このキーワード
友達に教える
URLをコピー

続日本紀とは?

この記事には参考文献や外部リンクの一覧が含まれていますが、脚注による参照が不十分であるため、情報源が依然不明確です。適切な位置に脚注を追加して、記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年3月)

続日本紀』(しょくにほんぎ)は、平安時代初期に編纂された勅撰史書。『日本書紀』に続く六国史の第二にあたる。菅野真道らによって延暦16年(797年)に完成した。文武天皇元年(697年)から桓武天皇の延暦10年(791年)まで95年間の歴史を扱い、全40巻から成る。奈良時代の基本史料である。編年体漢文表記である。略称は続紀(しょっき)。

編纂

編纂は、前半部と後半部で異なる事情を持つ。

前半ははじめ、文武天皇元年(697年)から天平宝字元年(757年)、孝謙天皇の治世までを扱う30巻の構想として作られた。笹山晴生淳仁天皇の時代の藤原仲麻呂(恵美押勝)政権下で編纂され、恵美押勝の乱の影響で不十分な曹案に終わったと推定している。光仁天皇が、この曹案の修正を石川名足淡海三船当麻永嗣に命じたが、彼らは天平宝字元年紀を紛失した上、未完成に終わった(この年の前後には政争絡みの事件も多かったため、執筆者間で意見をまとめることが出来ずに紛失ということにしたとする説もある)。桓武天皇の命により編纂を菅野真道、秋篠安人中科巨都雄が引き継ぎ、全20巻とした。

後半は当初、天平宝字2年(758年)からおそらく宝亀8年(777年)、淳仁天皇から光仁天皇までを扱うものとして、桓武天皇の命で編纂された。石川名足、上毛野大川が詔によって編集した20巻を、藤原継縄、菅野真道、秋篠安人が14巻に縮め、延暦13年(794年)にいったん完成した。菅野真道、秋篠安人、中科巨都雄は、さらに6巻、すなわち桓武天皇の治世のうち延暦10年(791年)までを加え、全20巻とした。

以上あわせて40巻の編纂が成ったのは、延暦16年(797年)であった。

内容

「日本」という国家が形成されていく過程を描いた『日本書紀』とその国家が形成された後の歩みを描いた『続日本紀』以後の勅撰国史ではその内容に違いが生じてくる。また、律令国家が整えられたことにより、内記外記図書寮などに不十分ながらも記録や公文書が蒐集される仕組が形成されてきたことが記録の充実をもたらすことになる。反面、中国の国史編纂の基礎となった起居注を作成する仕組みは組織されることはなかった。

全般に記述が簡潔で、事件の要点のみを記して詳細に及ばない。簡潔過ぎて養老律令のような重要事件が脱落した例が見られる。一部の人物の死亡記事に簡単な略伝(薨伝(こうでん))を付し、これは後続の史書に踏襲された。

記事中の日付に関しては干支を持って記されているが、稀に『類聚三代格』などに採録されて現存している公文書に記載されている日付の数字と食い違っている事例がある。これは干支に換算する際の計算もしくは記載ミスであるとみられている。また、天皇の即位記事に関しては、天皇の代替わりが巻首に来ているものと、巻の途中に来てしまっているものがあって不統一な体裁となっているが、これは度重なる校訂によって巻次構成が変更された影響によるとみられる。

政治的配慮は、桓武天皇の治世の記述において顕著である。天皇の心痛となった早良親王廃太子の記事は、事件の発端となった藤原種継暗殺事件とともに、いったん記載されたものが後に削除された。削除部は平城天皇の代に復活したが、嵯峨天皇によって再び消されて今に至る。消された部分は『日本紀略』に採録されている。この背景には早良親王が怨霊になったとする説と関係があると言われている。

また、藤原広嗣の乱における謀反人・藤原広嗣に対する好意的な記事や宇佐八幡宮神託事件及び道鏡に関する記述に政治的意図が含まれているという説もある。ただし、『日本書紀』と比べれば、続紀の信頼性はずっと高いと考えられている。“天平文化”をとりまく諸側面を解明し、本格的な実録として最初に整備された史書である。

『続日本紀』には、『官曹事類』と『外官事類』が付属した。前者は本文に掲載しなかった文書類を原文そのままに項目別に配列したもの、後者は内容不明でおそらく前者に似たものであろう。どちらも失われた。

『続日本紀』目次 (主要事項)

版本

刊本

(臨川書店、1999~2000年) 一 ISBN 4-653-03527-X、二 ISBN 4-653-03528-8、三 ISBN 4-653-03529-6、四 ISBN 4-653-03530-X、五 ISBN 4-653-03531-8
有栖川家旧蔵本を底本、永正12年(1515年)に三条西実隆公条父子が卜部家相伝本を書写して7冊本に編成した三条西家本より出た写本群の一つに属し、江戸時代初期の書写と推定される。
(吉川弘文館、1968年) 前篇 ISBN 4-642-00003-8、後篇 ISBN 4-642-00004-6
(吉川弘文館、2000年) ISBN 4-642-00303-7
巻11~40の30巻が鎌倉時代書写の金沢文庫本である。これらは卜部家本系統以外の極めて希少な写本であり、価値が高い。

注釈・訳注

(1985~1989年) 1 ISBN 4-329-00375-9、2 ISBN 不詳、3 ISBN 4-329-00377-5、4 ISBN 4-329-00378-3、5 ISBN 4-329-00379-1、6 ISBN 4-329-00380-5、7 ISBN 4-329-00381-3
(1986~1992年、ワイド版2008年) 1 ISBN 4-582-80457-8、2 ISBN 4-582-80489-6、3 ISBN 4-582-80524-8、4 ISBN 4-582-80548-5
(現代語訳のみ)上 ISBN 4061590308、中 ISBN 4061590316、下 ISBN 4061590324
(岩波書店、1989~2000年) 一 ISBN 4-00-240012-3、二 ISBN 4-00-240013-1、三 ISBN 4-00-240014-X、四 ISBN 4-00-240015-8、五 ISBN 4-00-240016-6、別巻 ISBN 4-00-240103-0

脚注

注釈

  1. ^ 天子の言行を側近が記録したもの。
  2. ^ 記述が復活された平城朝では藤原種継の遺児である藤原薬子が平城天皇の寵愛を受けていた時期と重なる。また、平城天皇自身が早良親王の廃太子によって皇太子となった人物であり、早良親王怨霊説の否定は天皇の皇位継承の正当性を主張する上で必要であったとも言われている。

出典

  1. ^ コトバンク

参考文献

外部リンク

六国史

日本書紀 - 続日本紀 - 日本後紀 - 続日本後紀 - 日本文徳天皇実録 - 日本三代実録


【関連書】

類聚国史 - 本朝世紀 - 新国史 - 日本紀略



典拠管理

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/14 05:10

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「続日本紀」の意味を投稿しよう
「続日本紀」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

続日本紀スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「続日本紀」のスレッドを作成する
続日本紀の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail