このキーワード
友達に教える
URLをコピー

第3次安倍内閣_(第1次改造)とは?

【内閣総理大臣】
第97代 安倍晋三
【成立年月日】
2015年(平成27年)10月7日
【終了年月日】
2016年(平成28年)8月3日
【与党・支持基盤】
自由民主党公明党
(自公連立政権)
【施行した選挙】
第24回参議院議員通常選挙
内閣閣僚名簿(首相官邸)

第3次安倍第1次改造内閣(だいさんじあべだいいちじかいぞうないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁安倍晋三が第97代内閣総理大臣に任命され、2015年(平成27年)10月7日から2016年(平成28年)8月3日まで続いた日本の内閣である。

自由民主党公明党による自公連立政権を形成する。

目次

  • 1 内閣の顔ぶれ・人事
    • 1.1 国務大臣
    • 1.2 内閣官房副長官・内閣法制局長官
    • 1.3 副大臣
    • 1.4 大臣政務官
    • 1.5 内閣総理大臣補佐官
  • 2 勢力早見表
  • 3 内閣の動き
    • 3.1 発足時
    • 3.2 内政
      • 3.2.1 農業政策
        • 3.2.1.1 TPP資料問題
      • 3.2.2 東京五輪に関するトラブル
        • 3.2.2.1 東京都知事に関する迷走
          • 3.2.2.1.1 東京都知事選挙
          • 3.2.2.1.2 都知事選挙の論調・エピソード
        • 3.2.2.2 協賛金支払い騒動
          • 3.2.2.2.1 BT社による贈賄疑惑と電通の関与
        • 3.2.2.3 新国立競技場の著作権問題
      • 3.2.3 経済政策
        • 3.2.3.1 マクロ経済政策(アベノミクス)
        • 3.2.3.2 消費の低迷
        • 3.2.3.3 企業の内部留保問題
        • 3.2.3.4 賃上げ要請
          • 3.2.3.4.1 大手3銀行労組のベア見送り問題
          • 3.2.3.4.2 中小企業の賃金の増加
          • 3.2.3.4.3 最低賃金の引き上げ
        • 3.2.3.5 格差問題
          • 3.2.3.5.1 同一労働同一賃金
          • 3.2.3.5.2 正社員の増加
        • 3.2.3.6 就職内定率の増加
        • 3.2.3.7 日本経済新聞社の情報リーク問題
        • 3.2.3.8 マイナス金利政策
        • 3.2.3.9 国際金融経済分析会合の開催と増税の2年半延期
          • 3.2.3.9.1 世界経済の減速と英国のEU離脱
          • 3.2.3.9.2 分析会合や増税についての論調
          • 3.2.3.9.3 東京財団作成の財政推計プログラム
          • 3.2.3.9.4 会合出席者の出張
      • 3.2.4 税制改革
        • 3.2.4.1 消費税増税と軽減税率
          • 3.2.4.1.1 新聞への軽減税率の適用
          • 3.2.4.1.2 軽減税率についての論調
          • 3.2.4.1.3 民主党の消費増税ならびに軽減税率への反対表明
          • 3.2.4.1.4 恒久財源過大見積もり疑惑
        • 3.2.4.2 消費税負担の過小見積もり
        • 3.2.4.3 法人税減税
      • 3.2.5 菅官房長官の在職日数
      • 3.2.6 行政改革
        • 3.2.6.1 行政事業レビュー
        • 3.2.6.2 財務省との対立
      • 3.2.7 辺野古移設問題
        • 3.2.7.1 うるま市の女性遺棄事件
      • 3.2.8 福島第一原発事故の処理
      • 3.2.9 高浜原子力発電所問題
      • 3.2.10 保育園落ちたブログ騒動
      • 3.2.11 マイナンバー制度
      • 3.2.12 「労働力の確保に関する特命委員会」と外国人労働者の活用
      • 3.2.13 閣僚発言
        • 3.2.13.1 麻生財務大臣の「中小零細の潰れるケースが1つや2つ、100や1000起きる」発言
        • 3.2.13.2 丸川環境大臣の「何の根拠もない」発言
        • 3.2.13.3 高市早苗総務大臣の「電波停止」発言
      • 3.2.14 自民党会合
        • 3.2.14.1 桜田議員暴言問題
      • 3.2.15 野党の統一候補構想
        • 3.2.15.1 民主党と維新の党による民進党結成
        • 3.2.15.2 「国民連合政府」構想
        • 3.2.15.3 石川選挙区における候補者問題
        • 3.2.15.4 おおさか維新の会の動向
      • 3.2.16 熊本地震への対応
        • 3.2.16.1 熊本地震後の消費税をめぐる動き
        • 3.2.16.2 共産党の「党躍進」募金騒動
      • 3.2.17 天皇陛下の生前退位
      • 3.2.18 国立西洋美術館の世界文化遺産登録決定
      • 3.2.19 Pokémon GOの日本上陸
    • 3.3 外交
      • 3.3.1 伊勢志摩サミット
        • 3.3.1.1 オバマ大統領の広島訪問
        • 3.3.1.2 民進党の山井議員による風刺画騒動
      • 3.3.2 モンゴル、中央アジア歴訪
      • 3.3.3 中国バブル
      • 3.3.4 日中韓首脳会談
      • 3.3.5 慰安婦問題の最終的かつ不可逆の解決
      • 3.3.6 感染症基金への拠出
      • 3.3.7 G20首脳会議、APEC首脳会議、ASEAN関連首脳会議
      • 3.3.8 COP21、途上国への約1兆3千億円の支援
      • 3.3.9 インド新幹線の受注
      • 3.3.10 中国による邦人女性拘束問題
      • 3.3.11 日本人フリージャーナリストの人質事件
      • 3.3.12 核安全保障サミット
      • 3.3.13 G7外相会合
      • 3.3.14 豪潜水艦受注の失敗
      • 3.3.15 日中外相会談
      • 3.3.16 欧州歴訪
    • 3.4 安全保障
      • 3.4.1 東シナ海
        • 3.4.1.1 ロシアと中国の艦隊の接続水域への接近
      • 3.4.2 南シナ海
        • 3.4.2.1 警戒監視活動への参加
        • 3.4.2.2 自衛隊の南シナ海派遣検討
        • 3.4.2.3 中国による西沙諸島へのミサイル配備
        • 3.4.2.4 南シナ海仲裁裁判
      • 3.4.3 北朝鮮の核実験
      • 3.4.4 パリ同時多発テロ事件への対応
        • 3.4.4.1 ベルギー同時テロ
        • 3.4.4.2 米国銃乱射事件
        • 3.4.4.3 アタチュルク国際空港での銃乱射事件
        • 3.4.4.4 フランスニースでのトラック突入
      • 3.4.5 ダッカにおけるレストラン襲撃事件
      • 3.4.6 イランと中東諸国の断交
      • 3.4.7 トルコにおけるクーデター発生
    • 3.5 政治資金問題
      • 3.5.1 甘利大臣金銭授受報道
      • 3.5.2 民進党の山尾政調会長のプリペイドカード問題
        • 3.5.2.1 脱税疑惑
        • 3.5.2.2 花代支出についての発言への注意
    • 3.6 国会運営
      • 3.6.1 臨時国会召集問題
  • 4 注釈
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

内閣の顔ぶれ・人事

第3次安倍内閣の閣僚19人のうち、9人が留任した。8人が初入閣である。平均年齢は60.1歳となり、第3次安倍内閣より2.3歳若くなった。最高齢は麻生太郎(副総理兼財務相)で75歳、最年少は丸川珠代(環境相)で44歳(いずれも発足時)。また、「希望出生率を1.8、介護離職ゼロ」にするという「野心的な目標」を実現する司令塔として加藤勝信(一億総活躍担当相)を起用した。

山東派からの入閣はなく、民間人の入閣もなかった。

国務大臣

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣 安倍晋三 |  | 衆議院
自由民主党
(細田派) |  | 自由民主党総裁
財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融担当) 麻生太郎 |  | 衆議院
自由民主党
(麻生派) | デフレ脱却担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第1位(副総理) | 留任
総務大臣 高市早苗 |  | 衆議院
自由民主党
(無派閥) |  | 留任
法務大臣 岩城光英 |  | 参議院
自由民主党
(細田派) |  | 初入閣
外務大臣 岸田文雄 |  | 衆議院
自由民主党
(岸田派) | 内閣総理大臣臨時代理
就任順位第5位 | 留任
文部科学大臣 馳浩 |  | 衆議院
自由民主党
(細田派) | 教育再生担当
国立国会図書館連絡調整委員会委員 | 初入閣
厚生労働大臣 塩崎恭久 |  | 衆議院
自由民主党
(無派閥) |  | 留任
農林水産大臣 森山裕 |  | 衆議院
自由民主党
(石原派) |  | 初入閣
経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償・
廃炉等支援機構担当)
林幹雄 |  | 衆議院
自由民主党
(二階派) | 産業競争力担当
原子力経済被害担当 | 
国土交通大臣 石井啓一 |  | 衆議院
公明党 | 水循環政策担当 | 初入閣
環境大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力防災担当) 丸川珠代 |  | 参議院
自由民主党
(細田派) |  | 初入閣
防衛大臣 中谷元 |  | 衆議院
自由民主党
(谷垣グループ) |  | 留任
内閣官房長官 菅義偉 |  | 衆議院
自由民主党
(無派閥) | 沖縄基地負担軽減担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第2位 | 留任
復興大臣 高木毅 |  | 衆議院
自由民主党
(細田派) | 福島原発事故再生総括担当 | 初入閣
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(消費者及び食品安全担当)
(規制改革担当)
(防災担当) 河野太郎 |  | 衆議院
自由民主党
(麻生派) | 行政改革担当
国家公務員制度担当 | 初入閣
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策担当)
(科学技術政策担当)
(宇宙政策担当) 島尻安伊子 |  | 参議院
自由民主党
(額賀派) | 海洋政策・領土問題担当
情報通信技術(IT)政策担当
クールジャパン戦略担当 | 初入閣
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策担当) 甘利明 |  | 衆議院
自由民主党
(無派閥) | 経済再生担当
社会保障・税一体改革担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第3位 | 留任
2016年1月28日辞任
石原伸晃 |  | 衆議院
自由民主党
(石原派) | 経済再生担当
社会保障・税一体改革担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位 | 2016年1月28日就任
内閣府特命担当大臣
(少子化対策担当)
(男女共同参画担当) 加藤勝信 |  | 衆議院
自由民主党
(額賀派) | 一億総活躍担当
女性活躍担当
再チャレンジ担当
拉致問題担当
国土強靱化担当 | 初入閣
内閣府特命担当大臣
(地方創生担当) 石破茂 |  | 衆議院
自由民主党
(石破派) | まち・ひと・しごと創生担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位
就任順位第3位 | 留任
国務大臣 遠藤利明 |  | 衆議院
自由民主党
(谷垣グループ) | 東京オリンピック競技大会・
東京パラリンピック競技大会
担当 | 留任

内閣官房副長官・内閣法制局長官

職名 氏名 所属等 備考
内閣官房副長官 萩生田光一 | 衆議院/自由民主党(細田派) | 
世耕弘成 | 参議院/自由民主党(細田派) | 留任
杉田和博 | 元内閣危機管理監/警察庁 | 留任
内閣法制局長官 横畠裕介 | 前内閣法制次長/検察庁 | 留任

副大臣

職名 氏名 所属
復興副大臣 | 長島忠美 | 衆議院/自由民主党(二階派)
復興副大臣 | 若松謙維 | 参議院/公明党
内閣府副大臣 | 高鳥修一 | 衆議院/自由民主党(細田派)
内閣府副大臣 | 松本文明 | 衆議院/自由民主党(細田派)
内閣府副大臣 | 福岡資麿 | 参議院/自由民主党(額賀派)
総務副大臣 | 土屋正忠 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
総務副大臣
兼内閣府副大臣 | 松下新平 | 参議院/自由民主党(谷垣グループ)
法務副大臣
兼内閣府副大臣 | 盛山正仁 | 衆議院/自由民主党(岸田派)
外務副大臣 | 木原誠二 | 衆議院/自由民主党(岸田派)
外務副大臣 | 武藤容治 | 衆議院/自由民主党(麻生派)
財務副大臣 | 坂井学 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
財務副大臣 | 岡田直樹 | 参議院/自由民主党(細田派)
文部科学副大臣 | 義家弘介 | 衆議院/自由民主党(細田派)
文部科学副大臣
兼内閣府副大臣 | 冨岡勉 | 衆議院/自由民主党(石原派)
厚生労働副大臣 | 竹内譲 | 衆議院/公明党
厚生労働副大臣 | 渡嘉敷奈緒美 | 衆議院/自由民主党(額賀派)
農林水産副大臣 | 伊東良孝 | 衆議院/自由民主党(二階派)
農林水産副大臣 | 齋藤健 | 衆議院/自由民主党(石破派)
経済産業副大臣 | 鈴木淳司 | 衆議院/自由民主党(細田派)
経済産業副大臣
兼内閣府副大臣 | 高木陽介 | 衆議院/公明党
国土交通副大臣 | 土井亨 | 衆議院/自由民主党(細田派)
国土交通副大臣
兼内閣府副大臣
兼復興副大臣 | 山本順三 | 参議院/自由民主党(細田派)
環境副大臣 | 平口洋 | 衆議院/自由民主党(額賀派)
環境副大臣
兼内閣府副大臣 | 井上信治 | 衆議院/自由民主党(麻生派)
防衛副大臣
兼内閣府副大臣 | 若宮健嗣 | 衆議院/自由民主党(額賀派)

大臣政務官

職名 氏名 所属
内閣府大臣政務官 | 牧島かれん | 衆議院/自由民主党(麻生派)
内閣府大臣政務官 | 酒井庸行 | 参議院/自由民主党(細田派)
内閣府大臣政務官
復興大臣政務官 | 高木宏壽 | 衆議院/自由民主党(二階派)
総務大臣政務官 | 輿水恵一 | 衆議院/公明党
総務大臣政務官 | 森屋宏 | 参議院/自由民主党(岸田派)
総務大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 古賀篤 | 衆議院/自由民主党(岸田派)
法務大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 田所嘉徳 | 衆議院/自由民主党(石破派)
外務大臣政務官 | 黄川田仁志 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
外務大臣政務官 | 濱地雅一 | 衆議院/公明党
外務大臣政務官 | 山田美樹 | 衆議院/自由民主党(細田派)
財務大臣政務官 | 大岡敏孝 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
財務大臣政務官 | 中西祐介 | 参議院/自由民主党(麻生派)
文部科学大臣政務官 | 堂故茂 | 参議院/自由民主党(額賀派)
文部科学大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官 | 豊田真由子 | 衆議院/自由民主党(細田派)
厚生労働大臣政務官 | 三ツ林裕巳 | 衆議院/自由民主党(細田派)
厚生労働大臣政務官 | 太田房江 | 参議院/自由民主党(細田派)
農林水産大臣政務官 | 加藤寛治 | 衆議院/自由民主党(細田派)
農林水産大臣政務官 | 佐藤英道 | 衆議院/公明党
経済産業大臣政務官 | 北村経夫 | 参議院/自由民主党(細田派)
経済産業大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官 | 星野剛士 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
国土交通大臣政務官 | 宮内秀樹 | 衆議院/自由民主党(二階派)
国土交通大臣政務官 | 江島潔 | 参議院/自由民主党(細田派)
国土交通大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 津島淳 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
環境大臣政務官 | 鬼木誠 | 衆議院/自由民主党(石原派)
環境大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 白石徹 | 衆議院/自由民主党(麻生派)
防衛大臣政務官 | 熊田裕通 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
防衛大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 藤丸敏 | 衆議院/自由民主党(岸田派)

内閣総理大臣補佐官

職名 氏名 所属
内閣総理大臣補佐官
(ふるさとづくり推進及び文化外交担当) | 河井克行 | 衆議院
自由民主党(無派閥)
内閣総理大臣補佐官
(国家安全保障に関する重要政策及び選挙制度担当) | 柴山昌彦 | 衆議院
自由民主党(細田派)
内閣総理大臣補佐官
(教育再生、少子化、その他国政の重要課題担当) | 衛藤晟一 | 参議院
自由民主党(二階派)
内閣総理大臣補佐官
(政策企画担当) | 長谷川榮一 | 民間
内閣広報官
内閣総理大臣補佐官
(国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地方創生並びに健康・医療に関する成長戦略担当) | 和泉洋人 | 民間
内閣官房参与

衛藤晟一、長谷川榮一、和泉洋人は第3次安倍内閣からの留任。「ふるさと担当」は「ふるさとづくり推進及び文化外交担当」、「重要課題担当」は「教育再生、少子化、その他国政の重要課題担当」に変更。

勢力早見表

【名称】
【勢力】
【国務大臣】
【官房副長官】
【副大臣】
【政務官】
【補佐官】
その他
細田派 96 | 5 | 2 | 7 | 8 | 1 | 参議院議長政務調査会長、幹事長代行、参議院幹事長
無派閥 85 | 3 | 0 | 2 | 5 | 1 | 
公明党 55 | 1 | 0 | 3 | 3 | 0 | 
額賀派 52 | 2 | 0 | 4 | 1 | 0 | 選挙対策委員長
岸田派 42 | 1 | 0 | 2 | 3 | 0 | 参議院議員会長
麻生派 36 | 2 | 0 | 2 | 3 | 0 | 
二階派 35 | 1 | 0 | 2 | 2 | 1 | 総務会長
石破派 20 | 1 | 0 | 1 | 1 | 0 | 
谷垣派 16 | 2 | 0 | 1 | 0 | 0 | 幹事長国会対策委員長
石原派 14 | 2 | 0 | 1 | 1 | 0 | 
山東派 11 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 衆議院議長副総裁

内閣の動き

発足時

2015年10月7日総理大臣官邸での記念撮影のため階段に移動する閣僚ら
2015年10月7日、内閣発足後初となる閣僚懇談会にて

2015年(平成27年)10月7日、第三次安倍改造内閣発足後の初閣議において「一億総活躍という旗を高く掲げ、内閣が一丸となって、長年の懸案であった少子高齢化といった構造的課題に真正面から立ち向かい、新たな国づくりを力強くスタートさせるべき時が来た」として、東日本大震災からの復興の加速化、国内総生産600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロの実現、日米同盟強化による安全保障体制の推進に取り組むなどとする基本方針を決定した。

内政

農業政策

2015年10月15日、全国農業協同組合中央会(JA全中)全国大会で、首相は環太平洋経済連携協定(TPP)について「コメなどの重要品目について関税撤廃の例外を確保した。私が先頭に立ち、今後、政府全体で責任を持って万全の対策をとりまとめ、実行していく」と理解を求めた。

TPP資料問題

2016年4月7日、民進党衆議院議員の玉木雄一郎が、政府が開示したTPPの交渉過程に関する45枚の資料が全て黒塗りばかりだったとし、「まっくろくろすけですよ。パネルにすると分かるんですが、まさに、のり弁当みたいになってますね」と政府を追及した。なお、民進党は民主党政権時代の2012年3月31日に全国紙5紙に全面広告を出し、TPP交渉では各国の提案や交渉文書が4年間極秘扱いであることについて、当時の首相である野田佳彦が「当然」と答弁していた。経済財政担当大臣の石原は玉木の質問に対して「交渉過程は原則的に非公開が外交交渉の原則であることもご理解いただきたい」と答弁した。

一方で民進党は、衆院TPP特別委員会委員長の西川公也がTPP交渉の内幕本を出版することが守秘義務違反にあたるとの追及も行った。8日のTPP特別委員会で、民進党衆院議員の緒方林太郎が行った「(西川が)交渉内容を詳しく知っているとしか思えない」などの指摘に対して、TPP担当相の石原が「印刷物の束が何であるか認識していないのでコメントは差し控える」と答弁し、審議が中断した。民進党側は、入手した西川本のゲラで審議を続ける方針で、TPP担当相の石原は派閥の会合で「もし西川氏が書いているとしたら、ゲラは西川氏と出版社にしかない。著者の許可なく一般に流布することは、著作権法にも抵触する」と語った。

東京五輪に関するトラブル

東京都知事に関する迷走

東京都知事の舛添要一はかつて、リオ五輪閉会式におけるセレモニーについて「渋谷のスクランブル交差点で映せないかな。私がちゃんと旗を受け取ったぞ、というのを見てもらいたい」 などと語っていた。しかし、2016年4月27日の週刊文春での報道以降、高額の海外出張や公用車での別荘通い、政治資金の家族旅行への流用、政治資金を使っての多額の美術品の購入などの公私混同問題に批判が集中。五輪組織委員会関係者からは「知事の会見のたびに、後ろには大会エンブレムが映

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/21 17:17

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「第3次安倍内閣_(第…」の意味を投稿しよう
「第3次安倍内閣_(第1次改造)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

第3次安倍内閣_(第1次改造)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「第3次安倍内閣_(第1次改造)」のスレッドを作成する
第3次安倍内閣_(第1次改造)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail