このキーワード
友達に教える
URLをコピー

競馬ブックとは?

(競馬ブックから転送)
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年5月)
【競馬ブック】

【種類】
日刊紙(原則中央競馬開催日前日)

【事業者】
(有限会社十美社→)
(株式会社松井総業→)
株式会社ケイバブック
【本社】
(京都府久世郡淀町→)
(京都府京都市伏見区→)
(大阪府大阪市淀川区木川東4-13-8→)
滋賀県栗東市手原2-6-6
【代表者】
松井淳二(代表取締役社長)
【創刊】
1946年(昭和21年)10月10日
【言語】
日本語
【価格】
1部 (紙版:東西全国版、従場版の2種類あり)500円
(自社ネット新聞)
各場別当日全レース掲載版500円
東西別前後半6レースセット各360円
レース単位で選択の場合1競走60円(電子マネー(WebMoneyBitCashが利用可能)による電子決済))
(コンビニプリント版)
各場別当日全レース掲載版500円
東西主場前後半各6レースセット500円

【ウェブサイト】
https://p.keibabook.co.jp/
【競馬ブック(南関東版)】

【種類】
日刊紙(原則南関東公営競馬開催日前日)
【サイズ】
A判

【事業者】
株式会社ケイバブック東京支社
【本社】
東京都江東区毛利2-9-10
【代表者】
松井淳二
【創刊】
2008年(平成20年)4月7日
【言語】
日本語
【価格】
1部 (紙版)500円
(自社ネット新聞)
当日全レース掲載版500円
レース単位で選択の場合1競走80円

【ウェブサイト】
https://p.keibabook.co.jp/
特記事項:
他にも地方版としてばんえい競馬版、ホッカイドウ競馬版あり。ホッカイドウ競馬の電子版はメインレースに限り無料

株式会社ケイバブック滋賀県栗東市手原にある競馬新聞、ならびに競馬関連図書を製作、販売する会社である。『競馬ブック』『研究ニュース』の2つの競馬新聞を発行し、馬事関連を扱う出版社として国内最大の規模を誇る。

なお本稿では、『競馬ブック(当日版)』『週刊競馬ブック』『競馬四季報』およびその系譜に関わる事象を取り上げる。出自の違う『研究ニュース』の系譜に連なる事象については当該項目を参照されたい。

概要

株式会社ケイバブック
keibabook Co.,Ltd.
本社(2017年撮影)

種類
株式会社
【市場情報】
非上場
【略称】
競馬ブック
【本社所在地】
日本
520-3047
滋賀県栗東市手原2丁目6番6号
北緯35度1分26.4秒
東経136度0分2.9秒
座標: 北緯35度1分26.4秒 東経136度0分2.9秒
【設立】
1962年(昭和37年)12月25日
業種
情報・通信業
法人番号
9160001013340
【事業内容】
競馬専門紙・週刊誌・四季報等出版物の発行、コンピュータによる新聞製作システムに関するコンサルティング
【代表者】
松井淳二(代表取締役社長)
【外部リンク】
https://p.keibabook.co.jp/
特記事項:松井淳二は編集及び発行印刷責任者も兼務。

1945年(昭和20年)9月、終戦とともに日本競馬会(現・日本中央競馬会)は競馬の再開に向けて動き出した。

詳細は「日本競馬会#概要」および「競馬の歴史 (日本)#国営競馬の開始」を参照

関西での公認競馬は、戦前には京都競馬場鳴尾競馬場の2カ所で行われていたが、このうち鳴尾は大東亜戦争中に飛行場にされた上に空襲の被害を受け、戦後になっても占領軍に接収されたままで使えなくなり、移転予定だった逆瀬川(兵庫県良元村=現・宝塚市)でも占領軍の用地接収に遭って完成のメドが立たなくなった。このため競馬会は、まず京都1場だけでの競馬再開を目指すことにした。

詳細は「阪神競馬場#逆瀬川競馬場」および「鳴尾飛行場#沿革」を参照

1946年(昭和21年)10月17日、京都競馬場で戦後初の馬券発売を伴う公認競馬が行われた。この情報を伝える新聞として、戦前からあった『競馬ニホン』『前夜通信の出馬表』『競馬ニュース』『競馬フアン』が復刊。一方で『中島競馬號』が創業者の疎開によって大阪での発行をやめることになった。これと前後して当社創業者の松井淳(まつい・きよし)が京都府淀町に十美社の名前で印刷所を立ち上げた。そこへ日本競馬会職員の鎌田勝が近づき、松井に競馬専門紙への新規参入を持ちかける。こうして、十美社を発行所とする関西発の新規参入紙として1946年10月10日に創刊したのが、『競馬ブック』である。

当初は公認競馬が日曜しか行われなかったこともあり、競馬ブックは週刊だった。そこで十美社は1948年(昭和23年)、大阪住之江競輪場での競技開始をきっかけに競輪の専門紙も発行し、初期にはこちらが大きな収入源となった。その後、同社は法人化と前後して「株式会社松井総業」(初代)に社名を変更。競馬ブック(ケイバブック)はあくまでも同社が発行する定期刊行物の名称という形になった。

1971年(昭和46年)には東京の競馬研究社と提携して関東に本格進出。ほぼ同時期にケイシュウNEWS創業者白井新平の子息白井透が現役馬の血統データを専門に扱う本を立ち上げようとしていたのを聞きつけ、新平や啓衆社などとともに支援し『競馬四季報』として具体化した。その後、競馬研究社が正式に傘下に入った時に「松井総業(2代目)」となり、松井総業(初代)は「株式会社ケイバブック」に社名変更した。

詳細は「研究ニュース#旧競馬研究」および「白井透#おもな著書」を参照

2016年(平成28年)6月30日付で株式会社MGプリンティングを印刷部門に、2017年12月24日に研究ニュースの発行元であった株式会社松井総業(2代目)をそれぞれ吸収合併した。

沿革

主な出版物

詳細は「研究ニュース#概要」を参照

専門紙「競馬ブック」の紙面構成

販売されている競馬ブック(左下)

以下は中央競馬・東西全国版を基本としているため、地方競馬版(特に「ばんえい競馬」版)は若干異なる部分がある。

本文

レースごとのコラム

本紙予想

馬連・馬単・3連複・3連単の本誌予想買い目を掲載。馬連・馬単は本紙予想トラックマンよりも多めに買い目を示している。3連複は1頭軸流し、2頭軸流し、ボックスのいずれか、3連単はフォーメーション予想。

展開予想

管轄地域

週刊競馬ブック

【週刊競馬ブック】

【ジャンル】
競馬雑誌
【読者対象】
競馬愛好者
【刊行頻度】
週1回(後述)
【発売国】
日本
【言語】
日本語
【定価】
720円
【出版社】
株式会社ケイバブック
【発行人】
松井淳二
雑誌名コード
82962-2
【刊行期間】
昭和43年4月 - (刊行中)
【ウェブサイト】
https://p.keibabook.co.jp/

概要

原則として毎週月曜日発売(但し、平日に中央競馬開催がある場合=台風などの天災で代替競馬が開催された場合、またはハッピーマンデー開催などは、その翌日)。2018年10月9日より電子版の発売が開始された。2019年1月をもって、奈良県全域と和歌山県全域における発売を終了した。

内容

かつての連載

かつてのできごと

競馬四季報

【競馬四季報全国版】

【ジャンル】
競馬雑誌
【読者対象】
競馬愛好者・競馬関係者
【刊行頻度】
年4回(季刊)
【発売国】
日本
【言語】
日本語
【出版社】
(株式会社サラブレッド血統センター→)
株式会社ケイバブック
【発行人】
松井淳二
雑誌名コード
82962-2
【刊行期間】
1972年(昭和47年)3月 - (刊行中)
【ウェブサイト】
https://p.keibabook.co.jp/
【特記事項】
上記は「競馬四季報(関東版)」の創刊年度。関西版「関西競馬四季報」は1980年(昭和55年)創刊。2001年(平成13年)に東西統合の全国版となる。

競馬四季報はケイシュウNEWS創業者白井新平の三男・白井透が中心となって、1972年(昭和47年)、関東版から創刊。8年後の1980年(昭和55年)に「関西競馬四季報」の基となる『別冊競馬四季報・関西版』がスタートした。どちらも白井が東京都新宿区に設立した『サラブレッド血統センター』を版元として発行を始めた。

関西版は創刊号の編集後記に「当分は年1回発行の予定です」と記載されていた。その後春・秋の年2回発行される事実上「二季報」になり、名実ともに四季報となった1984年(昭和59年)から版元がケイバブック本体に変更された。

関東版は美浦所属馬中心、関西四季報は栗東所属馬中心にそれぞれの登録全競走馬の血統・競走成績を大挙収録するとともに、競馬に関する様々な写真グラフィックによる特集も収録されていた。毎年夏号にはペーパーオーナーゲームの参加者が募集される。春号には馬主向けの情報誌「スタリオンレヴュー」(非売)の最新年度版を希望読者(オンライン注文の場合は全員)に贈呈するキャンペーンもある。

1989年(平成元年)に現在のケイバブック東京支社社屋が完成した際、サラブレッド血統センターの事務所は近隣のマンションの一室に移転した。その後白井はサラブレッド血統センターをケイバブックに売却し、1995年(平成7年)冬号から関東版も「発行・サラブレッド血統センター、発売・ケイバブック」に統一されたが、引き続き関東・関西の2分冊の形式(題名は「競馬四季報・関東版or関西版」)であった。21世紀になって全国の中央競馬全レースの馬券が購入できるようになったことや、地方競馬との交流レースが増えたことなどから2001年冬号以後「全国版」として1冊にまとめられている。

発売される時期と主に取り上げる特集のテーマ

主な所属トラックマン

 | 
この節の加筆が望まれています。

中央競馬・関西(本社・大阪支社)

中央競馬・関東(東京支社)

ホッカイドウ競馬(北海道支社)

ばんえい競馬(北海道支社)

南関東公営競馬(東京支社)

2010Happy Mail