このキーワード
友達に教える
URLをコピー

第3次安倍内閣_(第2次改造)とは?

【内閣総理大臣】
第97代 安倍晋三
【成立年月日】
2016年(平成28年)8月3日
【終了年月日】
2017年(平成29年)8月3日
【与党・支持基盤】
自由民主党公明党
(自公連立政権)
日本のこころ(閣外協力)
(第193回国会以降)
内閣閣僚名簿(首相官邸)

第3次安倍第2次改造内閣(だいさんじあべだいにじかいぞうないかく)は、衆議院議員自由民主党総裁安倍晋三が第97代内閣総理大臣に任命され、2016年(平成28年)8月3日から2017年(平成29年)8月3日まで続いた日本の内閣である。

自由民主党公明党による自公連立政権を形成する。また2017年(平成29年)の第193回国会以降、日本のこころ参議院で自由民主党との統一会派「自由民主党・こころ」を結成する。

目次

  • 1 内閣の顔ぶれ・人事について
  • 2 国務大臣
  • 3 内閣官房副長官・内閣法制局長官
  • 4 副大臣
  • 5 大臣政務官
  • 6 内閣総理大臣補佐官
  • 7 勢力早見表
  • 8 内閣の動き
    • 8.1 発足時
    • 8.2 内政
      • 8.2.1 IR(統合型リゾート)推進法案
      • 8.2.2 組織犯罪処罰法改正案
      • 8.2.3 TPP関連法案
    • 8.3 安全保障
      • 8.3.1 尖閣諸島周辺における中国船問題
      • 8.3.2 アメリカによるシリアへの空爆と北朝鮮問題
    • 8.4 外交
      • 8.4.1 2度の日米首脳会談
      • 8.4.2 ロシアとの北方領土交渉
      • 8.4.3 安倍首相の真珠湾訪問
      • 8.4.4 慰安婦問題
      • 8.4.5 欧州歴訪
  • 9 注釈
  • 10 脚注
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

内閣の顔ぶれ・人事について

第3次安倍第1次改造内閣の閣僚19人のうち、8人が留任し、1人が横滑りした。前改造内閣と同様8人が初入閣である。平均年齢は60.8歳となり、前改造内閣を0.7歳上回った。最高齢者及び最年少者は前改造内閣と同人で、最高齢は麻生太郎(副総理兼財務相)で75歳、最年少は丸川珠代(東京五輪・パラリン担当相)で45歳(いずれも発足時)。当選回数は、12回の麻生太郎が最多で、4回の稲田朋美が最少であった。なお、前改造同様、山東派、民間人の入閣はなかった。

また、同じ「山本」姓を持つ閣僚が3人誕生することとなった。それぞれ山本公一山本有二山本幸三であり、同じ姓であることに加え、氏名の末尾が「一」「二」「三」と順番になっていることでも注目された。

国務大臣

職名 氏名 所属 特命事項等 備考
内閣総理大臣  | 安倍晋三 | 衆議院
自由民主党
(細田派) |  | 自由民主党総裁
財務大臣
内閣府特命担当大臣
(金融担当)  | 麻生太郎 | 衆議院
自由民主党
(麻生派) | デフレ脱却担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第1位(副総理) | 留任
総務大臣
内閣府特命担当大臣
(マイナンバー制度担当)  | 高市早苗 | 衆議院
自由民主党
(無派閥) |  | 留任
法務大臣  | 金田勝年 | 衆議院
自由民主党
(額賀派) |  | 初入閣
外務大臣  | 岸田文雄 | 衆議院
自由民主党
(岸田派) | 内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位 | 留任
文部科学大臣  | 松野博一 | 衆議院
自由民主党
(細田派) | 教育再生担当 | 初入閣
厚生労働大臣  | 塩崎恭久 | 衆議院
自由民主党
(無派閥) | 内閣総理大臣臨時代理
就任順位第5位 | 留任
農林水産大臣  | 山本有二 | 衆議院
自由民主党
(石破派) |  | 
経済産業大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力損害賠償・
廃炉等支援機構担当)
 | 世耕弘成 | 参議院
自由民主党
(細田派) | 産業競争力担当
ロシア経済分野協力担当
原子力経済被害担当 | 初入閣
国土交通大臣  | 石井啓一 | 衆議院
公明党 | 水循環政策担当 | 留任
環境大臣
内閣府特命担当大臣
(原子力防災担当)  | 山本公一 | 衆議院
自由民主党
(谷垣グループ) |  | 初入閣
防衛大臣  | 稲田朋美 | 衆議院
自由民主党
(細田派) |  | 2017年7月28日辞任
 | 岸田文雄 | 衆議院
自由民主党
(岸田派) | 内閣総理大臣臨時代理
就任順位第4位 | 2017年7月28日就任
内閣官房長官  | 菅義偉 | 衆議院
自由民主党
(無派閥) | 沖縄基地負担軽減担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第2位 | 留任
復興大臣  | 今村雅弘 | 衆議院
自由民主党
(二階派) | 福島原発事故再生総括担当 | 初入閣
2017年4月26日辞任
 | 吉野正芳 | 衆議院
自由民主党
(細田派) | 初入閣
2017年4月26日就任
国家公安委員会委員長
内閣府特命担当大臣
(消費者及び食品安全担当)
(防災担当)
(海洋政策担当)  | 松本純 | 衆議院
自由民主党
(麻生派) | 領土問題担当
国土強靱化担当 | 初入閣
内閣府特命担当大臣
(沖縄及び北方対策担当)
(クールジャパン戦略担当)
(知的財産戦略担当)
(科学技術政策担当)
(宇宙政策担当)  | 鶴保庸介 | 参議院
自由民主党
(二階派) | 情報通信技術(IT)政策担当 | 初入閣
内閣府特命担当大臣
(経済財政政策担当)  | 石原伸晃 | 衆議院
自由民主党
(石原派) | 経済再生担当
社会保障・税一体改革担当
内閣総理大臣臨時代理
就任順位第3位 | 留任
内閣府特命担当大臣
(少子化対策担当)
(男女共同参画担当)  | 加藤勝信 | 衆議院
自由民主党
(額賀派) | 一億総活躍担当
働き方改革担当
女性活躍担当
再チャレンジ担当
拉致問題担当
休眠預金担当 | 留任
内閣府特命担当大臣
(地方創生担当)
(規制改革担当)  | 山本幸三 | 衆議院
自由民主党
(岸田派) | まち・ひと・しごと創生担当
行政改革担当
国家公務員制度担当 | 初入閣
国務大臣  | 丸川珠代 | 参議院
自由民主党
(細田派) | 東京オリンピック・ パラリンピック競技大会担当 | 横滑り

内閣官房副長官・内閣法制局長官

職名 氏名 所属等
内閣官房副長官 | 萩生田光一 | 衆議院/自由民主党(細田派)/内閣人事局
野上浩太郎 | 参議院/自由民主党(細田派)
杉田和博 | 元内閣危機管理監
内閣法制局長官 | 横畠裕介 | 前内閣法制次長

副大臣

職名 氏名 所属
復興副大臣 | 橘慶一郎 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
復興副大臣 | 長沢広明 | 参議院/公明党
内閣府副大臣 | 石原宏高 | 衆議院/自由民主党(石原派)
内閣府副大臣 | 越智隆雄 | 衆議院/自由民主党(細田派)
内閣府副大臣 | 松本洋平 | 衆議院/自由民主党(二階派)
総務副大臣 | 原田憲治 | 衆議院/自由民主党(額賀派)
総務副大臣
兼内閣府副大臣 | 赤間二郎 | 衆議院/自由民主党(麻生派)
法務副大臣
兼内閣府副大臣 | 盛山正仁 | 衆議院/自由民主党(岸田派)
外務副大臣 | 薗浦健太郎 | 衆議院/自由民主党(麻生派)
外務副大臣 | 岸信夫 | 衆議院/自由民主党(細田派)
財務副大臣 | 大塚拓 | 衆議院/自由民主党(細田派)
財務副大臣 | 木原稔 | 衆議院/自由民主党(額賀派)
文部科学副大臣 | 義家弘介 | 衆議院/自由民主党(細田派)
文部科学副大臣
兼内閣府副大臣 | 水落敏栄 | 参議院/自由民主党(岸田派)
厚生労働副大臣 | 橋本岳 | 衆議院/自由民主党(額賀派)
厚生労働副大臣 | 古屋範子 | 衆議院/公明党
農林水産副大臣 | 齋藤健 | 衆議院/自由民主党(石破派)
農林水産副大臣 | 礒崎陽輔 | 参議院/自由民主党(細田派)
経済産業副大臣 | 松村祥史 | 参議院/自由民主党(額賀派)
経済産業副大臣
兼内閣府副大臣 | 高木陽介 | 衆議院/公明党
国土交通副大臣 | 田中良生 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
国土交通副大臣
兼内閣府副大臣
兼復興副大臣 | 末松信介 | 参議院/自由民主党(細田派)
環境副大臣 | 関芳弘 | 衆議院/自由民主党(細田派)
環境副大臣
兼内閣府副大臣 | 伊藤忠彦 | 衆議院/自由民主党(二階派)
防衛副大臣
兼内閣府副大臣 | 若宮健嗣 | 衆議院/自由民主党(額賀派)

大臣政務官

職名 氏名 所属
内閣府大臣政務官 | 武村展英 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
内閣府大臣政務官 | 豊田俊郎 | 参議院/自由民主党(麻生派)
内閣府大臣政務官
復興大臣政務官 | 務台俊介
2017年(平成29年)3月10日辞任 | 衆議院/自由民主党(麻生派)
内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官 | 長坂康正
2017年(平成29年)3月10日就任 | 衆議院/自由民主党(麻生派)
総務大臣政務官 | 金子恵美 | 衆議院/自由民主党(二階派)
総務大臣政務官 | 冨樫博之 | 衆議院/自由民主党(石破派)
総務大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 島田三郎 | 参議院/自由民主党(無派閥)
法務大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 井野俊郎 | 衆議院/自由民主党(額賀派)
外務大臣政務官 | 小田原潔 | 衆議院/自由民主党(細田派)
外務大臣政務官 | 武井俊輔 | 衆議院/自由民主党(岸田派)
外務大臣政務官 | 滝沢求 | 参議院/自由民主党(山東派)
財務大臣政務官 | 杉久武 | 参議院/公明党
財務大臣政務官 | 三木亨 | 参議院/自由民主党(二階派)
文部科学大臣政務官 | 樋口尚也 | 衆議院/公明党
文部科学大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官 | 田野瀬太道 | 衆議院/自由民主党(石原派)
厚生労働大臣政務官 | 堀内詔子 | 衆議院/自由民主党(岸田派)
厚生労働大臣政務官 | 馬場成志 | 参議院/自由民主党(岸田派)
農林水産大臣政務官 | 細田健一 | 衆議院/自由民主党(細田派)
農林水産大臣政務官 | 矢倉克夫 | 参議院/公明党
経済産業大臣政務官 | 中川俊直
2017年(平成29年)4月18日辞任 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
経済産業大臣政務官 | 大串正樹
2017年(平成29年)4月18日就任 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
経済産業大臣政務官
兼内閣府大臣政務官
兼復興大臣政務官 | 井原巧 | 参議院/自由民主党(細田派)
国土交通大臣政務官 | 藤井比早之 | 衆議院/自由民主党(無派閥)
国土交通大臣政務官 | 大野泰正 | 参議院/自由民主党(細田派)
国土交通大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 根本幸典 | 衆議院/自由民主党(細田派)
環境大臣政務官 | 比嘉奈津美 | 衆議院/自由民主党(額賀派)
環境大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 井林辰憲 | 衆議院/自由民主党(麻生派)
防衛大臣政務官 | 小林鷹之 | 衆議院/自由民主党(二階派)
防衛大臣政務官
兼内閣府大臣政務官 | 宮澤博行 | 衆議院/自由民主党(細田派)

内閣総理大臣補佐官

職名 氏名 所属等
内閣総理大臣補佐官
(ふるさとづくり推進及び文化外交担当) | 河井克行 | 衆議院
自由民主党(無派閥)
内閣総理大臣補佐官
(国家安全保障に関する重要政策及び選挙制度担当) | 柴山昌彦 | 衆議院
自由民主党(細田派)
内閣総理大臣補佐官
(教育再生、少子化、その他国政の重要課題担当) | 衛藤晟一 | 参議院
自由民主党(二階派)
内閣総理大臣補佐官
(政策企画担当) | 長谷川榮一 | 民間
内閣広報官
内閣総理大臣補佐官
(国土強靭化及び復興等の社会資本整備、地方創生並びに健康・医療に関する成長戦略担当) | 和泉洋人 | 民間
内閣官房参与

全員が第3次安倍第1次改造内閣からの再任。

勢力早見表

【名称】
【勢力】
【国務大臣】
【官房副長官】
【副大臣】
【政務官】
【補佐官】
その他
細田派 98 | 6 | 2 | 7 | 5 | 1 | 参議院議長総務会長、幹事長代行、 参議院議員会長
無派閥 75 | 3 | 0 | 2 | 4 | 1 | 
公明党 60 | 1 | 0 | 3 | 2 | 0 | 
額賀派 51 | 2 | 0 | 5 | 2 | 0 | 政務調査会長国会対策委員長、参議院幹事長
岸田派 40 | 2 | 0 | 2 | 2 | 0 | 
麻生派 39 | 2 | 0 | 2 | 3 | 0 | 
二階派 38 | 1 | 0 | 2 | 3 | 1 | 幹事長選挙対策委員長
谷垣団 31 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 
石破派 20 | 1 | 0 | 1 | 1 | 0 | 
石原派 15 | 1 | 0 | 1 | 1 | 0 | 
山東派 12 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 衆議院議長副総裁

内閣の動き

 | 
この節の加筆が望まれています。

発足時

2016年(平成28年)8月3日、第3次安倍第2次改造内閣発足後の記者会見で、安倍は最優先課題を「経済」とした上で、アベノミクスの継続を宣言し、国内総生産戦後最高600兆円達成、希望出生率1.8の実現、介護離職ゼロを、3つの「的」と位置づけた。また、「一億総活躍」のために、長時間労働是正や、同一労働同一賃金の実現、最低賃金の引き上げなど働き方改革を課題として挙げた。

内政

IR(統合型リゾート)推進法案

12月6日、カジノを中心とした統合型リゾート推進法案(カジノ法案)が衆議院本会議で可決、参議院に送付された。また14日には参議院本会議で統合型リゾート推進法案の修正案が自民党・日本維新会などの賛成多数で可決。前日に開催された参議院内閣委員会で法案が修正されたため、同日衆議院へ再送付され、翌日の衆議院本会議にて自民党・日本維新会などの賛成多数で可決・成立した。

組織犯罪処罰法改正案

共謀罪の構成要件を改めて、テロ等準備罪を新設する法案であるため「共謀罪法案」と呼ばれることが多い。5月19日の衆議院法務委員会で野党が抗議する中で可決された。法務大臣の金田勝年の「(準備行為の下見と花見の違いについて)例えば花見であればビールや弁当を持っているのに対して、下見であれば地図や双眼鏡、メモ帳などを持っている」「(野党の質問に)私の頭脳ではちょっと対応できない」といった答弁に対して不安定であるという批判がたびたびあがり、5月18日には不信任案が提出された(与党多数で否決)。5月19日には衆議院法務委員会で可決し、5月23日には衆議院本会議で自民公明日本維新の会の賛成多数で可決した。6月15日には参議院本会議で自民・公明・日本維新の会の賛成多数で可決、成立した。なお、与党は参院法務委員会での採決を省略する「中間報告」の手続きをとったため委員会採決は行われなかった。これにさきがけ衆議院本会議で民進・共産・自由・社民の野党4党が提出した内閣不信任決議案は、与党などの反対多数で否決された。7月11日に改正組織犯罪処罰法が施行され、同日、国際的な組織犯罪の防止に関する国際連合条約(TOC条約)受諾を閣議決定した。国際連合本部での手続き等を経て8月10日に発効させる。

TPP関連法案

2016年12月10日、環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)承認案及び関連法案が衆議院本会議で採決され、与党と日本維新の会などの賛成多数で可決された。しかし、アメリカトランプ大統領は選挙戦以来TPP離脱の方針を掲げており、2017年1月23日にはTPP離脱の大統領令に署名した。これにより国内では批准手続きはほぼ完了しているにも関わらずTPPの発効は絶望的となった。

2017年4月20日、アメリカの復帰は困難と判断しアメリカ抜きの11カ国で、日本やオーストラリア主導のもと発効を目指すとした。5月のベトナムで開かれるTPP閣僚会合で11カ国での発効を呼びかける。

安全保障

尖閣諸島周辺における中国船問題

8月6日、中国海警局の船6隻が沖縄県尖閣諸島周辺の接続水域(領海の外側)に入り、中国の漁船およそ230隻がその周辺を航行した。

アメリカによるシリアへの空爆と北朝鮮問題

別項の日米首脳会談の後に北朝鮮はアメリカ本土が射程に入る中長距離弾道ミサイル「北極星2号」を発射。これについて3月7日に北朝鮮の労働新聞は「有事の際、在日米軍を攻撃する部隊が参加した」と報道した。このミサイル発射を受け、安倍首相はトランプ大統領と電話で会談し、「北朝鮮の脅威は新たな段階に入っていることを日米で確認した」との認識を示した。

2017年4月6日にアメリカのホワイトハウスで米中首脳会談が行われていたが、その裏でトランプ大統領はアメリカ軍にシリアへの空爆を指示し、トマホーク59発を撃ち込んだ。ていた。空爆の理由としてトランプ大統領は後日、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したことに対しての対抗措置としている。 尚、この攻撃に対し日本政府は支持を表明した。そしてこの突然の空爆は、「アメリカは北朝鮮に対して先制攻撃も辞さない」というメッセージであるとの見方もあった。

2017年4月に入り、アメリカは北朝鮮に対する軍事的な対抗措置をいくつか検討し始めた。トランプ大統領は「全ての選択肢がテーブルの上にある」と述べ、北朝鮮への先制攻撃や金正恩朝鮮労働党委員長の斬首作戦などのオプションがあることを示した。これに対し北朝鮮はアメリカと戦争になった場合、在韓米軍在日米軍

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/08/19 08:51

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「第3次安倍内閣_(第…」の意味を投稿しよう
「第3次安倍内閣_(第2次改造)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

第3次安倍内閣_(第2次改造)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「第3次安倍内閣_(第2次改造)」のスレッドを作成する
第3次安倍内閣_(第2次改造)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail