このキーワード
友達に教える
URLをコピー

第65回NHK紅白歌合戦とは?

移動先: 案内検索
【第65回NHK紅白歌合戦】

会場のNHKホール

【ジャンル】
大型音楽番組
【放送時間】
19:15 - 20:55、21:00 - 23:45 (JST)(265分)
【放送期間】
2014年12月31日
【放送国】
日本
【制作局】
NHK
【放送媒体:総合テレビジョン
【製作総指揮】
柴﨑哲也
【出演者】
#司会者#出場歌手を参照
【音声】
音声多重放送
(紅白サブトークチャンネル)
【字幕】
文字放送
【データ放送】
実施
オープニング
「歌おうマーチ」
エンディング
蛍の光
【外部リンク】
第65回 NHK紅白歌合戦 公式サイト
【第65回NHK紅白歌合戦】

【ジャンル】
大型音楽番組
【放送方式】
生放送
【放送局】
NHKラジオ第1
【パーソナリティ】
青井実
首藤奈知子
特記事項:
その他の項目は媒体固有のものを除きテレビと共通

第65回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうごかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2014年(平成26年)12月31日(JST、以下同じ)に放送された通算65回目のNHK紅白歌合戦である。

目次

  • 1 概要
  • 2 当日のステージ
    • 2.1 前半
    • 2.2 後半
    • 2.3 結果
  • 3 出場歌手
    • 3.1 選考を巡って
      • 3.1.1 選出
      • 3.1.2 不選出
    • 3.2 その他
    • 3.3 曲順を巡って
  • 4 司会者
  • 5 審査員
  • 6 ゲスト出演者
    • 6.1 ゲスト審査員
    • 6.2 スペシャルゲスト
    • 6.3 花子とアン特別編
    • 6.4 企画・応援ゲスト
    • 6.5 演奏ゲストなど
    • 6.6 その他の番組担当者
  • 7 パブリックビューイング
  • 8 視聴率
  • 9 PRソング
  • 10 脚注
    • 10.1 注釈
    • 10.2 出典
  • 11 外部リンク

概要

テーマは「歌おう。おおみそかは全員参加で!」。このテーマに合わせ、出場歌手全員参加を謳ったコーナーが多く設けられたほか、出場歌手のパフォーマンスに出場歌手全員で参加する演出が行われた。

司会者は吉高由里子(紅組)、(白組)、有働由美子(総合司会)。

バナナマン久保田祐佳が「紅白宣伝部員」として、PR番組『こちら紅白宣伝部』の司会を務めたほか、放送当日にはテレビ放送副音声『紅白ウラトークチャンネル』を担当した。デイリースポーツでは同コーナーでのバナナマンによる、主音声にとらわれない自由な進行と視聴者目線のトークが共感を集めたと報じている。

例年恒例となっている審査中のダイジェストコーナーは行われなかった。

  • 9月4日 - 公式サイト上で放送時間が発表された。
  • 10月10日 - この日行われた記者会見で、今回の司会者とテーマが発表された。この会見は有働が司会を務める『あさイチ』内で生中継された。
  • 11月20日 - 紅白宣伝部発足を発表。
  • 11月26日 - 今年の出場歌手を発表。
同時にテレビ東京系アニメ『妖怪ウォッチ』のコーナーを放送することを発表。柴崎哲也プロデューサーは「お子さんにとても人気がある、そういう世代の皆さんに楽しんで頂けるシーンを作りたい」と出演理由を述べている。
  • 12月23日 - ゲスト審査員が発表された。
  • 12月24日 - この年上期の連続テレビ小説花子とアン』の出演者による特別編を実施することが発表された。
  • 12月25日 - 曲目と曲順が発表された。
  • 12月28日 - 中森明菜のゲスト出演が発表された。
  • 12月30日 - リハーサルが行われた。

当日のステージ

 | 
この節に雑多な内容が羅列されています。事項を箇条書きで列挙しただけの節は、本文として組み入れるか、または整理・除去する必要があります。(2017年6月)

前半

  • 黒柳徹子タモリ第34回(1983年)当時の思い出を語ってスタート。
  • トップバッターは、HKT48
  • 郷ひろみのステージでは、事前番組でバナナマン日村勇紀が共演を直訴し「1年に1回の大事なステージだから、イヤだよ」と郷が断るも、本番では日村が真っ赤なジャケットの姿で乱入した。
  • 伍代夏子のステージではV6がバックダンサーを務めた。曲前のトークで同メンバーの三宅健が「伍代さんの後ろで踊らさせる・・・」と失言する場面があった。後日、三宅は伍代に詫びの年賀状を送り、また両者の交流も生まれたという。
  • 香西かおり細川たかしは酒にちなんだ曲を披露した。KABA.ちゃんIKKOクリス松村が「もも組」としてスナック風のステージをプロデュース。他に関ジャニ∞、バナナマン・日村勇紀扮するヒム子、ゴールデンボンバーふなっしーらがパフォーマンスを披露した。
  • 德永英明羽生結弦の演技映像とのコラボだったが、羽生が前日に急遽手術を行い入院中だったのを受け、德永の紹介前に櫻井翔が「今年1年、たくさんのことを経験しました。壁を乗り越えた先にまた壁がある。でも僕はそれを乗り越えていきたいと思います」という羽生のメッセージを読み上げ、見舞いの言葉を述べた。

後半

  • 後半は『花子とアン』特別編からスタート。吉高の前に出演者が総登場し、仲間由紀恵が手紙を朗読。このサプライズに対し、吉高が感激のあまり涙する一幕があった。
  • SEKAI NO OWARIはインフルエンザの影響で出演が心配されていたDJ LOVEが無事ステージに立った。
  • ゴールデンボンバーは、間奏で樽美酒研二がVTR上で羊に追われた後、樽美酒の公開丸刈りが行われ、最後は「はげましておめでとうございます」で締めた。歌唱後、鬼龍院翔はブログで「3度目の紅白、正直『ローラの傷だらけ』を歌いたい気持ちは強かったです」と本音を漏らした。
  • ももいろクローバーZはメンバーの有安杏果インフルエンザにより出場辞退。最年長の高城れにはブログで「全員参加で有安を笑顔に」したいと、有安の着るはずであった緑の衣装を切り分けられ、出場するメンバー衣装にその一部として縫い付け、全員が緑のネイルアートをして出場。フォーメーションを変えず1人分のポジションを空けたままパフォーマンスを行い、有安のお面を手に踊る場面もあった。また、前日に放送された『LIFE!〜人生に捧げるコント〜「2014 年の瀬 紅白コラボSP」』のコント内で内村光良扮する夏木京介が指導した歌舞伎風パフォーマンスを披露した。リーダーの百田夏菜子は出演後、「やっぱり5人で出るのが一番」としながらも「テレビの前で喜んでくれたと思う」と語った。また、事前にコンサートで収録した9万人のファンによるコーラス音源をバックに歌うパートが盛り込まれ、「My Dear Fellow with Mononofu JAPAN」という曲名での披露となった(Mononofuとは、ももクロのファンを指す言葉)。
  • 関ジャニ∞は高校生の吹奏楽団とのコラボレーションを披露した。
  • 恒例とも言える「衣装対決」は氷川きよし水森かおり。氷川はロボット「スケルトニクス」をバックダンサーに用い、水森は桂由美デザインの豪華ドレスで衣装対決をした。
  • いきものがかりきゃりーぱみゅぱみゅの紹介ゲストはシャーロット・ケイト・フォックス(この年下期『マッサン』ヒロイン)と土屋太鳳(この年上期『花子とアン』放送期間中に、翌年上期『まれ』ヒロインに選ばれた。)で、吉高と合わせて「朝ドラヒロイン」3人が勢ぞろいした。
  • TOKIOはこの年デビュー20周年だったが、デビュー曲「LOVE YOU ONLY」を披露する前に長瀬智也が「皆さんのお陰で20年間やってくることができました」と感謝を述べた後、「20年に一度のお願い」として「ここにいる皆さん、お立ち願いたい」と述べ、さらに司会席にいた嵐、V6、関ジャニ∞に対して「YOUたちこっち来ちゃいなよ」とジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川風にステージに呼び込んだ。その後、長瀬の呼びかけに応じて立ったほとんどの観客と、上記3グループと共に同曲を大合唱した。
  • イディナ・メンゼルとの共演を果たした神田沙也加の姿に、母である松田聖子が感極まって涙を流す場面があった。
  • SMAPは歌唱前のトークにおいて、同メンバーの香取慎吾フジテレビ系列『森田一義アワー 笑っていいとも!』で共演したタモリに向け、「お久しぶりです」と述べ、タモリが「毎週会ってたのにな」と返すやり取りがあった。メドレー2曲目である「世界に一つだけの花」披露時、メンバー全員でステージを降りてタモリのもとへ行き、彼の目の前で歌唱を行った。同リーダーの中居正広によると、この演出はリハーサル時点では予定しておらず、本番中草彅剛が客席に降り、その流れのまま行ったものだという。
  • 石川さゆりの歌唱前、石川のファンである井上真央が司会席に登場。また、第62回(2011年)で紅組司会を経験し優勝も達成した井上が「嵐さんにいろいろ教えてもらいましたが、勝ちたいという気持ちだけは負けてなかったので、気持ちを込めれば大丈夫だと思います」と吉高にエールを送る場面もあった。
  • AKB48は「心のプラカード」を歌唱し、メンバーと司会者・ゲスト審査員がそれぞれ「心のプラカード」と称したメッセージを披露した。歌唱の途中、カメラスタッフによるスイッチングミスで舞台袖が数秒間映ってしまい、川栄李奈松井玲奈(SKE48としても出場)・山本彩(NMB48としても出場)の心のプラカードが表示されないハプニング(放送事故)もあった。3人の心のプラカードは年明けの2015年1月10日BSプレミアムで放送された『AKB48 SHOW!』にてこのハプニングに触れた上で補足された。小嶋陽菜が前回の大島優子同様に卒業発表を行うとの推測もあったが、行われることはなかった。
  • 美輪明宏の歌唱後、サザンオールスターズが31年ぶりに紅白に出演した。なお、曲紹介は有働と中居正広が行った。事前に予告されていなかったもので、年越しライブ会場の横浜アリーナからの生中継出演となり、「ピースとハイライト」「東京VICTORY」を歌唱した。元々サザンの年越しライブをWOWOWプライムが生中継することが決まっていたので、NHKがその映像を使う形での同時放送となった(テロップはNHK・WOWOW別々に送出)。なお、歌唱前に桑田佳祐がつけ髭をつけるパフォーマンスをしたが、それに対しアドルフ・ヒトラーを真似、現在の政権を批判するメッセージがあり、「ピースとハイライト」の歌詞もまた同様のメッセージがあるのではないかといううわさが流れ、インターネット上で批判され、抗議行動まで拡大した。それを受け、1月15日にアミューズと桑田はウェブサイト上にコメントを掲載。また、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組桑田佳祐のやさしい夜遊び』でコメントした。その中で「お客様に楽しんで頂ければという意図であり、他意は全くございません」「ヒットラーのつもりはまったくございません」と政治的な意図を否定した。年越しライブでの関連する批判についてはひつじだよ! 全員集合!#紫綬褒章の披露で起きたトラブルピースとハイライトを参照のこと。
  • 白組トリの嵐の曲紹介は、先輩でもあるV6岡田准一井ノ原快彦が行った。「感謝カンゲキ雨嵐」のサビ部分で一斉に宙に舞って客席上空をフライングする演出が行われた。
  • 紅組トリおよび大トリの松田聖子の歌唱後、麻布大学野鳥研究部がペンライトの数を集計。「ふるさと」を大合唱したのち、結果が発表された。当日体調の思わしくなかった平尾昌晃の指揮のもと「蛍の光」を大合唱して締めた。

結果

前回のゲスト審査員の票に重きを置く形から、後述するとおり、地上デジタルテレビジョン放送ワンセグの双方向機能などを重視したそれ以前の最終審査の得票数をそのまま反映させる形に戻された。デジタルテレビ以外は白組が優勢で、結果535,458対481,221で白組が優勝し、対戦成績も白組36勝、紅組29勝となった。嵐の5人を代表してリーダーの大野がタモリから優勝旗を授与された。

出場歌手

歌手名の太字は初出場もしくは返り咲き。

【紅組】
【白組】

【曲順】
【歌手・ユニット名】
【回】
【楽曲】
【曲順】
【歌手・ユニット名】
【回】
【楽曲】

【前半】

【1】
HKT48 | 初 | メロンジュース 【2】
Sexy Zone | 2 | 紅白にHITOMEBORE
【3】
E-girls | 2 | Highschool♡love 【4】
AAA | 5 | さよならの前に
【企画コーナー 嵐meets妖怪ウォッチ(1)「ようかい体操第一」(Dream5 紅白出場歌手)】

【5】
miwa | 2 | Faith 【6】
福田こうへい | 2 | 東京五輪音頭
【7】
SKE48 | 3 | 不器用太陽 【8】
郷ひろみ | 27 | 99は終わらない
NMB48 | 2 | イビサガール
【9】
藤あや子 | 20 | あや子のお国自慢だよ〜がんばろな東北!!〜 【10】
ポルノグラフィティ | 13 | アポロ
【11】
水樹奈々(6)×T.M.Revolution(5)「紅白2014スペシャルコラボレーション」
【13】
伍代夏子 | 21 | ひとり酒 【12】
クリス・ハート | 2 | 
【15】
西野カナ | 5 | Darling 【14】
三代目 J Soul Brothers | 3 | R.Y.U.S.E.I.
【16】
香西かおり | 18 | 酒のやど 【17】
細川たかし | 38 | 応援歌、いきます
【19】
天童よしみ | 19 | やっぱ好きやねん 【18】
德永英明 | 9 | 花は咲く
【企画コーナー 嵐meets妖怪ウォッチ(2)「A・RA・SHI」〜「ゲラゲラポーのうた」(キング・クリームソーダ 紅白出場歌手)】

【20】
坂本冬美 | 26 | 男の火祭り 【21】
森進一 | 47 | 年上の女
【22】
和田アキ子 | 38 | 古い日記〜2014紅白スペシャル〜 【23】
V6 | 初 | WAになっておどろう
【後半】

【企画コーナー 「花子とアン」特別編】

【24】
絢香 | 7 | にじいろ 三日月 | ‐ | ‐ | ‐ | ‐
【25】
May J. | 初 | Let It Go 〜ありのままで〜 【26】
SEKAI NO OWARI | 初 | Dragon Night
【27】
Perfume | 7 | Cling Cling 【28】
ゴールデンボンバー | 3 | 女々しくて
【29】
ももいろクローバーZ | 3 | My Dear Fellow with Mononofu JAPAN 【30】
関ジャニ∞ | 3 | オモイダマ
【32】
水森かおり | 12 | 島根恋旅 【31】
氷川きよし | 15 | ちょいときまぐれ渡り鳥
【34】
いきものがかり | 7 | GOLDEN GIRL 【33】
五木ひろし | 44 | よこはま・たそがれ
【35】
きゃりーぱみゅぱみゅ | 3 | きらきらキラー 【36】
TOKIO | 21 | LOVE YOU ONLY
【企画コーナー 「みんなで歌おう!アナと雪の女王」】

【37】
神田沙也加 | 2 | 生まれてはじめて 〜 Let It Go 〜ありのままで〜 【‐】
【‐】
【‐】
【‐】

【】
イディナ・メンゼル | 
【39】
椎名林檎 | 2 | NIPPON -紅白ボーダレス篇- 【38】
SMAP | 22 | みんなで歌おう!SMAPメドレー
【41】
薬師丸ひろ子 | 初 | Woman "Wの悲劇"より 【40】
EXILE | 10 | NEW HORIZON
【42】
石川さゆり | 37 | 天城越え 【43】
長渕剛 | 4 | 明日へ続く道
【企画ゲスト 中森明菜Rojo -Tierra-」】

【44】
AKB48 | 7 | 心のプラカード 【45】
福山雅治 | 7 | 2014スペシャルメドレー
【46】
中島みゆき | 2 | 麦の唄 【47】
美輪明宏 | 3 | 愛の讃歌
【企画ゲスト サザンオールスターズピースとハイライト」〜「東京VICTORY」】

【49】
松田聖子 | 18 | あなたに逢いたくて〜Missing You〜 【48】
 | 6 | 2014 Thanks Medley
【エンディング 「歌おう。おおみそかは全員参加で!」 嵐 紅白出場歌手「ふるさと」】

歌唱曲・出場回数に関する備考

  1. ^ “セクゾン Jカウントダウンでセクシー”. デイリースポーツ online (デイリースポーツ). (2014年12月31日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/31/0007626400.shtml 2015年4月3日閲覧。
  2. ^ 君にHITOMEBORE」「男 never give up」「King & Queen & Joker」を順に披露。
  3. ^ 前回は紅組であったため白組としては2年ぶり4回目。
  4. ^ 禁断のレジスタンス」「Preserved Roses」を順に披露。
  5. ^ ただし、第46回(1995年)でTOKIOのバックダンサー。第50回(1999年)の企画コーナーでゲスト出演。
  6. ^ メンバーの有安杏果はインフルエンザのため出場を辞退した。
  7. ^ アメリカ合衆国ニューヨークからの中継。
  8. ^ SHAKE」「世界に一つだけの花」「Top Of The World」を順に披露。
  9. ^ ただし、前回ゲスト歌手として出演。
  10. ^ 紅組歌手として第53回(2002年)まで過去7回出場。放送内の紹介においては「8回目」の記述があった(公式には企画ゲストのため回数には含めない)。
  11. ^ アメリカ合衆国・ニューヨークのレコーディングスタジオからの中継。
  12. ^ 神奈川県横浜市パシフィコ横浜展示ホールからの中継で「HUMAN」「クスノキ」を順に披露。
  13. ^ 東京都渋谷区NHK放送センター・CT-101スタジオからの中継。
  14. ^ 白組歌手として第34回(1983年)まで過去3回出場。他にメンバーの原由子第42回(1991年)に紅組歌手として出場。同じく桑田佳祐第61回(2010年)に特別ゲストで出演。
  15. ^ 神奈川県横浜市・横浜アリーナからの中継。
  16. ^ 感謝カンゲキ雨嵐」「GUTS !」を順に披露。

選考を巡って

 | 
この節の加筆が望まれています。

選出

初出場の5組は過去10年間で第61回(2010年)と並び最少、返り咲きは5組。

  • V6はデビュー20年目にして初出場。メンバーの岡田准一大河ドラマ軍師官兵衛』に主演、同じくメンバーの井ノ原快彦が『あさイチ』の司会を務めるなどNHKの番組に多く出演、「今年、NHKの顔としてご活躍頂いたということはある」とこの年でのNHKでの活躍ぶりが決め手となった。
    • 出場歌手発表会見は有働が司会を担当しており、V6の紹介場面では有働が『あさイチ』で共演する井ノ原を司会席に呼び、2人でV6メンバーにインタビューを行った。
  • HKT48はAKB48グループとしてはAKB48、SKE48、NMB48に続く4組目の出場となった。選出理由は「人気者で支持も高かった。今年のがんばりを総合的に判断しました」としている。
  • May J.は今年公開し、大ヒットを記録した映画『アナと雪の女王』の主題歌「Let It Go」をカバーし話題になった。
  • 『アナと雪の女王』の日本語吹き替え版でアナ役を演じた神田沙也加が第62回(2011年)以来3年ぶりの出場。神田はTwitterで「2014年、素晴らしい締め括りが出来ますことを感謝しております。本当にありがとうございます」と出場報告をしている。母親の松田聖子の出場も決まっており、2度目の親子出場となる。
  • 薬師丸ひろ子はこれまでにゲスト審査員やゲストとして紅白に出演した事はあったが、正式枠出場歌手としては初選出。前年上期の連続テレビ小説『あまちゃん』に出演し、前回も同作の企画コーナーにゲスト出演したことがきっかけとなったことや、音楽活動を再開したことが要因となった。当初薬師丸のステージについて、この年亡くなった高倉健を追悼する演出にする案もあったが、高倉の映像などの使用許可を巡り、所属事務所「高倉プロモーション」との交渉が難航し、制作責任者の判断で、企画が取り止めになったという。
  • SEKAI NO OWARIは前回は出場内定までこぎ着けながらも落選したとされるが、今回初出場となった。
  • 中島みゆきが第53回(2002年)以来12年ぶり2度目の出場。この年下期の連続テレビ小説『マッサン』の主題歌「麦の唄」を担当している。初出場時では、歌唱の際に歌詞を間違えるハプニングをしてしまったことから、「また何かしでかさないように」とコメントした。
  • 長渕剛が第62回以来3年ぶりの出場。
  • 絢香が第63回(2012年)以来2年ぶりの出場。この年担当した連続テレビ小説『花子とアン』の主題歌「にじいろ」、2006年に大ヒットを記録した名曲「三日月」を歌唱。
  • 椎名林檎が3年ぶり2度目の出場。「2014 FIFAワールドカップ」を始めとするNHKのサッカー中継の年間テーマソング「NIPPON」を歌唱。

不選出

  • 乃木坂46は不選出となった。メンバーの生田絵梨花はブログで1年後のリベンジを誓うコメントを出している。
  • 15年連続で出場していた浜崎あゆみを始め、ソチオリンピックNHK中継テーマソング今、咲き誇る花たちよ」(前回歌唱)を歌ったコブクロaikoといった常連も落選しており、浜崎は自身のTwitterで紅白卒業を宣言。aikoは発表後にTwitterで悔しさをにじませるコメントを出している。
  • 『アナと雪の女王』日本語吹き替え版でエルサ役を演じ、May.J、神田沙也加と共に出場が有力視されていた松たか子は出場者リストに名前が載っておらず、今後オファーがあるのかの質問に対しNHK側は「全部決まった段階でお知らせします。企画コーナーへの出演は可能性はある」と含みを持たせる発言をしていた。その後、松が第1子の妊娠を発表したため、出演が見送られた。
  • 『週刊女性』(2014年8月12日号)などのメディアで竹内まりやの出場の可能性が報じられていたが、実現せず。
  • 前回で紅白を勇退した北島三郎に替わって山内惠介三山ひろしらの男性演歌歌手が出場するとの見通しもあったが、男性演歌歌手は北島を除く前回出場の5人がそのまま出場、総数として1名減となった。なお、番組側は北島にゲスト出演(特別枠やゲスト審査員、応援ゲスト)の打診を行い本人が全て固辞したと報じられている。北島は本紅白開始前後の時間にボクシングトリプル世界戦を観戦していた(帰宅後、本紅白を視聴したという)。
  • 復活が期待されていた小林幸子も3年連続で落選となった。

前回の出場歌手の中より、不選出となったのは計10組(紅:4、白:6)。※は紅白勇退・卒業を宣言した歌手。

その他

  • 満79歳の美輪明宏は最年長出場記録を打ち立てた。
  • 松田聖子の曲目について、「赤いスイートピー」も候補に挙がっていたという。
  • 森進一北島三郎の勇退に伴い、今回の最多出場歌手となった。森は今回の出場決定後、スポーツニッポン(同年12月25日付)の取材に対し、「どこか節目でやめたい」と紅白出場の勇退を考えていることを明かしていた。そしてその直後、北島が50回出場を機に勇退を表明したことや番組側の悩みであるマンネリを解消することを目的に、「50回出場を機に勇退したい」と改めて発言した。この発言は合わせて他歌手に対して「50回出場で定年にしたらどうか」との意を込めたモノと解釈されたが他の紅白常連歌手からは反発の声も相次いだ。

曲順を巡って

紅組トリおよび大トリに ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/04/20 10:58

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「第65回NHK紅白歌合戦」の意味を投稿しよう
「第65回NHK紅白歌合戦」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

第65回NHK紅白歌合戦スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「第65回NHK紅白歌合戦」のスレッドを作成する
第65回NHK紅白歌合戦の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail