このキーワード
友達に教える
URLをコピー

英国放送協会のラジオ放送とは?

移動先: 案内検索
英国放送協会 > 英国放送協会のラジオ放送

この項では、英国放送協会(以下BBC)のラジオ放送について解説する。

目次

  • 1 BBCのラジオ放送の歴史
    • 1.1 開局 - 第二次世界大戦
      • 1.1.1 英国ラジオの黎明期
      • 1.1.2 英国放送会社BBCの設立
      • 1.1.3 英国放送協会BBCの設立
    • 1.2 第二次世界大戦後 - 1980年代
    • 1.3 1990年代 - 現在
  • 2 現在のラジオ放送の形態
    • 2.1 ラジオ1
    • 2.2 ラジオ2
    • 2.3 ラジオ3
    • 2.4 ラジオ4
    • 2.5 ラジオ5・ライヴ
    • 2.6 ラジオ1・エクストラ
    • 2.7 ラジオ4・エクストラ
    • 2.8 ラジオ5ライヴ・スポーツエクストラ
    • 2.9 ラジオ6ミュージック
    • 2.10 アジアン・ネットワーク
    • 2.11 ワールド・サービス
    • 2.12 ラジオ・スコットランド/ラジオ・ウェールズ
    • 2.13 Radio nan Gàidheal/Radio Cymru
    • 2.14 ラジオ・アルスター/ラジオ・フォイル
    • 2.15 各ローカル放送
  • 3 その他
  • 4 参考文献
  • 5 脚注
  • 6 外部リンク

BBCのラジオ放送の歴史

開局 - 第二次世界大戦

英国ラジオの黎明期

1920年1月15日、英国郵政庁はグリエルモ・マルコーニが設立した無線機メーカー、マルコーニ社の英国チェルムスフォードのニュー・ストリート工場の無線電話装置にラジオ放送の免許を与え、長波帯の波長2,500m(周波数120KHz)の6KWで定期放送がはじまった。

  • 同年2月23日、15KWの新型送信機による定時放送(11:00-11:30と20:00-20:30)が3月6日まで行われたあと、不定期放送に戻った。
  • 同年6月15日にはオペラ歌手メルバ夫人のライブ音楽放送が三カ国語で欧州大陸へ向けて放送され、注目を浴びた。これが世界初の国際放送である。
  • チェルムスフォードのラジオ放送は大西洋を越えカナダでも受信された。しかし同年秋、英国空軍の無線に混信を与えることが問題となり、英国におけるラジオ放送は封印されてしまった。

2年後、英国ラジオ放送の封印が解かれた。そのきっかけとなったのは、1920年11月2日にウェスティングハウス電機製造会社の技術者フランク・コンラッドにより、世界初の商業ラジオ局KDKAがスタートし、1921年頃になると米国でラジオ放送の人気が急騰したことだった。その評判が英国にも届くようになると、ラジオ放送の再開陳情が英国郵政庁に繰返された。

1922年2月14日、英国郵政庁はチェルムスフォード郊外のライトルのマルコーニ科学機器社MSIC(Marconi Scientific Instrument Company, Ltd.)にラジオ放送を許可し毎週火曜日に定時放送(19:35-20:00)がはじまった。英国郵政庁はライトルのラジオ局に呼出符号2MTを付与した。なお空軍無線に混信を与えないよう、周波数は中波帯の波長700m(周波数430KHz)とし、電力は0.25KW(250W)に制限された。

1922年5月11日、マルコーニ科学機器社MSICはライトル2MTに次ぐ第二局をロンドンに開局し、火曜日と木曜日の夜に30分間の放送を始めた。英国郵政庁はこのラジオ局には呼出符号2LOを付与した。また5月16日にはマンチェスターメトロポリタン・ヴィッカーズ社が英国郵政庁の許可を得て、呼出符号2ZYで試験放送をスタートさせている。

英国放送会社BBCの設立

1922年10月18日、英国郵政庁の音頭により、マルコーニ社、メトロポリタン・ヴィッカーズ社、無線通信社(Radio Communication Company)、ウェスタン・エレクトリックゼネラル・エレクトリック・カンパニー英トムソン・ヒューストン社の6社が中心に出資し、英国放送会社(British Broadcasting Company)が設立された。マルコーニ科学機器社MSICのロンドン2LOや、メトロポリタン・ヴィッカーズ社のマンチェスター2ZYは新会社(英国放送会社)へ移管されることになった。

  • 同年11月14日、まずロンドン2LOが波長361m(周波数831KHz)で英国放送会社ロンドン局として放送を開始し、翌15日には波長384m(周波数781KHz)で、マンチェスター2ZYバーミンガム5ITも英国放送はじめた。年末に12月24日にニューカッスル5NOが波長312m(周波数962kHz)で開局した。
  • 1923年1月17日、英国放送会社に移管されずにマルコーニ科学機器社MSICに残っていたライトル2MTは、「英国ラジオ放送を再開させる」という大役を終えて閉局した。英国放送会社のラジオ局は、同年2月13日にカーディフ5WA波長353m(周波数850KHz)、同3月6日にグラスゴー5SC波長405m(周波数741KHz)、そのあと年末までにアバディーン2BDボーンマス6BDが続いた。

1926年5月 - ゼネストが発生し、新聞の発行も止まる中、BBCは放送を継続し、双方の模様を伝える形でストを報道(通信社からのニュース配信も止まったため、ここでBBCは初めて自前の記者を雇ってニュースを収集する)。正確な情報を伝えたことで、ニュースメディアとしてのラジオの信頼性が大きく高まった。

英国放送協会BBCの設立

  • 1927年1月 - 英国放送会社が、国王の特許状に存立の根拠を置く英国放送協会(British Broadcasting Corporation)に改組。
  • 1930年 - 英国放送協会は2LO等の呼出符号の使用を中止した。英国放送協会は全国放送を「BBCナショナル・プログラム(National Programme・全国放送)」、各都市の放送を「BBCリージョナル・プログラム(Regional Programme)」とした。
  • 1932年12月 - 海外向け放送「エンパイア・サーヴィス(Empire Service)」開始。同月、ジョージ5世のクリスマス・メッセージを全国放送。これ以後、王室行事などの中継が本格化する。
  • 1938年1月 - エンパイア・サーヴィスで初の外国語放送(アラビア語)開始。順次ヨーロッパ大陸の言語でも放送開始。
  • 1939年9月 - 対独宣戦布告放送。戦時下体制として、ナショナル・プログラムとリージョナル・プログラムを停止し、「BBCホーム・サーヴィス(Home Service)」に一本化。エンパイア・サーヴィスも「エクスターナル・サーヴィス(External Service)」に改称。
  • 1940年1月 - フランスに駐留するイギリス軍に向けた放送として、「BBCフォース・プログラム(Forces Programme)」開始。教養番組中心のホーム・サーヴィスと違い、軽音楽やバラエティー・ショー中心の番組編成が一般の英国民にも広く受け入れられ、フォース・プログラムの聴取者数が、たちまちホーム・サーヴィスのそれを抜き去る。イギリス軍は同年6月にドイツ軍に敗れ本国に撤退するが、フォース・プログラムは継続される。
  • 1941年 - 現在も放送されている『Desert Island Discs』放送開始。
  • 1943年7月 - エクスターナル・サーヴィス下で日本語放送開始。
  • 1944年 - フォース・プログラムが「ジェネラル・フォース・プログラム(General Forces Programme)」に改称(1946年まで存続)。
  • 1945年 - 第二次世界大戦終結。ホーム・サーヴィス下で地域放送が再開。フォース・プログラムの内容を受け継ぐ形で「BBCライト・プログラム(Light Programme)」が開局。

第二次世界大戦後 - 1980年代

  • 1946年
    • 9月 - クラシック音楽などのハイカルチャーを扱う「BBCサード・プログラム(Third Programme)」開局。夕方6時から6時間の放送。
  • 1955年 - FM放送開始。
  • 1957年 - サード・プログラムが放送されていない日中の時間帯に、教育番組を扱う「ネットワーク3(Network 3)」放送開始。
  • 1965年 - エクスターナル・サーヴィスの通称がBBCワールド・サーヴィスになる。
  • 1967年 - BBCラジオ1(Radio 1)放送開始(中波のみ)。ライト・プログラムはラジオ2(Radio 2)、サード・プログラムはラジオ3(Radio 3)、ホーム・サーヴィスはラジオ4(Radio 4)に改称。ネットワーク3は放送終了、番組はラジオ3・ラジオ4に引き継がれる。地方ラジオ局の設置も始まる。
  • 1975年 - BBCラジオ・アルスター(Radio Ulster・北アイルランド放送局・ベルファスト本拠)、BBCラジオ・フォイル (Radio Foyle・北アイルランド放送局・デリー本拠)開局。
  • 1977年 - BBC Radio Cymru(ウェールズ地域語放送局)開局。
  • 1978年 - 議会のラジオ中継開始。BBCラジオ・ウェールズ(Radio Wales・ウェールズ英語放送局)、BBCラジオ・スコットランド(Radio Scotland・スコットランド英語放送局)開局。
  • 1985年 - BBC Radio nan Gàidheal(スコットランド地域語放送局)開局。
  • 1988年 - ワールドサーヴィスが正式名称になる。ラジオ1のFM放送開始。

1990年代 - 現在

  • 1990年 - ラジオ2がFM放送に完全移行。空いたAMの周波数を使い、「ラジオ5(Radio 5)」放送開始。
  • 1991年 - 湾岸戦争勃発。ラジオ4はFM放送を湾岸戦争報道中心の内容に変更。ワールドサーヴィス日本語放送終了。
  • 1994年 - ラジオ5がBBCラジオ5・ライヴ(Radio 5 Live)に名称変更。ラジオ1がFM放送に完全移行。
  • 1995年 - デジタルラジオ放送(DAB)開始。
  • 2002年 - ラジオ5ライヴ・スポーツエクストラ(Radio 5 Live Sports Extra)、「BBC6ミュージック」(BBC 6 Music)、ラジオ1エクストラ(Radio 1 Xtra)、アジアンネットワーク(Asian Network)、「BBC7」がデジタル放送開始。
  • 2007年 - BBC iPlayerがサーヴィス開始。
  • 2010年 - BBCの組織再編策として、ラジオ6とアジアン・ネットワーク閉鎖の計画が持ち上がっていることが報道される。リスナーから反対運動が起こったこともあり、今のところ計画は凍結されている。
  • 2011年 - BBC6ミュージックがBBCラジオ6ミュージックに、BBC7がラジオ4エクストラ(Radio 4 Extra)に改称。

現在のラジオ放送の形態

ラジオ1

FM(97-99MHz)・デジタルで放送。2012年の調査では英国内の聴取者数は1119万8000人。15歳から29歳までの年齢層を対象とし、日中は最新ヒット曲を、夜間はロック、ダンス・ミュージック、ヒップホップブラック・ミュージックの専門番組を中心にオンエアしている。

最新のヒット曲を多くオンエアしたり、アメリカ式の番組進行を行ったことで1960年代に人気を博した、海賊ラジオ局の人材をリクルートする形で設立された。その一人であったジョン・ピールは、2004年に急逝するまで、その音楽の表現形式にとらわれず当時最新の音楽を積極的にオンエアし、人気を博した。

また、若年層が関心を示すニュースや話題を、BBCの若手アナウンサーがダンスミュージックに合わせて読む「ニュースビート」が日中の毎時30分に放送されている。放送時間は通常約3分であるが、現地時間の12時45分と17時45分には15分のロングバージョンが放送されている(土日・祝祭日・年末年始を除く)。

火曜深夜のジャイルス・ピーターソンのプログラムは日本のJ-WAVEでも放送されていたが、2012年春でプログラム自体が終了。

ラジオ2

FM(88-91MHz)・デジタルで放送。聴取者数は1390万3000人で、英国内で最も聴かれている放送局である。

ラジオ1より上の年齢層を対象にしており、ラジオ1で人気を博したプレゼンターが、リスナーの年齢層移動に合わせてラジオ2に移籍することが多い。オールディーズや軽音楽、60年代以降のロック・ポップスを中心にオンエアしているが、年齢層に合うものであれば最新のヒット曲も流される。

ジェイミー・カラムが同局でプレゼンターを務める番組が、2014年4月から翌年3月までInterFMでも『Jamie Cullum's Jazz Riot』のタイトルで放送されていた。

ラジオ3

FM(90-93MHz)・デジタルで放送。聴取者数は215万人。クラシック音楽を中心に、オペラ現代音楽ジャズワールドミュージックなどを扱う音楽番組のほか、ネットワーク3の流れを汲み、文学や絵画などの芸術を扱う番組、科学や歴史を扱う教育番組も放送される。

BBCプロムス開催時は、毎日生中継・録音放送を行う。『Choral Evensong(聖歌隊の夕べ)』は1926年、『Composer of the week(今週の作曲家)』は1946年から放送されている長寿番組である。

BBC交響楽団などのBBC内音楽グループによるコンサートの中継や、スタジオ演奏中継のプログラムが多く組まれており、同局で放送される音楽の55パーセントはオリジナル演奏である。

ラジオ4

長波・中波・FM(92-95MHz / 103-105MHz)・デジタルで放送。聴取者数は1084万5000人。ニュース・ドラマ・ドキュメンタリー・ガーデニングなど総合的な編成が組まれている。

長波では他のチャンネルと別内容になる場合がある(船舶向けの海洋気象通報を独自に編成したり、クリケットの長時間中継を組む)。

時事番組『ザ・ワールド・アット・ワン(The World at One)』、各界の著名人を招いて、「無人島に流れ着いたときに聴きたいレコード」について話を聞く『デザート・アイランド・ディスクス(Desert Island Discs・無人島レコード)』、平日朝のニュースワイド番組『トゥデイ(Today)』などの人気番組を擁する。

24時間放送ではあるが、深夜1時から5時20分まではワールドサーヴィスの番組をオンエアしている。

ラジオ5・ライヴ

中波・デジタルで放送。聴取者数は632万4000人(後述する「スポーツエクストラ」を含めた人数)。ニュース番組や聴取者参加型番組、スポーツ中継を放送している。スポーツ中継は、サッカーラグビーゴルフ競馬フォーミュラ1(決勝)が中心。FIFAワールドカップオリンピックスーパーボウルも放送する。

BBCの各イングランド内地方局は、深夜帯に独自編成を組まず、ラジオ5・ライヴのサイマル放送を行っていることが多い。

ラジオ1・エクストラ

デジタル専門局。聴取者数は111万4000人。ブラック・ミュージックを中心に、ヒップホップ、リズム・アンド・ブルース2ステップダンスホールレゲエドラムンベースなどにオンエアする曲を特化している。

夜枠はラジオ1とのサイマル放送を組む場合が多い。

ラジオ4・エクストラ

デジタル専門局。旧BBC7。聴取者数は169万4000人。ラジオドラマ・教養・子供向け番組を中心に放送。

ラジオ5ライヴ・スポーツエクストラ

デジタル専門局。ラジオ5・ライヴのスポーツ中継を補完している。ラジオ5・ライヴで扱う競技の他にも、フォーミュラ1(予選)、クリケット(まれにラジオ4の長波でも中継されるほか、ラジオ5ライヴ本体でも特番を編成する)、フィールドホッケー(アイスホッケーもまれに中継する)、ボート競技水球テニスボクシングロードレースなどを扱う。かつてはアメリカンフットボール(NFL)や野球(メジャーリーグ)やといったアメリカンスポーツも扱っていたが、2013年を境に中継が行われていない(NFLに関しては、2014年シーズンにNFCチャンピオンシップゲームAFCチャンピオンシップゲームの中継を当局で行った)。

いつも放送されているわけではなく、必要があるときのみ放送を行う。

ラジオ6ミュージック

デジタル専門局。聴取者数は162万人。幅広いジャンルを扱う音楽番組の専門局。実質的にはラジオ2の兄弟局である(総責任者は同一人物)。

BBCに残されているさまざまなミュージシャンのオリジナル演奏(BBCセッションズ)を積極的にオンエアしている。

ジャイルス・ピーターソンがラジオ1退任後に同局で開始した番組を抜粋し、一部独自内容を加えた『The Worldwide 60 with Gilles Peterson』が、2014年4月より翌年3月までInterFMで放送されていた。

アジアン・ネットワーク

中波(ただし可聴範囲は各都市レベルにとどまる)・デジタルで放送。聴取者数は58万4000人。英国内のアジア人(主にインドパキスタン系)を対象にした局。

プログラム自体の起源は、1976年にBBCラジオ・レスター局のプログラムの一部として始められた時にあるが、デジタル対応により完全オリジナルの編成になった2002年が、局としての出発の日になっている。

英語放送を中心に、ヒンディー語ウルドゥ語パンジャーブ語ベンガル語の番組もある。音楽・トーク番組のほか、ドキュメンタリー番組なども編成されている。

ワールド・サービス

BBCワールドサービス」を参照

ラジオ・スコットランド/ラジオ・ウェールズ

それぞれスコットランド・ウェールズの英語放送局。スコットランドには傘下にシェトランド諸島向けの局BBCラジオ・シェトランド(BBC Radio Shetland)と、オークニー諸島向けの局BBCラジオ・オークニー(BBC Radio Orkney)があり、一部の時間でスコットランド本局とは別の独自内容の番組を放送している。

Radio nan Gàidheal/Radio Cymru

それぞれスコットランド(スコットランド・ゲール語)・ウェールズ(ウェールズ語)の地域語放送局。ラジオ5・ライヴや英語放送のサイマル放送時を除き、すべて固有の言語で放送する(スポーツ中継も)。

ラジオ・アルスター/ラジオ・フォイル

双方とも北アイルランドの英語放送局だが、前者はベルファスト、後者はデリーに本拠を置く。フォイルは一部のみ独自編成で、それ以外はアルスターとのサイマル放送。

各ローカル放送

イングランドの各都市・地方に設立されたBBCの地方局は、ロンドンからの全国放送とは別の周波数で、独自編成を組んで放送を行っている。2013年1月より、平日夜に全ローカル局がネットするワイド枠が新設された(リーズ局が制作)。

その他

  • 上記のほぼすべての局の番組は、各局のホームページからBBC iPlayerを通じてリアルタイム配信されており、放送を終えた番組も期間限定で後追い聴取・再聴取が可能である。ただし、一部のスポーツ中継はデジタル配信されない場合がある。

参考文献

  • 『公共放送BBCの研究』(原麻里子・柴山哲也編著 2011年 ミネルヴァ書房 ISBN 9784623055944)
  • 『第二版 BBC イギリス放送協会 - パブリック・サービス放送の伝統』(蓑葉信弘著 2003年 東信堂 ISBN 9784887134669)

脚注

  1. ^ 関口定伸 『ラヂオのお話-少年科学世界』第3編 1925 廣文堂 pp165-166
  2. ^ "A Melba Recital by Wireless Telephony" Wireless World July.10,1920 p269
  3. ^ Brian Hennessy The Emergence of Broadcasting in Britain 2005 Southerleighp63
  4. ^ 伊藤賢治 『無線の知識』 1924 無線実験社 pp101-102
  5. ^ H.Gernsback "Radio Concerts" Radio News Sep.1920 Experimenter Publishing Co. p133
  6. ^ この番組は欧州大陸の諸国で受信されることを前提に、英語・フランス語・イタリア語の三カ国語が使用された。
  7. ^ "Result of Radiophone Experiment at Signal Hill Station" Wireless Age Sep.1920 p8
  8. ^ "Transmission of Calibration Waves and Telephony for Amateurs" Wireless World Feb.18,1922 p729
  9. ^ 田村正四郎 『ラヂオの知識とラヂオ商になる人の手引』 1924 実業之日本社 pp25-27
  10. ^ 5ITはまもなく波長425mK(周波数706KHz)に変更
  11. ^ 蓑葉 2003 18ページ
  12. ^ 1927年の第三回国際無線電信会議で決められた無線通信規則では放送局には呼出符号を求めておらず、その国の電波主管庁の判断に委ねられた。
  13. ^ 蓑葉 2003 51ページ。
  14. ^ ラジオ1はライト・プログラムの中波の周波数を受け継ぎ、ラジオ2は長波・FMの周波数を受け継いだ。
  15. ^ ラジオ1は音楽を中心とする局でありながら、周波数の空きがなかったために完全なFM放送に移行できない状態が長く続いていた。それまではラジオ1のいくつかの番組をラジオ2でも放送することでFMに番組を乗せていた。
  16. ^ RAJAR Q3: BBC digital networks continue to thrive - Radio 4 Extra, 6 Music and Asian Network all post record figures(BBC Media Centre)2012年11月19日閲覧。以下の項の聴取者数も同様。
  17. ^ 当時のライト・プログラムはポピュラー音楽(当時で言えばビートルズなど)の番組が非常に少なく、またレコードをオンエアすることに関しても大きな制限があった。
  18. ^ InterFMにおける放送はラジオ2より2週遅れ。なお『Jazz Riot』の番組名はInterFM独自のものであり、ラジオ2に於いては番組名はなく単に『Jamie Cullum』となっている。
  19. ^ 原・柴山 2011 145ページ。
  20. ^ 日本のNHKラジオ第一放送に近いが、ラジオ4では『Today』を除けば、NHK第一で多く組まれているようなワイド番組は少なく、15分~1時間の番組が多く編成されている。

外部リンク

英国放送協会 (BBC)
事業 | 
 | 
経営 | 

部門 | 

地域 | 
  • イングランド
    • イースト
    • イースト・ミッドランズ
    • ロンドン
    • ノースイースト・アンド・カンブリア
    • ノースウェスト
    • サウス
    • サウスイースト
    • サウスウェスト
    • ウェスト
    • ウェスト・ミッドランズ
    • ヨークシャー
    • ヨークシャー・アンド・リンカンシャー
  • 北アイルランド
  • スコットランド
    • ガーリク
  • ウェールズ

主な子会社 | 

歴史 | 
  • 英国放送会社
  • 英国放送協会のロゴ
  • 紋章
  • 理事会

主な施設 | 
  • ブロードキャスティングハウス・ロンドン
  • ブッシュハウス・ロンドン
  • テレビジョンセンター・ロンドン
  • ホワイトシティ・ロンドン
  • メディア・ヴィレッジ・ロンドン
  • BBCバーミンガム
  • ドラマ・ヴィレッジ・バーミンガム
  • パシフィック・キー・グラスゴー
  • ブロードキャスティングハウス・ブリストル
  • ブロードキャスティングハウス・カーディフ
  • ブロードキャスティングハウス・ベルファスト
  • ドラマ・ヴィレッジ・カーディフ・ベイ
  • メディアシティUK・マンチェスター
  • ニュー・ブロードキャスティングハウス・マンチェスター
  • メイダヴェイルスタジオ
  • (全リスト)

財政 | 
  • 受信料制度 (歴史)

プロジェクト | 
  • Dirac
  • ボックス
  • backstage.bbc.co.uk
  • ドゥームズデイ
  • YouView
  • フリーサット (チャンネル一覧)



イギリスメディア
新聞・雑誌
新聞 | 
全国紙 | 
ベルリーナー判 | 
ブロードシート判 | 
コンパクト判 | 
ミドルマーケット | 
タブロイド判 | 




ラジオ
全国放送 | 
BBCラジオ | 
アナログ/デジタル
Radio 1
Radio 2
Radio 3
Radio 4
Radio 5 Live
デジタル
Radio 1Xtra
Radio 4 Extra
Radio 5 Live Sports Extra
Radio 6 Music
Asian Network
BBC National DAB (多国語)

民放ラジオ | 
アナログ/デジタル
Absolute Radio
Classic FM
Talksport
デジタル
Absolute 80s
Absolute Radio 90s
Absolute Radio Extra
Amazing Radio
BFBS Radio
Digital One (多国語)
Jazz FM
Planet Rock
Premier Christian Radio
Smooth Radio UK
UCB UK




テレビ
テレビチャンネル | 
BBCテレビ | 
Channel 4 | 
Channel 4
E4
Film4
More4
4seven

Channel 5 | 
Channel 5
5*
5USA

ITV | 
ITV
STV
UTV
ITV2
ITV3
ITV4
CITV
ITV Encore
ITVBe
HD放送
HD ITV HD
STV HD
UTV HD

スカイ | 
Challenge
Pick
Real Lives
Sky 1
Sky 2
Sky Arts
Sky Atlantic
Sky Living
Sky Movies
Sky Movies Box Office
Sky News
Sky Sports
Sky Sports F1
Sky Sports News HQ

UKTV | 
Alibi
Dave
Drama
Eden
Gold
Good
Food
Home
Really
Watch
Yesterday


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/17 15:32

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「英国放送協会のラジ…」の意味を投稿しよう
「英国放送協会のラジオ放送」のコンテンツはまだ投稿されていません。

英国放送協会のラジオ放送スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「英国放送協会のラジオ放送」のスレッドを作成する
英国放送協会のラジオ放送の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail