このキーワード
友達に教える
URLをコピー

花山院家教とは?

凡例
花山院家教 【時代】
鎌倉時代中期 - 後期
【生誕】
文応2年正月20日(1261年2月20日)
【死没】
永仁5年5月26日(1297年6月17日)
【別名】
家敎(正字)
【官位】
正二位権大納言左近衛大将
【主君】
亀山天皇後宇多天皇伏見天皇
【氏族】
藤原北家花山院家
【父母】
父:花山院通雅、母:中院通方の娘
【兄弟】
家長家教定教雲雅円雅
【妻】
法性寺雅平の娘
【子】
家定

花山院 家教(かざんいん いえのり)は鎌倉時代中期の公卿太政大臣花山院通雅の次男。正二位権大納言左近衛大将

目次

  • 1 経歴
  • 2 官歴
  • 3 系譜
  • 4 脚注

経歴

弘長2年(1262年)正月に従五位下叙爵。同年3月に父の譲りで従五位上に昇叙。弘長3年(1263年)に正五位下に叙せられ、文永3年(1266年)侍従に任ぜられる。

文永5年(1268年)従四位下侍従に叙任。文永7年(1270年)には従四位上・阿波権介となり、文永9年(1272年)に正四位下に叙せられる。文永10年12月(1274年2月)に右近衛権中将に任ぜられ、ほどなくして左近衛権中将に転じる。建治2年(1276年)従三位備中権守に叙任されて公卿に列し、同年さらに参議に任ぜられるが、父・通雅の薨御によりに服した。

建治3年(1277年)正三位、建治4年(1278年)従二位に昇叙。弘安2年12月(1280年1月)権中納言に任ぜられる。弘安6年(1283年)権中納言を辞退するが同年中に還任し、弘安7年(1284年)正二位に叙せられた。また、大宮院(西園寺姞子)の院司を務め、弘安8年(1285年)の北林准后(四条貞子)の九十賀に奉行してその次第を作進している。正応元年(1288年)には中納言に転じ、同年さらに権大納言に昇進した。正応2年(1289年)には春宮大夫を兼ね、正応5年(1292年)には左近衛大将も兼帯した。

永仁2年(1294年)正月16日に踏歌節会内弁を務め、2月には久子内親王院号を決定する議定において、家教は花山院師信らとともに永陽門院を推して採用されている。同月末に祖父・定雅の薨御により喪に服し、4月に復任した。永仁5年(1297年)5月15日、病により職を辞任して21日に出家。26日に薨去した。享年37。

20代より儀式の次第を作進し、正応2年(1289年)や正応4年(1291年)の正月の叙位の議では執筆を務めるなど、有職故実に詳しかった。

官歴

※以下、『諸家傳』の記載に従う。

系譜

脚注

  1. ^ 准后貞子九十賀記』(宗冬卿記)。
  2. ^ 勘仲記永仁2年2月7日条。
先代:
花山院通雅
 | 
花山院家
第8代
 | 
次代:
花山院家定

花山院家第8代当主
  1. 家忠
  2. 忠宗
  3. 忠雅
  4. 兼雅
  5. 忠経
  6. 定雅
  7. 通雅
  8. 家教
  9. 家定
  10. 長定
  11. 兼定
  12. 通定
  13. 忠定
  14. 持忠
  15. 定嗣
  16. 政長
  17. 忠輔
  18. 家輔
  19. 定熙
  20. 忠長
  21. 定好
  22. 忠広
  23. 定教
  24. 定誠
  25. 持実
  26. 師夏
  27. 常雅
  28. 長熙
  29. 愛徳
  30. 家厚
  31. 家正
  32. 家理
  33. 家威
  34. 忠遠
  35. 親家
  36. 親忠
  37. 弘匡 -


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/10/19 01:32

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「花山院家教」の意味を投稿しよう
「花山院家教」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

花山院家教スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「花山院家教」のスレッドを作成する
花山院家教の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail