このキーワード
友達に教える
URLをコピー

草刈正雄とは?

【生年月日】
(1952-09-05) 1952年9月5日(67歳)
【出生地】
日本福岡県小倉市(現:北九州市)
【国籍】
日本
【身長】
185 cm
【血液型】
O型
【職業】
モデル
俳優
歌手
司会者タレント
【ジャンル】
テレビドラマ
映画
演劇
CM
【活動期間】
1970年 -
【活動内容】
1970年:資生堂専属モデル
1974年:俳優デビュー
【配偶者】
大塚悦子
【著名な家族】
紅蘭(第1子・長女)
草刈麻有(第3子・次女)
【事務所】
バービィオフィス
【公式サイト】
BARBIE OFFICE
【主な作品】


受賞
エランドール賞新人賞(1975年)
コンフィデンスアワード・ドラマ賞年間大賞助演男優賞
真田丸』(2016年)
東京ドラマアウォード2017助演男優賞
真田丸』(2017年)

草刈 正雄(くさかり まさお、1952年9月5日 - )は、日本モデル俳優歌手司会者タレント

福岡県小倉市(現在の北九州市)出身。身長185cm血液型はO型。左利きバービィオフィス所属。

経歴

父親はアメリカ軍の兵士であったが、日本人の母親が草刈を妊娠していた最中、朝鮮戦争で戦死。子供時代は「バービー」という愛称で呼ばれていた。貧しい家計を少しでも楽にしようと、小学生より新聞配達と牛乳配達の仕事を掛け持ちして登校した。少年時代は現在の小倉北区昭和町、北九州市立中島小学校界隈で過ごし、小倉祇園太鼓にも参加、また母が好きだったこともあり、東映時代劇映画を頻繁に見ていたという。中学卒業後は世界文化社の代理店で本のセールス、小倉の文具店の配達員などで働きながら福岡県立小倉西高等学校定時制に通い、軟式野球部のピッチャー として全国大会に出場している。1964年頃に、北九州市立中島小学校学芸会で「火の山」の主役を演じる。時代設定は古代日本で、後に演じる「火の鳥」や「卑弥呼」を思わせる 舞台装束だった。アルバイト先のスナックのマスターが「正雄は見てくれがいいから、モデルになったほうが稼げるかもしれないよ」と、東京のモデル事務所を紹介、たまたま福岡市で開催されたファッションショーを観に行った際スカウトされ、17歳で上京して東京都立青山高等学校定時制に転校、卒業。上京後約2年で地元から母を東京に呼び寄せる。

1970年CMディレクター杉山登志に起用される形で資生堂専属モデルとなり、MG5CM団次郎の弟分としてデビューし売れっ子モデルとなる。デビュー当初から甘いルックスと軽快な語り口で人気を得て、2年余りのファッションモデルを務めた後、俳優へ転向する。

1974年に東宝の専属となり、『卑弥呼』で映画デビューし、同年映画沖田総司』にも出演、製作者協会新人賞を受賞。

1975年にはエランドール賞・新人賞を受賞。

1976年には大河ドラマ風と雲と虹と』に出演、大河ドラマ初出演となった。

1977年のテレビドラマ『華麗なる刑事』でロサンゼルス帰りの凄腕刑事という主人公に扮し、同ドラマでは挿入歌『センチメンタル・シティー』も歌い、オリコン年間77位のヒットとなった。20代半ばで人気は絶頂となり、また同年にはマルベル堂のプロマイド年間ランキング俳優部門1位を獲得した。

俳優としての転機は、千葉真一と共演した1978年のテレビドラマ『十字路』だった。おしゃべりで朗らかなセールスマンを演じた草刈はコメディに目覚め、「自分で“ちょっとズッコケた感じ”を作るのが楽しくなった」と語っている。映画『汚れた英雄』・テレビドラマ『華麗なる刑事』・『プロハンター』などのダンディな正統派二枚目から、『十字路』での軽妙でコミカルなキャラクター、『真田太平記』では名将・真田幸村と、さまざまな役柄で主役を演じ、市川崑深作欣二今村昌平らの映画にも出演した。

1990年代以降は『花の乱』『毛利元就』『古畑任三郎』などの悪役、『イグアナの娘』『南くんの恋人』でのヒロインの父親役など、脇に周りつつも新たな境地を開拓し、演技の幅を広げている。『汚れた英雄』のレースシーン撮影ではスタントマンとして現役レーサー・平忠彦が用意されていたが、ライディングシーンの一部は実際に草刈がレーシングマシン『TZ500』を走行させた。

草刈の認知度の高さは、筑水キャニコムが2001年グッドデザイン賞を受賞した商品・草刈機に「まさお」と命名したことからも窺える。

2004年のテレビドラマ「ケータイ刑事 銭形シリーズ」では、『華麗なる刑事』の役柄と同じ「ロス」こと高村一平の役名のままで出演。

2007年映画『0093 女王陛下の草刈正雄』に主演、実の娘である草刈麻有と共演した。

NHK北九州放送局が開局80周年を迎えた2011年は、アナログテレビジョン放送が完全終了することもあり、『美の壺』のレギュラーでもあった草刈を主役に起用した独自のキャンペーンドラマが制作され、同年2月14日に放送を開始した。また名字の草刈にあやかり、マキタの充電式草刈機のCMにも出演している(娘の紅蘭と共演)。

2016年のNHK大河ドラマ『真田丸』では真田昌幸を演じた。演じるにあたり三谷幸喜からは、丹波さんを超えましょうと言われ、草刈は真田昌幸の役を丹波から預かったように感じ、また時折丹波がスタジオに来て、「よくやってるじゃないか。」と言われたように感じたと話した。また同ドラマの「おのおの、抜かりなく」という台詞が話題になった。『真田丸』で再び人気が再燃し 、2017年には『真田丸』からの写真などを盛り込んだ、初の写真集『草刈正雄ファーストフォトブック』が発売された。

2017年、上田市の観光プレジデントに就任。

2018年、出身地である北九州市の市制55周年アンバサダーに就任。

2019年NHKの朝ドラ『なつぞら』に出演し、ヒロインに大きな影響を与えるキャラクターを演じ、その演技が感動と話題を集めている。

人物

父の死後、母が父の写真を全部処分したため、父の顔は知らないという。

1977年のテレビドラマ『華麗なる刑事』で共演したモデルの大塚悦子と9年の交際の後、1988年12月31日に結婚。1男2女の父となる。映画『汚れた英雄』でライバル役で共演した勝野洋と飲んでいるとき、勝野に結婚を勧められ、その場で電話でプロポーズし翌日婚姻届を提出した。婚姻届の保証人は勝野だった。勝野とはモデル時代から40年来の親友で「(勝野の)顔かたちがとにかく理想で大好き、話してみると中身も誠実そのものであこがれた」とのこと。また1978年には芸能人の所得番付で1位となった。長女(第1子)の紅蘭はパーソナルトレーナーとしてブロスキーに所属、次女(第3子)の草刈麻有はプロダクション尾木に所属しており、芸能活動を行っている。長男(第2子)は元ズットズレテルズボーカルのドカットカットとして音楽活動をしていたが、2015年2月14日、草刈の個人事務所として使用している東京都渋谷区のマンションの一室からの転落事故を起こし、23歳で死去した。

少年時代に野球部員として活躍したこともあり、西鉄ライオンズが故郷・福岡を本拠地にしていた当時は西鉄ファンだった。

自ら「面倒くさがり」と自認しておりオフの日も「出不精でウチでゴロゴロ、ボーーっとしている」とインタビューで発言している。最大の趣味はテニス で、2016年3月から開始した公式ブログでもテニス姿のオフショットを掲載することがたびたびある。

なお、「草刈」という苗字はあまり一般的な苗字ではないため、しばしば同姓の草刈民代と親族関係があると誤解されることがあるが、双方の間に血縁関係はなく、他人である。

出演

テレビドラマ

映画

オリジナルビデオ

舞台

出典:wikipedia
2020/07/06 04:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「草刈正雄」の意味を投稿しよう
「草刈正雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

草刈正雄スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「草刈正雄」のスレッドを作成する
草刈正雄の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail