このキーワード
友達に教える
URLをコピー

笠間市とは?

笠間市旗
笠間市章
2006年3月19日制定

【国】
日本
【地方】
関東地方
【都道府県】
茨城県
団体コード
08216-3
法人番号
4000020082163
【面積】
240.40km

【総人口】
75,260[編集]
(推計人口、2018年4月1日)
人口密度
313人/km
【隣接自治体】
水戸市石岡市桜川市小美玉市
東茨城郡茨城町城里町
栃木県芳賀郡茂木町
【市の木】
さくら
【市の花】
きく
【市の鳥】
うぐいす
【笠間市役所】

【市長】
山口伸樹
【所在地】
309-1792
茨城県笠間市中央3丁目2番1号
北緯36度20分42.6秒東経140度18分15.5秒

【外部リンク】
笠間市

― 市 / ― 町・村



【特記事項】
ここでのデータは新制の物。旧制のデータは本文中を参照。
ウィキプロジェクト
1986年(昭和61年)撮影の笠間市中心部周辺の空中写真。国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成。

笠間市(かさまし)は関東地方の北東部、茨城県の中部に位置するである。

古くから日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷神社鳥居前町として、また笠間城の城下町として栄えてきた。最近では笠間焼の生産地として知られ、春や秋に行われる陶器市の時期には、多くの観光客で賑わう。

2006年3月19日に笠間市(旧制)、旧西茨城郡(友部町岩間町)の1市2町が新設合併し、新制の笠間市として発足した。新笠間市の市庁舎は旧笠間市より人口が多く、地理的にも中央に位置する旧友部町に本庁舎が置かれている。

目次

  • 1 地理
    • 1.1 隣接する自治体
    • 1.2 旧笠間市のデータ
  • 2 人口
  • 3 歴史
    • 3.1 おもな出来事
    • 3.2 行政区域変遷
  • 4 合併の経緯
  • 5 行政
    • 5.1 市長
    • 5.2 市役所支所
    • 5.3 市議会
  • 6 公的施設
  • 7 経済
    • 7.1 産業
    • 7.2 特産品
  • 8 姉妹都市・提携都市
    • 8.1 日本国内
  • 9 主な学校
    • 9.1 高等学校
    • 9.2 義務教育学校
    • 9.3 中学校
    • 9.4 小学校
  • 10 電気
  • 11 交通
    • 11.1 鉄道
    • 11.2 バス
    • 11.3 道路
  • 12 観光
    • 12.1 観光名所
    • 12.2 イベント
  • 13 笠間市ゆかりの有名人・芸能人
  • 14 笠間市ゆかりの架空の人物
  • 15 その他
  • 16 合併に伴う市議会の自主解散
  • 17 脚注
  • 18 関連項目
  • 19 外部リンク

地理

茨城県の中部に位置し、北西部に八溝山系が穏やかに連なる丘陵地帯で、西部には吾国山南西部には愛宕山が位置する。北西部から東南部にかけては概ね平坦な台地が広がり、中央を涸沼川が北西部から東部にかけ貫流する。

隣接する自治体

旧笠間市のデータ

【笠間市】

笠間焼の大壺

旧・笠間市旗
旧・笠間市章
1958年制定

【廃止日】
2006年3月19日
【廃止理由】
新設合併
笠間市(旧)、友部町岩間町
→ 笠間市(新)
【現在の自治体】
笠間市(新)
【廃止時点のデータ】

【国】
日本
【地方】
関東地方
【都道府県】
茨城県
団体コード
06203-1
【面積】
131.61km
【総人口】
29,617
(推計人口、2006年3月1日)
【隣接自治体】
桜川市水戸市
城里町友部町岩間町
栃木県芳賀郡茂木町
【市の木】
カシワ
【市の花】
キク
【市の鳥】
メジロ
【笠間市役所】

【所在地】

309-1698
茨城県笠間市石井717番地


笠間市役所笠間支所(旧笠間市役所本庁舎)
【座標】
北緯36度23分8.6秒
東経140度14分14.7秒


ウィキプロジェクト

合併前の笠間市(笠間市)のデータは右記の通りとなっている。合併後の笠間市(笠間市)は新設合併で発足した自治体であり、これに伴って旧笠間市は廃止されている。

旧制の笠間市役所本庁舎は、新制では笠間市役所笠間支所となっている。

人口


笠間市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 笠間市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 笠間市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

笠間市(に相当する地域)の人口の推移
1970年 | 65,105人 | 

1975年 | 70,067人 | 

1980年 | 73,070人 | 

1985年 | 75,963人 | 

1990年 | 77,782人 | 

1995年 | 80,903人 | 

2000年 | 82,358人 | 

2005年 | 81,497人 | 

2010年 | 79,409人 | 

2015年 | 76,739人 | 


総務省統計局 国勢調査より

歴史

おもな出来事

行政区域変遷

※細かい境界の変遷は省略。

笠間市市域の変遷(年表)
年 月日 現笠間市市域に関連する行政区域変遷
1889年(明治22年) | 4月1日 | 町村制施行に伴い、以下の町村がそれぞれ発足。
1923年(大正12年) | 3月1日 | 岩間村は町制施行し岩間町になる。
1954年(昭和29年) | 8月15日 | 西山内村は改称・町制施行し稲田町になる。
11月23日 | 岩間町と南川根村が合併し岩間町が発足。
1955年(昭和30年) | 1月15日 | 宍戸町・大原村・北川根村が合併し友部町が発足。
2月11日 | 西茨城郡大池田村・北山内村・南山内村と合併し、(新)笠間町となる。
2月15日 | 西茨城郡稲田町を編入。
3月31日 | 鯉淵村の一部(鯉淵・五平の一部)を編入。
8月1日 | 市制施行で笠間市(旧制)となる。
2006年(平成18年) | 3月19日 | 旧笠間市、友部町岩間町が合併し、新制の笠間市が発足。
笠間市市域の変遷表(※細かい境界の変遷は省略)
1868年
以前 明治元年 - 明治22年 明治22年
4月1日 明治22年 - 昭和19年 昭和20年 - 昭和64年 平成元年 - 現在 現在
茨城郡
(西茨城郡) |  | 上市毛村 | 明治11年
笠間町 | 笠間町 | 笠間町 | 昭和30年2月11日
笠間町
昭和33年8月1日
市制 | 平成18年3月19日
笠間市 | 笠間市
 | 下市毛村
 | 石井村 | 明治11年
石井村
 | 古町村
 | 甲山村
 | 日草場村
 | 大橋村 | 大池田村 | 大池田村
 | 池野辺村
 | 福田村
 | 飯田村
 | 上箱田村 | 明治11年
箱田村 | 北山内村 | 北山内村
 | 下箱田村
 | 間黒村
 | 阿弥陀村
 | 片庭村
 | 大淵村
 | 寺崎村
 | 日沢村
 | 大郷戸村
 | 石寺村
 | 上加賀田村 | 南山内村 | 南山内村
 | 手越村
 | 吉原村 | 明治11年
南吉原村
 | 吉原村 | 明治11年
北吉原村
 | 来栖村
 | 本戸村
 | 田上村 | 明治11年
福原村 | 西山内村 | 西山内村 | 昭和29年8月15日
稲田町に町制改称
昭和33年2月15日
笠間町に編入
 | 北中山村
 | 南中山村
 | 関戸村
 | 飯塚村 | 明治11年
飯合村
 | 飯岡村
 | 上稲田村 | 明治11年
稲田村
 | 下稲田村
 | 岩間上郷村 | 岩間村 | 町制 | 昭和29年11月23日
岩間村
 | 岩間下郷村
 | 吉岡新田
 | 市野谷村
 | 泉村
 | 福島新田
 | 押辺村 | 南川根村 | 南川根村
 | 上安居村 | 明治11年
安居村
 | 下安居村
 | 土師村
 | 鴻巣村 | 宍戸町 | 宍戸町 | 昭和30年1月15日
友部町
 | 南友部村
 | 太田町村
 | 平町村
 | 矢野下村
 | 大古山村
 | 南小泉村
 | 住吉村 | 北川根村 | 北川根村
 | 湯崎村
 | 長兎路村
 | 仁古田村
 | 随分附村
 | 柏井村
 | 小原村 | 大原村 | 大原村
 | 上市原村
 | 中市原村
 | 下市原村
茨城郡
(東茨城郡) |  | 鯉淵村の一部 | 鯉淵村
の一部 | 鯉淵村の一部 | 昭和30年3月31日
友部町に編入
 | 五平村の一部

合併の経緯

2002年ごろいわゆる平成の大合併に伴い旧笠間市、友部町、岩間町で合併協議会を設置。しかし、新しい市の名前について、笠間稲荷神社や笠間焼などの伝統から「笠間」の名前を残したい笠間市と新しく公募を希望する友部町との協議が決裂し笠間市が協議会より離脱する。その後友部町と岩間町で協議を進めるが、編入合併を主張する友部町と新設合併を主張する岩間町で協議が決裂し一旦白紙に戻る。

2004年後半になり改めて合併協議会を設置。その結果、市の名前は笠間市、市役所は旧友部町役場(笠間、岩間は支所となる)、合併方法は新設合併とそれぞれの希望が通るような折衷案がまとまり2005年3月に合併が正式決定。翌2006年に正式に新笠間市が発足した。

行政

市長

市役所支所

2006年3月19日の合併に伴い、旧友部町役場に市役所本庁舎が置かれ、旧笠間市役所と旧岩間町役場は市役所支所となった。 その後、東日本大震災により笠間支所が被災し使用不可となったため、同地に仮庁舎を建てていたが、2014年3月24日に旧法務局笠間出張所跡地に庁舎を移転した。

市議会

公的施設

経済

産業

友部地区
笠間地区
岩間地区

特産品

姉妹都市・提携都市

日本国内

姉妹都市

鎌倉時代に笠間城を築き上げた笠間時朝と、当時矢板城主であった塩谷朝業が親子であったことが縁で、昭和55年7月23日に締結。

赤穂浪士の討ち入りで知られる浅野氏は、赤穂転封の前は笠間藩の藩主をしていた。その縁から、昭和55年11月7日に締結。

友好都市

主な学校

高等学校

義務教育学校

中学校

小学校

  • 笠間市立笠間小学校
  • 笠間市立稲田小学校
  • 笠間市立宍戸小学校
  • 笠間市立友部小学校
  • 笠間市立友部第二小学校

 | 
  • 笠間市立大原小学校
  • 笠間市立北川根小学校
  • 笠間市立岩間第一小学校
  • 笠間市立岩間第二小学校
  • 笠間市立岩間第三小学校


電気

笠間市にはかつて電灯・電力供給会社があった。1910年(明治43年)に笠間電灯所が設立・開業し、1912年(明治45年)に笠間電気株式会社が設立・開業した。

交通

鉄道

バス

道路

高速道路
一般国道
県道
主要地方道
一般県道

観光

主な観光地は、旧笠間市に点在している。これは笠間地区が元々笠間稲荷神社の門前町として、また笠間焼の生産地として発展してきた経緯があり、古くから観光に力を入れてきたことによる。

観光名所

笠間つつじ公園
常陸国出雲大社
旧笠間市
旧友部町
旧岩間町

イベント

旧笠間市
旧岩間町

笠間市ゆかりの有名人・芸能人

出典:wikipedia
2018/07/23 05:21

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「笠間市」の意味を投稿しよう
「笠間市」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

笠間市スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「笠間市」のスレッドを作成する
笠間市の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail