このキーワード
友達に教える
URLをコピー

藤原師実とは?

凡例
藤原師実 【時代】
平安時代中期 - 後期
【生誕】
長久3年(1042年)
【死没】
康和3年2月13日(1101年3月14日)
【改名】
師実→法覚(法名)
【別名】
京極殿、後宇治殿
【官位】
従一位摂政関白太政大臣
【主君】
後冷泉天皇後三条天皇白河天皇堀河天皇
【氏族】
藤原北家御堂流
【父母】
父:藤原頼通、母:藤原頼成娘・祇子
【兄弟】
通房橘俊綱覚円、定綱、忠綱
寛子師実
養兄弟:嫄子源俊房仁覚信家
【妻】
正室:藤原信家養女・麗子
源頼国娘、藤原基貞娘、藤原永業娘、
平行親娘、源則成娘、平定親娘、
源顕房または源師賢娘、藤原忠俊娘、
清円または頼円娘
【子】
覚実、仁源、師通家忠覚信経実、静意、澄真、能実忠教、仁澄、尋範行玄、増智、永実、玄覚、忠長
藤原基隆室など
養子:賢子篤子内親王

藤原 師実(ふじわら の もろざね)は、平安時代中期から後期(院政期)にかけての公卿歌人藤原北家関白藤原頼通の六男。官位従一位摂政、関白、太政大臣

目次

  • 1 経歴
  • 2 官歴
  • 3 系譜
  • 4 脚注
  • 5 外部リンク

経歴

頼通の子の内、祇子所生の男子は正室・隆姫女王と嫡男・通房(母は源憲定の娘)への配慮から全員他家へ養子に出されていたが、師実の誕生から程なく通房が急死したため、師実が摂関家の後継者に立てられた。

師実は養女の賢子(源顕房の娘)を白河天皇に入内させると、賢子は天皇の寵愛を受け、さらに長男・敦文親王を産んだため中宮に冊立され(敦文親王は早世するが、後に善仁親王(後の堀河天皇)を産む)、師実の後宮政策は成功した。後に、叔父で関白・教通の生前より、教通およびその子で従兄の信長と摂関・藤氏長者の地位をめぐって対立するが、そもそも頼通から教通へ継承される際に「教通は一代限りで、次代は頼通の子に継承させる」とする遺言があり、上東門院彰子などの監視もあったために、教通・信長親子は師実を完全に排除することができず、逆に、教通が左大臣職を師実に譲るなどして、遺言を実行するような気配を見せるなどせねばならなかった。頼通・師実家の権勢を削るために、自らも痛手を受けることを覚悟の上で、後三条天皇が行った延久荘園整理令の施行を事実上容認したりもしている。

信長に摂関の地位を継承させることができないままに教通が死去すると、師実は左大臣として既に「一上」であり内大臣の信長よりも上席であり、また、藤原氏との関係が希薄な弟宮達(実仁親王輔仁親王)ではなく、自らと賢子の間に生まれた善仁親王への皇位継承を望んでいた白河天皇と協調し、教通死去後即座に師実が内覧(摂関)・藤氏長者となることに成功した。この体制には反対勢力もあり、信長の二年に渡る出仕停止など対立は数年に及んだが、自らに反対する貴族らの象徴となっていた内大臣の信長を、左大臣である自分を飛び越えさせてまで(事実上名誉職となっていたが、地位的には左大臣より上席の)太政大臣に据えつつも一座宣旨をうけることで、左大臣以下の人事を自らの意のままとして権勢を固めた。

白河天皇も師実には一目置き、院政を開始した後も師実の意向には配慮するように努めている。実際、白河上皇は院庁の人事さえも師実の人選に任せ、師実も上皇の娘郁芳門院が亡くなった時に悲しみに暮れる上皇に代わって葬儀の準備を行っている。

しかし、賢子の入内は村上源氏の勢力伸張をも意味し、さらに子・師通と師実自身の相次ぐ薨去により、若年の忠実が跡を継がざるを得なかったことや、堀河天皇の早世により摂関家が天皇の外戚の座を失ってしまった。師実の現役期には摂関政治は安泰であったが、その死後に結果として弱体化が進む事となった。

和歌に優れ、『後拾遺和歌集』(1首)以下の勅撰和歌集に16首が入首、また家集に『京極関白集』がある。関白を辞した直後の嘉保元年(1094年)に開いた高陽院歌合は非常に盛大なものであり、『高陽院七番歌合』として現在にも伝わっている。また、琵琶源資通に、藤原宗俊に学び、音楽面でも才能を見せたと言われている。

日記に『京極関白記』(『後宇治御記』または『師実公記』とも)がある。

のち、信長の娘(養女)を自らの子息師通の室に迎えている。

官歴

日付はいずれも旧暦に拠る。

系譜

脚注

  1. ^ そもそもは、藤原道長が生前に定めておいた方針に基づいている。
  2. ^ 関白職を獲得するまでの教通の忍従、特に頼通に対して従順であることは、ほとんど卑屈の域に達するものだった。ところがいったん関白に就任すると、教通はこれを自身の子である信長に譲ることを考え始める。教通は頼通が健在でいる間はたびたび関白の辞表を出したり、兼任していた左大臣を辞して頼通の嗣子・師実に譲ったりしていたが、いよいよ死期が近づいた頼通から関白を師実に譲るよう求められると、教通は天皇の裁可が必要云々を口実にこれを拒んだ。頼通は師実の関白就任を見届けることなく、延久6年(1074年)2月、83歳で死去した。
  3. ^ 当時、右大臣は空席。官を飛び越えられることは大変不名誉とされていた。
  4. ^ 為房卿記』応徳3年11月26日条・寛治元年4月7日条。
  5. ^ 中右記』嘉保3年8月8日・16日条。
  6. ^ 『勅撰作者部類』
  7. ^ 扶桑略記』寛治7年2月22日条。
  8. ^ 篤子内親王の師実養女説の裏付として、師実や麗子の法要に内親王自らが参列していることなどが挙げられる(栗山圭子「篤子内親王論」『中世王家の成立と院政』吉川弘文館、2012年 ISBN 978-4-642-02910-0)
  9. ^ 藤原南家貞嗣流出身
  10. ^ 尊卑分脈』藤原北家頼宗流系図。

外部リンク

藤氏長者
飛鳥時代 | 

奈良時代 | 
  • 藤原不比等 698-720
  • 藤原房前 720-737
  • 藤原武智麻呂 737
  • 藤原豊成 737-757
  • 藤原仲麻呂 757-764
  • 藤原豊成 764-766
  • 藤原永手 766-771
  • 藤原良継 771-777
  • 藤原魚名 778-782
  • 藤原田麻呂 782-783
  • 藤原是公 783-789

  • 平安時代 | 
  • 藤原継縄 789-796
  • 藤原内麻呂 796-812
  • 藤原園人 812-818
  • 藤原冬嗣 818-826
  • 藤原緒嗣 826-843
  • 藤原良房 843-872
  • 藤原基経 872-891
  • 藤原良世 891-897
  • 藤原時平 897-909
  • 藤原忠平 909-949
  • 藤原実頼 949-970
  • 藤原伊尹 970-972
  • 藤原頼忠 972-974
  • 藤原兼通 974-977
  • 藤原頼忠 977-986
  • 藤原兼家 986-990
  • 藤原道隆 990-995
  • 藤原道兼 995
  • 藤原道長 995-1017
  • 藤原頼通 1017-1064
  • 藤原教通 1064-1075
  • 藤原師実 1075-1094
  • 藤原師通 1094-1098
  • 藤原忠実 1098-1121
  • 藤原忠通 1121-1150
  • 藤原頼長 1150-1156
  • 藤原忠通 1156-1158
  • 近衛基実 1158-1166
  • 松殿基房 1166-1179
  • 近衛基通 1179-1183
  • 松殿師家 1183-1184
  • 近衛基通 1184-1186

  • 鎌倉時代 | 
  • 九条兼実 1186-1196
  • 近衛基通 1196-1202
  • 九条良経 1202-1206
  • 近衛家実 1206-1221
  • 九条道家 1221
  • 近衛家実 1221-1228
  • 九条道家 1228-1231
  • 九条教実 1231-1235
  • 九条道家 1235-1237
  • 近衛兼経 1237-1242
  • 二条良実 1242-1246
  • 一条実経 1246-1247
  • 近衛兼経 1247-1252
  • 鷹司兼平 1252-1261
  • 二条良実 1261-1265
  • 一条実経 1265-1267
  • 近衛基平 1267-1268
  • 鷹司基忠 1268-1273
  • 九条忠家 1273-1274
  • 一条家経 1274-1275
  • 鷹司兼平 1275-1287
  • 二条師忠 1287-1289
  • 近衛家基 1289-1291
  • 九条忠教 1291-1293
  • 近衛家基 1293-1296
  • 鷹司兼忠 1296-1299
  • 二条兼基 1299-1305
  • 九条師教 1305-1308
  • 鷹司冬平 1308-1313
  • 近衛家平 1313-1315
  • 鷹司冬平 1315-1316
  • 二条道平 1316-1318
  • 一条内経 1318-1323
  • 九条房実 1323-1324
  • 鷹司冬平 1324-1327
  • 二条道平 1327-1330
  • 近衛経忠 1330
  • 鷹司冬教 1330-1333

  • 南北朝時代 | 
  • 二条道平 1333-1334
  • 近衛経忠 1334-1337
  • 近衛基嗣 1337-1338
  • 一条経通 1338-1342
  • 九条道教 1342
  • 鷹司師平 1342-1346
  • 二条良基 1346-1358
  • 九条経教 1358-1361
  • 近衛道嗣 1361-1363
  • 二条良基 1363-1367
  • 鷹司冬通 1367-1369
  • 二条師良 1369-1375
  • 九条忠基 1375-1379
  • 二条師嗣 1379-1382
  • 二条良基 1382-1387
  • 近衛兼嗣 1387-1388
  • 二条良基 1388
  • 二条師嗣 1388-1394

  • 室町時代 | 
  • 一条経嗣 1394-1398
  • 二条師嗣 1398-1399
  • 一条経嗣 1399-1408
  • 近衛忠嗣 1408-1409
  • 二条満基 1409-1410
  • 一条経嗣 1410-1418
  • 九条満家 1418-1424
  • 二条持基 1424-1432
  • 一条兼良 1432
  • 二条持基 1432-1445
  • 近衛房嗣 1445-1447
  • 一条兼良 1447-1453
  • 鷹司房平 1454-1455
  • 二条持通 1455-1458
  • 一条教房 1458-1463
  • 二条持通 1463-1467
  • 一条兼良 1467-1470
  • 二条政嗣 1470-1476
  • 九条政基 1476-1479
  • 近衛政家 1479-1483
  • 鷹司政平 1483-1487
  • 九条政忠 1487-1488
  • 一条冬良 1488-1493
  • 近衛尚通 1493-1497

  • 戦国時代 | 
  • 二条尚基 1497
  • 一条冬良 1497-1501
  • 九条尚経 1501-1513
  • 近衛尚通 1513-1514
  • 鷹司兼輔 1514-1518
  • 二条尹房 1518-1525
  • 近衛稙家 1525-1533
  • 九条稙通 1533-1534
  • 二条尹房 1534-1536
  • 近衛稙家 1536-1542
  • 鷹司忠冬 1542-1545
  • 一条房通 1545-1548
  • 二条晴良 1548-1553
  • 一条兼冬 1553-1554
  • 近衛前久 1554-1568

  • 安土桃山時代 | 
  • 二条晴良 1568-1578
  • 九条兼孝 1578-1581
  • 一条内基 1581-1584
  • 二条昭実 1584-1585

  • 江戸時代 | 
  • 九条兼孝 1600-1604
  • 近衛信尹 1605-1606
  • 鷹司信房 1606-1608
  • 九条忠栄 1608-1612
  • 鷹司信尚 1612-1615
  • 二条昭実 1615-1619
  • 九条忠栄 1619-1623
  • 近衛信尋 1623-1629
  • 一条兼遐 1629-1635
  • 二条康道 1635-1647
  • 九条道房 1647
  • 一条昭良 1647-1651
  • 近衛尚嗣 1651-1653
  • 二条光平 1653-1664
  • 鷹司房輔 1664-1682
  • 一条冬経 1682-1690
  • 近衛基熙 1690-1703
  • 鷹司兼熙 1703-1707
  • 近衛家熙 1707-1711
  • 九条輔実 1711-1722
  • 二条綱平 1722-1726
  • 近衛家久 1726-1736
  • 二条吉忠 1736-1737
  • 一条兼香 1737-1746
  • 一条道香 1746-1757
  • 近衛内前 1757-1778
  • 九条尚実 1778-1787
  • 鷹司輔平 1787-1791
  • 一条輝良 1791-1795
  • 鷹司政煕 1795-1814
  • 一条忠良 1814-1823
  • 鷹司政通 1823-1856
  • 九条尚忠 1856-1862
  • 近衛忠煕 1862-1863
  • 鷹司輔煕 1863
  • 二条斉敬 1864-1867
  • 九条道孝 1868-1871


  • 摂政
    皇親摂政 | 
    飛鳥時代 | 

    白鳳時代 | 
  • (中大兄皇子655-661)
  • (草壁皇子681-686)

  • 大正時代 | 
  • 裕仁親王1921-1926


  • 人臣摂政 | 
    平安時代 | 

    鎌倉時代 | 
  • 九条兼実1186-1191
  • 近衛基通1193-1203
  • 九条良経1203-1206
  • 近衛家実1206-1207
  • 九条道家1221
  • 近衛家実1221-1224
  • 九条教実1232-1235
  • 九条道家1235-1237
  • 近衛兼経1237-1242
  • 一条実経1246-1247
  • 近衛兼経1247-1252
  • 鷹司兼平1252-1256
  • 九条忠家1274
  • 一条家経1274-1275
  • 鷹司兼平1275-1278
  • 鷹司兼忠1298-1299
  • 二条兼基1299-1301
  • 九条師教1308
  • 鷹司冬平1308-1311

  • 室町時代 | 
  • 二条良基1382-1387
  • 近衛兼嗣1387-1388
  • 二条良基1388
  • 二条持基1428-1432
  • 一条兼良1432
  • 二条持基1432-1433

  • 江戸時代 | 
  • 一条昭良1629-1635
  • 二条康道1635-1647
  • 九条道房1647
  • 一条昭良1647
  • 二条光平1663-1664
  • 鷹司房輔1664-1668
  • 一条冬経1687-1689
  • 近衛家熙1709-1712
  • 九条輔実1712-1716
  • 一条道香1747-1755
  • 近衛内前1762-1772
  • 九条尚実1779-1785
  • 二条斉敬1867
  • 明治維新によって廃止。のち、皇室典範によって皇親摂政として再置。


  • 中大兄皇子を摂政とみなすのは、『藤氏家伝』上巻に「〔斉明天皇〕悉以庶務、委皇太子。皇太子毎事諮決、然後施行」とあることによる。
    草壁皇子を摂政とみなすのは、『日本書紀』天武天皇10年2月25日条に「立草壁皇子尊、為皇太子。因以令摂万機」とあることによる。


    関白
    平安時代 | 

    鎌倉時代 | 
  • 九条兼実 1192-1196
  • 近衛基通 1196-1198
  • 近衛家実 1207-1221
  • 近衛家実 1224-1229
  • 九条道家 1229-1231
  • 九条教実 1231-1232
  • 近衛兼経 1242
  • 二条良実 1242-1246
  • 一条実経 1246
  • 鷹司兼平 1252-1255
  • 二条良実 1261-1265
  • 一条実経 1265-1267
  • 近衛基平 1267-1268
  • 鷹司基忠 1269-1273
  • 九条忠家 1273-1274
  • 鷹司兼平 1279-1287
  • 二条師忠 1287-1289
  • 近衛家基 1289-1291
  • 九条忠教 1291-1293
  • 近衛家基 1293-1296
  • 鷹司兼忠 1296-1298
  • 二条兼基 1301-1305
  • 九条師教 1305-1308
  • 鷹司冬平 1311-1313
  • 近衛家平 1313-1315
  • 鷹司冬平 1315-1316
  • 二条道平 1316-1319
  • 一条内経 1319-1323
  • 九条房実 1323-1325
  • 鷹司冬平 1325-1327
  • 二条道平 1327-1330
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/11/08 12:58

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「藤原師実」の意味を投稿しよう
    「藤原師実」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    藤原師実スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「藤原師実」のスレッドを作成する
    藤原師実の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail