このキーワード
友達に教える
URLをコピー

菊池雄星とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
岩手県盛岡市
【生年月日】
(1991-06-17) 1991年6月17日(27歳)
【身長
体重】
184 cm
100 kg
【選手情報】

【投球・打席】
左投左打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2009年 ドラフト1位
【初出場】
2011年6月12日
【年俸】
2億4,000万円+出来高(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

派遣歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


菊池 雄星(きくち ゆうせい、1991年6月17日 - )は、岩手県盛岡市出身のプロ野球選手(投手)。左投左打。埼玉西武ライオンズ所属。ホリプロとマネジメント契約を結んでいる。フリーアナウンサーの深津瑠美は妻。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 西武時代
  • 2 選手としての特徴
  • 3 人物
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別投手成績
    • 4.2 年度別守備成績
    • 4.3 タイトル
    • 4.4 表彰
    • 4.5 記録
    • 4.6 球速に関する記録
    • 4.7 背番号
    • 4.8 登録名
    • 4.9 登場曲
  • 5 脚注
    • 5.1 注釈
    • 5.2 出典
  • 6 関連項目
  • 7 外部リンク

経歴

プロ入り前

小学3年生の時に見前タイガースで一塁手として野球を始める。盛岡市立見前中学校在学中は盛岡東シニアでプレー。この頃から本格的に投手へ転向した。3年春に東北大会準優勝。東北選抜の一員に選ばれ、全国大会準優勝に貢献。花巻東高等学校に進学。

高校1年時、第89回全国高等学校野球選手権大会に出場。一回戦・新潟明訓高等学校戦にリリーフ登板し5回を1失点に抑えるもその1点が決勝点になりに0対1で敗退。この試合では145km/hの速球を投げたが、速球にこだわりすぎたことにより制球が乱れ、秋の県大会では1回戦で敗退した。2年春には球速も149km/hまでアップし、腰痛の不安で公式戦初先発となった2年春の東北大会準々決勝・仙台育英戦では6対2で完投勝利した。夏は県大会準々決勝で敗退。

3年春に秋の試合内容が高く評価され、逆転で第81回選抜高等学校野球大会に出場。初戦の北海道鵡川高等学校戦では最速152km/hを記録、9回1死まで無安打の投球で2安打完封。2回戦明豊高等学校戦でも9安打を浴びたが、勝負どころでは凄みを見せ2試合連続の完封。準々決勝・山口県立南陽工業高等学校戦ではビハインドの状況でリリーフ登板、4回無失点で逆転勝利。準決勝・宮城県利府高等学校戦では2点本塁打を浴び初失点を喫したが5安打2失点完投。決勝では、長崎県立清峰高等学校今村猛との投手戦になるも0対1で敗れ、岩手県勢初の優勝とはならなかった。3年夏は春に続き第91回全国高等学校野球選手権大会に出場。春の選抜決勝で花巻東と戦った清峰高校は、長崎大会準々決勝で大瀬良大地を擁する長崎日本大学高等学校に敗れていたが、夏の大会1回戦では清峰を破った長崎日大と当たり、3本塁打を打たれながらも8対5で勝利。夏の大会は後述の背中の痛みを隠しながら登板を続けていた。岩手県勢では夏の甲子園41年ぶりのベスト8進出を決めた東北高等学校戦では自己最速となる154km/hをマーク(甲子園の電光掲示板には154km/hと表示、千葉ロッテマリーンズスカウトのスピードガンでは155km/hを計時)。準々決勝では今宮健太を擁する明豊高等学校と当たり、4回までパーフェクトと好投を見せ、7対6で勝利するも、腰痛を訴え5回にベンチに退いた。準決勝の中京大学附属中京高等学校戦では背筋痛のため先発せず、4回2死満塁から登板するも打ち込まれ、わずか11球でマウンドを降板、1対11で敗れた。菊池はその後の精密検査で、左の5本目の肋骨が折れていたことが判明した。

ドラフト会議前にはメジャーリーグ球団からも注目され、元々の志望もありメジャーリーグ挑戦も考え、国内12球団に加え、メジャーの8球団とも面談。中でもテキサス・レンジャーズとの面談では、この年メジャーに定着したデレク・ホランドが同席した。全球団との面談終了後に菊池は、「どちらも素晴らしいと思いました。今は決めかねているんで、どちらも行きたいのが正直な気持ちで話を聞く前よりも迷っています」と語ったが、10月25日に「まだまだ自分のレベルでは世界で通用しないと思いました。日本の方全員に認められてから、世界でプレーしたいと思いました」として日本のプロ野球でプレーすることを表明した。

2009年10月29日に行われたドラフト会議では、埼玉西武ライオンズ阪神タイガース東京ヤクルトスワローズ東北楽天ゴールデンイーグルス中日ドラゴンズ北海道日本ハムファイターズの6球団による1巡目指名を受け、競合の末に西武が菊池の交渉権を獲得した。菊池は11月21日に契約金1億円+出来高5000万円、年俸1500万円(金額は推定)で仮契約し、背番号は「17」に決まった。

西武時代

2010年1月19日に球団から登録名を「雄星」とすることが発表された。このため背ネームが「KIKUCHI」のユニフォームは入団発表で着用しただけで、キャンプからは背ネームも「YUSEI」となった。2月16日には入学願書を提出していた東北福祉大学総合福祉学部通信教育部社会福祉学科に合格。これは、野球選手を引退後もスムーズに働けるようにとの考えからである。また、プロ入り後に大学に合格した例は極めて珍しく、プロ野球選手としての生活の傍ら、大学通信教育教育職員免許状を目指すとしていた。同年の新人としては非常に注目され、かつ契約金等も高かったことから、その契約金を元手に「ぜひ後輩にも使ってほしい」との心意気で、3月24日には420万円の酸素カプセルを購入し、寮の自室に設置した。しかし、部屋の一角を大きく占有したうえ、取扱説明書をよく読まずに操作したため、機械から蒸気が出て部屋の温度が30度という熱帯状態を作りだした揚句、故障したという。シーズンでは左肩痛の発症により一軍登板はなく、二軍戦でも5月4日以来登板はなくリハビリに終始した。オフにはホリプロとマネジメント契約を結び、12月24日には本人の希望により登録名を本名の「菊池雄星」に変更すると発表された。

2011年はフォームをスリークォーターに戻し、開幕一軍入りを果たす。中継ぎ投手としてベンチ入りするも登板機会は無く4月22日に登録抹消となった。二軍で調整した後、6月12日の阪神戦で一軍初登板・初先発するも2回1/3を4失点で降板。それでも初めての一軍登板を終えた嬉しさからか、試合後のインタビューで涙を流した。その後二軍での調整を経て30日のオリックス戦に先発し、5回を2失点でプロ初勝利を挙げた。8月18日の楽天戦では8回まで無失点の好投をし、9回表に山崎武司に通算400号本塁打を打たれたものの、初完投勝利。8月31日には、故郷・岩手県での試合に登板し、打線の援護がなくプロ初黒星を喫したもののシーズン2度目の完投。結局9試合に先発し4勝をあげた。シーズン終了後の11月8日から12月22日まで、オーストラリアABLメルボルン・エイシズに派遣され、5試合の登板で1勝2敗、防御率4.38、WHIP1.54の成績を残し、オールスターゲームにも出場。12月26日に契約更改した。

2012年は開幕を二軍で迎え、稲尾和久の背番号『24』が永久欠番となることを記念するメモリアルゲームとして開催された7月1日の日本ハム戦で一軍に昇格し先発。勝敗はつかず8回を投げ6安打3失点の投球だったが、プロ入り後の最速となる150km/hを記録。この試合ではこのシーズン初の三重殺が達成された。15日のオリックス戦では6回から登板し4回を無失点に抑え、プロ入り後初セーブを記録している。8月から9月にかけては8試合に先発し3勝2敗、防御率2.20、WHIP1.05と好投を続けた。12月4日に300万円増の年俸2300万円で契約更改した。

2013年は開幕一軍入りし、3月30日の日本ハム戦では高校の後輩でもある大谷翔平と対戦し、2三振に抑えた。4月13日の楽天戦では9回を3安打無失点に抑え、プロ入り後自己最速となる最速153km/hも記録する投球でプロ入り後初完封勝利を挙げる。6月12日の中日戦では9回1死までノーヒットノーランの好投を見せる。7月5日のロッテ戦で9勝目を挙げ、オールスターに初選出される。しかし後半戦からは2試合連続で4失点を喫し、7月から異変があったという左肩の炎症で8月7日に登録抹消され、そのままシーズンを終え、自身初の2桁勝利を逃した。シーズン終了後、現役引退したばかりの石井一久を引き継ぎ背番号を16へ変更。

2013年

2014年も開幕一軍入りし先発ローテーションでの活躍が期待された。しかしこの年は思うように調子が上がらず、前年の活躍から一転不振に陥る。防御率自体は3.54とそこまで悪くなかったが、規定投球回に届いていないにも関わらずリーグ1位の78個の四球を与えるなどコントロールに苦しみ、WHIPも1.51とかなり問題がある数字となってしまった。最終的に前年を上回る23試合に登板したものの、5勝11敗と大きく負け越す結果となってしまった。

2015年7月16日、第1回WBSCプレミア12の日本代表第1次候補選手65名に選出されていたが、9月に発表されたトップチーム候補選手45名からは漏れた。9月13日、西武プリンスドームでのロッテ戦の初回にプロ入り後の自己最速を更新する155km/hをマークすると、続く2回にはプロ野球一軍戦における当時左腕史上最速となる157km/hを記録した(二軍戦ではソフトバンクの左腕・川原弘之投手が158km/hをマークしている)。

2016年は自身初の開幕投手を務め、8月26日の対北海道日本ハムファイターズ21回戦(県営大宮球場)で、自身初の2桁勝利を達成し、9月28日の対北海道日本ハムファイターズ25回戦(西武プリンスドーム)で6回を投げ1失点、規定投球回にちょうど達し、自身初の規定投球回をクリアし防御率はリーグ2位だった。この試合は、日本ハム優勝決定試合かつ大谷と同高出身対決で大谷が1安打完封し、菊池には負けがついた。

2017年は2年連続の開幕投手を務め、7回1失点で勝利投手となり、4月21日の日本ハム戦では被安打1で4年ぶりの完封勝利を達成した。7月7日の楽天戦では今シーズン2度目の完封勝利を達成し、7月はこの1完封を含む3勝0敗で防御率0.81の好成績をあげたが、同じく3勝0敗で防御率1.33の東浜巨が7月度の月間MVPを受賞し、惜しくも月間MVPの初受賞を逃した。8月3日の楽天戦では、左腕史上最速の158km/hを記録し、8回1失点で勝利投手となった。シーズン通算では、防御率は2位の則本昂大に0.6の差をつけて最優秀防御率を獲得、白星も東浜と並ぶ16勝で最多勝利を獲得。奪三振は1位の則本と5個差のリーグ2位、WHIPはリーグで唯一の1.0未満であった。自身初のクライマックスシリーズではファーストステージ第1戦で完封勝利を記録したものの、チームは1勝2敗でステージ敗退となった。

選手としての特徴

肩甲骨の可動域が広く、球持ちのよいスリークォーターから最速158km/h・平均約148km/hのストレートと、平均約136km/hのスライダーの2球種で全投球の8割超を占め、その他に平均約117km/hの縦のカーブ、稀にチェンジアップフォークを使用する。

テレビゲーム・実況パワフルプロ野球の影響で2013年からチェンジアップを投球に加え、同年は被打率.106を記録する決め球となった。しかしその後球速が増加してからは制球が難しくなり、「ストレートが走り出すと抜く変化球は難しいのかな」と菊池は語っている。チェンジアップの割合が減少した。

投球フォームは「外旋が一番効く」というスリークォーターだが、「スリークォーターの意識だとオーバースローになる」ためサイドスローを意識することでスリークォーターで投げているという。クイックは高校時代には1.0秒台を記録していた。

高校時代に第81回選抜高等学校野球大会で菊池と対戦経験があるソフトバンクの今宮は、「100%(内角速球)来るとわかっていても打てなかった」と語っていた。プロ入り当初は球威を失っていたが、投球フォームを安定させボールの回転が真っ直ぐになったことで球威が復活した。

打者走者としても一塁到達まで4.0秒台を記録する俊足を誇っている。

福岡ソフトバンクホークスが苦手で、デビューからの同一カード連敗記録を更新し続けており、防御率でも、他のパシフィックリーグ4球団および交流戦の防御率は全て2点台にもかかわらず、対ソフトバンクだけは5点台と相性が悪い。2018年8月24日には、通算で1軍公式戦18試合目の対戦で13敗目を喫し、1960年から1963年にかけて梶本隆夫(阪急ブレーブス)が対南海戦で13連敗を記録して以来55年ぶりにリーグの同一カード連敗記録に並んだ。2017年、16勝を挙げ最多勝のタイトルを獲得した年に6敗しているが、そのうち4敗はソフトバンクに対するものであった。

東北楽天ゴールデンイーグルスに強く、2017年だけで8勝0敗・CS第1ステージでも勝利した。しかし2018年は7月までに記録した2敗はいずれも楽天戦で、楽天戦で3試合に打ち込まれ途中降板している。

人物

利き手は左だが、箸は右利き。

趣味はラーメンの食べ歩きと読書で、若獅子寮入寮の際は「(持っている本の)10分の1くらい」としながらも50冊を超える本を持ち込んだ。日本経済新聞で読書日記を連載した際には、愛読した本として司馬遼太郎『燃えよ剣』、浅田次郎『壬生義士伝』、童門冬二『上杉鷹山』、清水潔『殺人犯はそこにいる』、沢木耕太郎『敗れざる者たち』などに言及している。

小学生時代には野球以外にもバレーボール水泳、器械体操、習字、ピアノ、ソロバン、将棋、絵など数々の習い事をしていた。

好きな投手にはクレイトン・カーショウジオ・ゴンザレスを挙げ、理想の投手にはランディ・ジョンソンを挙げている。球速へのこだわりがあり、世界最速記録となる105mph(約169km/h)を計時したアロルディス・チャップマンも目標としている。

2016年6月24日、フリーアナウンサーの深津瑠美と入籍。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2011 | 西武 | 10 | 9 | 2 | 0 | 0 | 4 | 1 | 0 | 0 | .800 | 231 | 54.1 | 63 | 6 | 8 | 0 | 3 | 24 | 1 | 0 | 26 | 25 | 4.14 | 1.31
2012 | 14 | 12 | 0 | 0 | 0 | 4 | 3 | 1 | 0 | .571 | 339 | 81.1 | 75 | 5 | 25 | 0 | 1 | 57 | 3 | 0 | 34 | 28 | 3.10 | 1.23
2013 | 17 | 17 | 3 | 3 | 1 | 9 | 4 | 0 | 0 | .692 | 441 | 108.0 | 79 | 5 | 44 | 0 | 3 | 92 | 2 | 0 | 28 | 23 | 1.92 | 1.14
2014 | 23 | 23 | 1 | 0 | 0 | 5 | 11 | 0 | 0 | .313 | 615 | 139.2 | 133 | 9 | 78 | 0 | 5 | 111 | 7 | 1 | 61 | 55 | 3.54 | 1.51
2015 | 23 | 21 | 0 | 0 | 0 | 9 | 10 | 0 | 0 | .474 | 542 | 133.0 | 97 | 9 | 55 | 1 | 2 | 122 | 5 | 1 | 48 | 42 | 2.84 | 1.14
2016 | 22 | 22 | 2 | 0 | 0 | 12 | 7 | 0 | 0 | .632 | 595 | 143.0 | 117 | 7 | 67 | 0 | 2 | 127 | 3 | 0 | 51 | 41 | 2.58 | 1.29
2017 | 26 | 26 | 6 | 4 | 0 | 16 | 6 | 0 | 0 | .727 | 735 | 187.2 | 122 | 16 | 49 | 0 | 6 | 217 | 6 | 0 | 49 | 41 | 1.97 | 0.91
NPB:7年 135 | 130 | 14 | 7 | 1 | 59 | 42 | 1 | 0 | .584 | 3498 | 847.0 | 686 | 57 | 326 | 1 | 22 | 750 | 27 | 2 | 297 | 255 | 2.71 | 1.19

年度別守備成績

【年
度】
【球
団】
投手


















2011 | 西武 | 10 | 1 | 12 | 1 | 1 | .929
2012 | 14 | 3 | 14 | 0 | 0 | 1.000
2013 | 17 | 6 | 16 | 1 | 1 | .957
2014 | 23 | 6 | 33 | 2 | 0 | .951
2015 | 23 | 9 | 15 | 3 | 0 | .889
2016 | 22 | 11 | 33 | 1 | 3 | .978
2017 | 26 | 14 | 38 | 2 | 4 | .963
通算 135 | 50 | 161 | 10 | 9 | .954

タイトル

表彰

記録

投手記録
打撃記録
その他の記録

球速に関する記録

背番号

登録名

登場曲

脚注

注釈

  1. ^ 2010年度4月入学者は、同通信教育部の学則により10年後の2020年3月までは在籍可能(万一、休学を余儀なくされた場合でも上限の4回までの休学ならば、在籍自体は2024年3月まで可能)。ただし、2016年度末までに介護実習、2017年度末までに教育実習教職実践演習の単位を確定させなければ、東北福祉大学での教育職員免許状に必要な単位がそろわないことになる。
  2. ^ 併せて、特別支援学校の免許を目指すのであれば、併せて障害者教育実習の単位の確定を要するが、東北福祉大の事情により、万が一かなわない場合は、他学で教育職員免許状のための単位履修が必要になる。これも、期限は2017年度末となる、2018年3月までとなる。
  3. ^ 平均球速は2017年シーズンに基づく。(2017年7月28日現在)

出典

  1. ^ 【西武】菊池雄星が1億4000万円アップ更改、メジャー挑戦は「いま言うことではない」”. スポーツ報知 (2017年12月8日). 2017年12月8日閲覧。
  2. ^ “西武・菊池雄星がブログで結婚発表 お相手はフリーキャスターの深津瑠美「彼の夢を支える」”. ORICON STYLE. (2016年7月6日). http://www.oricon.co.jp/news/2074612/full/ 2016年7月6日閲覧。
  3. ^ “プロの星へ 挑む菊池雄星(上)”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年1月15日). オリジナル2010年2月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100226150037/http://www.yomiuri.co.jp/sports/feature/draft09/dr20100114_01.htm 2010年1月29日閲覧。
  4. ^ “新潟明訓、1-0で花巻東下す 高校野球第4試合”. asahi.com (朝日新聞社). (2007年8月10日). http://www2.asahi.com/koshien/news/TKY200708100312.html 2010年1月29日閲覧。
  5. ^ “プロの星へ 挑む菊池雄星(中)”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年1月15日). オリジナル2010年2月26日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20100226153131/http://www.yomiuri.co.jp/sports/feature/draft09/dr20100115_01.htm 2010年1月29日閲覧。
  6. ^ “花巻東が仙台育英撃破”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2008年6月15日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/p-bb-tp3-20080615-372342.html 2010年1月29日閲覧。
  7. ^ “花巻東・菊池雄星「あと3つ!」とV宣言”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2009年3月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2009/news/p-bb-tp3-20090331-477313.html 2010年1月29日閲覧。
  8. ^ “花巻東雄星0封救援&V打4強”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2009年4月1日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2009/news/p-bb-tp3-20090401-477594.html 2010年1月29日閲覧。
  9. ^ “利府力尽く…花巻東に優勝託す”. nikkansports.com (日刊スポーツ新聞社). (2009年4月2日). http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/senbatsu/2009/news/p-bb-tp3-20090402-477962.html 2010年1月29日閲覧。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/09/19 12:37

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「菊池雄星」の意味を投稿しよう
「菊池雄星」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

菊池雄星スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「菊池雄星」のスレッドを作成する
菊池雄星の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail