このキーワード
友達に教える
URLをコピー

藤原良房とは?

凡例
藤原良房
藤原良房(菊池容斎画『前賢故実』より)

【時代】
平安時代初期 - 前期
【生誕】
延暦23年(804年)
【死没】
貞観14年9月2日(872年10月7日)
【別名】
染殿、白河殿
【諡号】
忠仁公(諡)、美濃公(国公)
【官位】
従一位摂政太政大臣正一位
【主君】
嵯峨天皇淳和天皇仁明天皇文徳天皇清和天皇
【氏族】
藤原北家
【父母】
父:藤原冬嗣、母:藤原真作娘・美都子
【兄弟】
長良良房良方良輔順子良相良門良仁良世、古子
【妻】
嵯峨天皇皇女源潔姫
【子】
明子
養子:基経
【特記
事項】
人臣初の摂政
東三条殿跡・藤原良房が創設、京都市中京区押小路通釜座西北角

藤原 良房(ふじわら の よしふさ)は、平安時代初期から前期にかけての公卿藤原北家左大臣藤原冬嗣の次男。官位従一位摂政太政大臣正一位染殿白河殿と称される。漢風諡号忠仁公 、国公は美濃公

皇族以外の人臣として初めて摂政の座に就いた。また、藤原北家全盛の礎を築いた存在であり、良房の子孫達は相次いで摂関となった。

目次

  • 1 経歴
  • 2 官歴
  • 3 系譜
    • 3.1 生母について
  • 4 脚注
  • 5 出典
  • 6 関連項目

経歴

嵯峨天皇に深く信任された優秀な廷臣で、左大臣に昇った藤原冬嗣の次男として生まれる。弘仁14年(823年)選ばれて嵯峨天皇の皇女であった源潔姫降嫁される。当時、天皇の皇女が臣下に降嫁する事は禁じられていたが、潔姫は既に臣籍降下していたため規定の対象外であった。それでも、天皇の娘が臣下に嫁ぐという事は前代未聞であり、9世紀において他にこの待遇を受けたのは源順子(宇多天皇皇女。一説には実父は光孝天皇)を降嫁された藤原忠平のみである。

天長3年(826年)淳和天皇蔵人に補せられ、天長5年(828年)従五位下叙爵。妹・順子皇太子・正良親王(後の仁明天皇)の妃として道康親王を生んでいた一方、良房自身も天長7年(830年)に正良親王の春宮亮に任ぜられており、正良親王に非常に親しい存在であった。また、父に引き続いて嵯峨上皇と皇太后橘嘉智子にも深く信任されていた。

仁明朝に入ると、天皇の実父である嵯峨上皇の支援を受けて急激に昇進する。天長10年(833年)仁明天皇の即位に伴って従五位上・左近衛少将蔵人頭に叙任されると、同年末までに一挙に従四位下・左近衛権中将まで昇進し、翌承和元年(834年)に参議に任ぜられ公卿に列す。その後も、承和2年(835年)に従三位権中納言、承和7年(840年)に中納言と順調に昇進を続けた。

承和9年(842年)正月に正三位、7月には右近衛大将を兼任する。当時、皇太子には淳和上皇の皇子である恒貞親王が立てられていたが、7月に嵯峨上皇が崩御した直後に起きた承和の変で恒貞親王が廃され、道康親王が立太子される。これにより良房は皇太子の外伯父となると共に、大納言左近衛大将に昇進する。また、変により大納言・藤原愛発と中納言・藤原吉野が失脚して、太政官の上席は老齢の左大臣藤原緒嗣と大納言・橘氏公、及び嵯峨天皇皇子の若い右大臣源常のみになっており、良房はこの変を通じて朝廷での影響力を一挙に強めた。承和10年(843年)藤原緒嗣、承和14年(847年)橘氏公が没して、良房は太政官の次席の地位に昇り、承和15年(848年)には右大臣に任ぜられた。

嘉祥3年(850年)に道康親王が即位すると(文徳天皇)、良房は潔姫が生んだ明子女御として入内させる。同年、明子は第四皇子・惟仁親王を生み、良房は僅か生後8カ月で直ちに立太子させるが、これは先例のない事だった。嘉祥4年(851年)正二位に昇り、斉衡元年(854年)左大臣・源常が没したために良房は一上となる。さらに同年左近衛大将も兼ねる。斉衡4年(857年)にはついに従一位太政大臣に叙任され、道鏡以来約90年ぶりの太政大臣として位人臣を極めた。またこの頃、国史(『続日本後紀』)編纂の責任者も務めている。

良房には嗣子がいなかったため、兄・長良の三男・基経を養子とした。また、同じく長良の娘の高子を惟仁親王に嫁がせ、次代への布石も打った。高子は在原業平との恋愛で有名で、惟仁親王より9歳も年上だった。

文徳天皇は第一皇子・惟喬親王(母は紀名虎の娘)を愛し、惟仁親王が幼すぎる事を案じて、まず惟喬親王を立て、惟仁親王の成長の後に譲らせる事を考えた。しかし、良房を憚って決しない内に天安2年(858年)に崩御してしまい、良房は9歳の惟仁親王を即位させた(清和天皇)。『公卿補任』ではこの時に摂政に就任して貞観6年(864年)に清和天皇の元服と共に摂政を退いたとするが、正史である『日本三代実録』の清和天皇即位の記事には摂政に関する記述がないことから、良房は太政大臣として天皇を後見したと考えられている(当時、太政大臣の職掌には摂政と同様に天皇の後見する役目が含まれており、当時皇族しか就けなかった摂政の職務を太政大臣として行っていた可能性がある。両者の職掌が明確に分離されたのは基経の時代である)。清和天皇は幼少期に良房の邸宅で育てられたので、良房を終始深く信任していた。

貞観8年(866年)に起きた応天門の変では、大納言・伴善男を失脚させ、事件に連座した大伴氏紀氏の勢力を宮中から駆逐する。この年の8月19日、清和天皇は良房に「摂行天下之政(天下の政(まつりごと=政治)を摂行せしむ)」とする摂政宣下の詔を与えた。これが人臣最初の摂政である。

法制の整備に力を入れて、『貞観格式』を完成させた(格は貞観11年(869年)、式は貞観13年(871年)に公布)。

貞観13年(871年)准三宮を宣下されるが、それから数ヵ月後の貞観14年(872年)9月2日薨去。享年69。没後正一位追贈され、忠仁公と諡された。

官歴

注記のないものは『六国史』による。

系譜

嵯峨天皇 |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  |  | 藤原冬嗣

 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

淳和天皇 | 仁明天皇 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 順子 | 良房
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

 | 
 | 
 |  |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 
 | 

恒貞親王 | 紀静子 | 
 | 文徳天皇 | 
 | 明子
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  |  |  | 
 | 
 |  |  |  | 
 | 
 | 
 | 

 |  |  |  | 惟喬親王 |  |  | 清和天皇

生母について

藤原良房の生母については通説では藤原美都子とされるが、請田正幸は以下の点から藤原良世の生母でもある大庭王の娘が正しいとする説を唱える。

  1. 『公卿補任』の天長11年条の良房の項目において良房の母は大庭王の娘と記され、異説として藤原美都子が追記されている。また、『尊卑分脈』においても、良房の欄では母は藤原美都子とされている一方で、良世の欄では大庭王の女、忠仁公(良房)同母、と矛盾した内容になっている。
  2. 良世が著した『興福寺縁起』の長講会の部分において良房が両親の為に長講会を始めたとある。この中で良世は自分が続けなければならないところ高齢で無理なため寺領を寄付した事、また順子が先考(亡父・冬嗣)の為に寄進したことが記されているが、これを良房の母親は良世とは同じであるが順子とは違う事を意味する(順子は父親のみを供養の対象としているため)。また、先妣(亡母)は尚侍正二位に叙せられたとあるが、美都子は没後の贈位で従三位から正一位になっているので二位に叙せられた事実はない。
  3. 良房・清和天皇共に舎人親王系王氏ゆかりの宗像神を特に信仰していたが、これは良房の母方が王氏であった事を示す傍証となる。

なお、請田は良房の母に関する系図の改竄は藤原摂関家がその始祖と言うべき良房と自分達の血縁上の祖である美都子所生の長良(基経の実父)が異母兄弟である事実を不都合と捉えた事によるものであり、『大鏡』が編纂された11世紀には行われていたとする。また、請田説を取ると、良房と良相及び文徳天皇(順子所生)との対立の背景の1つとして良房と彼らの血縁的結びつきの弱さがあり、それが良房をして外孫である清和天皇の即位を推し進める一因になったと解される。

脚注

  1. ^ 天皇が幼少時に摂政が任命されるという慣例は930年の藤原忠平(朱雀天皇摂政)の時に確立したと考えられているが、『公卿補任』はその原則が最初からのものと思い込んで後世に加筆されたとする和田英松の説が今日では通説とされている。
  2. ^ 栗原弘『藤原良房と源潔姫の結婚の意義』(『平安前期の家族と親族』(校倉書房、2008年(平成20年)) ISBN 978-4-7517-3940-2 第二部第三章)P203 - P204
  3. ^ 『公卿補任』
  4. ^ 請田正幸「良房の母」(続日本紀研究会編『続日本紀と古代社会』(塙書房、2014年) ISBN 978-4-8273-1271-3)

出典

関連項目

藤氏長者
飛鳥時代 | 

奈良時代 | 
  • 藤原不比等 698-720
  • 藤原房前 720-737
  • 藤原武智麻呂 737
  • 藤原豊成 737-757
  • 藤原仲麻呂 757-764
  • 藤原豊成 764-766
  • 藤原永手 766-771
  • 藤原良継 771-777
  • 藤原魚名 778-782
  • 藤原田麻呂 782-783
  • 藤原是公 783-789

  • 平安時代 | 
  • 藤原継縄 789-796
  • 藤原内麻呂 796-812
  • 藤原園人 812-818
  • 藤原冬嗣 818-826
  • 藤原緒嗣 826-843
  • 藤原良房 843-872
  • 藤原基経 872-891
  • 藤原良世 891-897
  • 藤原時平 897-909
  • 藤原忠平 909-949
  • 藤原実頼 949-970
  • 藤原伊尹 970-972
  • 藤原頼忠 972-974
  • 藤原兼通 974-977
  • 藤原頼忠 977-986
  • 藤原兼家 986-990
  • 藤原道隆 990-995
  • 藤原道兼 995
  • 藤原道長 995-1017
  • 藤原頼通 1017-1064
  • 藤原教通 1064-1075
  • 藤原師実 1075-1094
  • 藤原師通 1094-1098
  • 藤原忠実 1098-1121
  • 藤原忠通 1121-1150
  • 藤原頼長 1150-1156
  • 藤原忠通 1156-1158
  • 近衛基実 1158-1166
  • 松殿基房 1166-1179
  • 近衛基通 1179-1183
  • 松殿師家 1183-1184
  • 近衛基通 1184-1186

  • 鎌倉時代 | 
  • 九条兼実 1186-1196
  • 近衛基通 1196-1202
  • 九条良経 1202-1206
  • 近衛家実 1206-1221
  • 九条道家 1221
  • 近衛家実 1221-1228
  • 九条道家 1228-1231
  • 九条教実 1231-1235
  • 九条道家 1235-1237
  • 近衛兼経 1237-1242
  • 二条良実 1242-1246
  • 一条実経 1246-1247
  • 近衛兼経 1247-1252
  • 鷹司兼平 1252-1261
  • 二条良実 1261-1265
  • 一条実経 1265-1267
  • 近衛基平 1267-1268
  • 鷹司基忠 1268-1273
  • 九条忠家 1273-1274
  • 一条家経 1274-1275
  • 鷹司兼平 1275-1287
  • 二条師忠 1287-1289
  • 近衛家基 1289-1291
  • 九条忠教 1291-1293
  • 近衛家基 1293-1296
  • 鷹司兼忠 1296-1299
  • 二条兼基 1299-1305
  • 九条師教 1305-1308
  • 鷹司冬平 1308-1313
  • 近衛家平 1313-1315
  • 鷹司冬平 1315-1316
  • 二条道平 1316-1318
  • 一条内経 1318-1323
  • 九条房実 1323-1324
  • 鷹司冬平 1324-1327
  • 二条道平 1327-1330
  • 近衛経忠 1330
  • 鷹司冬教 1330-1333

  • 南北朝時代 | 
  • 二条道平 1333-1334
  • 近衛経忠 1334-1337
  • 近衛基嗣 1337-1338
  • 一条経通 1338-1342
  • 九条道教 1342
  • 鷹司師平 1342-1346
  • 二条良基 1346-1358
  • 九条経教 1358-1361
  • 近衛道嗣 1361-1363
  • 二条良基 1363-1367
  • 鷹司冬通 1367-1369
  • 二条師良 1369-1375
  • 九条忠基 1375-1379
  • 二条師嗣 1379-1382
  • 二条良基 1382-1387
  • 近衛兼嗣 1387-1388
  • 二条良基 1388
  • 二条師嗣 1388-1394

  • 室町時代 | 
  • 一条経嗣 1394-1398
  • 二条師嗣 1398-1399
  • 一条経嗣 1399-1408
  • 近衛忠嗣 1408-1409
  • 二条満基 1409-1410
  • 一条経嗣 1410-1418
  • 九条満家 1418-1424
  • 二条持基 1424-1432
  • 一条兼良 1432
  • 二条持基 1432-1445
  • 近衛房嗣 1445-1447
  • 一条兼良 1447-1453
  • 鷹司房平 1454-1455
  • 二条持通 1455-1458
  • 一条教房 1458-1463
  • 二条持通 1463-1467
  • 一条兼良 1467-1470
  • 二条政嗣 1470-1476
  • 九条政基 1476-1479
  • 近衛政家 1479-1483
  • 鷹司政平 1483-1487
  • 九条政忠 1487-1488
  • 一条冬良 1488-1493
  • 近衛尚通 1493-1497

  • 戦国時代 | 
  • 二条尚基 1497
  • 一条冬良 1497-1501
  • 九条尚経 1501-1513
  • 近衛尚通 1513-1514
  • 鷹司兼輔 1514-1518
  • 二条尹房 1518-1525
  • 近衛稙家 1525-1533
  • 九条稙通 1533-1534
  • 二条尹房 1534-1536
  • 近衛稙家 1536-1542
  • 鷹司忠冬 1542-1545
  • 一条房通 1545-1548
  • 二条晴良 1548-1553
  • 一条兼冬 1553-1554
  • 近衛前久 1554-1568

  • 安土桃山時代 | 
  • 二条晴良 1568-1578
  • 九条兼孝 1578-1581
  • 一条内基 1581-1584
  • 二条昭実 1584-1585

  • 江戸時代 | 
  • 九条兼孝 1600-1604
  • 近衛信尹 1605-1606
  • 鷹司信房 1606-1608
  • 九条忠栄 1608-1612
  • 鷹司信尚 1612-1615
  • 二条昭実 1615-1619
  • 九条忠栄 1619-1623
  • 近衛信尋 1623-1629
  • 一条兼遐 1629-1635
  • 二条康道 1635-1647
  • 九条道房 1647
  • 一条昭良 1647-1651
  • 近衛尚嗣 1651-1653
  • 二条光平 1653-1664
  • 鷹司房輔 1664-1682
  • 一条冬経 1682-1690
  • 近衛基熙 1690-1703
  • 鷹司兼熙 1703-1707
  • 近衛家熙 1707-1711
  • 九条輔実 1711-1722
  • 二条綱平 1722-1726
  • 近衛家久 1726-1736
  • 二条吉忠 1736-1737
  • 一条兼香 1737-1746
  • 一条道香 1746-1757
  • 近衛内前 1757-1778
  • 九条尚実 1778-1787
  • 鷹司輔平 1787-1791
  • 一条輝良 1791-1795
  • 鷹司政煕 1795-1814
  • 一条忠良 1814-1823
  • 鷹司政通 1823-1856
  • 九条尚忠 1856-1862
  • 近衛忠煕 1862-1863
  • 鷹司輔煕 1863
  • 二条斉敬 1864-1867
  • 九条道孝 1868-1871


  • 太政大臣
    皇親太政大臣 | 
    白鳳時代 | 

    奈良時代 | 
  • 舎人親王(知太政官事)720-735
  • 鈴鹿王(知太政官事)737-745


  • 人臣太政大臣 | 
    奈良時代 | 

    平安時代 | 
  • 藤原良房857-872
  • 藤原基経881-891
  • 藤原忠平936-949
  • 藤原実頼968-970
  • 藤原伊尹971-972
  • 藤原兼通974-977
  • 藤原頼忠978-989
  • 藤原兼家990
  • 藤原為光991-992
  • 藤原道長1017-1018
  • 藤原公季1021-1029
  • 藤原頼通1062
  • 藤原教通1070-1071
  • 藤原信長1080-1089
  • 藤原師実1089
  • 藤原忠実1113
  • 源雅実1123-1124
  • 藤原忠通1129
  • 藤原忠通1149-1150
  • 三条実行1150-1157
  • 藤原宗輔1157-1160
  • 藤原伊通1160-1165
  • 平清盛1167
  • 藤原忠雅1168-1170
  • 松殿基房1171
  • 藤原師長1177-1179

  • 鎌倉時代 | 
  • 九条兼実1190
  • 藤原兼房1191-1196
  • 藤原頼実1199-1204
  • 九条良経1205
  • 藤原頼実1209
  • 三条公房1218-1222
  • 近衛家実1222
  • 西園寺公経1222-1223
  • 九条良平1238-1239
  • 近衛兼経1241-1242
  • 西園寺実氏1246-1247
  • 久我通光1247-1248
  • 鷹司兼平1252-1253
  • 徳大寺実基1253-1254
  • 西園寺公相1262
  • 花山院通雅1275-1276
  • 鷹司兼平1277
  • 鷹司基忠1285-1287
  • 堀川基具1289-1290
  • 西園寺実兼1292-1293
  • 洞院公守1299
  • 二条兼基1299-1300
  • 土御門定実1301-1302
  • 徳大寺公孝1302-1304
  • 一条実家1307-1309
  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  • 出典:wikipedia
    2018/10/22 23:47

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「藤原良房」の意味を投稿しよう
    「藤原良房」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    藤原良房スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「藤原良房」のスレッドを作成する
    藤原良房の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail