このキーワード
友達に教える
URLをコピー

苞葉とは?

(苞葉から転送)
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2013年6月)
クロサンドラの苞

(ほう; 英語: bract)とは、蕾(つぼみ)を包むようにが変形した部分。蕾が開いた後はの基部に残る。苞葉ともいう。また個々の苞を苞片という。

多くの場合、普通の葉より小さくて緑色をしたものである。しかし、花弁(「花びら」のこと)やに見えるような植物もある。逆に葉としてよく発達し、本当の葉の方が退化している例もある。

また、花序全体の基部を包む苞を総苞(: involucre)といい、個々の総苞を総苞片(: involucral scale)という。例えばヒマワリタンポポなどキク科植物の場合、一般に花と思われているものは多数の小さな花が集まったもので頭状花序という。従ってその花と見える部分の基部を包む萼のように見えるのは総苞であり、それを構成する個々の片が総苞片である。

また、イネ科カヤツリグサ科の花は鱗片が折り重なったもので小穂と呼ばれる。この鱗片はもともとは苞ないし総苞に由来するものであるが、それらは鱗片や穎と呼ばれて苞と言わず、小穂の基部に葉状の構造がある場合、それを苞という。

まぎらわしい苞の例

下の写真で白い花弁のような部分が萼、白い部分の付け根の葉のようなものが苞。本物の花弁は存在しない。
下の写真で白い花弁のような部分は苞(総苞)。本物の花弁と萼は存在しない。中央の黄色い穂のような部分は花穂。
花茎の先端に苞があって、一見では花茎の延長に見える。花序はその側方にでて、苞より短い。似た例はカヤツリグサ科ホタルイなどにも見られる。
肉穂花序を1枚の総苞片が包み、仏炎苞(: spathe)と呼ばれる。これが変わった形の花弁に見える。下のミズバショウ(サトイモ科の一種)の写真では、白い部分が仏炎苞である。
花に見えるのは花序(頭状花序)である。花びらのように見えるのはそれぞれが花、それらを包む緑の萼に見えるのは総苞片にあたる。

脚注

  1. ^ 今井国勝、今井万岐子『よくわかる山菜大図鑑』永岡書店、2007年、7頁。
  2. ^ 特殊な葉 (BotanyWEB). 2018年10月2日閲覧。

関連項目

 | 
この節の加筆が望まれています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/06/07 14:41

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「苞葉」の意味を投稿しよう
「苞葉」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

苞葉スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「苞葉」のスレッドを作成する
苞葉の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail