このキーワード
友達に教える
URLをコピー

稲葉光雄とは?


コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


稲葉 光雄(いなば みつお、1948年10月2日 - 2012年8月11日)は、静岡県静岡市清水区出身のプロ野球選手(投手)、野球指導者、野球解説者

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入りまで
    • 1.2 現役時代
    • 1.3 引退後
    • 1.4 指導者として
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 タイトル
    • 2.3 表彰
    • 2.4 記録
    • 2.5 背番号
  • 3 関連情報
    • 3.1 出演番組
  • 4 脚注
  • 5 関連項目

経歴

プロ入りまで

静岡県立清水工業高等学校から日本軽金属へ入社、児玉好弘の控え投手だったが、将来性を買われ1968年のドラフト広島東洋カープから6位で指名される。しかしプロ入りせずに残留。1970年都市対抗には大昭和製紙の補強選手として出場、チームの優勝に貢献した。

現役時代

1970年のドラフト2位で中日ドラゴンズに入団、いきなりエースナンバー18が与えられる(ただし、一般的にはプロ野球のおけるエースナンバーは18とされているが、中日ドラゴンズにおけるエースナンバーは、杉下茂権藤博星野仙一小松辰雄らがつけた20であるとされる)。

1年目の1971年には8月から先発陣に入り6勝。スピンの効いた落差の大きなカーブを武器に活躍し、1972年には20勝をマーク。その後も先発として起用されるが成績は低迷、カーブの多投もあって身体が開き気味になり、ストレートの威力が減じた。1974年ロッテとの日本シリーズでは2試合に登板。第4戦では先発として起用されるが、4回に連打を浴び降板を余儀なくされた。

1976年オフに、戸田善紀森本潔大石弥太郎小松健二との3対4の大型トレードにより、島谷金二大隅正人と共に阪急ブレーブスへ移籍。300勝投手の米田哲也がつけていたエースナンバー18を受け継ぐ。移籍1年目の1977年に17勝6敗で最高勝率のタイトルを獲得、リーグ優勝に貢献した。同年の巨人との日本シリーズでは第4戦に先発。1失点の好投を見せ、6回に山田久志につなぎ逆転勝利、チーム日本一に力を添えた。翌1978年ヤクルトとの日本シリーズでも第2戦に登板している。その後も先発陣の一角として活躍するが、1983年には登板機会が急減。

1984年阪神タイガースへ移籍、一軍登板はなく同年限りで引退した。

中日時代は、「巨人キラー」として知られていた。プロ初勝利、初完封も巨人戦であり、特に1972年には20勝中3完封を含む6勝を挙げた。対巨人戦は通算13勝9敗で中日時代に挙げた46勝中13勝は最多である。また、長嶋茂雄王貞治の『ON砲』がいずれも苦手にしていた投手として知られている。 この時期は、他にも「巨人キラー」「長嶋キラー」「王キラー」の投手はそれぞれいたものの、平松政次は巨人戦から多く勝ち星を奪い、かつ長嶋に対しても抑えていたものの、王に対しては苦手意識を持っていた。また、安田猛は長嶋、王はいずれも抑えてはいたものの、対巨人の通算成績は16勝20敗と負け越していた。そのような状況の中で、巨人戦に強く、長嶋、王に対しても抑えていた数少ない投手だったと言える。

長嶋は現役最晩年だったとはいえ、4年間で62打数11安打で打率.177、本塁打はわずかに1本に抑え、初奪三振も長嶋から奪ったものである。(但し、この本塁打1本は1973年7月16日の長嶋が通算2000試合出場を達成した試合である。この試合は、8回まで2安打無失点と好投していたものの、味方打線も新浦壽夫倉田誠の前に援護できず、迎えた9回裏1死一塁の場面でサヨナラ本塁打を浴びた。前日まで首位から7.5ゲーム差の5位と低迷していた巨人は、この試合をきっかけに息を吹き返し、シーズン最終戦の阪神タイガース戦に勝利してV9を達成、一方、稲葉はその後スランプに陥り、1976年オフの阪急移籍まで低迷してしまう。)

また、王に対しても69打数14安打で打率.203、本塁打5本に抑えた。また、1971年10月3日の巨人のシーズン最終戦は、既に巨人の7年連続優勝が決まり消化試合であった一方、それまでの129試合で39本塁打の王が9年連続40本塁打以上がかかった試合であったが、これに立ちはだかったのがこの日先発した稲葉で王に対して真っ向勝負で3打数無安打1四球と抑え込んで、王の9年連続40本塁打記録を阻止した。ちなみにこの試合は稲葉がプロ初完封勝利を挙げた試合でもある。

王と長嶋には両者を合わせると6年間で打率.191しか打たせなかった。

ちなみに、巨人とは阪急移籍後の1977年10月26日の1977年の日本シリーズ第4戦でも対戦しており、5回1失点の内容であった。王に対しては第一打席では四球を与えたが、第二打席では前打者の土井正三に先制二塁打を打たれ、なおも1死二塁のピンチの場面でライトフライに打ち取っている(長嶋は1974年で引退し、監督に就任)。

引退後

引退後は1年間東海ラジオ野球解説者を務めた後、1986年から1996年まで中日二軍投手コーチ、1997年は中日育成チーフコーチ、1998年から2001年までは日本ハムの投手コーチを務めた。2002年から2008年までの7年間テレビ愛知・東海ラジオ野球解説者を務め、2009年に再び中日の投手コーチとして復帰。若手投手の育成に力を注ぎ、吉見一起山内壮馬マキシモ・ネルソンなど多くの投手を育て、就任前年に低迷した投手陣の再建と球団史上初の連覇に大きく貢献した。

2012年8月11日、ウエスタン・リーグ広島戦(ナゴヤ球場)の試合中にネット裏で「手がしびれる」と体調不良を訴え、名古屋市内の病院に搬送されたが、脳内出血のため20時39分に死去した。63歳没。7月に心臓カテーテル検査を受けたばかりだった。

指導者として

「理論派」として知られ、若手育成には定評があり、数多くの投手を育て上げた。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1971 | 中日 | 21 | 5 | 2 | 1 | 0 | 6 | 0 | -- | -- | 1.000 | 261 | 68.0 | 44 | 4 | 20 | 1 | 2 | 38 | 1 | 0 | 9 | 8 | 1.06 | 0.94
1972 | 38 | 35 | 14 | 8 | 1 | 20 | 11 | -- | -- | .646 | 1045 | 261.1 | 202 | 26 | 94 | 9 | 11 | 140 | 0 | 0 | 84 | 80 | 2.76 | 1.13
1973 | 33 | 21 | 8 | 2 | 1 | 6 | 12 | -- | -- | .334 | 673 | 160.2 | 141 | 13 | 66 | 7 | 1 | 94 | 1 | 0 | 72 | 63 | 3.52 | 1.29
1974 | 30 | 17 | 3 | 0 | 0 | 4 | 5 | 0 | -- | .445 | 459 | 110.0 | 97 | 15 | 41 | 3 | 5 | 75 | 3 | 0 | 54 | 48 | 3.93 | 1.25
1975 | 34 | 17 | 5 | 1 | 2 | 7 | 5 | 0 | -- | .584 | 518 | 130.1 | 104 | 14 | 37 | 1 | 4 | 76 | 0 | 0 | 42 | 40 | 2.77 | 1.08
1976 | 32 | 10 | 0 | 0 | 0 | 3 | 7 | 0 | -- | .300 | 373 | 81.0 | 93 | 16 | 40 | 4 | 0 | 56 | 2 | 0 | 56 | 52 | 5.78 | 1.64
1977 | 阪急 | 30 | 25 | 9 | 4 | 2 | 17 | 6 | 1 | -- | .739 | 757 | 190.2 | 146 | 17 | 51 | 0 | 7 | 104 | 0 | 2 | 56 | 52 | 2.45 | 1.03
1978 | 25 | 23 | 7 | 3 | 0 | 10 | 5 | 0 | -- | .667 | 679 | 164.0 | 159 | 17 | 51 | 2 | 3 | 74 | 2 | 0 | 62 | 53 | 2.91 | 1.28
1979 | 23 | 22 | 9 | 1 | 1 | 11 | 9 | 0 | -- | .550 | 646 | 151.0 | 154 | 23 | 47 | 2 | 5 | 84 | 1 | 1 | 84 | 73 | 4.35 | 1.33
1980 | 22 | 18 | 6 | 0 | 1 | 5 | 8 | 1 | -- | .385 | 513 | 109.0 | 136 | 20 | 58 | 1 | 6 | 35 | 4 | 0 | 85 | 77 | 6.36 | 1.78
1981 | 23 | 21 | 9 | 1 | 1 | 11 | 5 | 0 | -- | .688 | 580 | 135.1 | 150 | 14 | 47 | 0 | 9 | 36 | 2 | 0 | 56 | 44 | 2.93 | 1.46
1982 | 18 | 16 | 4 | 1 | 0 | 4 | 7 | 0 | -- | .364 | 371 | 87.1 | 83 | 7 | 36 | 0 | 2 | 22 | 2 | 0 | 42 | 41 | 4.24 | 1.36
1983 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | ---- | 29 | 7.0 | 7 | 1 | 1 | 0 | 1 | 3 | 0 | 0 | 2 | 2 | 2.57 | 1.14
通算:13年 331 | 230 | 76 | 22 | 9 | 104 | 80 | 2 | -- | .566 | 6904 | 1655.2 | 1516 | 187 | 589 | 30 | 56 | 837 | 18 | 3 | 704 | 633 | 3.44 | 1.27

タイトル

表彰

記録

初記録
節目の記録
その他の記録

背番号

関連情報

出演番組

脚注

  1. ^ 年度別成績 1977年 パシフィック・リーグ
  2. ^ 中日・稲葉2軍コーチが急死 吉見、山内らを育成 スポニチ 2012年8月12日
  3. ^ 中日・稲葉光雄コーチ試合中倒れ急死 日刊スポーツ 2012年8月12日
  4. ^ 中日、来季2軍投手コーチに球団OB稲葉氏を招へい スポニチ 2008年10月15日
  5. ^ 【8月26日】1971年(昭46) 父が倒れたその日に…ルーキー稲葉光雄 涙の初勝利 スポニチ 2011年8月26日

関連項目

業績
パシフィック・リーグ最優秀勝率投手
1950年代 | 

1960年代 | 
  • 1960 小野正一
  • 1961 稲尾和久
  • 1962 皆川睦男
  • 1963 田中勉, 森中千香良
  • 1964 J.スタンカ
  • 1965 林俊彦
  • 1966 皆川睦男
  • 1967 石井茂雄
  • 1968 村上雅則
  • 1969 清俊彦

  • 1970年代 | 
  • 1970 佐々木宏一郎
  • 1971 山田久志
  • 1972 佐藤道郎
  • 1973 八木沢荘六
  • 1974 竹村一義
  • 1975 鈴木啓示, 野村収
  • 1976 山田久志
  • 1977 稲葉光雄
  • 1978 山田久志
  • 1979 山田久志

  • 1980年代 | 
  • 1980 木田勇
  • 1981 間柴茂有
  • 1982 工藤幹夫
  • 1983 高橋直樹
  • 1984 石川賢
  • 1985 石本貴昭
  • 1986 渡辺久信
  • 1987 工藤公康
  • 1988 郭泰源
  • 1989 星野伸之

  • 1990年代 | 
  • 1990 野茂英雄
  • 1991 工藤公康
  • 1992 石井丈裕
  • 1993 工藤公康
  • 1994 郭泰源
  • 1995 平井正史
  • 1996 星野伸之
  • 1997 西口文也
  • 1998 黒木知宏
  • 1999 篠原貴行

  • 2000年代 | 
  • 2000 小野晋吾
  • 2001 田之上慶三郎
  • 2002 J.パウエル
  • 2003 斉藤和巳
  • 2004 岩隈久志
  • 2005 斉藤和巳
  • 2006 斉藤和巳
  • 2007 成瀬善久
  • 2008 岩隈久志
  • 2009 ダルビッシュ有, 杉内俊哉

  • 2010年代 | 
  • 2010 杉内俊哉
  • 2011 田中将大
  • 2012 攝津正
  • 2013 田中将大
  • 2014 岸孝之
  • 2015 大谷翔平
  • 2016 和田毅
  • 2017 千賀滉大
  • 2018 M.ボルシンガー

  • 1973年から2001年は表彰なし。2002年から2012年は最優秀投手として表彰。

    中日ドラゴンズ開幕投手
    1930年代 | 

    1940年代 | 
  • 40 村松幸雄
  • 41 森井茂
  • 42 河村章
  • 43 松尾幸造
  • 44 森井茂
  • 46 森井茂
  • 47 松尾幸造
  • 48 服部受弘
  • 49 服部受弘

  • 1950年代 | 
  • 50 清水秀雄
  • 51 近藤貞雄
  • 52 大島信雄
  • 53 杉下茂
  • 54 石川克彦
  • 55 石川克彦
  • 56 杉下茂
  • 57 伊奈努
  • 58 中山俊丈
  • 59 伊奈努

  • 1960年代 | 
  • 60 伊奈努
  • 61 板東英二
  • 62 柿本実
  • 63 河村保彦
  • 64 河村保彦
  • 65 柿本実
  • 66 山中巽
  • 67 小川健太郎
  • 68 小川健太郎
  • 69 小川健太郎

  • 1970年代 | 
  • 70 小川健太郎
  • 71 伊藤久敏
  • 72 水谷寿伸
  • 73 稲葉光雄
  • 74 星野仙一
  • 75 松本幸行
  • 76 星野仙一
  • 77 松本幸行
  • 78 星野仙一
  • 79 星野仙一

  • 1980年代 | 
  • 80 藤沢公也
  • 81 三沢淳
  • 82 小松辰雄
  • 83 小松辰雄
  • 84 鈴木孝政
  • 85 小松辰雄
  • 86 郭源治
  • 87 杉本正
  • 88 小松辰雄
  • 89 小野和幸

  • 1990年代 | 
  • 90 西本聖
  • 91 小松辰雄
  • 92 郭源治
  • 93 今中慎二
  • 94 今中慎二
  • 95 今中慎二
  • 96 今中慎二
  • 97 山本昌
  • 98 山本昌
  • 99 川上憲伸

  • 2000年代 | 
  • 00 野口茂樹
  • 01 山本昌
  • 02 山本昌
  • 03 川上憲伸
  • 04 川崎憲次郎
  • 05 川上憲伸
  • 06 川上憲伸
  • 07 川上憲伸
  • 08 川上憲伸
  • 09 浅尾拓也

  • 2010年代 | 
  • 10 吉見一起
  • 11 M.ネルソン
  • 12 吉見一起
  • 13 吉見一起
  • 14 川上憲伸
  • 15 山井大介
  • 16 大野雄大
  • 17 大野雄大
  • 18 小笠原慎之介



  • ドラフト指名
    中日ドラゴンズ 1970年ドラフト指名選手

    1位:氏家雅行 / 2位:稲葉光雄 / 3位:三沢淳 / 4位:村上義則 / 5位:伊藤泰憲 / 6位:堂上照 / 7位:盛田嘉哉


    広島東洋カープ - 1968年ドラフト指名選手



    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/11 02:55

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「稲葉光雄」の意味を投稿しよう
    「稲葉光雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    稲葉光雄スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「稲葉光雄」のスレッドを作成する
    稲葉光雄の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail