このキーワード
友達に教える
URLをコピー

立憲君主制とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2017年4月)
  • 一次情報源または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。(2017年4月)
  • 信頼性に問題があるかも知れない資料に基づいており、精度に欠けるかもしれません。(2017年10月)
政治シリーズ記事からの派生
君主主義


種類
世襲君主制 · 選挙君主制
絶対君主制 · 制限君主制 · 立憲君主制 · 非主権君主制 · 象徴君主制 · 摂政

概念
君主
君主制
王権神授説
天命

歴史
マグナ・カルタ
オスマン帝国の勃興
名誉革命
フランス革命
スペイン立憲革命
フランス第一帝政
フランス第二帝政
明治維新
天皇制
ドイツ帝国の成立
辛亥革命
ロシア革命
ドイツ革命
トルコ革命
タイの立憲革命
スペイン内戦
ルーマニア王国の崩壊
イタリア王国の崩壊
スペインの王政復古 (1975年)
イラン革命
カンボジア王国 (1993年-現在)
ネパール内戦

関連項目
貴族制
専制政治
トマス・ホッブズ
寡頭制
右翼
王位請求者
王政復古
王党派
白旗
トーリー主義

Portal:政治学

政治シリーズ記事からの派生
政治体制

政治体制の分類と対立軸
権力の範囲

権力者の数

権力者の種類

経済的分類

主な対立軸

ウィキポータル政治学

立憲君主制(りっけんくんしゅせい、: Constitutional monarchy)または制限君主制とは、君主権力憲法により規制されている君主制

君主制とは、ある政治共同体において世襲君主主権を持つ政治形態。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 歴史
    • 1.2 榎原猛による定義・分類
    • 1.3 ウォルター・バジョットによる立憲君主制での君主の権利
  • 2 現在の立憲君主国一覧
    • 2.1 アジア
    • 2.2 オセアニア
    • 2.3 ヨーロッパ
    • 2.4 アフリカ
    • 2.5 英連邦王国
  • 3 各国の立憲君主制
    • 3.1 アジア
      • 3.1.1 日本
        • 3.1.1.1 大日本帝国憲法
        • 3.1.1.2 日本国憲法
    • 3.2 オセアニア
    • 3.3 ヨーロッパ
    • 3.4 アフリカ
    • 3.5 イギリス連邦
      • 3.5.1 英連邦王国
  • 4 賛否
  • 5 注釈
  • 6 出典
  • 7 参考文献
  • 8 関連項目
  • 9 外部リンク

概要

三権分立を原則とした憲法に従って、君主の権力が一定の制約を受ける政治体制。絶対君主市民階級の台頭と妥協し生まれたもの(君主とは伝統的に、国家で特定の一人が主権を持つ場合のその主権者であり、帝王天子皇帝きみなどとも言う)。君主の有する権力の総体を君主主権といい、絶対王政はこれに支えられていたが、フランス革命は「あらゆる主権の原理は、本質的に国民に存する」(人権宣言3条)として君主主権の原理を否定し、国民主権原理を確立した。

立憲君主制は二種類、すなわち、実際の権力は議会に与えられ君主権は名目上にすぎないイギリス型と、憲法は存在しても実際には君主権が制限されない(19世紀の帝政期の)ドイツ型とが存在する。

大日本帝国憲法下の日本は、ドイツ型の立憲君主制とされる。

歴史

立憲君主制は、絶対君主を打倒して近代国家を形成した17世紀イギリスにおいて最初に確立された。

もともとイギリスでは13世紀末以来、君権は議会の制定した法律や決定に制限されるという権力制限的思考が強かった。しかし17世紀、君主がその権限の拡大強化を図り絶対君主の道を追求し始めたため、市民革命が起こった。名誉革命後のイギリスでは、立法権を有する議会が行政権を持つ国王に優位するという政治思想が確立された。さらに18世紀中期以降は行政権を事実上内閣が掌握し、19世紀に政党政治が確立される中、議院内閣制が政治運営上の基本原則となり、イギリスは世界における民主主義国家のモデルとなった。

イギリス国王は今日においても国の元首であり、形式的には行政権の長であるが、1931年ウェストミンスター憲章によって、イギリス国王は連合王国の象徴としての地位に就いた。イギリスは立憲君主制国ではあるが、政治の実態はアメリカ合衆国や今日のフランスドイツ等の共和制国家とほぼ同質と言える。他方、第一次世界大戦前のドイツ帝国第二次世界大戦以前の日本でも憲法は存在したが、そこでは君主天皇行政権を掌握し、数々の強大な大権を有し、議会の権限は極めて弱く、外見的立憲主義だった。対してイギリスのような立憲君主制は、議会主義的君主制と呼ばれる。

第二次世界大戦後も君主制を擁する国々は十数ヶ国存在するが、ほとんどはイギリス型立憲君主制を取っており、ベルギールクセンブルクのように憲法上で国民主権主義を明記している国もある。戦後日本では、憲法上で国民主権主義を明確化し、天皇は政治的権限を有しない象徴的地位に就いた。「この意味で戦後の日本は、事実上、国民主権主義をとる民主国家と規定できよう」とされる。

榎原猛による定義・分類

憲法学者榎原猛は、その著書『君主制の比較憲法学的研究』(1969年、有信堂)において、「立憲君主制度」を、「制限君主制度」(主権者たる君主が国権を発動するに際し、独立機関を設け、この独立機関を通じて国権を発動することを本則とする制度)の一類型である「立憲政体を採用する君主国の制度」と定義したうえで、立憲君主制度の国を以下のように分類している。

  1. 君主主義的立憲君主制度 - 国王と国会との相互関係のうえで、国王が優位の立憲君主制度
  2. 国会主義的立憲君主制度 - 国王と国会との相互関係のうえで、国会が優位の立憲君主制度

なお榎原は、「国会主義」の君主制という観点から、

  1. 国会主義的立憲君主制度(君主制国家でありながら、憲法的習律により、議院内閣制を採用し、国会主義を実現している制度)
  2. 国会制的間接君主制度(君主主権を定めながら、憲法の明文により議院内閣制を採用し、国会主義を実現している制度)
  3. 共和国における君主制(憲法上で国民主権を定めながら、君主制を採用している制度)

の分類も用いている。

ウォルター・バジョットによる立憲君主制での君主の権利

ウォルター・バジョットによれば、立憲君主制における君主は以下の3つの権利を保持しているとされる。

  1. 相談を受ける権利
  2. 何かを奨励する権利
  3. 警告する権利


現在の立憲君主国一覧

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2017年4月)

イギリス連邦構成諸国は本節最下部に別記する。

アジア

オセアニア

ヨーロッパ

アフリカ

英連邦王国

イギリスの君主」も参照

英連邦王国の諸国は同一の国王・女王を君主とする。イギリス以外の国では各国政府助言に基づいて国王により形式的に任命された総督大権を執行する。 また、性質上は単なる象徴元首の扱いであるため、各国の国政運営は政府の長たる首相率いる内閣(行政府)にて継続して行われている。

各国の立憲君主制

 | 

この節には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2017年4月)
  • 一次情報源または主題と関係の深い情報源のみに頼って書かれています。(2017年4月)

アジア

カンボジア国1993年に消滅し、同年9月に立憲君主制のカンボジア王国が成立した。

バーレーン国は2002年に立憲君主制に移行して、「バーレーン王国」に国名変更した。ブータン王国2008年3月までに上下両院の普通選挙を完了し、同年7月18日に新たな成文憲法典を成立させ、立憲君主制への移行を完了した。

日本

詳細は「天皇制#憲法下の天皇制」、「天皇機関説」、「象徴天皇制」、および「尾高・宮沢論争」を参照
大日本帝国憲法

大日本帝国憲法において、国家統治の権限は天皇による統治権(天皇大権)として定められた。その行使にあたっては国務大臣、統帥部、宮内大臣らの輔弼を絶対要件として必要とし、その行使に伴って生じる結果責任を天皇に代わって引き受ける輔弼者が存在して初めて行使されうるよう運用された。

この天皇大権の根拠としては、日本建国以来の歴代の天皇が実際に大権を保持し、主体的に行使してきたという歴史的事実自体に求めた。日本の歴史としては建国以前に記紀神話が連続して続いているが、この神話的出来事は、井上毅ら帝国憲法の起草者によって立憲の議論からは除外された。天皇に関わる法的な議論に神話的出来事を持ち込むことにより、宗教や哲学を巡る議論が起き、それに天皇や政府が巻き込まれることを避けたためである。

その後、1935年の天皇機関説事件を契機といて、野党や軍部、右翼団体が天皇機関説の排撃運動を活発化させる。1935年8月3日、岡田内閣は天皇の統治権の根拠として天照大神による天壌無窮の神勅による、と公式に発表し(国体明徴声明)、この時点で初めて、天皇大権の根拠に神話を持ち込む神権主義的解釈が生まれた。

この10年余り後に憲法は改正され、神権主義的解釈がなされたのはこの短期間に過ぎなかったが、これ以降の憲法に関する言論では、帝国憲法の施行されていた全期間において、神権主義的体制下にあった、という誤った認識が広く行き渡ることになった。

日本国憲法
詳細は「象徴天皇制#「君主」に関する議論」を参照

日本国憲法では、国の最高法規、国民主権、天皇について規定した第1章(第1条第8条)による象徴天皇制を採用した。象徴である天皇が「君主」であるかは議論がある。憲法および他の法令では「君主」の語は使用されておらず、法的には「君主」は定義されていないため、「君主とは何か」「天皇は君主に該当するか」が論点となる。

内閣法制局による政府見解では日本国憲法下の日本を「立憲君主制と言っても差し支えないであろう」としている。

『日本大百科全書』で安田浩は「象徴天皇には、通常の立憲君主のもっている政治上の外形的権限およびそれに基づく危機に際しての介入権限も与えられておらず、その点では君主とも元首ともいいえない存在となった」と述べている。『国史大辞典』では、法律制度上、象徴天皇は君主でも元首でもなく、子孫としての神聖な権威は消滅したとされている。『法律用語辞典(第4版)』は、象徴天皇と元首天皇は異なるとしている。

憲法学者清宮四郎の『憲法Ⅰ』(第三版)によると、天皇が君主か否かについては、否定説と肯定説とがある。君主制の歴史的変遷を見ると、専主制(autocracy)の理想に最も近い絶対君主制から、君主の権能が制限された制限君主制、立憲君主制へと「進化」している。しかし19世紀から20世紀にかけて、民主政治議会政治が一層発達するに連れ、君主制国家は次第に減少し、実権は君主の手から離れて他の機関に移った。そしてイギリス国王のような「君臨するも統治しない」君主が生まれるに至り、ベルギーオランダ等の君主もこれに近い。これらを「議会制君主制(parliamentary monarchy)」という。議会制君主制と天皇は、次のように対比されている。

わが現行憲法における天皇は [] 歴史的にみて、これを君主といっても、あえて誤りというべきほどのものではない。ただし、この場合、君主と名づけるとしても、現在のイギリスの国王の型よりもさらに君主的色彩の薄らいだ型を示すものであることは、注意しなければならない。

憲法学者佐藤功の『憲法(上)』(新版)によると、「日本国憲法は明瞭に主権国民に属せしめている以上、日本国は共和制であると見るべき」とされている。しかし君主制には、「みずからを近代化民主化しつつ存続しえた」という面もある。日本の国家型態は、「かつての絶対君主制や立憲君主制のような伝統的・典型的な君主制には属さないことは明らかである」とされ、次のように論じられている。

要するに、この憲法下の日本国は伝統的・典型的な君主制には属さないが、同時に伝統的・典型的な共和制にも属さない。その意味では「中間的な国家型態」であるともいえようが、そのような位置づけはなお伝統的な君主制と共和制との区別の基準に基づいた位置づけであり、むしろ新たな君主制の基準に基づいて「国民主権下の君主制」とよぶことが適当であろう。

オセアニア

トンガ王国は立憲君主制である。だが、実際は国王の強力な大権によって国政が行われている。議会は貴族の代表と平民の代表で構成される。

サモア独立国は立憲君主制である。首相は議会の多数派により選ばれる。そして、元首の大首長によって任命される。

ヨーロッパ

南欧では、1975年王政復古したスペインを除いて、イタリア、バルカン諸国などでファシスト政権を歓迎したため、第二次世界大戦後、次々に追放され共和制へと移行している。

政治的な権限を有さない君主は、デンマークスウェーデンノルウェーといった北欧諸国やオランダスペインなどヨーロッパの他の立憲君主国でも普通に見られる。ただし、オランダ(閣僚の任命についての43条など)やスペイン(首相の推薦又は任命についての99条など)は、政治慣行等を抜きにして条文上では君主の意思が介在できるイギリスと似た「一般的な立憲君主制」タイプであり、それが介在できないほど君主権力が制限・剥奪された「君主権力がより消極的な立憲君主制」とは異なる。スウェーデン国王は首相任命権などの形式的な国事行為すら憲法上認められておらず、政治から完全に分離され国の対外的代表としての地位しかないため、象徴君主制という新たな区分で説明されることがある。

なお、リヒテンシュタイン公国は立憲君主制とされているが、議院内閣制でありながら、リヒテンシュタイン家の当主であるリヒテンシュタイン公が強大な政治的権限を有している。これはリヒテンシュタイン家が膨大な資産を有しており国庫からの歳費収入に依存する必要がないためとされている。そのためリヒテンシュタイン公国はほぼ絶対君主制といえる政体であるといわれる。

アフリカ

モロッコ国王は情報統制など強権的な政治を行っている。その一方で民主化政策が進められている。ハサン2世の統治時代、1996年に憲法改正がなされた。この改正で二院制を導入、総選挙を実施した。

レソト国王は国民統合の象徴的地位で、実権は首相にあり、政治的権力を有さない。逆に、当項には記されていないが、憲法典は存在するものの条文内で国王による絶対的な支配権が保障されているスワジランド絶対王政に分類されており、世襲制の

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2019/08/25 15:46

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「立憲君主制」の意味を投稿しよう
「立憲君主制」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

立憲君主制スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「立憲君主制」のスレッドを作成する
立憲君主制の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail