このキーワード
友達に教える
URLをコピー

総武本線とは?

【基本情報】

【通称】
総武快速線(東京駅 - 千葉駅間の急行線)
総武緩行線(千葉駅 - 御茶ノ水駅間の緩行線)
【国】
日本
【所在地】
東京都千葉県
【起点】
東京駅(本線)
錦糸町駅(支線)
【終点】
銚子駅(本線)
御茶ノ水駅(支線)
【駅数】
49駅(貨物駅および金町駅を含む)
電報略号
ソムホセ
【路線記号】
(東京駅 - 千葉駅間の急行線及び千葉駅 - 佐倉駅間)
(御茶ノ水駅 - 千葉駅間の緩行線)
【開業】
1894年7月20日
【所有者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
【運営者】
東日本旅客鉄道(JR東日本)
日本貨物鉄道(JR貨物)
【路線諸元】

【路線距離】
120.5 km (東京-銚子間)
4.3 km (錦糸町-御茶ノ水間)
8.9 km (小岩-金町間)
11.7 km (小岩-越中島貨物間)
軌間
1,067 mm (3 ft 6 in)
【線路数】
複々線(錦糸町-千葉間)
複線(東京-錦糸町間・錦糸町-御茶ノ水間・千葉-佐倉間)
単線(上記以外)
電化方式
直流1,500 V 架空電車線方式
(越中島支線は非電化)
最高速度
130 km/h (81 mph)
【路線図】



総武本線(そうぶほんせん)は、東京都千代田区東京駅から千葉県銚子市銚子駅を結ぶ東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(幹線)である。このほか、東京都墨田区錦糸町駅で分岐して御茶ノ水駅に至る支線(いわゆる総武緩行線)、小岩駅(新小岩信号場駅)から分岐して金町駅および、越中島貨物駅に至る貨物支線を持つ。電車内や駅構内の旅客案内上は主に千葉駅から銚子駅の区間がこの名称で呼ばれる(後述)。

なお、『鉄道要覧』やJRの事業基本計画上は錦糸町駅 - 御茶ノ水駅間となっているが、東京駅 - 錦糸町駅間開業以前の起点の御茶ノ水駅には現在も0キロポストが存在する。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 路線データ
  • 2 沿線概況
    • 2.1 東京駅・御茶ノ水駅 - 千葉駅間
    • 2.2 千葉駅 - 銚子駅間
  • 3 運行形態
    • 3.1 優等列車
    • 3.2 地域輸送
      • 3.2.1 東京駅・御茶ノ水駅 - 千葉駅間
      • 3.2.2 千葉駅 - 銚子駅間
    • 3.3 貨物輸送
  • 4 使用車両
    • 4.1 現在の使用車両
      • 4.1.1 特急列車
      • 4.1.2 普通・快速列車
    • 4.2 過去の使用車両
  • 5 歴史
    • 5.1 背景
    • 5.2 初期の鉄道敷設運動
    • 5.3 総武鉄道
    • 5.4 近代化と戦争
    • 5.5 戦後の改良
    • 5.6 民営化前の出来事
    • 5.7 民営化後の展開
    • 5.8 年表
      • 5.8.1 本線
      • 5.8.2 越中島支線
      • 5.8.3 新金線
      • 5.8.4 貨物支線
  • 6 駅一覧
    • 6.1 東京駅・御茶ノ水駅 - 千葉駅間
    • 6.2 千葉駅 - 銚子駅間
    • 6.3 貨物支線
    • 6.4 過去の接続路線
    • 6.5 廃止区間
  • 7 脚注
    • 7.1 注釈
    • 7.2 出典
  • 8 参考文献
  • 9 関連文献
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

概要

東京都の都心から東へ伸び、そのベッドタウンである千葉県西部の各都市、同県の県庁所在地であり政令指定都市である千葉を通り、同県最東端の銚子へ至る路線である。東京と千葉県北東部の各地を結ぶ特急列車が全線を通して運行されているほか、都心から成田国際空港へアクセスする特急「成田エクスプレス」が当路線を経由している。

千葉駅以西は電車特定区間に指定されており、区間外よりも割安な運賃が適用される。このうち錦糸町駅 - 千葉駅間は、各駅停車の電車が走行する総武緩行線と、快速電車や特急列車が走行する総武快速線が並行する線路別複々線となっている。この区間は「総武線」と呼ばれることが多く、「総武本線」と呼ばれる場合は特急列車は全線、ローカル列車は千葉駅 - 成東駅 - 八日市場駅 - 銚子駅間を指すことが多く、JR東日本ウェブサイトの路線案内においてもそのようになっている。ただし必ずしも統一されておらず、車内の路線ネットワーク図や発車標、駅の時刻表などでは千葉駅以東も「総武線」と表記している場合もある。なお、鉄道要覧においては全線通して「総武線」となっている。

総武線」も参照

貨物支線をのぞく全線が旅客営業規則の定める「東京近郊区間」、およびIC乗車カードSuica」の首都圏エリアに含まれている。なお、本線を名乗るJR線の中で線内全ての旅客駅でICカードが使用可能なのは総武本線のみである。千葉駅以東では路線案内に用いられるラインカラーとして黄色()が用いられている。

路線データ

東京駅 - 馬喰町駅間、秋葉原駅 - 御茶ノ水駅間、新金線金町駅構内はJR東日本東京支社、それ以外は同社千葉支社の管轄となっており、馬喰町駅 - 錦糸町駅間、浅草橋駅 - 秋葉原駅間、新小岩信号場駅 - 金町駅間に支社境がある。なお、越中島支線の越中島貨物駅は千葉支社所属駅となっているが、構内には東京支社が管轄する東京レールセンターが置かれている。

沿線概況

停車場・施設・接続路線
凡例

 | 
 | 4.3* | 御茶ノ水駅
 | 
 |  | 
 |  |  | 
 | 0.0 | JO 19 東京駅
 |  | 
 | 

 | 
4.8
0.0*
 | JO 22 錦糸町駅
 |  | 
 | 
 |  | 総武緩行線参照
 |  |  | 

 |  | 総武快速線参照
 |  |  |  | 
 |  | 京成:千葉線
 |  | 
 | 

 | 39.2 | JO 28 千葉駅 (II)
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  | 千葉モノレール:1号線
 | 
 |  |  | 
 |  | 京成千葉駅
 | 
 |  |  | 
 |  | 千葉モノレール:2号線
 |  |  | 
 |  | 外房線旧線 -1963
 |  |  | 
 |  | 京成千葉駅 -1958
 |  |  | 
 |  | 千葉駅 (I) -1963
 | 
 |  | 
 |  | 外房線
 |  | 
 | 
 |  | 千葉モノレール:1号線
 |  |  | 
 |  | 
 | 
 | 40.1 | JO 29 東千葉駅
 | 
 |  | 千葉モノレール:2号線
 | 

 | 43.4 | JO 30 都賀駅
 | 
 |  | 
 | 
 | 46.9 | JO 31 四街道駅
 | 
 | 51.1 | JO 32 物井駅
 |  |  | 
 |  | 旧線
 |  |  | 
 |  | 寺崎トンネル
 |  |  | 
 |  | 
 | 
 | 55.3 | JO 33 佐倉駅
 | 
 |  | 成田線
 | 
 | 59.3 | 南酒々井駅
 | 
 | 62.2 | 榎戸駅
 |  |  | 
 |  | 成田鉄道:八街線
 |  | 
 | 

 | 65.9 | 八街駅
 | 
 | 71.7 | 日向駅
 | 
 | 76.9 | 成東駅
 | 
 |  | 東金線
 | 
 | 82.5 | 松尾駅
 | 
 | 86.8 | 横芝駅
 | 
 | 90.6 | 飯倉駅
 |  |  | 
 |  | 成田鉄道:多古線
 |  | 
 | 

 | 93.7 | 八日市場駅
 | 
 | 98.8 | 干潟駅
 | 
 | 103.6 | 旭駅
 | 
 | 106.3 | 飯岡駅
 | 
 |  | 
 | 
 | 109.2 | 倉橋駅
 | 
 | 111.8 | 猿田駅
 | 
 |  | 成田線
 | 
 | 117.3 | 松岸駅
 | 

 | 120.5 | 銚子駅
 | 
 |  | 銚子電気鉄道線
 | 
 | 121.3 | 新生駅 -1978

ここでは総武本線の線路および沿線の概況について記す。

東京駅・御茶ノ水駅 - 千葉駅間

快速線側の起点である東京駅では、地上駅より丸の内側にある1972年完成の総武地下ホームに発着し、同駅以南の横須賀線(東海道本線地下線)線路との直通が可能な構造になっている。同駅を出ると東京都心部の地下を北東へ進み、新日本橋駅から馬喰町駅付近まで国道6号の直下を通る。両駅間では東京メトロ日比谷線小伝馬町駅と交差しているが、総武快速線に駅は設けられていない。馬喰町駅を過ぎると東へ向かい、隅田川の下をくぐり、両国駅付近で地上に出る。

一方、緩行線は、直通運転を行う中央本線との接続駅・御茶ノ水駅から、高架上を東方向へ向かう。中央本線(中央線快速)の上下線に挟まれる形で同駅を出ると中央本線と分かれて神田川を渡り、東北本線(山手線京浜東北線上野東京ライン)との交差地点にある秋葉原駅へ。続いて首都高速1号上野線を跨ぎ、市街地を進むと国道6号との交点に浅草橋駅がある。そして隅田川を渡り首都高速6号向島線をくぐると、両国国技館および東京都江戸東京博物館の最寄駅・両国駅に至る。同駅には緩行線ホームのほかに、快速線に繋がっている列車ホームがあるが、現在は定期列車では使用されていない。

両国駅からは快速線と緩行線による複々線区間が始まり、千葉駅まで沿線は住宅密集地が延々と続く。また海側(南側)には国道14号(京葉道路一般道区間)が並行する。緩行線・快速線間の最初の接続駅となっている錦糸町駅は快速線・横須賀線列車の留置線を併設しており、また東京スカイツリーの南に位置している。錦糸町駅を出ると、海側(南側)から単線の総武本線支線(越中島貨物線)が近づき、緩行線の亀戸駅。同駅から発着する東武亀戸線が内陸側(北側)へ離れていき、同時に越中島貨物線が本線を跨いで北側に並行して5線となると、国道14号から離れ、カーブして北東方向へ進路を変える。旧中川を渡ると平井駅、次いで荒川中川を渡ると快速停車駅の新小岩駅に至る。

新小岩駅を過ぎると、左側の貨物線上に新小岩信号場駅の線路群が広がる。環状七号をくぐると同信号場より総武本線支線(新金貨物線)が内陸側へ分かれていき、また快速線へも貨物線が合流する。新中川を渡り、小岩駅を過ぎると右へカーブして今度は東南東にまっすぐ進む。内陸側に再び国道14号(千葉街道)、さらにそれを挟んで京成本線が並行し、江戸川を渡ると東京都から千葉県へと移り、同県最初の駅で快速停車駅でもある市川駅に至る。

市川駅を過ぎると、線路はしばらく直線が続き、快速線を走行する列車は120km/h(特急は130km/h)の最高速度で運転する。緩行線は、都営地下鉄新宿線と接続する本八幡駅、次いで下総中山駅と続き、海側から東京メトロ東西線が近づくと、武蔵野線京葉線との交点に位置する西船橋駅に至る。メトロ東西線と直通運転を行う東葉高速線も接続するジャンクションだが、総武快速線は停車しない。西船橋駅を過ぎると東西線からの短絡線が緩行線に合流し、進路を東に変える。国道14号と京成本線が海側へ移り、続いて内陸側から東武野田線が現れると快速停車駅の船橋駅。南口側にはペデストリアンデッキやロータリーを挟んで京成本線の京成船橋駅がある。同線が一旦総武本線に接近してから右にカーブして海側へ離れ、東船橋駅を過ぎると今度は南東へ向かう。国道296号(成田街道)を跨ぎ、海側から緩行線の車両基地・旧習志野電車区からの引込線が合流すると快速停車駅の津田沼駅に至る。同駅は緩行線・快速線とも車両基地が近接する運行拠点の一つとなっており、周辺には千葉工業大学や、新京成線新津田沼駅が立地する。

津田沼駅を出ると、逆S字型にカーブを描く新京成線をくぐる。まもなく京成本線が総武本線をくぐって成田方面へ向かって離れていく。代わって海側には京成千葉線が千葉駅まで並行し、幕張駅までは総武本線のすぐ隣を通る。しばらく進むと千葉市に入り、快速線の上下線の間に車両基地・幕張車両センターが広がる。一方、その横の緩行線には幕張本郷駅があり、京成千葉線の京成幕張本郷駅が同一構内にある。JRの駅と京成の駅が同一構内にある例は数少ない。幕張本郷駅の先で京葉道路(有料区間)をくぐり、さらに東京 - 千葉間および中央・総武緩行線唯一の踏切である花立踏切を通過すると幕張車両センター構内が終わり、緩行線から京成千葉線が離れる。京成幕張駅を見送ると幕張駅。幕張の中央部で発展している幕張新都心からは少し離れている。東方向に進路を変え新検見川駅を過ぎ、再びカーブして南南東方向へ進路を変えると東関東自動車道をくぐり、快速停車駅の稲毛駅。さらに直進し、千葉大学の西側では快速線上に黒砂信号場が、緩行線上に西千葉駅が位置する。西千葉駅を過ぎると快速線の線路が総武本線東千葉駅(・成田線)方面と外房線(・内房線)方面の2本に分岐。そして千葉県内各線のジャンクションである千葉駅に至る。緩行線はこの千葉駅で終点となっている。

千葉駅 - 銚子駅間

成田線と総武線の分岐点(佐倉市内)

千葉駅は総武本線と外房線との分岐地点上に位置するY字型の構造となっている。総武本線は同駅構内からほぼ90度左にカーブし、佐倉駅までは複線となって北東へ進む。千葉駅を出てカーブを終えると右側に並行していた千葉都市モノレール2号線をくぐり、国道126号と交差する手前に東千葉駅がある。そのままマンション群の中を直進で進んで国道16号と京葉道路を跨ぎ、北西側からモノレール2号線が再び寄り添うと都賀駅。同駅を過ぎると陸上自衛隊下志津駐屯地の西側を過ぎて千葉市から四街道市に移り、緩やかに右にカーブしたところに四街道駅がある。同駅周辺には愛国学園大学をはじめとする学校が立ち並んでいる。ここまで沿線は住宅地が続いたが、四街道駅を過ぎると沿線は一変して田畑が広がるようになる。東関東自動車道をくぐると物井駅。駅周辺は田畑だが駅西側には住宅街がある。田園地帯を進んでいくとトンネルを抜け、カーブして東方向に向きを変えると、成田線との分岐駅である佐倉駅に至る。

総武本線はこの先終点の銚子駅まで単線となる。佐倉駅を出ると複線の成田線と2kmほど並行。国道51号と交差後に成田線は北側に離れていき、総武本線は南東の雑木林の中を進む。単線区間最初の駅・南酒々井駅は丘陵地帯の谷間に位置し、市街地からは離れたところにある。同駅を出ると三たび東関東自動車道をくぐり、平野部にある榎戸駅八街駅へ。八街は下総台地上にあり地盤が固く標高も高いため地震や水害に強いといえる。この辺りまでは東京のベッドタウンであり住宅が多い。山武市に入ると千葉県道76号成東酒々井線と並行して再び丘陵の間を進んで日向駅を過ぎ、首都圏中央連絡自動車道をくぐって進路を東方向に変えて平野部に出ると、東金線が分岐する成東駅に至る。

成東駅からは国道126号と並行し、南東の太平洋 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/12/10 12:27

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「総武本線」の意味を投稿しよう
「総武本線」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

総武本線スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「総武本線」のスレッドを作成する
総武本線の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail