このキーワード
友達に教える
URLをコピー

第17回統一地方選挙とは?

移動先: 案内検索

第17回統一地方選挙(だい17かいとういつちほうせんきょ)は、地方自治体首長および議会議員を全国一斉に改選するため、2011年(平成23年)に行われた日本統一地方選挙である。4月10日4月24日の2回に分けて行われた。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 4月10日に執行された選挙
    • 1.2 4月24日に執行された選挙
    • 1.3 震災により延期された選挙
    • 1.4 再選挙
  • 2 前哨戦
  • 3 候補者
    • 3.1 都道府県知事選挙
    • 3.2 都道府県議会議員選挙
    • 3.3 政令指定都市市長選挙
    • 3.4 政令指定都市市議会議員選挙
    • 3.5 市区町村長
    • 3.6 市区町村議会
  • 4 前半戦選挙結果
    • 4.1 都道府県知事選挙
    • 4.2 道府県議選
    • 4.3 政令指定都市市長選
    • 4.4 政令指定都市市議会議員選挙
  • 5 後半戦選挙結果
    • 5.1 市区町村長選挙
    • 5.2 市議および区議選
    • 5.3 町村議選
  • 6 特徴
    • 6.1 選挙活動の自粛
    • 6.2 無投票当選
    • 6.3 公認・推薦の辞退・取り消し
    • 6.4 その他
  • 7 千葉県議会議員選挙の浦安市での選挙事務執行停止問題
  • 8 脚注
  • 9 関連項目

概要

選挙は都道府県の首長(知事)と議員、および政令指定都市の首長(市長)と議員を選出するための選挙が4月10日に、続いて基礎自治体市区町村の首長(市長、区長、町長、村長)と議員を選出するための選挙が4月24日に執行された。2010年(平成22年)11月30日の衆議院本会議で選挙実施に必要な特例法が可決・成立し、日程が決まった。

2009年(平成21年)に国政の政権交代が実現してから初の統一地方選挙ということもあり、民主党政権に対する事実上の審判の意味合いを持った選挙と目された。大阪府愛知県では地域政党と既存政党との対立が争点としてクローズアップされていたが、直前の3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(以下東日本大震災)の影響で、他地域と同じく防災・原子力発電所の扱いも幾分争点になっている。

また、東日本大震災の影響を考慮して選挙の期日を延期する法案が3月18日に参議院で可決され、3月22日に公布された。これにより総務大臣によって指定された地域では、選挙期日が2か月から6か月の範囲内で延期されることになった。この中には、加藤宏暉町長が震災の津波で死亡して首長を欠いたままだった岩手県大槌町も含まれる。その後さらに、選挙期日を最大2011年12月31日まで再延期する法改正が行われている。

4月10日に執行された選挙

知事選挙
都道府県議会議員選挙
  • 当初から別日程の茨城県東京都沖縄県ならびに後述の事情で延期された東北3県を除く41道府県議会
政令指定都市市長選挙
政令指定都市市議会議員選挙

相模原市と岡山市は、この回から政令指定都市として前半戦での選挙実施となる。相模原市は札幌市と同じく、県知事選・県議選・市長選・市議選の4つが同日選挙(カルテット選挙)となった。

4月24日に執行された選挙

  • 4月17日、88市長選、293市議選、東京都の13区長選と21区議選が告示された。
  • 東北地方太平洋沖地震の影響により、特に震災被害が大きかった4県で一部またはすべての選挙が延期された。

震災により延期された選挙

知事選挙
県・政令市議会議員選挙
市町村長・議会選挙
【県】
第1次指定
(3月22日付) 第2次指定
(3月28日付) 第3次指定
(3月29日付)
【首長】
【議会】
【首長】
【議会】
【首長】
【議会】

岩手県
大槌町(8/28)
普代村(6/26) | 陸前高田市(9/11)
山田町(9/11)
普代村(6/26)
田野畑村(8/28)
野田村(8/7) | (該当無し) | 盛岡市(8/28)
久慈市(8/7)
二戸市(7/31)
雫石町(7/31)
洋野町(6/19)
滝沢村(7/31) | (該当無し) | (該当無し)
宮城県
塩竈市(9/11)
松島町(9/11)
七ヶ浜町(9/11) | 塩竈市(9/11)
多賀城市(9/11)
亘理町(11/13)
山元町(11/13)
七ヶ浜町(9/11)
女川町(11/13) | 村田町(8/28)
川崎町(8/28)
色麻町(8/28) | 白石市(7/31)
利府町(9/11)
富谷町(9/11)
大衡村(9/11) | (該当無し) | (該当無し)
福島県
(該当無し) | 相馬市(11/20)
広野町(11/20)
双葉町(11/20)
新地町(11/20)
川内村(11/20)
葛尾村(11/20) | 会津若松市(8/7)
磐梯町(6/26)
猪苗代町(6/26)
会津坂下町(6/26)
柳津町(6/26)
檜枝岐村(5/29) | 福島市(7/31)
会津若松市(8/7)
郡山市(9/4)
白河市(7/10)
須賀川市(9/4)
国見町(6/19)
川俣町(11/20)
鏡石町(9/4)
磐梯町(6/26)
檜枝岐村(5/29)
昭和村(6/26)
西郷村(8/28) | (該当無し) | (該当無し)
茨城県
(該当無し) | (該当無し) | (該当無し) | (該当無し) | 水戸市(5/29) | 水戸市(5/29)
( )は特例選挙期日。
備考

5月27日付および7月7日付の指定により、統一地方選挙の日程にはなかった以下の首長・議会の選挙についても延期された。

再選挙

千葉県議会議員選挙において、後述の経緯により浦安市選挙区で「当選者なし」の結果となったため、再選挙が5月13日告示、5月22日投開票で実施された。

前哨戦

過去の統一地方選同様、その数か月前からいくつかの地方選挙が行われ、統一地方選挙の行方を占う前哨戦として注目された。※はその「定番」となっている選挙。氏名は当選者。

2010年(平成22年)8月8日執行
2010年(平成22年)11月14日執行
2010年(平成22年)11月28日執行
2010年(平成22年)12月12日執行
2010年(平成22年)12月26日執行
2011年(平成23年)1月30日執行
2011年(平成23年)2月6日執行
2011年(平成23年)3月13日執行
  • 名古屋市議会議員選挙 - 2月6日に行われた名古屋市議会の解散を問う住民投票で賛成票が過半数を上回った結果、市議会が解散されたことに拠るもの。

◆の候補は、民主党やそれに近い政党が何らかの形で支援した候補を破って当選した。

候補者

都道府県知事選挙

東日本大震災を理由として延期された岩手県を除く12都道県知事選挙に立候補した候補者は以下の通りである。民主党と自民党による2大政党の対決型選挙は、北海道と三重県だけに留まり、前回の5つから半減した。

凡例

(太字は2011年4月現在、衆議院又は参議院に議席を有している政党)

立候補者一覧(届け出順)
【候補者】
【年齢】
【党派】
【推薦・支持政党】
【新旧】
【略歴】

民 | 自 | 公 | 社 | 共 | 国 | み | 神 | ネ
北海道知事選挙

鰹谷忠 | 60 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 北海道議会副議長
宮内聡 | 48 | 無所属 |  |  |  |  | ● |  |  |  |  | 新人 | 共産党道常任委員
高橋はるみ | 57 | 無所属 |  | ● | ● |  |  |  |  |  |  | 現職2 | 北海道知事
木村俊昭 | 50 | 無所属 | ● |  |  | ● |  | ● |  |  |  | 新人 | 元農水省企画官、元小樽市職員
東京都知事選挙

谷山雄二朗 | 38 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 映画監督
古川圭吾 | 41 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 訪問介護会社役員
渡邉美樹 | 51 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 実業家ワタミ前会長
石原慎太郎 | 78 | 無所属 |  | ▲ | ▲ |  |  |  |  |  |  | 現職3 | 東京都知事
ドクター・中松 | 82 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 発明家
マック赤坂 | 62 | スマイル党 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 財団法人会長、セラピスト
東国原英夫 | 53 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 無職、前宮崎県知事
小池晃 | 50 | 無所属 |  |  |  |  | ● |  |  |  |  | 新人 | 政党役員、前参議院議員
姫路けんじ | 59 | 平和党核兵器廃絶平和運動 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 建物管理
雄上統 | 69 | 東京維新の会 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 僧侶真宗大谷派住職作家
杉田健 | 43 | 新しい日本 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 政治団体代表幹事
【神奈川県知事選挙】

黒岩祐治 | 56 | 無所属 | ▲ | ▲ | ▲ |  |  |  |  |  |  | 新人 | ジャーナリスト、元フジテレビアナウンサー
露木順一 | 55 | 無所属 |  |  |  |  |  |  | ● | ● | ● | 新人 | 前開成町長
鴨居洋子 | 66 | 無所属 |  |  |  |  | ● |  |  |  |  | 新人 | 女性団体役員
照屋修 | 58 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 不動産
【福井県知事選挙】

宇野邦弘 | 59 | 日本共産党 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 共産党県常任委員
西川一誠 | 66 | 無所属 | ▲ | ▲ | ▲ |  |  |  |  |  |  | 現職2 | 福井県知事
【三重県知事選挙】

松田直久 | 56 | 無所属 | ● |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 前市長
岡野恵美 | 58 | 無所属 |  |  |  |  | ● |  |  |  |  | 新人 | 共産党県委員
鈴木英敬 | 36 | 無所属 |  | ● | ▲ |  |  |  | ● |  |  | 新人 | 無職、元経産省課長補佐
【奈良県知事選挙】

北野重一 | 73 | 無所属 |  |  |  |  | ● |  |  |  |  | 新人 | 共産党県役員、元奈良県議会議員
荒井正吾 | 66 | 無所属 |  | ● | ● |  |  |  |  |  |  | 現職1 | 奈良県知事
塩見俊次 | 61 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 県医師連会長
【鳥取県知事選挙】

平井伸治 | 49 | 無所属 |  | ▲ | ▲ |  |  |  |  |  |  | 現職1 | 鳥取県知事
山内淳子 | 68 | 無所属 |  |  |  |  | ● |  |  |  |  | 新人 | 新日本婦人の会県本部会長
【島根県知事選挙】

溝口善兵衛 | 65 | 無所属 |  | ● | ● |  |  |  |  |  |  | 現職1 | 島根県知事
向瀬慎一 | 40 | 日本共産党 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 共産党県西部地区副委員長
【徳島県知事選挙】

山本千代子 | 62 | 日本共産党 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 共産党県常任委員
飯泉嘉門 | 50 | 無所属 |  | ● | ● |  |  |  |  |  |  | 現職2 | 徳島県知事
【福岡県知事選挙】

小川洋 | 61 | 無所属 | ● | ● | ● | ● |  | ● |  |  |  | 新人 | 元通産省官僚
田村貴昭 | 49 | 無所属 |  |  |  |  | ● |  |  |  |  | 新人 | 元北九州市議会議員
【佐賀県知事選挙】

古川康 | 52 | 無所属 | ▲ | ● | ● |  |  |  |  |  |  | 現職2 | 佐賀県知事
平林正勝 | 63 | 日本共産党 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 共産党県委員長
【大分県知事選挙】

三重野昇 | 72 | 日本共産党 |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 無職、共産党県政策委員
広瀬勝貞 | 68 | 無所属 |  | ▲ | ▲ | ▲ |  |  |  |  |  | 現職2 | 大分県知事
注:「新旧」欄の現職横についている数字は当選回数である。

都道府県議会議員選挙

東日本大震災で被災したため選挙が延期された岩手県と宮城県、福島県を除いた41道府県議会議員選挙には、過去最低となる3,457名が立候補した。党派別では政権与党の民主党、地域政党を含めた諸派が前回を上回る候補者を擁立した一方、自民党や公明党、共産党、社民党の候補者数は前回を下回った。

  • 改選議席数:2,330名
  • 立候補者合計:3,457名
  • 競争率:1.48倍(前回1.49倍)
党派別立候補者数・当選者数
【党派】
候補者数
(無投票当選) 【現】
【元】
【新】

民主党 【572】
(050) | 342 | 8 | 222
自由民主党 【1,243】
(265) | 1,032 | 26 | 185
公明党 【172】
(008) | 125 | 0 | 47
日本共産党 【225】
(004) | 78 | 20 | 127
社会民主党 【45】
(006) | 29 | 3 | 13
みんなの党 【103】
(000) | 11 | 3 | 89
国民新党 【2】
(000) | 1 | 1 | 0
たちあがれ日本 【1】
(000) | 0 | 0 | 1
諸派 【160】
(11) | 46 | 7 | 107
無所属 【934】
(66) | 285 | 65 | 584
【合計】
【3,457】
【(410)】
【1,949】
【133】
【1,375】

女性候補者数は347名(うち無投票当選は13名)。
諸派には地域政党の大阪維新の会(60名/選挙前28)や減税日本(22名/選挙前1)、日本一愛知の会(24名/選挙前1)を始め、対話でつなごう滋賀の会(8名/選挙前4)、新政みえ(3名/選挙前4)、市民ネットワーク千葉県(4名/選挙前1)、神奈川ネットワーク運動(6名/選挙前1)、新社会党(2名/選挙前1)などが含まれる。

政令指定都市市長選挙

政令指定都市市長選挙に立候補した候補者は以下の通りである。5つの指定市長選挙のうち、浜松市長選挙は現職の鈴木康友以外に立候補届け出がなかったため、無投票で鈴木の当選が決まった。

凡例

(太字は2011年4月現在、衆議院又は参議院に議席を有している政党)

立候補者一覧(届け出順)
【候補者】
【年齢】
【党派】
【推薦・支持政党】
【新旧】
【略歴】

民 | 自 | 公 | 社 | 共 | 国 | み | 市
札幌市長選挙

上田文雄 | 62 | 無所属 | ● |  |  | ● |  | ● |  | ● | 現職2 | 札幌市長
本間奈々 | 41 | 無所属 |  | ● |  |  |  |  |  |  | 新人 | 総務省官僚
【相模原市長選挙】

菅野通子 | 69 | 日本共産党 |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 前相模原市議
加山俊夫 | 66 | 無所属 | ▲ | ▲ | ▲ |  |  |  |  |  | 現職1 | 相模原市長
榎本与助 | 65 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 元神奈川県議会議長
【静岡市長選挙】

安竹信雄 | 64 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 元静岡市議会議長
海野徹 | 61 | 減税日本 |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 元参議院議員
田辺信宏 | 49 | 無所属 |  | ● |  |  |  |  |  |  | 新人 | 元静岡県議会議員
【浜松市長選挙(無投票当選)】

鈴木康友 | 53 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  | 現職2 | 浜松市長
広島市長選挙

大原邦夫 | 61 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 元広島市
大西理 | 45 | 日本共産党 |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 共産党県常任委員
豊田麻子 | 45 | 無所属 | ● |  |  | ● |  |  |  |  | 新人 | 前広島市副市長
桑田恭子 | 49 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 前広島市議
松井一実 | 58 | 無所属 |  | ● | ● |  |  |  |  |  | 新人 | 前厚労省中央労働委員会事務局長
前島修 | 37 | 無所属 |  |  |  |  |  |  |  |  | 新人 | 建設コンサルタント会社員

政令指定都市市議会議員選挙

  • 改選議席数:924名
  • 候補者合計:1,361名
  • 競争率:1.47倍(1.40倍)
党派別立候補者数
【党派】
候補者数
(無投票当選) 【現】
【元】
【新】

民主党 【237】
(0) | 147 | 1 | 89
自由民主党 【242】
(0) | 197 | 6 | 39
公明党 【158】
(0) | 125 | 0 | 33
日本共産党 【163】
(0) | 97 | 12 | 54
社会民主党 【16】
(0) | 6 | 1 | 9
みんなの党 【64】
(0) | 4 | 1 | 59
たちあがれ日本 【3】
(0) | 2 | 0 | 1
諸派 【122】
(0) | 42 | 4 | 176
無所属 【356】
(0) | 157 | 23 | 176
【合計】
【1,361】
【(0)】
【777】
【48】
【536】

女性候補者239名(無投票当選0名)。
注:諸派の中には「大阪維新の会」(59名)も含まれる。

市区町村長

市長および区長選挙は、17日に告示された。市長選挙は、津市(三重県)、高松市(香川県)、長崎市(長崎県)、大分市(大分県)の県庁所在都市4市を含む88市で、区長選挙は世田谷区渋谷区など13区で行われた。市長選挙では203人が立候補した。このうち、現職の大西秀人が無投票再選された高松市を含む9道府県の15市で無投票当選となった(前回は19市)。区長選挙には46人が立候補を届け出た。

市長選挙推薦・支持政党別候補者数内訳
【】
【計(女性)】
【新旧内訳】
【(無投票)】

【現職】
【元職】
【新人】

【与党系】
3(00) | 1 | 0 | 2 | (0)
【野党系】
38(05) | 10 | 0 | 28 | (1)
【相乗り】
18(01) | 11 | 0 | 7 | (5)
【推薦・支持政党なし】
137(09) | 45 | 1 | 91 | (9)
【その他】
7(00) | 0 | 0 | 7 | (0)
【合計】
【203(15)】
【67】
【1】
【135】
【(15)】

区長選挙推薦・支持政党別候補者数内訳
【】
【計(女性)】
【新旧内訳】

【現職】
【元職】
【新人】

【与党系】
3(00) | 0 | 0 | 3
【野党系】
24(03) | 7 | 0 | 17
【相乗り】
4(00) | 4 | 0 | 0
【推薦・支持政党なし】
12(00) | 1 | 0 | 11
【その他】
3(00) | 0 | 0 | 3
【合計】
【46(4)】
【12】
【0】
【34】

  • 「与党系」は国政与党である民主党や国民新党の推薦を、「野党系」は国政野党である自民党・公明党・共産党・社民党などから、それぞれ公認・推薦・支持を受けている候補者。「相乗り」は与野党双方のいずれかの党から推薦・支持を受けている候補。「推薦・支持なし」は政党からの推薦や支持を受けない候補。その他は政治団体からの公認や推薦、支持を受けている候補。

町村長選挙は19日に告示され、選挙が告示された121町村で201人(うち女性は6人)が立候補し、58町村で無投票当選となった。なお立候補者は全員が無所属候補である。

市区町村議会

市議会選挙(293市)と区議会選挙(21区)は17日に告示された。市議選では9市116人が無投票当選となった。

  • 市議会選挙定数:7,104議席
  • 市議会選挙候補者数:8,625名
党派別立候補者数
【党派】
【候補者数】

【民主党】
487
【自由民主党】
550
【公明党】
915
【みんなの党】
108
【日本共産党】
757
【社会民主党】
106
【国民新党】
2
【たちあがれ日本】
6
【諸派】
136
【無所属】
5,558
【合計】
【8,625】

  • 区議選定数:821議席
  • 区議選候補者数:1,162名

19日に告示された町村議会選挙では、定数4423議席に対し

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/02/18 04:06

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「第17回統一地方選挙」の意味を投稿しよう
「第17回統一地方選挙」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

第17回統一地方選挙スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「第17回統一地方選挙」のスレッドを作成する
第17回統一地方選挙の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail