このキーワード
友達に教える
URLをコピー

細胞_(政党)とは?

この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2014年5月)

細胞(さいぼう)とは、政党・政治団体の基礎組織を指す。

目次

  • 1 概説
  • 2 性質と歴史
    • 2.1 フランス
    • 2.2 ソ連・ナチス
    • 2.3 中国国民政府
    • 2.4 アイルランド
  • 3 共産主義における細胞組織
  • 4 日本
    • 4.1 戦前
    • 4.2 戦後
    • 4.3 現在
  • 5 脚注
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

概説

原語は、軍事における班、刑務所の独房といった意味であり、当初は日本語でも「班」と訳されたが、やがて「細胞」との訳語が主流になった。宣伝、政策、組織、財政の担当者を持ち、弾圧を受けて中央からの指令が途切れても活動を保ち、自己増殖し、やがて組織を再生できる最小単位としての意味合いがある。 ただし、あまりに特異な語法であるため、旧ソ連での実態から下部組織の自主性を軽視しているという印象や、陰謀団体といった印象を与えるため、近年では「基礎組織」「支部」などの名称を使う例が増えている。

なお、本来の語意である生物学用語としての「細胞」については、細胞を参照のこと。

性質と歴史

フランス

組織の構成単位として「細胞」(covert cell) を最初に組織したのは、19世紀フランスの革命家でパリ・コミューンの指導者ともなったルイ・オーギュスト・ブランキであった。その後、社会主義無政府主義のグループにおいても取り入れられた。

ソ連・ナチス

政党において細胞をもっとも綿密に張り巡らせたのは、ソビエト連邦共産党である。すなわち、共産党によりあらゆる社会活動が規定されるという原則により、各地域・職場・学校に党員の集合体が設立され、これが細胞と称されることになった。これは党指導部の指令に絶対的に服従し、日常活動を実践するという役割を持っていた。細胞組織は社会全体の掌握には有効な手段と考えられた。そのため、コミンテルンを通じてソ連共産党の指導を受ける各国の共産党や、組織形態では共産党を模倣したとされる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)でも採用された。

中国国民政府

松岡洋右によれば、1924年より始まった第一次国共合作において、国民党幹部は、ソ連から「ロシアの細胞組織なり、ロシアの革命に用いた、現に今用いつつある手段方法を教授され」、それが一番大きなソ連から得た援助だと公言していたとされる。

アイルランド

現在でも、アイルランド共和軍では「細胞」を使用している。

共産主義における細胞組織

共産主義における細胞組織は、工場細胞、街頭細胞、農村細胞 (農細)などより成り、各細胞の主班 (キャプテン) のみが上位団体との連絡を行っていた。

もともと、共産党は工場細胞が中心であり、工場組織に籍の無い労働者や失業者は街頭細胞として組織されていた。

その後、市民と農民の対立が深まると、農村細胞の設置が叫ばれた。1925年、ロシア共産党は「農村に於けるアヂティションとプロパカンダ」を発行した。1926年のフランス共産党第五回大会では、「根本組織は工場細胞でなくてはならない」としたものの、農村細胞の設置による農村大衆の獲得が叫ばれた。また、高橋貞樹の供述によれば、1928年のコミンテルン第六回大会の決議において、日本の農民運動について、農村細胞の獲得を目指す新戦術が指定されたとされる。

日本

戦前

戦前において、1922年に非合法政党として設立された日本共産党コミンテルンを通じてソ連共産党の指導を受け、その活動単位として「細胞」が提起された。小林多喜二は、北海道小樽にある製缶会社での活動家を描いた作品に「工場細胞」と名づけ、これは1930年に雑誌『改造』で掲載された。しかし、1930年代に続いた警察の組織摘発と指導部内部での混乱により共産党の組織は実質的に壊滅し、「細胞」の活動も停止状態になった。

戦後

第二次世界大戦後に合法化された共産党は、国内外の共産主義の台頭の風潮の中、党員を増加させていったが、急増した党員はソ連共産党にならって居住地や職場ごとに細胞として組織化され、地区や各都道府県の委員会を通じて中央委員会の指令や統率に服することになった。また、各細胞はその職場や学校などで活発に党の活動を行い、労働運動学生運動で強い影響力を持った。特に東京大学細胞では、後に共産党幹部となった上田耕一郎・上田健二郎(ペンネーム不破哲三)兄弟の他、共産党を離党してマスコミや経済界や転じた渡邉恒雄氏家齊一郎堤清二、それに社会主義の構造改革論者となった安東仁兵衛など、その後の日本社会に影響を与える人材を輩出した。1950年代前半に共産党が武装闘争を展開すると、山村工作隊中核自衛隊などの軍事行動についても各細胞が実行部隊として携わることになった。

その後、1955年日本共産党第6回全国協議会(六全協)を機に、共産党が議会を重視した平和革命路線に復帰すると、学生を中心に武装闘争の継続を主張するものは共産党を離れて新たな組織を結成していった。その中には、共産党と同様に自らの末端組織を細胞と称するグループも現れた。

現在

現在では、組織内ですら細胞の意味が通じなくなっている、細胞そのものを構成できずにより上級の機関での活動を余儀なくされている等の理由により、細胞名での行動、会議、声明等がなされることは減っているが、日本労働党のように今でも「細胞」の名称を維持している場合もある。

一方、1960年代以降に各種国政・地方選挙での得票数や議席を増加させ、議会活動の活発化を重視した共産党は「細胞」という言葉のイメージを嫌い、自らの基礎組織を他党でも使用されている「支部」へ改称した。現在の共産党は細胞という名称は使用していない。

脚注

  1. ^ 動く満蒙 P.320 松岡洋右 1931年
  2. ^ 最近の社会運動 P.624 協調会 1929年
  3. ^ 青年コミンテルンの綱領 P.62 産業労働調査所 1930年
  4. ^ 法廷心理學の研究: 特に共産党被告人の法廷心理 P.39 辻參正 1931年
  5. ^ 農村に於ける教育 訳者序 ロシア共産党著 山田一郎訳 1928年
  6. ^ 各国無産政党の現勢 P.38-39 新潮社/産業労働調査所 1926-1927年
  7. ^ 法廷心理學の研究: 特に共産党被告人の法廷心理 P.148 辻參正 1931年
  8. ^ 使用例として、2012年4月5日付の同党機関紙「労働新聞」、同党川崎市役所細胞「川崎市・阿部市政の「財政破たん」論を暴く」、2014年5月11日閲覧。

関連項目

外部リンク


日本共産党
機関・役職 | 
大会 - 中央委員会(幹部会 - 常任幹部会 - 書記局) - 議長 - 委員長 - 書記局長

歴代幹部 | 
片山潜 - 堺利彦 - 山川均 - 荒畑寒村 - 徳田球一 - 野坂参三 - 志賀義雄 - 宮本顕治 - 袴田里見 - 不破哲三 - 上田耕一郎 - 金子満広 - 小笠原貞子 - 志位和夫 - 市田忠義 - 石井郁子 - 緒方靖夫 - 山下芳生 - 小池晃 - 田村智子

大会 | 
創立大会 - 2回大会 - 3回大会 - 4回大会 - 5回大会 - 6回大会 - 7回大会 - 8回大会 - 9回大会 - 10回大会 - 11回大会 - 12回大会 - 13回大会 - 14回大会 - 15回大会 - 16回大会 - 17回大会 - 18回大会 - 19回大会 - 20回大会 - 21回大会 - 22回大会 - 23回大会 - 24回大会 - 25回大会 - 26回大会 - 27回大会

綱領・テーゼ等 | 
22年テーゼ - 27年テーゼ - 32年テーゼ - 51年綱領 - 宗教についての日本共産党の見解と態度 - 自由と民主主義の宣言

歴史 | 
戦前 | 
事件・闘争等 | 
三・一五事件 - 四・一六事件 - 武装メーデー事件 - 赤色ギャング事件 - 熱海事件 - 佐野・鍋山転向声明 - スパイ査問事件 - 横浜事件

キーワード | 
講座派 - 労農派 - 治安維持法 - 技術部 - ハウスキーパー - 転向


戦後初期 | 
事件・闘争等 | 
首相官邸デモ事件 - 二・一ゼネスト - 平事件 - 徳田要請問題 - 大津地方検察庁襲撃事件 - 練馬事件 - 白鳥事件 - 田口事件 - 血のメーデー事件 - 菅生事件 - 吹田事件 - 枚方事件 - 大須事件 - 曙事件 - 横川元代議士襲撃事件 - 松川事件 - 阪神教育事件

分裂期の各組織 | 
国際派 - 所感派 - 北京機関 - 特殊財政部 - 人民艦隊 - 山村工作隊 - 中核自衛隊 - 自由日本放送 - 第6回全国協議会

分裂組織 | 
日本共産党労働者派 - 日本共産党国際主義者団 - 共産主義労働者党 - 日本トロッキスト聯盟(革命的共産主義者同盟) - 日共行動派 - 日共ボルシェビキ派 - 日共解放戦線 - 社会主義革新運動 - 統一共産同盟 - 日共こえ派(民主主義的社会主義運動) - フロント - 日共マルクス・レーニン主義派(労働者共産党) - 日共左派(日本労働党)

キーワード | 
軍事方針(球根栽培法 - 栄養分析表)


61年綱領確定後 | 
事件・闘争等 | 
三里塚闘争 - 新日和見主義事件 - サンケイ新聞事件 - 日本共産党幹部宅盗聴事件 - 宮本顕治宅盗聴事件 - 葛飾政党ビラ配布事件

キーワード | 
自主独立路線 - 社共共闘 - 創共協定 - 自共共闘 - 野党と市民の共闘(立憲民主党社会民主党新社会党)



かつての上部団体
(現在は自主独立) | 
コミンテルン( - 1943年5月)

党外関係 | 
現存しない | 
台湾共産党 - 沖縄人民党 - 奄美共産党 - 日本人民解放連盟

加盟・参加 | 
平和・民主・革新の日本をめざす全国の会 - 原水爆禁止日本協議会 - 中央社会保障推進協議会

団体側が党の指導性を規定 | 
日本民主青年同盟

他国党との関係 | 
日中共産党の関係


機関紙誌 | 
しんぶん赤旗 - 前衛 (雑誌) - 月刊学習 - 女性のひろば - 議会と自治体 - ジャパンプレスサービス - グラフこんにちは日本共産党です(休) - 文化評論(休) - 赤旗ニュース映画(廃)

政権論等 | 
科学的社会主義 - 平和革命 - 暴力革命 - 日本人民共和国憲法草案 - 二段階革命論 - 敵の出方論 - 民主連合政府 - 非核の政府 - 国民連合政府

主催行事 | 
赤旗まつり - 赤旗名人戦 - 新人王戦 (囲碁) - 新人王戦 (将棋)

関連・友好団体 | 
新日本婦人の会 - 全国商工団体連合会 - 農民運動全国連合会 - 日本のうたごえ全国協議会

その他 | 
民主集中制 - 査問 - うたごえ運動 - 独習指定文献 - 講師資格試験 - 日本共産党 (曖昧さ回避)- 日本共産党カクサン部 - オール沖縄 - 革新自治体


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/23 02:11

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「細胞_(政党)」の意味を投稿しよう
「細胞_(政党)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

細胞_(政党)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「細胞_(政党)」のスレッドを作成する
細胞_(政党)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail