このキーワード
友達に教える
URLをコピー

第67回NHK紅白歌合戦とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2016年8月)
 | 
この記事の出典は、Wikipedia:信頼できる情報源に合致していないおそれがあります。特にテレビ番組の内容を出典を明記せず記述している(WP:TVWATCH)との指摘を受けています。そのガイドラインに合致しているか確認し、必要であれば改善して下さい。(2017年1月)

NHK紅白歌合戦 > 第67回NHK紅白歌合戦
【第67回NHK紅白歌合戦】

会場のNHKホール

【ジャンル】
大型音楽番組
【出演者】
総合司会:武田真一
紅組司会:有村架純
白組司会:相葉雅紀
【オープニング】
鷺巣詩郎「Fly into the Sun」
【エンディング】
蛍の光
【製作】

【制作】
NHK
【放送媒体:総合テレビ

【放送】

【音声形式】
音声多重放送
【放送国・地域】
日本
【放送期間】
2016年12月31日(土曜日)
【放送時間】
19:15 - 20:55
21:00 - 23:45(JST)
【放送分】
265分
【回数】
1
第67回 NHK紅白歌合戦 公式サイト
【第67回NHK紅白歌合戦】

【ジャンル】
大型音楽番組
【放送方式】
生放送
【放送期間】
2016年12月31日
【放送時間】
19:15 - 20:55
21:00 - 23:45(JST)
【放送局】
NHKラジオ第1
【パーソナリティ】
二宮直輝
寺門亜衣子
特記事項:
その他の項目は媒体固有のものを除きテレビと共通

第67回NHK紅白歌合戦』(だいろくじゅうななかいエヌエイチケイこうはくうたがっせん)は、2016年(平成28年)12月31日19時15分から23時45分まで放送された通算67回目のNHK紅白歌合戦である。

目次

  • 1 概要
  • 2 当日のステージ
    • 2.1 前半
    • 2.2 後半
    • 2.3 結果
  • 3 出場歌手
    • 3.1 選考を巡って
    • 3.2 曲順を巡って
  • 4 司会者
  • 5 審査方法
  • 6 メイン演奏
  • 7 ゲスト出演者
    • 7.1 ゲスト審査員
    • 7.2 スペシャルゲスト
    • 7.3 紅白 HALFTIME SHOW
    • 7.4 紅白対ゴジラ
    • 7.5 企画・応援ゲスト
    • 7.6 演奏ゲストなど
    • 7.7 その他の番組担当者
  • 8 企画
    • 8.1 AKB48 夢の紅白選抜
    • 8.2 その他
    • 8.3 紅白 対 ゴジラ
  • 9 視聴率
  • 10 脚注
    • 10.1 注釈
    • 10.2 出典
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

テーマは「夢を歌おう」。

なお、このテーマは第70回(2019年)までの共通テーマと制定。

共通テーマが制定されたのは第58回(2007年)から第60回(2009年)以来。

当日のステージ

セットのコンセプトはかまくら。NHKホール全体をステージに見立てるというコンセプトで、2階席を張り出してサブステージを設営し、メインステージと行き来しながらパフォーマンスが行われる(2階ステージは第55回(2004年)以来)。また、ゲスト審査員席はNHKホールでの開催となった第24回(1973年)以降一貫して1階席最前列であったが、2階でもパフォーマンスを行う都合上、今回よりメインステージの下手側通路にラウンジスタイルの物を設置する形となった。

第62回(2011年)を最後に取りやめになっていたバックバンドの生演奏が今回は復活。歌の臨場感を高めるため、4年ぶりに“生音”にこだわった。

第60回(2009年)以来7年ぶりにテロップのデザインが更新された。基本的なデザインは例年通りであるがセットのコンセプトにあわせたものになった。

前半

番組開始の冒頭でタモリとマツコが「ふるさと審査員」で招待されたという設定で夫婦役でNHKホールの入り口に登場し、入場整理券を忘れ警備員に制止されるも強引に入場しようとするという寸劇が生中継された。その後も放送終了まで、客席につけないままホール内をさまようという寸劇が数度挟まれた(あくまで一般人という設定のため、司会者らとの絡みは一切なし)。

初出場の欅坂46はグループカラーの緑に、円陣の掛け声「謙虚・優しさ・絆」を英字表記した「HUMILITY・KINDNESS・BONDS」の文字を入れた紅のリポン型のタスキを掛けた紅白仕様の新衣装で統率の取れたパフォーマンスを披露。スタンバイ時には楽屋からの中継でファンを公言していたTHE YELLOW MONKEY吉井和哉が自前で購入したCDを披露する一幕もあった。

椎名林檎東京都庁前の都民広場から生中継で出演した。2012年に解散した東京事変のメンバーがバックバンドとして参加し(テロップは無し)、都庁舎に映像を投影する演出がなされた。

前半ラストはいきものがかりゆずという共に神奈川県の「路上」から出発したグループの対戦となった。ゆずが歌唱した「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」は、永六輔(2016年7月7日に逝去)が作詞した坂本九の「見上げてごらん夜の星を」に北川悠仁が詩とメロディを加筆した楽曲。永の追悼企画として、永と親交の深かった黒柳徹子とゆずが対談したVTRが流された。坂本が過去の紅白歌合戦でこの楽曲を歌唱する映像も紹介された。

後半

後半のトップバッターであるRADWIMPSが「前前前世」を歌唱中、新海誠監督による『君の名は。』(タイアップ先)の特別編集映像が流された。

RADIO FISHのテーマは「ネオ秀吉」で、中田敦彦が全身金色の特別衣装で登場。中田とピコ太郎は「火花をちらすライバル関係」という設定で前半の中継パートで睨み合う姿を見せていたが、歌唱後に「和解」した。

桐谷健太は有村とauのCM(タイアップ先)で共演しており、それにちなんだやり取りが展開された。

AKB48は「夢の紅白選抜」48名(メンバーは後述)での「RIVER」歌唱後、「フライングゲット」がBGMとして流れる中でフロントメンバーとなる上位16名を発表、山本彩指原莉乃(6月の選抜総選挙1位)を抑えて1位となり、「君はメロディー」をセンターで歌唱した。

Perfumeは、ダイナミックVRを駆使し、空中浮遊を錯覚させる映像に仕立てた。

星野源の歌唱前にNHKホール内を彷徨ったタモリとマツコ・デラックスがステージ右上の音響席に現れたが、音響席に設置されていたパイプオルガンを勝手に弾いたために警備員に強制的に音響席から退去させられた。

星野源が「」を歌唱中、TBS系ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で共演した新垣結衣(同ドラマの主演)もゲスト審査員席から照れながら恋ダンスを踊った。番組終了後の取材で新垣は「カメラが目の前に来たので、そうなったらやるしかない」と照れながら語ったという。

坂本冬美の歌唱時に「夜桜お七」の作詞・作曲者のテロップが「詞 吉岡治弦哲也」と間違って表示されるミスが発生した。40分後のTHE YELLOW MONKEYの歌唱後に武田アナが「ここで一つ訂正がございます。先ほど坂本冬美さんがお歌いになった『夜桜お七』の作詞者・作曲者の表示に間違いがありました。正しくは作詞・林あまりさん、作曲・三木たかしさんです。お詫びして訂正いたします。」と陳謝した。

TOKIOは、1964年東京からリオまでのオリンピックにおける日本選手の活躍(出場しなかった1980年のモスクワを除く)をまとめた映像がプロジェクションマッピングで映し出される中、歌唱した。

X JAPANが歌唱しゴジラの凍結に成功した後、サプライズとしてポール・マッカートニーからのビデオメッセージが流れ、2017年に東京ドームで来日公演を行うことも発表された。

白組トリおよび大トリのの曲紹介は有村が行った。相葉は曲間、涙を流す一幕もあった。

恒例のエンディングでの「蛍の光」の大合唱では平尾昌晃がタクトを振ったが、平尾は翌年の7月21日肺炎のために逝去したことによりこれが最後の紅白でのタクトとなった。

「蛍の光」の大合唱で番組本編が終了した後に、タモリとマツコが観覧できないまま「なんだかんだで楽しかった」と語らいながら去るシーンが挿入された。

結果

天童よしみの歌唱後に視聴者審査の途中経過が発表され、その時点では紅組444,495票対白組374,460票で紅組がリードしていた。だが、ゆずの歌唱後(前半終了時点)の発表では紅組922,066票対白組1,435,175票で白組が大幅に逆転リードした。視聴者審査の最終結果と会場審査の結果はいずれも紅組2,527,724票対白組4,203,679票(視聴者審査)、紅組870票対白組1,274票(会場審査)であり、白組には玉がそれぞれ2個ずつ、計4個が入れられた(紅組0個対白組4個)。しかし、ゲスト審査員10名とふるさと審査員の投票結果が圧倒的に紅組優勢(紅組9個対白組2個)によって最終的には紅組が9-6と逆転し、前回に引き続き紅組が2連勝した。紅組は31勝目。紅組の2連勝は第35回(1984年)・第36回(1985年)以来かつ、21世紀になってからでは初めてだった。デジタル審査の結果と最終結果がひっくり返ったのは第55回以来12年ぶりである。ゲスト審査員の草刈正雄から優勝旗が授与された有村も驚きを見せると同時に「びっくりしました。てっきり白組が勝つかと思いました」と漏らした。

ゲスト審査員を務めた春風亭昇太は自身を含めてゲスト審査員のほぼ全員が紅組に投票したことについて、今回ゲスト審査員席が紅組側の下手席に設けられたことを挙げている。

会場・視聴者票を覆しての紅組優勝や審査方法そのものに対し、第55回(2004年)当時同様、苦情が多く寄せられた。NHK・木田幸紀放送総局長は1月18日に都内で行った定例会見で、審査方法が分かりづらいとの声が噴出したことを受け、「現場は改善策などを話し合ってると思う」と語った。

今回の件を踏まえ、翌年の第68回では審査方法を事前に告知した上で、票の価値は再び全て同等に戻された。一方、ワンセグ搭載型の携帯電話スマートフォン・アプリによる投票は廃止された。なお、第68回では視聴者投票の結果に伴い白組の圧勝となり、この件でも今回とは逆の批判が起きている。

出場歌手

歌手名の太字は初出場もしくは返り咲き。

紅組 白組
【曲順】
【歌手・ユニット名】
【回】
【楽曲】
【曲順】
【歌手・ユニット名】
【回】
楽曲
前半
オープニング「Fly into the Sun」
2 PUFFY | 初 | PUFFY 20周年紅白スペシャル 1 関ジャニ∞ | 5 | ズッコケ男道〜紅白で夢を歌おう〜
4 E-girls | 4 | DANCE WITH ME NOW! 3 AAA | 7 | ハリケーン・リリ、ボストン・マリ
5 欅坂46 | 初 | サイレントマジョリティー 6 三山ひろし | 2 | 四万十川〜けん玉大使編〜
8 miwa | 4 | 結 -ゆい- 7 山内惠介 | 2 | 流転の波止場〜究極の貴公子編〜
10 天童よしみ | 21 | あんたの花道 9 Sexy Zone | 4 | よびすて 紅白'16
12 市川由紀乃 | 初 | 心かさねて 11 SEKAI NO OWARI | 3 | Hey Ho from RPG
14 香西かおり | 19 | すき真田丸スペシャルVer.〜 13 三代目 J Soul Brothers | 5 | Welcome to TOKYO
15 椎名林檎 | 4 | 青春の瞬き -FROM NEO TOKYO 2016- 16 福田こうへい | 3 | 東京五輪音頭
17 絢香 | 8 | 三日月 18 郷ひろみ | 29 | 言えないよ
20 水森かおり | 14 | 越後水原〜白鳥飛翔〜 19 V6 | 3 | Smile! メドレー
21 いきものがかり | 9 | SAKURA 22 ゆず | 7 | 見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜
企画「紅白 HALFTIME SHOW」(進行:二宮和也)
渡辺直美Crazy in Love
ピコ太郎PPAP (ペンパイナッポーアッポーペン)
後半
24 乃木坂46 | 2 | サヨナラの意味 23 RADWIMPS | 初 | 前前前世 [original ver.]
26 島津亜矢 | 3 | 川の流れのように 25 福山雅治 | 9 | 2016スペシャルメドレー
28 西野カナ | 7 | Dear Bride 27 RADIO FISH | 初 | PERFECT HUMAN
30 AI | 2 | みんながみんな英雄 29 桐谷健太 | 初 | 海の声〜みんなの海の声バージョン〜
31 AKB48 | 9 | 夢の紅白選抜SPメドレー 32 五木ひろし | 46 | 九頭竜川
特別企画「ふるさと
34 Perfume | 9 | FLASH 33 KinKi Kids | 初 | 硝子の少年
36 大竹しのぶ | 初 | 愛の讃歌 35 星野源 | 2 | 
37 坂本冬美 | 28 | 夜桜お七 38 TOKIO | 23 | 宙船(そらふね)
39 松田聖子 | 20 | 薔薇のように咲いて 桜のように散って 40 X JAPAN | 7 | 
41 髙橋真梨子 | 4 | ごめんね… 42 THE YELLOW MONKEY | 初 | JAM
44 宇多田ヒカル | 初 | 花束を君に 43 氷川きよし | 17 | 白雲の城
45 石川さゆり | 39 | 天城越え 46  | 8 | 嵐×紅白スペシャルメドレー

歌唱曲・出場回数に関する備考

  1. ^ アジアの純真」「渚にまつわるエトセトラ」を順に披露。
  2. ^ RPG」「Hey Ho」を順に披露(RPGは冒頭のみ)。
  3. ^ 東京都新宿区東京都庁都民広場からの中継で登場。
  4. ^ WAになっておどろう」「HONEY BEAT」を順に披露。
  5. ^ 少年」「1461日」を順に披露。例年通り、自身のカウントダウンコンサートを開催する神奈川県横浜市西区パシフィコ横浜展示ホールからの中継で登場。
  6. ^ RIVER」「君はメロディー」を順に歌唱。
  7. ^ 在住先である イギリスロンドンからの中継で登場。
  8. ^ 4月に発生した熊本地震で被災した熊本県熊本市中央区熊本城から特別に許可を得て中継で出演。
  9. ^ A・RA・SHI」「Happiness」「One Love」を順に披露。

選考を巡って

曲順を巡って

紅組トリに石川、白組トリおよび大トリにが起用された。嵐は第65回(2014年)以来2年ぶり2回目の白組トリ、および初の大トリ担当であった。白組司会を兼任する嵐のメンバー・相葉は第21回(1970年)での美空ひばり以来46年ぶり2人目かつ男性では史上初の組司会と大トリの兼任となる。なお、多くのメディアが白組トリおよび大トリが嵐であることを予想していた。

司会者

有村は初司会かつ紅白司会としては初の平成生まれ、相葉は嵐として5度司会経験があるが単独では初司会であった。

コメントの中で相葉はこのオファーを受けた際、本当に悩んだことを明かしている。有村・相葉の起用は司会発表当日にスポーツニッポンがスクープしている。また、相葉は司会発表の1週間程前に白組司会のオファーを聞いたことを明かしている。番組終了後の取材に対し、相葉は自身の司会ぶりについて、「ポンコツでした」と猛省した。

武田は初司会かつ音楽番組司会初担当。『NHKニュース7』(『NHKきょうのニュース』→『(19時の)NHKニュース』時代も含む)平日版の現役メインキャスターが紅白の司会に起用されるのは初めて。

チーフプロデューサーの矢島良は総合司会について、当初はここ4年間の担当者だった有働由美子(東京アナウンス室)の続投案もあったが、(東京オリンピックまでの)4か年計画のスタートの年だったため、「切り替え」を象徴するためにそれを見送り、有働の先輩である武田を起用したことを明かしている。有働は総合司会を外れたことについて「ホッとしました、正直。あれ、大変なんですよ」と述べているほか、リハーサルと本番では武田のサポートを行った。

審査方法

ボールを利用した玉入れ形式により勝敗を決定する。

メイン演奏

ゲスト出演者

ゲスト審査員

上述のとおり、2016年12月21日に発表された。

出典:wikipedia
2019/09/19 02:47

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「第67回NHK紅白歌合戦」の意味を投稿しよう
「第67回NHK紅白歌合戦」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

第67回NHK紅白歌合戦スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「第67回NHK紅白歌合戦」のスレッドを作成する
第67回NHK紅白歌合戦の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail