このキーワード
友達に教える
URLをコピー

羽衣石城とは?

羽衣石城
(鳥取県)
羽衣石城模擬天守

【城郭構造】
連郭式山城
【天守構造】
なし(層塔型3重3階模擬)
【築城主】
南条貞宗
【築城年】
貞治2年(1366年)
【主な城主】
南条氏尼子国久毛利元経
【廃城年】
慶長5年(1600年)
【遺構】
石垣、井戸
【指定文化財】
なし
【再建造物】
模擬天守
【位置】
北緯35度26分14.32秒
東経133度53分54.45秒

羽衣石城(うえしじょう)は、鳥取県東伯郡湯梨浜町にある中世の日本の城(山城)跡である。

概要

城跡は東郷池の南、羽衣石川上流にある羽衣石山(標高372m)にあり、山陰道と東郷池に臨む東伯耆の要衝にある。永禄から天正の年間にかけてこの地を治めていた南条氏の本拠地で、伯耆の支配権を巡り尼子氏毛利氏が激しい攻防を繰り返した。

山頂には1990年に建てられた三層の模擬天守と「羽衣石城主南条公累代碑」がある。それ以前にも、昭和6年に大阪在住の南条氏の子孫によって建てられた模擬天守があった。 南条氏は、伝承によると当初、羽衣石城よりも奥にある十万寺集落付辺に築城を予定していたという。築城しようとしたところ予定地のそばにある「日向池」(現在は地名のみ残る)にツバメが落ち、不吉なことだと感じた貞宗が羽衣石山へと変更させたといわれている。現在、その十万寺集落の北に広大な城跡(十万寺所在城)があることが判明しており、令和元年度から調査が始まっている。

歴史

羽衣石城遠景。
石垣。

構造

標高372mの峻険な羽衣石山に多数の曲輪が設けられている。天嶮を利用した山岳城郭であるが、随所に石垣も設けられており中世城郭から近世城郭への移行の姿をとどめている。

本丸と帯曲輪

砦群

十万寺所在城

出城群

出典

  1. ^ 新全国歴史散歩シリーズ31 鳥取県の歴史散歩(山川出版社) 125P
  2. ^ 鳥取県の歴史散歩 125P。

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/15 16:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「羽衣石城」の意味を投稿しよう
「羽衣石城」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

羽衣石城スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「羽衣石城」のスレッドを作成する
羽衣石城の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail