このキーワード
友達に教える
URLをコピー

荒巻淳とは?

移動先: 案内検索
荒巻 淳

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
大分県大分市
【生年月日】
(1926-11-16) 1926年11月16日
【没年月日】
(1971-05-12) 1971年5月12日(44歳没)
身長
体重 174 cm
61 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1950年
【初出場】
1950年3月15日
【最終出場】
1962年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


コーチ歴


野球殿堂(日本)
殿堂表彰者

【選出年】
1985年
【選出方法】
競技者表彰
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


荒巻 淳(あらまき あつし、1926年11月16日 - 1971年5月12日)は、大分県大分市出身の元プロ野球選手(投手)・コーチ解説者

目次

  • 1 経歴
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 タイトル
    • 2.3 表彰
    • 2.4 記録
    • 2.5 背番号
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

経歴

大分市堀川に鮮魚店の息子として生れる。大分商業学校時代の1942年夏、文部省主催の「全国中等学校野球大会」へ出場。卒業後は大分経専に進学し、1946年の「全国専門学校野球大会」決勝戦で、荒巻と並ぶ快速球で知られた山根俊英がエースの鳥取農専相手に23個の三振を奪い、優勝を果たす。一躍注目を浴びると、その後は社会人野球の強豪・別府星野組に入部し、1949年第20回都市対抗野球大会に出場。エースとしてチームを優勝に導き、「橋戸賞」を受賞する。その頃から球の速さは抜群で、当時メジャーリーグ随一の快速球投手だったボブ・フェラーにあやかり、「和製火の玉投手」と呼ばれた。

1950年西本幸雄・山根と同じく毎日オリオンズへ入団。1年目から26勝8敗、防御率2.06の好成績を挙げ、新人王最多勝利最優秀防御率のタイトルを獲得。山根と共に日本一の立役者になる。細身の体で小躍りするようなフォームから投げる球はホップし打者が地面ぎりぎりだと思って見逃した球がストライクになったと言う伝説がある。また、足が速かったため代走として起用されたことがある。

1年目の酷使が祟り、2年目からは速球の威力に陰りが見え始める。入団3年目には7勝まで成績が落ち込んだが、カーブの威力に磨きをかけて、4年目の1953年には17勝を挙げて復活。同年の日米野球では、日本のプロ野球選手として初の完投勝利を収めた。1959年まで7年連続で15勝以上の勝ち星を挙げ、日本を代表する投手となる。1962年にコーチ兼任で阪急ブレーブスへ移籍し、同年限りで現役を引退した。

その後は阪急の一軍投手コーチ(1963年 - 1965年)・日本テレビ解説者(1966年 - 1967年)を経て、1970年ヤクルトアトムズの一軍投手コーチに就任。在任中の1971年5月12日肝硬変のため京都府立医科大学附属病院で死去。1985年野球殿堂入りした。

詳細情報

年度別投手成績





















ブ



ド





















ボ







W
H
I
P

1950 | 毎日
大毎
 | 48 | 19 | 16 | 3 | 4 | 26 | 8 | -- | -- | .765 | 1098 | 274.2 | 240 | 11 | 55 | -- | 1 | 150 | 1 | 0 | 86 | 63 | 2.06 | 1.07
1951 | 31 | 11 | 7 | 1 | 3 | 10 | 8 | -- | -- | .556 | 586 | 144.1 | 139 | 6 | 29 | -- | 0 | 55 | 1 | 0 | 55 | 39 | 2.42 | 1.16
1952 | 26 | 11 | 4 | 1 | 1 | 7 | 6 | -- | -- | .538 | 439 | 110.1 | 94 | 7 | 22 | -- | 0 | 55 | 2 | 0 | 35 | 23 | 1.86 | 1.05
1953 | 50 | 16 | 8 | 1 | 3 | 17 | 14 | -- | -- | .548 | 962 | 248.0 | 198 | 8 | 49 | -- | 1 | 122 | 5 | 0 | 75 | 59 | 2.14 | 1.00
1954 | 49 | 24 | 15 | 5 | 3 | 22 | 12 | -- | -- | .647 | 1068 | 271.0 | 234 | 13 | 43 | -- | 3 | 130 | 0 | 0 | 78 | 70 | 2.32 | 1.02
1955 | 49 | 19 | 11 | 1 | 2 | 18 | 12 | -- | -- | .600 | 972 | 245.0 | 203 | 13 | 59 | 6 | 0 | 130 | 3 | 0 | 70 | 64 | 2.35 | 1.07
1956 | 56 | 20 | 11 | 2 | 5 | 24 | 16 | -- | -- | .600 | 1028 | 263.0 | 202 | 7 | 46 | 5 | 3 | 123 | 2 | 0 | 72 | 62 | 2.12 | 0.94
1957 | 46 | 21 | 6 | 2 | 3 | 15 | 11 | -- | -- | .577 | 707 | 175.2 | 142 | 8 | 41 | 0 | 1 | 87 | 1 | 0 | 64 | 42 | 2.15 | 1.04
1958 | 52 | 24 | 6 | 0 | 1 | 17 | 10 | -- | -- | .630 | 960 | 244.2 | 183 | 11 | 58 | 3 | 3 | 109 | 2 | 0 | 74 | 58 | 2.13 | 0.99
1959 | 55 | 4 | 1 | 0 | 0 | 17 | 8 | -- | -- | .680 | 632 | 159.1 | 136 | 12 | 36 | 1 | 0 | 72 | 1 | 0 | 55 | 40 | 2.25 | 1.08
1960 | 21 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 2 | -- | -- | .000 | 165 | 38.2 | 38 | 3 | 10 | 1 | 0 | 24 | 0 | 0 | 23 | 18 | 4.15 | 1.24
1961 | 23 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | -- | ---- | 107 | 26.0 | 24 | 1 | 8 | 0 | 1 | 10 | 1 | 0 | 7 | 7 | 2.42 | 1.23
1962 | 阪急 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | -- | -- | ---- | 9 | 2.0 | 1 | 0 | 2 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 1 | 1 | 4.50 | 1.50
【通算:13年】
508 | 169 | 85 | 16 | 25 | 173 | 107 | -- | -- | .618 | 8733 | 2202.2 | 1834 | 100 | 458 | 16 | 13 | 1069 | 19 | 0 | 695 | 546 | 2.23 | 1.04
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 毎日(毎日オリオンズ)は、1958年に大毎(毎日大映オリオンズ)に球団名を変更

タイトル

表彰

記録

背番号

  • 11 (1950年 - 1961年)
  • 31 (1962年)
  • 30 (1963年 - 1965年)
  • 50 (1970年)
  • 61 (1971年)

脚注

  1. ^ 年度別成績 1950年 パシフィック・リーグ
  2. ^ 『朝日新聞』1971年5月12日付夕刊 (3版、9面)

関連項目

外部リンク

業績
パシフィック・リーグ新人王
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 

記述のない年は該当者なし

パシフィック・リーグ最多勝利投手
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


パシフィック・リーグ最優秀防御率
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


パシフィック・リーグ ベストナイン(投手)
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 


毎日オリオンズ、毎日大映オリオンズ開幕投手
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 
2010Happy Mail