このキーワード
友達に教える
URLをコピー

竹下平作とは?

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2019年4月)
 | 
この記事で示されている出典について、該当する記述が具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、特定が求められています。ご存知の方は加筆をお願いします。(2019年4月)

【竹下 平作】

【生誕】
1865年1月14日
熊本藩
【死没】
(1927-10-31) 1927年10月31日(62歳没)
【所属組織】
日本陸軍
【軍歴】
1885 - 1917
【最終階級】
陸軍中将

竹下 平作(たけした へいさく、1865年1月14日(元治元年12月17日) - 1927年(昭和2年)10月31日)は、日本陸軍軍人。最終階級は陸軍中将

経歴

熊本県出身。竹下幸太郎の長男として生まれる。1885年(明治18年)6月、陸軍士官学校(旧7期)を卒業し陸軍少尉任官。同期には宇都宮太郎島川文八郎大将柴勝三郎中将らがいる。1890年(明治23年)12月、陸軍大学校(第6期)を卒業。

陸軍戸山学校教官、陸士教官、台湾総督府副官、陸士教官、陸士生徒隊中隊長、第12師団参謀参謀本部員、歩兵第10連隊大隊長歩兵第14連隊大隊長、後備歩兵第20連隊長などを経て、歩兵第14連隊長として日露戦争に出征。遼陽会戦奉天会戦などに参戦した。

歩兵第46連隊長、台湾歩兵第2連隊長などを経て、1911年(明治44年)10月、陸軍少将に進級。歩兵第27旅団長、歩兵第1旅団長を歴任。1916年(大正5年)8月、陸軍中将に進級し待命となり、翌年1月、予備役に編入された。

栄典

親族

脚注

  1. ^ 『官報』第707号「叙任」1885年11月7日。
  2. ^ 『官報』第7352号「叙任及辞令」1907年12月28日。
  3. ^ 『官報』第1357号「叙任及辞令」1917年2月12日。

参考文献

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/04 02:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「竹下平作」の意味を投稿しよう
「竹下平作」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

竹下平作スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「竹下平作」のスレッドを作成する
竹下平作の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail