このキーワード
友達に教える
URLをコピー

菅直人とは?

移動先: 案内検索
 | 

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典が不足しています。存命人物の記事は特に、検証可能性を満たしている必要があります。(2010年8月)
  • 中立的な観点に基づく疑問が提出されています。(2010年8月)
  • 独自研究が含まれているおそれがあります。(2010年8月)
  • 正確性に疑問が呈されています。(2010年8月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2010年8月)

日本政治家
菅 直人
かん なおと

2011年1月29日(64歳)

【生年月日】
(1946-10-10) 1946年10月10日(71歳)
【出生地】
日本 山口県宇部市
【出身校】
東京工業大学理学部
応用物理学科卒業
【前職】
菅・高橋特許法律事務所所長
【現職】
衆議院懲罰委員会委員
【所属政党】
(社会市民連合→)
(社会民主連合→)
(新党さきがけ→)
(旧民主党→)
(民主党→)
(民進党→)
立憲民主党(菅グループ)
【称号】
衆議院永年在職議員
弁理士
理学士(東京工業大学・1970年)
【配偶者】
菅伸子
【親族】
菅實(祖父)
姫井千恵子(叔母)
菅源太郎(息子)
【公式サイト】
菅直人公式サイト
第94代 内閣総理大臣

【内閣】
菅内閣
菅第1次改造内閣
菅第2次改造内閣
【在任期間】
2010年6月8日 - 2011年9月2日
【天皇】
今上天皇(明仁)
副総理
内閣府特命担当大臣(経済財政政策)

【内閣】
鳩山由紀夫内閣
【在任期間】
2009年9月16日 - 2010年6月8日
第13代 財務大臣

【内閣】
鳩山由紀夫内閣
【在任期間】
2010年1月7日 - 2010年6月8日
内閣府特命担当大臣(科学技術政策)

【内閣】
鳩山由紀夫内閣
【在任期間】
2009年9月16日 - 2010年1月7日
第85代 厚生大臣

【内閣】
第1次橋本内閣
【在任期間】
1996年1月11日 - 1996年11月7日
その他の職歴

衆議院議員
(1980年6月23日 - 現職)

菅 直人(かん なおと、1946年(昭和21年)10月10日 - )は、日本政治家弁理士(登録番号:07558)。立憲民主党所属の衆議院議員(13期)、国のかたち研究会会長、立憲民主党最高顧問。

厚生大臣(第85代)、副総理財務大臣(第13代)、内閣府特命担当大臣(科学技術政策経済財政政策)、内閣総理大臣(第94代)、旧民主党代表、民主党代表(初代・第3代、第8代)、民主党政策調査会長民主党幹事長、民主党代表代行などを歴任した。中選挙区制時代の選挙区は旧東京7区小選挙区比例代表並立制導入後は東京18区および比例東京ブロック

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 幼少期
    • 1.2 学生運動から市民運動へ
      • 1.2.1 市川房枝立候補運動
    • 1.3 政界入り
      • 1.3.1 無所属立候補
      • 1.3.2 社会市民連合・社会民主連合
    • 1.4 非自民連立政権から自社さ政権へ
    • 1.5 初入閣・厚生大臣として
      • 1.5.1 薬害エイズ事件
      • 1.5.2 O157とカイワレ問題
    • 1.6 民主党結党、初代党代表
    • 1.7 二度目の代表就任
      • 1.7.1 民由合併・マニフェストの導入
      • 1.7.2 年金未納の発覚と党代表辞任
      • 1.7.3 代表辞任後
    • 1.8 トロイカ体制時代
    • 1.9 鳩山由紀夫内閣
    • 1.10 内閣総理大臣
      • 1.10.1 小沢グループとの党内対立
      • 1.10.2 諫早湾干拓事業問題
      • 1.10.3 東日本大震災、福島第一原子力発電所事故
      • 1.10.4 菅おろし
      • 1.10.5 退陣へ
    • 1.11 首相退任後
      • 1.11.1 民進党成立後
      • 1.11.2 立憲民主党成立後
  • 2 政策・主張
  • 3 言動と評価
    • 3.1 人柄・人物評
    • 3.2 政治家として
    • 3.3 東日本大震災、福島原発事故への対応と評価
      • 3.3.1 評価
  • 4 政治資金
    • 4.1 在日韓国人からの献金
    • 4.2 政権交代をめざす市民の会への献金
  • 5 主な所属団体・議員連盟
  • 6 著書
  • 7 家族・親族
    • 7.1 菅家
    • 7.2 姫井家
    • 7.3 系図
  • 8 その他
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 参考文献
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

経歴

幼少期

1946年10月10日岡山県出身の父・菅寿雄の勤務先、山口県宇部市に長男として生まれた。本籍地は岡山県久米郡福渡町(現在の岡山市北区建部町)。父・寿雄は宇部曹達(現セントラル硝子)に勤める技術者(後に常務)だった。母は純子。姉が一人いる。

宇部市立神原小学校を経て1959年3月に宇部市立琴芝小学校卒業。1962年3月、宇部市立神原中学校卒業。同年4月山口県立宇部高等学校へ進学。少年時代は、勉強はできるが運動神経は鈍かった。幕末志士高杉晋作に憧れていた。この頃は父と同じ東京工業大学に進み、サラリーマン技術者になろうと考えていた。 1963年、高校2年生の夏、父の転勤に伴い菅一家は東京都三鷹市に引っ越し、東京都立小山台高等学校2年に編入。父は再度の転勤で三重県に引っ越すが菅は姉と東京に残る。その後、津田塾大学に入学していた従姉の伸子が菅家で下宿を始める。1965年3月、卒業。

学生運動から市民運動へ

同年、東京工業大学理学部に入学、一年後に応用物理学科へ進学。在学中は学生運動にのめり込んだ。東工大の同級生によれば、大学の自治会に入り込んでいた中核派に対して菅は「“イデオロギーでは何もかわらない。現実的な対応をしなければ”」と批判し、15人ほどの組織「全学改革推進会議」を立ち上げて極左系とは違う学生運動を行った。この全学改革推進会議は先鋭化していく全共闘共産党の支配下にある民青とも異なり、大学寄りの体制側グループでもない第4のグループであった。この集団は200人ほどの組織になったともいわれる

大学紛争の影響で卒業研究が出来なかったため、紛争が収まった後できちんとやりたいとの自身の意向により一年留年1970年3月、東京工業大学理学部応用物理学科を卒業。結婚については菅伸子を参照。

弁理士を目指し、小田島特許事務所に就職。1971年、弁理士試験に合格。弁理士を志望したのは、技術者であった父から、会社内での技術者の不遇を聞かされており、本屋で見つけた弁理士の本で関心を持ち、有名企業に就職しても「自分の将来・先が見える等」の理由からだった。また、「社会運動に関わりたい、そのためにはあまり拘束されない自営できる道を確保したい」というのが最大の理由だった。1974年に独立して「菅特許事務所」を開設する。その後弁護士となっていた大学の後輩とともに菅・高橋特許法律事務所を設立した。

市川房枝立候補運動

1971年、東京の地価高騰に疑問を抱き一橋大生の協力を得て土地問題のシンポジウムを開催。1972年の春に「宅地並み課税推進討論集会」を開催し、市川房枝青島幸男青木茂都留重人を招く。「よりよい住まいを求める市民の会」と「恐怖の化学物質を追放するグループ」を結成し、市民運動を展開。

1973年、市川や青木が代表幹事を務める「理想選挙推進市民の会」から誘われて東京都議会議員選挙を手伝い、その後菅らのグループは市民運動の成果を政治に反映させたいと考え、1971年の参議院選挙で落選し引退を宣言していた市川に1974年の参院選全国区への立候補を依頼。市川は度重なる要請にも応じなかったが、菅らは「市川房枝を勝手に推薦する会」を結成。根負けした市川が立候補を決めたことを受けてグループは「市川房枝さんを推薦する会」を結成し、菅が選挙事務長に就任した。20日間余りの選挙運動で人員の手配や事務管理などを切り盛りした菅は「庶務課長」と呼ばれ、市川は2位当選した。市川が1981年に死去した際、菅は「政治家としての発言力、信頼性は恐らくナンバーワンで、なにより存在そのものに意味がありました」「私は何ものにも替えがたい貴重な薫陶を受けたと感謝しています」といった言葉を寄せている。

政界入り

無所属立候補

市川の支援団体「あきらめないで参加民主主義をめざす市民の会」の支持を得て、1976年第34回衆院選旧東京7区から無所属で立候補するも次点で落選。

社会市民連合・社会民主連合

1977年、江田三郎の要請を受けて社会市民連合に参加したが、市川房枝から反対され「参加民主主義をめざす市民の会」から退会した。社会市民連合では江田とともに代表に就任し、1977年第11回参院選東京都選挙区から出馬したが7月10日、落選。

1978年田英夫らが合流した社市連は社会民主連合となり、菅は副代表に就任。1978年度版の平凡社百科年鑑に市民運動家として掲載された。

1979年第35回衆院選では東京7区(当時)から社民連公認で出馬したが10月7日に次々点で落選した。この頃は経済的に苦しく、弁理士業務の傍ら補習塾を開いていた。

衆参ダブル選挙となった1980年第36回衆院選では6月22日、前回を9万近く上回る票を獲得し1位で初当選。当時の朝日新聞社石川真澄記者は、自宅が菅の選挙区の近くだったこともあり、裏方の手伝いをし、当選後も自宅に菅が来ることがあった。些細な雑談の折に、石川記者は「甘いマスクで上手に隠しているが、頭のいい勉強家」であると感じている。マスコミは「政治家の秘書や二世、官僚ではなく、労組宗教団体の支援も持たない、いわば『顔のない男』が激戦区を勝ち抜いた」「市民選挙の有効性を実証」と書き立てた。土地問題や税制などを中心に、政府を鋭く追及する市民派の論客として知られるようになっていった。1981年には丸山ワクチンの不認可問題を追及し、後の薬害エイズ事件につながる官僚との対立姿勢を見せた。

1983年12月18日第37回衆議院議員総選挙で当選(2期目)。 1985年、社会民主連合副書記長兼政策委員長に就任。 1986年7月6日第38回衆議院議員総選挙で当選(3期目)。この総選挙で社会民主連合は4議席を獲得したが、選挙直後に2人ずつ日本社会党会派と民社党会派に分かれて所属することになり(その結果民社党会派が日本共産党会派を数で上回り、議会内ポストを共産党会派に渡すことを阻止した)、菅は社会党会派に属した。この形式は、1990年の総選挙まで続いた。1990年2月18日第39回衆議院議員総選挙で当選(4期目)。

1992年6月13日PKO国会において、衆議院本会議中西啓介議院運営委員長解任決議案に賛成の討論を行ったが、制限時間を過ぎても演説を続け、衛視に壇上から押し出され降壇させられるなどPKO協力法の成立に激しく抵抗した。

非自民連立政権から自社さ政権へ

1993年7月18日第40回衆議院議員総選挙で当選(5期目)。1993年に成立した細川非自民連立政権では、衆議院外務委員長に就任した。

1994年の社会民主連合が解散。その後は新党さきがけに入党。村山自社さ連立政権では、新党さきがけ政策調査会長として、政策調整に当たった。当時の自民党政調会長加藤紘一とは「KKライン」と呼ばれ、この時代に「住専処理スキーム」が決定。また、さきがけ東京代表として1995年統一地方選挙第17回参議院議員通常選挙で党勢拡大に尽力。

初入閣・厚生大臣として

1996年1月、村山内閣総辞職後成立した第1次橋本内閣厚生大臣(第74代)として入閣した。薬害エイズ事件O157の集団感染の問題、らい予防法の廃止と、厚生省所管の国務大臣として対応した。

薬害エイズ事件

薬害エイズ事件」も参照

1995年(平成7年)秋、エイズ訴訟問題の集会で妻の伸子が川田龍平と会ったことがきっかけでこの問題に関わるようになる。新党さきがけは党を挙げて取り組む方針を決め、菅は自民・社会両党にプロジェクトチーム作りを提案するが拒否される。翌1996年1月の橋本政権発足にあたり、自民党は自社さ連立政権政策合意文として「薬害問題を教訓として再発防止に努める」を提案するが、菅は「教訓といったらもう終わってしまったことのようではないか」と反発、「責任問題を含めて真相究明に努める」と改められた。また橋本龍太郎総理大臣が行う施政方針演説に盛り込まれていた自民党案も、合意文に改めさせた。前政権の大蔵大臣に代わる重要ポストとしてさきがけが厚生大臣に送り込んだ菅は、住専問題処理の難航で第136回国会後の衆議院解散もあり得ると考え、3カ月でできることとしてエイズ訴訟の和解と公的介護保険導入の2つに絞った。

1996年(平成8年)1月23日、菅は11人の専従スタッフによる薬害拡大の原因解明調査班を設置。26日、それまで厚生省が見つからないと繰り返し主張していた、1983年(昭和58年)当時のエイズ研究班による通称「郡司ファイル」が、3階にある薬務局審査課の書庫で発見された。ファイルの内容は非加熱製剤の危険性を十分認識しているものだった。2月9日に報告を受けた菅は同日夜の緊急記者会見で発表。発見から2週間かかったことについて「厚生省は建物が大きいので、担当者から大臣のところまでたどり着くのに2週間かかったようだ」とコメントした。この発見について飯島勲は、内部資料の捜索は前任の森井忠良が始めたものであり、菅は森井と官僚たちの手柄を横取りしたと主張している。一方菅は「資料がわずか3日で見つかるのはおかしい」との質問に「調査班を設置して本格的に調査を始めた。そして見つかった」と答えている。

また、テリー伊藤と対談した当時の大蔵省官僚(匿名)は当時の菅の指示について、「あいつ(菅)は本当に頭がいいなあとわれわれが驚いたのは、それを小さい単位にしたことですよ。小さく分けた。しかも縦に分けた。(中略)どういう分け方かと言うと、単に班をつくったわけじゃなくて、この部屋のこのロッカーはこの3人、このロッカーはあんただけ、というふうに細かく縦に分けたんです。それを全部自分で割り振った。それを表にして突きつけた。文句いいようがなかった。ロッカーが自分の責任になったら、それは探しますよ。(後略)」と述べている。

2月16日、菅は厚生省で原告や弁護団を前に「菅も官僚も誤る」「謝ってすむ問題ではありませんが、本当に心から、心からお詫びいたします」と謝罪し、頭を下げた。またある女性が持ってきた、息子の骨壷に跪いて手を合わせ、この光景にすすり泣きの声とともに拍手がわいた。菅が厚生大臣として厚生省の責任を認めたことで、真相究明を求める世論が高まった。

この事件の菅の処理について、彼の対談の際、カレル・ヴァン・ウォルフレンらは、日本に初めて官僚説明責任という概念を持ち込み、『アカウンタビリティ』という言葉を定着させたと述べている。2月21日に厚生省が公開した薬務局生物製剤課の資料では、1983年(昭和58年)7月4日に、危険な非加熱製剤の取り扱い中止と安全な加熱製剤の輸入を奨励しているのに対し、7月11日の資料は正反対の内容となっていた。この方針転換について、荒賀泰太薬務局長は課の方針ではないとしたが、菅は衆議院厚生委員会で「転換理由を判断できる資料はなく不可解」と答弁した。

O157とカイワレ問題

O157」および「風評被害」も参照

1996年8月のO157騒動の時には「大阪府内の業者が出荷したカイワレ大根が原因となった可能性は否定できない」と発表。その直後からカイワレ大根への風評被害が発生し、結果倒産破産するカイワレ農家や業者(その大半が自営業者零細企業であった)が続出、自殺者まで出る事態となった。しかし、その後の立入検査においては施設、従業員および周辺環境からはO157は検出されなかったため、菅は記者会見でカイワレサラダを食べることで、安全性をアピールし、沈静化を図った。一方で「O157以外の通常自然界に存在するはずの細菌も一切検出されなかったのだから、事件後消毒されたことは明白で証拠隠滅が図られた」などと主張した。

その後、東京と大阪で風評被害を受けたカイワレ大根生産業者らが起こした国家賠償を求める民事裁判では、2002年には大阪地裁判決文で「当時のO-157感染症の発生状況に照らし、これから更なる調査を重ねなければならない状況下において、かかる過渡的な情報で、かつ、それが公表されることによって対象者の利益を著しく害するおそれのある情報を、それによって被害を受けるおそれのある者に対する十分な手続的保障もないまま、厚生大臣が記者会見まで行って積極的に公表する緊急性、必要性は全く認められなかったといわざるを得ない」として、「中間報告の公表は、相当性を欠くものと認定せざるを得ない」と厚生大臣だった菅および厚生労働省公表方法の過失と風評被害を認定した。この大阪地裁での判決について、菅は、ホームページ上で「十分な科学的根拠がない」と判決が認定した疫学調査は、集団食中毒などでは極めて有効な調査方法であるとして「裁判官の判断は疑問」と反論した。しかし2004年にも大阪高裁の判決では、厚生省の公表によって「被控訴人が被る打撃や不利益に思いを至せば、その時点では、公表すべき緊急性、必要性があったものということはできない」「公表方法の選択が政策的判断であるという見地に立つとしても、その判断には逸脱があり違法である」と当時の菅大臣および厚生省の過失を認定し、国側が敗訴した。

ほか、1996年8月、シュレッダーダストの大量不法投棄で問題になった香川県豊島(てしま)へ、厚生大臣としては初めて現地視察に入った。

  • 菅の厚生大臣在任中に、基礎年金番号制度の導入が閣議決定された(導入は小泉純一郎が厚相だった1997年1月)。そのため、2007年に自民党から年金記録問題(「消えた年金記録」問題)についての責任を問う主張があった。これに対して、菅は問題の原因は基礎年金番号の導入ではなく年金記録の名寄せ作業がしっかりできていなかったためであるとして「言いがかり以外の何ものでもない」と反論した。

民主党結党、初代党代表

1996年9月28日新党さきがけ鳩山由紀夫旧民主党を旗揚げすると、これに菅も参加。菅は鳩山と共に代表となり旧民主党がスタートした。結党当初は衆議院議員50人、参議院議員5人の計55人が参加した。 1996年10月20日、初の小選挙区比例代表並立制での選挙となる第41回衆議院議員総選挙東京18区より立候補し当選(6期目)

1998年4月27日新進党分党後に誕生した統一会派「民主友愛太陽国民連合(民友連)」と合流し新民主党を結成、党代表となる。合流当初は衆議院議員98人、参議院議員38人の136人が参加した。

1998年7月12日の第18回参院選で27議席を獲得する。参議院は自民党が過半数割れとなり、橋本龍太郎首相は敗北の責任から内閣総辞職に追い込まれた。内閣総理大臣指名選挙では、自由党日本共産党は第一回投票から菅に投票し決選投票では公明改革クラブ社民党・さきがけの支持もあり参議院では首相に指名されたが、衆議院の優越により衆議院の議決で指名された小渕恵三が首相となった。

1999年(平成11年)に2回行われた民主党代表選挙で、1月には再選するが松沢成文と拮抗し、9月には鳩山由紀夫に敗北した。この直後、党政策調査会長に就任した。

二度目の代表就任

2000年(平成12年)に党幹事長に就任。同年6月25日第42回衆議院議員総選挙で当選(7期目)。2002年(平成14年)12月に鳩山由紀夫代表が辞任すると、岡田克也幹事長代理を代表選で破り、党代表に再び就任。次の内閣の総理大臣にもあわせて就任した(社民連時代は社会党シャドーキャビネットに入閣しなかった)。政治家の年金未納問題により辞任に追い込まれる2004年5月10日まで務めた。

民由合併・マニフェストの導入

2003年9月26日に小沢一郎が党首を務める自由党との合同を実現した(民由合併)。

同年11月9日の第43回衆院選では「高速道路の原則無料化」、「小学校低学年の30人以下の学級実現」などをマニフェスト(政策綱領)に掲げ、公示前勢力を大幅に上回る177議席を獲得し、比例代表では自民党を上回った。菅代表は衆院選を迎えるに当たり、時の小泉首相に対し、自民党はマニフェストを国民の前に提示するかどうかを迫り、期限や事後チェック付きの政権公約としてのマニフェストと従来の公約との違いを自民党にも明確化するよう迫った。小泉首相は、政党統一の政権公約として期限や事後チェックなどマニフェストとしての扱いを受けることを嫌い明言を避け続けていたが、実際に2003年衆院選が行われることになると、小泉自民党を含む主要政党のほとんどがマニフェストを掲げて選挙戦を戦うこととなり、結果として菅および民主党が日本におけるマニフェスト選挙の定着に大きな役割を果たすこととなる。菅個人は、この2003年衆院選において初めて小選挙区のみで出馬し、比例上位優遇で国替えしてきた鳩山邦夫を破った(8期目)。(鳩山邦夫は比例復活)。

年金未納の発覚と党代表辞任

政治家の年金未納問題」も参照

小泉内閣閣僚3人の国民年金未納が相次いで発覚した際、菅は街頭演説で「ふざけてますよね。未納三兄弟っていうんですよ」と自民党議員を批判し、年金未納問題に火を付けた(“未納三兄弟”は、1999年に発売された歌『だんご3兄弟』にちなむ)。年金未納閣僚はその後も続々と発覚した。これをチャンスと捉えて民主党次の内閣全員の国民年金納付書を公開して国民にアピールしようとしたところ、菅自身の厚生大臣時代の年金未払い記録が明らかとなった。菅は行政側のミスであると何度も主張したが、行政側がその都度強く否定し、マスコミ報道等による世論により、2004年5月10日に党代表を辞任。しかし、辞任後、社会保険庁側から間違いを認め

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/05/19 11:33

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「菅直人」の意味を投稿しよう
「菅直人」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

菅直人スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「菅直人」のスレッドを作成する
菅直人の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail