このキーワード
友達に教える
URLをコピー

綺麗とは?

サザンオールスターズ > サザンオールスターズのディスコグラフィ > 綺麗
【『綺麗』】

サザンオールスターズスタジオ・アルバム
【リリース】

【録音】
1983年4月 - 6月
VICTOR AOYAMA STUDIO
ジャンル
ロック
電子音楽
民族音楽
歌謡曲
スカ
ポップ
ファンク
【時間】

レーベル
タイシタレーベル
プロデュース
高垣健
サザンオールスターズ
【チャート最高順位】


サザンオールスターズ アルバム 年表
バラッド '77〜'82
(1982年) | 綺麗
(1983年) | 原由子 with サザンオールスターズ
(1983年)


『綺麗』収録のシングル
  1. EMANON
    リリース: 1983年7月5日(同発)

綺麗』(きれい)は、サザンオールスターズの6枚目のアルバム1983年7月5日にCDとレコードで発売。発売元はタイシタレーベル

1989年6月25日にCDとカセットテープで再発売され、1998年4月22日2008年12月3日にもCDとして再発売されている。また、2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている。

背景・リリース

前作『NUDE MAN』から約1年ぶりとなる作品。18枚目シングル「EMANON」と同日に発売された。

本アルバムからシンセサイザーが本格的に導入され、それまでのサザンのアメリカン・ロック的作風からの転換点ともなったアルバムである。また歌詞面においても、それまで男女の恋愛、セックスといった内容が大半を占めていた詞世界から、内容的にかなり世界観が広がったものになっている。

1983年6月にビクター音楽産業(現・JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)からサザン専用レーベルであるタイシタレーベルを設立した。本作からInvitationではなく、タイシタレーベルからの発売となっており、ジャケットにもタイシタレーベルのタイマークが記載されている。

1998年の再発盤の初回限定盤は、オリジナルLP復刻ジャケット(いわゆる紙ジャケット)仕様で、森雪之丞によるライナーノーツが封入されている。

再発売

受賞歴

収録曲

  1. マチルダBABY(4'26)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    ロールプレイング・ゲーム(RPG)の要素が含まれている曲。
  2. 赤い炎の女(3'25)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    スパニッシュ音楽を取り入れた曲で、歌詞はレズビアンについて歌われている。
  3. かしの樹の下で(3'01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    桑田佳祐と原由子によるデュエット曲。
    中国残留孤児をテーマとした楽曲であり、ザ・ビートルズの「ア・デイ・イン・ザ・ライフ」に影響されて制作したと自身の著書で語られている。
  4. 星降る夜のHARLOT(4'29)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    “HARLOT”とは英語で売春婦のこと。歌詞は売春婦の日常を描いたものである。
  5. ALLSTARS' JUNGO(2'56)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    シングル「EMANON」のカップリング曲。
  6. そんなヒロシに騙されて(3'07)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    原由子のボーカル曲。
    ジューシィ・フルーツ高田みづえもカバーしている。間奏では、男性メンバーによる原に向けた掛け声が収録されている。
  7. NEVER FALL IN LOVE AGAIN(3'50)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    映画『1980アイコ十六歳』挿入歌。
    歌詞にレイ・チャールズが登場している。
  8. YELLOW NEW YORKER(3'40)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    白人至上主義人種差別への怒りをぶつけ、黄色人種としてのアイデンティティーを歌った曲。
  9. MICO(3'48)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    歌手の弘田三枝子をテーマとした楽曲。タイトルは弘田の愛称である。
  10. サラ・ジェーン(4'01)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    少女が日常に退屈して家出をする内容が歌詞には綴られている。ロサンゼルスヨーロッパのテイスト溢れるソウルフルなバラード作品。
  11. 南たいへいよ音頭(2'25)
    (作詞・作曲:関口和之/編曲:サザンオールスターズ)
    関口和之のボーカル曲。
    タイトルに「音頭」とあるが、音頭ではなく、ラテン調の楽曲となっている。
    関口のソロアルバム『World Hits!? of Southern All Stars』でこの曲がセルフカバーされた。
  12. ALLSTARS' JUNGO (Instrumental)(0'43)
    (作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    シングル「EMANON」のカップリング曲「ALL STARS JUNGO」のインストゥルメンタル。間奏部分のみ収録されている。
  13. EMANON(3'44)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ/弦管編曲:八木正生)
    本作と同時発売の18枚目シングル。
  14. 旅姿六人衆(4'28)
    (作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)
    曲に入る前に桑田の「ごめん、俺が悪かった」というセリフがある。
    歌詞はバンドを支えるスタッフとファンに感謝を捧げたものである。後述の四十周年バージョンではスタッフに女性が加わることも増えた時代の変化にならい「華やかな者の影で今動く男達」の部分が「仲間達」に変えられている。
    6人時代に演奏したのは1998年に静岡県浜名湖弁天島海浜公園・渚園で行われた『1998 スーパーライブ in 渚園』が最後であり、2001年に大森が脱退してメンバーが5人になって以降は演奏の機会が下記を除きほぼ皆無だった。
    2019年の全国ツアー『LIVE TOUR 2019 “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!』では「旅姿四十周年」としてタイトルや歌詞を一部変えて演奏された。
    2003年6月28日に『FNS27時間テレビ みんなのうた』内の企画として放送された『桑田佳祐の音楽寅さん 〜MUSIC TIGER〜 サザンオールスターズスペシャル』(フジテレビ系)ではサザンファンを公言する平井堅がゲスト出演し、この曲を桑田の前で歌唱した。
    2008年に日産スタジアムで行った『真夏の大感謝祭』では演奏こそされなかったが、リハーサルの段階では候補に挙がり、曲順を決める表に貼り出されていた。また、ファンを対象に行ったリクエストランキングで32位になった。

参加ミュージシャン

脚注

出典

  1. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p115
  2. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p35
  3. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  4. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  5. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p112-115
  6. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p146
  7. ^ 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p11
  8. ^ 第25回日本レコード大賞 日本作曲家協会 2020年10月10日閲覧
  9. ^ デジタル化の波を持ち前の個性で乗りこなした『綺麗』という意欲作 WHAT's IN? Tokyo 2019年11月23日配信 2020年10月16日閲覧。
  10. ^ 赤い炎の女 サザンオールスターズ レコチョク 2021年5月10日閲覧
  11. ^ 『ただの歌詩じゃねえか、こんなもん』P219、新潮社、1984年
  12. ^ harlotの意味 goo辞書 2021年5月4日閲覧
  13. ^ 星降る夜のHARLOT サザンオールスターズ レコチョク 2021年5月10日閲覧
  14. ^ 映画が公開された1983年に使用。
  15. ^ NEVER FALL IN LOVE AGAIN レコチョク 2021年5月10日閲覧
  16. ^ YELLOW NEW YORKER サザンオールスターズ レコチョク 2021年5月10日閲覧
  17. ^ 歌手の弘田三枝子さん、心不全で死去 73歳… 桑田佳祐など多くのミュージシャンに影響 スポーツ報知 2020年7月27日配信, 2020年7月27日閲覧。
  18. ^ 湯浅学. “チーム・クンビアって? 弘田三枝子(MICO)”. 日本コロムビア. 2020年7月27日閲覧。
  19. ^ 【楽曲すべてが泣ける】サザンオールスターズの珠玉のバラード20選 AWA 2019年12月27日配信 2020年10月21日閲覧。
  20. ^ 南たいへいよ音頭 サザンオールスターズ レコチョク 2021年5月10日閲覧
  21. ^ World Hits!? of Southern All Stars/関口 和之 & 砂山オールスターズ mora 2021年4月15日閲覧
  22. ^ サザンオールスターズの40周年ツアーは“これから”を見せていた Real Sound 2019年7月12日配信, 2020年7月27日閲覧。
  23. ^ デビュー40周年記念本『SOUTHERN ALL STARS YEAR BOOK「40」』P170より。
  24. ^ 桑田佳祐、20年ぶりに「伝説曲」の封印を解いた理由NEWSポストセブン 2019年6月24日配信 2021年5月8日閲覧
  25. ^ 平井堅 TV出演情報ORICON NEWS 2021年5月8日閲覧
  26. ^ 「Love music ~平井堅とサンボマスターが影響を受けた曲は?キスマイも~」 2017年6月5日(月)放送内容価格.com 2017年6月5日配信 2021年5月8日閲覧
  27. ^ 2008年のライブ・ビデオ『真夏の大感謝祭 LIVE』初回限定盤封入 BONUS DVD “-サザン'08「夏」ドキュメント- 完全版 + I AM YOUR SINGER MOVIE”より。

外部リンク

サザンオールスターズ
桑田佳祐 (ボーカル・ギター) | 原由子 (キーボード・ボーカル) | 関口和之 (ベース) | 松田弘 (ドラム) | 野沢秀行 (パーカッション)
元メンバー : 大森隆志 (リードギター)
シングル
サザンオールスターズのシングル
【オリジナル】
【1970年代】
【78年】

1.勝手にシンドバッド - 2.気分しだいで責めないで


【79年】

3.いとしのエリー - 4.思い過ごしも恋のうち - 5.C調言葉に御用心



【1980年代】
【80年】

6.涙のアベニュー - 7.恋するマンスリー・デイ - 8.いなせなロコモーション - 9.ジャズマン - 10.わすれじのレイド・バック - 11.シャ・ラ・ラ/ごめんねチャーリー


【81年】

12.Big Star Blues (ビッグスターの悲劇) - 13.栞のテーマ


【82年】

14.チャコの海岸物語 - 15.匂艶 THE NIGHT CLUB - 16.Ya Ya (あの時代を忘れない)


【83年】

17.ボディ・スペシャルII - 18.EMANON - 19.東京シャッフル


【84年】

20.ミス・ブランニュー・デイ - 21.Tarako


【85年】

22.Bye Bye My Love (U are the one) - 23.メロディ


【88年】

24.みんなのうた


【89年】

25.女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ) - 26.さよならベイビー - 27.フリフリ'65



【1990年代】
【90年】

28.真夏の果実


【91年】

29.ネオ・ブラボー!!


【92年】

30.シュラバ★ラ★バンバ - 31.涙のキッス


【93年】

32.エロティカ・セブン - 33.素敵なバーディー (NO NO BIRDY) - 34.クリスマス・ラブ (涙のあとには白い雪が降る)


【95年】

35.マンピーのG★SPOT - 36.あなただけを 〜Summer Heartbreak〜


【96年】

37.愛の言霊 〜Spiritual Message〜 - 38.太陽は罪な奴


【97年】

39.01MESSENGER 〜電子狂の詩〜 - 40.BLUE HEAVEN


【98年】

41.LOVE AFFAIR 〜秘密のデート - 42.PARADISE


【99年】

43.イエローマン 〜星の王子様〜



【2000年代】
【00年】

44.TSUNAMI - 45.HOTEL PACIFIC - 46.この青い空、みどり 〜BLUE IN GREEN〜


【03年】

勝手にシンドバッド 胸さわぎのスペシャルボックス - 47.涙の海で抱かれたい 〜SEA OF LOVE〜


【04年】

48.彩 〜Aja〜 - 49.君こそスターだ/夢に消えたジュリア - 50.愛と欲望の日々/LONELY WOMAN


【05年】

51.BOHBO No.5/神の島遥か国


【06年】

52.DIRTY OLD MAN 〜さらば夏よ〜


【08年】

53.I AM YOUR SINGER



【2010年代】
【13年】

54.ピースとハイライト


【14年】

55.東京VICTORY




【配信】

1.闘う戦士たちへ愛を込めて - 2.壮年JUMP - 3.愛はスローにちょっとずつ



アルバム
オリジナル

1.熱い胸さわぎ - 2.10ナンバーズ・からっと - 3.タイニイ・バブルス - 4.ステレオ太陽族 - 5.NUDE MAN - 6.綺麗 - 7.人気者で行こう - 8.KAMAKURA - 9.Southern All Stars - 10.稲村ジェーン - 11.世に万葉の花が咲くなり - 12.Young Love - 13.さくら - 14.キラーストリート - 15.葡萄


ベスト

1.ベスト・オブ・サザンオールスターズ (廃盤) - 2.Kick Off! (廃盤) - 3.アーリー・サザンオールスターズ (廃盤) - 4.SOUTHERN ALL STARS BEST ONE '82 (廃盤) - 5.Shout! (廃盤) - 6.バラッド '77〜'82 (バラード・ベスト) - 7.原由子 with サザンオールスターズ (廃盤) - 8.バラッド2 '83〜'86 (バラード・ベスト) - 9.海のYeah!! - 10.バラッド3 〜the album of LOVE〜 (バラード・ベスト) - 11.海のOh, Yeah!!


【企画】

江ノ島 Southern All Stars Golden Hits Medley


【ボックス】

1.すいか SOUTHERN ALL STARS SPECIAL 61SONGS - 2.HAPPY!



【楽曲】

私はピアノ - 夏をあきらめて - そんなヒロシに騙されて - 希望の轍 - 平和の琉歌 - 平和の牛歌


企画作品

Inside Outside U・M・I - ベストヒットUSAS - 21世紀の音楽異端児 (21st Century Southern All Stars Music Videos)


【ライブ】

胸さわぎ - Further on up the road - サザンオールスターズがやってくる ニャー! ニャー! ニャー! - ゆく年・くる年コンサート - そちらにおうかがいしてもよろしいですか? - SASたいした発表会 私は騙された!!ツアー - 熱帯絶命!ツアー夏 - 縁起者で行こう - KAMAKURA TO SENEGAL - THE 音楽祭 1991 - 「しじみのお味噌汁」コンサート - 横浜 ホタル・カリフォルニア- Stadium Tour 1996 "ザ・ガールズ万座ビーチ" - おっぱいなんてプー - 1998 スーパーライブ in 渚園 - シークレットライブ'99 SAS 事件簿 in 歌舞伎町 - 茅ヶ崎ライブ 〜あなただけの茅ヶ崎〜 - SPECIAL LIVE IN 建長寺 - 流石(SASが)だ真夏ツアー! あっっ!生。だが、SAS - みんなが好きです! - THE 夢人島 Fes. - 真夏の大感謝祭 LIVE - 灼熱のマンピー!! G★スポット解禁!! - ひつじだよ! 全員集合! - おいしい葡萄の旅 - “キミは見てくれが悪いんだから、アホ丸出しでマイクを握ってろ!!” だと!? ふざけるな!!


【関連項目】

ディスコグラフィ - アミューズ - ビクターエンタテインメント - タイシタレーベル - バラッドシリーズ - 稲村オーケストラ - 小林武史 - 茅ヶ崎公園野球場 - ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2021/05/14 10:36

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「綺麗」の意味を投稿しよう
「綺麗」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

綺麗スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「綺麗」のスレッドを作成する
綺麗の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail