである。

自身が選ぶ最も怖い映画ベスト3として、1位:『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』 2位:『ミザリー』 3位:『キャリー』 を挙げている。

デザイナーとしての略歴

工業デザイナーとしての活動も継続しており、「車どめ」のデザインで平成8年度通商産業省選定グッドデザイン賞(公共空間用設備機器部門)を受賞している。

作品

シングル

アルバム

オーディオブック

ビデオ・DVD

劇場公開作品

ゲーム・メディア

Webアニメ

出演

テレビドラマ

テレビ番組

ラジオ番組

映画

オリジナルビデオ

Webドラマ

CM

マルチメディア放送

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/12/02 14:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「稲川淳二」の意味を投稿しよう
「稲川淳二」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

稲川淳二スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「稲川淳二」のスレッドを作成する
稲川淳二の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail