このキーワード
友達に教える
URLをコピー

米子市とは?

よなごし
米子市
米ッ子合掌像 | 皆生温泉
米子城跡から望む市街地 | 米子高島屋
妻木晩田遺跡 | 米子駅

 | 
米子市旗 | 米子市章
2005年12月1日制定

【国】
日本
【地方】
中国地方山陰地方
中国・四国地方
【都道府県】
鳥取県
市町村コード
31202-9
法人番号
8000020312029
【面積】
132.42km

【総人口】
147,638[編集]
(推計人口、2020年1月1日)
人口密度
1,115人/km
【隣接自治体】
境港市西伯郡大山町南部町伯耆町日吉津村
島根県安来市
【市の花】
ツツジ
【市の鳥】
コハクチョウ
【米子市役所】

【市長】
伊木隆司
【所在地】
683-8686
鳥取県米子市加茂町一丁目1番地
北緯35度25分41.4秒東経133度19分51.2秒座標: 北緯35度25分41.4秒 東経133度19分51.2秒
米子市庁舎位置


【外部リンク】
公式ウェブサイト

― 市 / ― 町・村


北緯35度25分30秒東経133度20分01秒

ウィキプロジェクト

米子市(よなごし)は、鳥取県の西部に位置する都市である。

概要

都市圏人口約23万人を擁する米子都市圏の中心都市。また、広域に及ぶ経済地域として隣接する松江出雲・安来の各都市圏とともに雲伯地方に中海・宍道湖・大山圏域を形成する。

江戸時代初期から商業都市として発展し、『山陰大阪』とも呼ばれる。山陰両県の中央に位置する立地から、両県を統括する企業や機関が米子市や同じくほぼ中央に当たる松江市に置かれるケースが多い。そのため、県庁所在地ではないが鳥取大学医学部附属病院山陰放送(テレビ・ラジオ兼営局)などがある拠点都市となっている。

鉄道ではJR山陰本線境線伯備線の分岐点に当たり、JR米子支社が置かれ、また道路では国道9180181431号及び山陰自動車道米子自動車道が通り、岡山鳥取境港松江と結ばれているほか、米子空港境港からは韓国ソウル(仁川)や東海ロシアウラジオストクとも結ばれるなど、山陰随一の交通の要衝となっている。

山陰最大の温泉地である皆生温泉は、日本におけるトライアスロン発祥の地としても有名。

地理

市域はほぼ平坦で、米子平野を日野川が流れる。南部は大山の裾野として丘陵地になっており、北西部の弓ヶ浜半島からその山岳地帯を望むことができる。日野川の水を取水として、米子市から境港市にかけて用水路「米川」が流れている。

自然

河川
  • 日野川
  • 法勝寺川
  • 旧加茂川
  • 新加茂川
  • 米川
  • 新開川
  • 東山川
  • 佐陀川

 | 
  • 湊山
  • 飯山
  • 水道山
  • 勝田山
  • 孝霊山


気候

日本海側気候で、春から秋は好天の日が多く、冬は曇りや雪、雨の日が多い。年平均気温は15.0℃と比較的温暖な部類である。

夏は暑いが、熱帯夜は少ない。初夏の比較的早い時期に南風でフェーン現象が発生すると真夏日や猛暑日となることがある。

冬は最寒月平均気温が4.4℃と日本海側気候の地域の中では最も温暖な部類である。豪雪地帯となっているが、県東部の鳥取市と比べると降雪量は半分ほどと少なく、過去に積雪が1mを超えたこともない。また、最低気温平均はプラスでありそれほど低くないため、凍結状態が続いたり根雪になることも殆どない。 過去最深積雪は、平成23年豪雪2011年1月1日に記録した89cmである。

米子(1981年-2010年)の気候
【月】
【1月】
【2月】
【3月】
【4月】
【5月】
【6月】
【7月】
【8月】
【9月】
【10月】
【11月】
12月 年
平均最高気温 °C (°F) 8.0
(46.4) | 8.7
(47.7) | 12.2
(54) | 18.1
(64.6) | 22.6
(72.7) | 25.6
(78.1) | 29.7
(85.5) | 31.3
(88.3) | 26.7
(80.1) | 21.7
(71.1) | 16.4
(61.5) | 11.2
(52.2) | 19.4
(66.9)
日平均気温 °C (°F) 4.4
(39.9) | 4.8
(40.6) | 7.7
(45.9) | 13.0
(55.4) | 17.7
(63.9) | 21.5
(70.7) | 25.6
(78.1) | 26.9
(80.4) | 22.6
(72.7) | 17.0
(62.6) | 11.8
(53.2) | 7.1
(44.8) | 15.0
(59)
平均最低気温 °C (°F) 1.1
(34) | 1.1
(34) | 3.2
(37.8) | 7.8
(46) | 12.9
(55.2) | 17.8
(64) | 22.4
(72.3) | 23.3
(73.9) | 18.9
(66) | 12.5
(54.5) | 7.5
(45.5) | 3.4
(38.1) | 11.0
(51.8)
降水量 mm (inch) 145.3
(5.72) | 126.3
(4.972) | 130.0
(5.118) | 104.9
(4.13) | 122.9
(4.839) | 181.2
(7.134) | 240.1
(9.453) | 125.2
(4.929) | 209.2
(8.236) | 129.8
(5.11) | 128.6
(5.063) | 128.5
(5.059) | 1,772
(69.764)
降雪量 cm (inch) 55
(21.7) | 44
(17.3) | 11
(4.3) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 0
(0) | 24
(9.4) | 133
(52.4)
平均月間日照時間 74.2 | 84.9 | 134.8 | 180.6 | 206.2 | 164.4 | 171.9 | 208.9 | 146.5 | 159.7 | 114.5 | 89.2 | 1,732.3
出典: 気象庁

隣接する自治体

 | 鳥取県境港市 |  | 鳥取県西伯郡日吉津村 | 
島根県安来市 |  | 鳥取県西伯郡大山町
鳥取県米子市

 | 鳥取県西伯郡南部町 | 鳥取県西伯郡伯耆町

人口


米子市と全国の年齢別人口分布(2005年) | 米子市の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 米子市
緑色 ― 日本全国
 | 
青色 ― 男性
赤色 ― 女性


米子市(に相当する地域)の人口の推移

総務省統計局 国勢調査より


町名

【地区名】
【町名】
【小学校区】
中学校区
啓成 | 朝日町 | 啓成 | 東山
角盤町
勝田町
車尾
糀町
錦町
西福原
博労町
東福原
東山町
日ノ出町
冨士見町
米原
車尾 | 観音寺 | 車尾
観音寺新町
車尾
車尾南
中島
明道 | 糀町 | 明道 | 湊山
紺屋町
昭和町
道笑町
長砂町
日野町
法勝寺町
万能町
弥生町
陽田町
四日市町
就将 | 愛宕町 | 就将
陰田町
大谷町
加茂町
祇園町
錦海町
久米町
塩町
末広町
大工町
茶町
中町
西倉吉町
西町
東倉吉町
東町
明治町
目久美町
義方 | 岩倉町 | 義方 | 後藤ヶ丘
内町
尾高町
角盤町
上後藤
義方町
三本松
立町
寺町
天神町
灘町
旗ヶ崎
花園町
三旗町
米原
住吉 | 安倍 | 住吉
上後藤
三本松
旗ヶ崎
彦名町
三旗町
加茂 | 上後藤 | 河崎 | 加茂
河崎 | 加茂
河崎
両三柳
福生 | 皆生 | 福生東
福生西 | 福生
皆生温泉
皆生新田
上福原
東福原
福米 | 新開 | 福米西 | 福米
西福原 | 福米東
福米西
東福原 | 福米東
米原
彦名 | 彦名新田 | 彦名 | 弓ヶ浜
彦名町
富益 | 富益町 | 弓ヶ浜
夜見 | 夜見町
崎津 | 大崎 | 崎津 | 美保
富益町
彦名町
葭津
和田 | 和田町 | 和田
大篠津 | 大篠津町 | 大篠津
成実 | 石井 | 成実 | 尚徳
奥谷
奈喜良
新山
橋本
日原
古市
美吉
宗像
吉谷
五千石 | 諏訪 | 五千石
福市
八幡
尚徳 | 青木 | 尚徳
榎原
大袋
兼久
上安曇
下安曇
永江
別所
巌 | 今在家 | 箕蚊屋 | 箕蚊屋
浦津
蚊屋
熊党
二本木
吉岡
流通町
春日 | 赤井手
一部
上新印
古豊千
下新印
高島
東八幡
水浜
大高 | 泉 | 伯仙
岡成
尾高
下郷
県 | 河岡
日下
石州府
福万
大和 | 淀江町小波 | 淀江 | 淀江
淀江町佐陀
淀江町中間
淀江町平岡
淀江 | 淀江町今津
淀江町西原
淀江町淀江
宇田川 | 淀江町稲吉
淀江町高井谷
淀江町富繁
淀江町中西尾
淀江町西尾原
淀江町福井
淀江町福岡
淀江町福頼
淀江町本宮

歴史

古事記においては国生みの際、淡嶋が出現するが、これが米子市の粟島神社があるあたりであるとすることが言われている。また、同書には隣接する島根県安来市に国生みの神イザナミが崩御されたという比婆山に関し、伯耆と出雲の堺と記され、この神陵地確定の根拠となる要所でもある。 戦国末期には伯耆西部は出雲の東部とともに吉川広家が治めていた。

関ヶ原の戦い後の慶長6年(1601年)に徳川家康にの命により、伯耆国17万5000石の領主として中村一忠が封せられ、1602年(慶長7年)に米子城の築城工事で城下町が完成したといわれている。藩主の中村一忠は11歳と幼少のため、執政家老横田村詮が新たに米子藩城下町を建設し藩政を治めた。1609年に藩主の中村一忠が急死し中村家は断絶した。

1610年加藤貞泰が入城した。中江藤樹(近江聖人と呼ばれる)は少年期を過ごしたが、加藤家の伊予大洲藩へ移封に伴い米子を去った。 その後池田氏が治めることとなり、1632年(寛永9年)以後は、池田氏家老荒尾氏自分手政治を行った。

1871年廃藩置県鳥取県となり、1872年米子城の土地、建物は米子在駐の大四大隊の士族らに払い下げられた。

1889年町制施行、会見郡米子町となる。郡合併で西伯郡となった後、1927年に市制施行し米子市となる。

米子市の中心街は自動車の進入できない狭隘な街路が多く、1960年代後半から急速に進んだモータリゼーションの影響で交通事情が悪化し、防災面でも極めて大きな問題を抱えていた。これの解消を目的として米子駅前通り土地区画整理事業の施行が企図され、1970年7月の事業計画認可・着工から13年間を経て1983年6月に完工した。

施行区域は茶町全域、明治町万能町末広町塩町東町日野町加茂町一、二丁目、久米町弥生町の一部、計十一町、施行面積は二十万四千九百七十八平方メートル。

2005年3月31日に(旧)米子市・淀江町が新設合併し、(新)米子市となる。当初は、境港市日吉津村を含む4市町村での合併を予定していたが、境港市・日吉津村は住民投票の結果、合併反対派が多数となったため、合併はせず、結局実現しなかった。

年表

米子町制前
第82区(東町・堀端町・郭内・西町・宮町・中町・五十人町・内町・天神町)
第83区(博労町糀町道笑町日野町茶町塩町・大工町・新博労町)
第84区(法勝寺町紺屋町四日市町東倉吉町西倉吉町尾高町岩倉町立町灘町・灘町新田・寺町・新法勝寺町)
米子町制時代
旧・米子市時代
新・米子市時代

行政

旧・米子市

よなごし
米子市
米子市旗
米子市章
1900年5月10日制定

【廃止日】
2005年(平成17年)3月31日
【廃止理由】
新設合併
米子市(旧)、淀江町→米子市
【現在の自治体】
米子市
【廃止時点のデータ】

【国】
日本
【地方】
中国地方山陰地方
中国・四国地方
【都道府県】
鳥取県
団体コード
31202-9
【面積】
106.41km
【総人口】
141,349
(2004年8月1日)
【米子市役所】

【所在地】
683-8686
鳥取県米子市加茂町一丁目1番地

【外部リンク】
米子市
ウィキプロジェクト

現在の米子市は、平成の大合併の一環として2005年(平成17年)3月31日に新設合併により発足した市であり、1927年(昭和2年)4月1日に市制施行し、2005年に廃止された市とは異なる自治体である。

なお、旧・米子市の市役所本庁は新市における市役所本庁となっている。

歴代首長

歴代米子町長
明治22年(1889年)12月31日 - 明治25年(1892年)4月23日
明治25年(1892年)5月2日 - 明治25年(1892年)12月26日
明治25年(1892年)12月26日 - 明治29年(1896年)12月21日
明治29年(1896年)12月26日 - 明治33年(1900年)12月25日
明治33年(1900年)12月26日 - 明治34年(1901年)9月21日
明治34年(1901年)10月11日 - 明治42年(1909年)10月10日
明治42年(1909年)12月23日 - 大正2年(1913年)12月22日
大正2年(1913年)12月23日 - 大正10年(1921年)12月22日
大正11年(1922年)4月1日 - 昭和2年(1927年)3月31日
歴代米子市長
米子市長
官選 | 
旧米子市長 | 


公選 | 
旧米子市長 | 

米子市長 | 



米子市歴代市長
【代】
【氏名】
【就任】
【退任】
期・備考
 | 田口勝蔵 | 2005年4月1日 | 2005年4月23日 | 市長職務執行者。2005年3月31日まで淀江町長。
初 | 野坂康夫 | 2005年4月24日 | 2009年4月23日 | 1期・2003年4月30日から2005年3月30日まで旧米子市長を1期2年在任(通算2期)
2 | 2009年4月24日 | 2013年4月23日 | 2期(通算3期)
3 | 2013年4月24日 | 2017年4月23日 | 3期(通算4期)
4 | 伊木隆司 | 2017年4月24日 | 現職 | 1期

官公庁

2010Happy Mail