このキーワード
友達に教える
URLをコピー

英印軍とは?

(英印軍から転送)
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2019年11月)

イギリス領インド陸軍(イギリスりょうインドりくぐん、British Indian Army)は、イギリスによるインド統治時代(イギリス領インド帝国1857年から1947年)のインド軍(Indian Army)を指す。なお、正式名称は単に「インド軍」である。イギリス領インド植民地政府は陸軍とは別に海軍(王立インド海軍)や空軍(王立インド空軍)を保有していたが日本語で単に英印軍というと単にイギリス領インド陸軍を指すことが多い

シンガポールで武装解除された日本兵を監視する英印陸軍第5師団兵士
イタリア戦線でドイツ軍と交戦中の英印陸軍シーク教徒兵士

正式名称

インド陸軍(Indian Army)という言葉の意味するところは時代によって異なる。

1857–1894 | インド陸軍とはイギリス人兵士とインド人兵士(セポイ)によって構成される"インド政府軍" を意味した。
1895–1902 | インド陸軍はベンガル軍、マドラス軍、ボンベイ軍などの属領の軍隊も含む概念となった。
1903–1947 | キッチナーの改革によって

歴史

英印軍は 1857年第一次インド独立戦争の後にイギリスによって創設された。 これより以前にはイギリス東インド会社が自身で軍隊を保有しその収益から維持していた。

インドのイギリス統治の間、英印軍はインドのみならず他の地域でもイギリス本国にとって有用であることを(とくに第一次世界大戦および第二次世界大戦の間に)証明した。

Internal Security

North West Frontier

アフガン戦争

グレート・ゲーム」および「アフガン戦争」も参照

第一次世界大戦

第一次世界大戦では英印軍は次の戦いに従事した。

第二次世界大戦

第二次世界大戦の間に、英印軍は250万人を超え志願兵のみからなる軍隊では歴史上最大の軍隊となった。それらには、空挺部隊も含まれている。1941年10月18日には、第151落下傘大隊がインド陸軍中に編成されている。その後第152(インド)落下傘大隊と第153(グルカ)落下傘大隊も編成された。

特筆すべき英印陸軍が参加した戦線を以下に記す。

また、インド解放を企図した日本はインド国民軍を編制した。

第二次世界大戦後

第二次世界大戦後の1946年から1947年にかけて、イギリス連邦占領軍として連合国軍の占領下の日本に駐留した。1947年インド・パキスタン分離独立に伴い、イギリスは撤退し、英印陸軍はインド陸軍パキスタン陸軍に分割された。しかし、その名残はイギリス陸軍にも残っている。現在、保有している4個のグルカ兵連隊がそれである。

脚注・参照

  1. ^ さらに英印軍(えいいんぐん)と略されることもある
  2. ^ Oxford History of the British Army

関連項目

外部リンク

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/08/13 11:29

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「英印軍」の意味を投稿しよう
「英印軍」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

英印軍スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「英印軍」のスレッドを作成する
英印軍の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail