このキーワード
友達に教える
URLをコピー

第一三共とは?

種類
株式会社
【市場情報】
東証1部 4568
2005年9月28日上場
大証1部(廃止) 4568
2005年9月28日上場
名証1部 4568
2005年9月28日 - 2013年6月16日

【本社所在地】
日本
103-8426
東京都中央区日本橋本町三丁目5番1号
【設立】
2005年9月28日(創業:1899年三共1915年第一製薬)
業種
医薬品
法人番号
1010001095640
【事業内容】
医薬品等の製造、売買及び輸出輸入
(主要製品の項を参照)
【代表者】
中山讓治(代表取締役会長)
眞鍋淳(代表取締役社長CEO)
齋寿明(代表取締役副社長CFO兼副社長執行役員)
【資本金】
500億円
【発行済株式総数】
7億901万1,343株
(2020年3月31日現在)
決算数字はIFRS
【売上高】
連結:9,817億9,300万円
(2020年3月期)
【営業利益】
連結:1,388億円
(2020年3月期)
【純利益】
連結:1,290億7,400万円
(2020年3月期)
【純資産】
連結:1兆3,062億7,400万円
(2020年3月31日現在)
【総資産】
連結:2兆1,056億1,900万円
(2020年3月31日現在)
【従業員数】
連結:15,297人
(2020年3月31日現在)
【決算期】
3月31日
【会計監査人】
有限責任あずさ監査法人
【主要株主】
日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 9.69%
日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 8.33%
日本生命保険相互会社 5.52%
(2019年3月31日現在)
【主要子会社】
グループ会社一覧の項を参照
【関係する人物】
高峰譲吉(創業者)
塩原又策(創業者)
慶松勝左衛門(創業者)
廣川和憲(元副社長CFO副社長執行役員)
【外部リンク】
https://www.daiichisankyo.co.jp/

第一三共株式会社(だいいちさんきょう)は、東京都中央区日本橋本町に本社を置く、日本製薬会社である。

概要・沿革

2013年時点で国内業界3位。世界業界20位。武田薬品工業(同16位)・アステラス製薬(同18位)・大塚ホールディングス(同21位)・エーザイ(同29位)と共に国内製薬メーカー大手5社の1つである。2017年7月時点の時価総額は、武田薬品、アステラス製薬、大塚ホールディングス、中外製薬、塩野義製薬、エーザイに次いで医薬品セクターで7位。

2005年9月28日三共株式会社第一製薬株式会社とが経営統合して発足した。当初は純粋持株会社であり、統合元となった両者を完全子会社として傘下に収める形式だった。その後2007年4月に三共及び第一製薬を吸収合併し、両社の医療用医薬品事業を第一三共に統合(事業持株会社)、現在の事業会社に移行した。

統合にあたって、第一三共本体は病院向けの医療用医薬品に特化し、ヘルスケア事業(大衆薬:OTC医薬品部門)については新会社第一三共ヘルスケアを設立、2006年4月に営業開始。直後の4月13日アステラス製薬傘下だった同部門のライバルメーカー・ゼファーマ(アステラス製薬の前身企業である山之内製薬藤沢薬品工業のヘルスケア事業を統合して発足した会社)の全株式を取得して完全子会社化した。なお、ゼファーマは2007年4月に、旧第一三共ヘルスケアとの合併で消滅した。また、医薬品事業に経営資源を集中するため、海外子会社の整理、非医薬品事業の売却を進めた。

2008年6月11日にインド大手の製薬会社ランバクシー・ラボラトリーズ社の買収を発表。同年10月20日に連結子会社としたが、2015年3月24日にサンファーマ社がランバクシー・ラボラトリーズ社を吸収合併。合併後もサン・ファーマ社の株式を保有していたが、同年4月21日に保有していた全株式を売却した。これにより、連結子会社ではなくなったものの、今後も業務提携は継続されている。

2019年3月1日には、当社が日本国内で製造販売を行っていた長期収載品の一部を吸収分割によりアルフレッサ ファーマへ譲渡した。

コーポレートスローガンは2012年4月1日より全世界統一で「Passion for Innovation. Compassion for Patients.」に改められ、日本国内では「イノベーションに情熱を。ひとに思いやりを。」を用いることとなった。

グループ会社一覧

国内

2010年4月1日設立、同年10月1日営業開始。医療用医薬品の中でも「エスタブリッシュト医薬品(有効性・安全性・使用法が確立され、長きにわたり医療に貢献している医薬品のこと)」を専門に扱う事業会社。具体的には、当社で長期間販売され、有効性・安全性が確立された特許期間を満了した長期収載品やジェネリック医薬品である。
一般用医薬品や化粧品などを担当。旧三共と旧第一製薬の一般用医薬品事業を統合し、さらに、2007年4月1日にはアステラス製薬を離れ、グループ会社となったゼファーマを吸収合併。
医薬品の製剤並びに物流部門の子会社。2006年10月設立。2007年4月に旧第一製薬の生産機能会社であった第一ファルマテックを吸収合併。旧三共から生産部門を分割・吸収した。2015年4月に小名浜と館林の2つの原薬工場を分割により第一三共ケミカルファーマへ継承すると同時に、2007年4月に旧第一製薬グループの第一物流から社名変更した第一三共ロジスティクスを吸収合併し、物流機能を統合した。
なお、生産拠点の一部を他社へ譲渡しており、静岡工場は2010年4月1日にシミック(現・シミックホールディングス)の子会社であるシミックCMOへ譲渡され同社の本社となった。また、秋田工場も2015年4月1日にアルフレッサ ホールディングスの子会社であるアルフレッサ ファーマへ譲渡され、同社子会社のアルフレッサ ファインケミカルとして発足した。一方、小田原工場は2013年4月に隣接する第一三共ケミカルファーマの小田原工場へ分割・統合した。
医薬品の原体・中間体製造部門の子会社。2007年10月設立。2008年4月に旧三共のグループ会社だった三共化成工業と三共有機合成を吸収合併。2013年4月に第一三共プロファーマとの2社で隣接していた小田原工場を当社へ統合。2015年4月に第一三共プロファーマから小名浜と館林の2工場を分割・承継すると同時に、当社から治験薬製造機能を移管した。
ワクチン・バイオ医薬品・治験薬製造部門の子会社。2018年8月設立。2019年4月に北里第一三共ワクチンの生産並びに生産技術に係る事業を会社分割によって承継し、事業開始。
研究開発支援部門の子会社。2006年10月に第一三共RDアソシエとして設立。2007年4月に科研技術研究所とケムテックラボ(共に旧三共のグループ会社)、関東第一サービス(旧第一製薬のグループ会社)を吸収合併。また、当社グループの研究開発部門の一部を移管した。2011年10月に当社から研究開発部門の一部を機能移管並びに業容拡大を受け、商号変更。
管理支援部門の子会社。2007年4月に三共保険エージェンシーとゴードー不動産(共に旧三共のグループ会社)、第一地所(旧第一製薬のグループ会社)を吸収合併。また、当社グループ国内各社の人事・経理業務の一部を移管。
2007年3月設立。障害者雇用促進法に定める特例子会社

海外

アメリカ
ヨーロッパ
アジアなど

過去のグループ会社

グループ外となった企業

旧三共グループ会社

旧第一製薬グループ会社

主要製品

提供番組

グループである第一三共ヘルスケア提供番組については当該項目参照。

出典

  1. ^ 医薬品企業の医薬品売上高ランキング2013年版
  2. ^ サン・ファーマと当社子会社のランバクシーの合併完了に関するお知らせ - 第一三共株式会社 ニュースリリース 2015年3月25日(2015年10月30日閲覧)
  3. ^ 当社所有株式の売却完了に関するお知らせ - 第一三共株式会社 ニュースリリース 2015年4月21日(2015年10月30日閲覧)
  4. ^ “日本における長期収載品41製品の承継(譲渡)及び当社の会社分割(簡易吸収分割)について” (プレスリリース), 第一三共株式会社, (2018年7月31日), https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006895.html 2019年5月6日閲覧。
  5. ^ “北里第一三共ワクチンの生産機能子会社化に伴う再編スキーム及び吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ” (プレスリリース), 第一三共株式会社, (2018年11月30日), https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006937.html 2019年4月17日閲覧。
  6. ^ “ジャパンワクチン株式会社の解散時期および製品の取扱い等に関するお知らせ” (プレスリリース), 第一三共株式会社, (2018年12月26日), https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006952.html 2019年4月17日閲覧。
  7. ^ “ジャパンワクチン合弁会社解消および事業移管完了のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), グラクソ・スミスクライン株式会社, (2019年4月1日), https://jp.gsk.com/media/1053486/20190401_jvc.pdf 2019年4月17日閲覧。
  8. ^ “アスビオファーマの吸収合併(簡易合併・略式合併)に関するお知らせ” (プレスリリース), 第一三共株式会社, (2017年11月30日), https://www.daiichisankyo.co.jp/news/detail/006755.html 2018年8月8日閲覧。

関連項目

関連人物

外部リンク

TOPIX 100
Core30

Large70
出典:wikipedia
2020/06/05 17:27

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「第一三共」の意味を投稿しよう
「第一三共」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

第一三共スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「第一三共」のスレッドを作成する
第一三共の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail