このキーワード
友達に教える
URLをコピー

藤岡好明とは?

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
大阪府豊中市
【生年月日】
(1985-03-12) 1985年3月12日(33歳)
【身長
体重】
177 cm
81 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投左打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
2005年 大学生・社会人ドラフト3巡目
【初出場】
2006年3月26日
【年俸】
1,050万円(2018年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


藤岡 好明(ふじおか よしあき、1985年3月12日 - )は、横浜DeNAベイスターズに所属する大阪府豊中市出身のプロ野球選手(投手)。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 ソフトバンク時代
    • 1.3 日本ハム時代
    • 1.4 DeNA時代
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 記録
    • 2.3 背番号
    • 2.4 登場曲
  • 3 脚注
  • 4 関連項目
  • 5 外部リンク

経歴

プロ入り前

宮崎日大高校を経て、JR九州へ入社。樋口龍美町豪将など、先輩に好投手が多かったため、入社当初は公式戦への登板機会に恵まれなかった。樋口が中日ドラゴンズ、町がオリックス・バファローズへ入団した2005年には、公式戦で主に救援へ起用。2人が成し得なかったチームの都市対抗野球大会準決勝進出に貢献した。

2005年のプロ野球大学・社会人ドラフト会議で、福岡ソフトバンクホークスから3巡目で指名。契約金3,000万円、年俸1,000万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は40

ソフトバンク時代

ソフトバンク時代(2012年6月24日、福岡Yahoo!JAPANドーム)

2006年には、新人選手から松田宣浩と共に開幕一軍入りを果たすと、3月26日の対千葉ロッテマリーンズ戦(福岡Yahoo! JAPANドーム)で一軍デビュー。6回表2死満塁からの救援登板を無失点で切り抜けると、次の登板試合から8試合連続で無失点を記録するなど、セットアッパーとして活躍した。5月19日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)では、プロ入り初セーブを記録。一軍公式戦全体では、チームトップの62試合(当時のパシフィック・リーグ新人投手最多登板記録)に登板するとともに、リーグ2位の31ホールドポイントを記録した。さらに、速球主体のピッチングながら、シーズンを通して1本の本塁打も許さなかった。

2007年には、前年まで在籍していた吉武真太郎に代わる中継ぎ陣の柱として、開幕から一軍公式戦での登板を重ねた。しかし、5月時点の防御率が10点台に達したことに加えて、故障の影響で2ヶ月以上の戦線離脱を余儀なくされた。8月に一軍へ復帰してからは、公式戦23試合に登板。この間の自責点を4にとどめたことから、シーズン通算の防御率を4点台にまで持ち直した。

2008年には、一軍公式戦11試合に登板。勝敗は付かず、防御率は3.38であった。

2009年には、公式戦開幕後の4月に、シーズン初の出場選手登録を果たした。登録当初の公式戦では中継ぎに起用されたが、5月16日の対東北楽天ゴールデンイーグルス戦(クリネックススタジアム宮城)から先発に転向。3度目の先発登板であった6月3日の横浜ベイスターズ戦(福岡Yahoo!JAPANドーム)では、6回を2安打無失点という内容で先発投手としての初勝利を記録した。シーズン通算では、一軍公式戦14試合に先発。1年目に並ぶ自己最多の5勝を挙げた。

2010年には、先発投手として一軍公式戦3試合、中継ぎ投手として29試合に登板。中継ぎでは、主にビハインドの展開で登板しながら、防御率2.35、奪三振率10.33という好成績を残した。

2011年には、一軍公式戦での登板が5試合にまで減少。1勝を挙げたが、防御率は9点台で、先発投手としての登板機会はなかった。

2012年には、中継ぎ投手として一軍公式戦39試合に登板。防御率が過去最高の1.19を記録するなど、安定した成績を残したことから、シーズン終了後の契約交渉では前年から800万円増(2,800万円)で契約を更改した。

2013年には、シーズン序盤から、一軍公式戦への中継ぎ登板を重ねていた。6月27日の全体練習中に体調不良を訴えたため、病院で診察を受けたところ、肝機能の低下が判明したため急遽入院。退院後も2ヶ月程度の安静を求められたため、そのままシーズンを終えた。

日本ハム時代

2013年12月25日に、北海道日本ハムファイターズへの移籍が発表された。鶴岡慎也FA権の行使によってソフトバンクへ移籍したことに伴う補償措置で、背番号は22

2014年には、5月17日の対千葉ロッテマリーンズ戦(札幌ドーム)延長11回表に5番手投手として登板すると、1回を無失点に抑えた後に、チームのサヨナラ勝ちによって移籍後初勝利を挙げた。しかし、以降の登板は8試合にとどまった。

2015年には、一軍公式戦で6試合に登板。防御率は4.70で、勝敗は付かなかった。シーズン終了後の契約交渉では、翌2016年の年俸に対して、野球協約で定められた減額制限を超える条件を適用することを球団から提示。結局、前年から1,200万円ダウンの推定年俸1,100万円で契約を更改した。

2016年には、移籍後初の開幕一軍登録を果たすと、3月26日の対ロッテ戦(QVCマリンフィールド)に救援で登板。2/3イニングを投げて1失点を喫すると、以降は登板の機会がなく、4日後に横浜DeNAベイスターズへの移籍を通告された。

DeNA時代

2016年3月30日に、金銭トレードでDeNAへ移籍することが発表された。背番号は68

藤岡自身は、日本ハムの投手として、発表の当日に対オリックス・バファローズ戦前の練習(札幌ドーム)へ参加。しかし、練習後に出場選手登録を抹消されたうえで、日本ハム球団の幹部からDeNAへの移籍を通告された。この緊急移籍について、日本ハム一軍監督の栗山英樹は、「ウチ(日本ハム)も(手薄な一軍の救援要員として藤岡を)欲しいけれど、藤岡には(ソフトバンクからの入団以降)個人的に何もできなかったので、藤岡のために(日本ハムより登板の機会が多そうな)DeNAへ移籍させることを考えた」という表現で苦渋の決断だったことを明かした。

移籍後は、4月5日の出場選手登録を経て、翌4月6日の対中日ドラゴンズ戦(ナゴヤドーム)から、救援で9試合に登板。2ホールド、防御率1.13を記録した。ところが、4月26日の対中日戦(横浜スタジアム)7回表の救援登板中に、右肩の違和感を訴えて降板。翌27日に登録を抹消されると、一軍へ復帰できないままレギュラーシーズンを終えた。チームがレギュラーシーズン3位で臨んだクライマックスシリーズの開幕直前からは、中継ぎの柱である須田幸太が故障で登板が危ぶまれていたことを背景に、一軍へ再び帯同。広島東洋カープとのファイナルステージ第4戦(10月15日マツダスタジアム)2回裏に2番手投手として実戦復帰を果たすと、1イニングを無失点に抑えてシーズンを終えた。

2017年には、開幕は二軍で迎えたが、5月20日に初昇格。5月23日中日ドラゴンズ戦(横浜スタジアム)で3年ぶりの勝利をあげた。

2018年も開幕からずっと二軍で過ごし、ファームで22試合登板・2勝1敗3セーブ・防御率2.25という成績を残し、8月2日育成選手から支配下登録選手となるも試合で結果を出せなかった田村丈と入れ替わりに初昇格。翌8月3日広島東洋カープ戦(横浜スタジアム)で同点の延長10回表・ツーアウト1塁2塁で砂田毅樹に代わり初登板。ピンチをそのまま切り抜け、次の11回表も回跨ぎで登板するもランナーを許さず打者4人・11球で打ち取り、11回裏でチームがサヨナラ勝ちを収めたことで勝利投手となった。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

2006 | ソフトバンク | 62 | 0 | 0 | 0 | 0 | 5 | 3 | 1 | 26 | .625 | 270 | 65.2 | 51 | 0 | 21 | 3 | 6 | 65 | 0 | 0 | 20 | 19 | 2.60 | 1.10
2007 | 36 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | 7 | .333 | 146 | 31.1 | 39 | 3 | 16 | 3 | 1 | 25 | 3 | 0 | 19 | 17 | 4.88 | 1.76
2008 | 11 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 31 | 8.0 | 7 | 0 | 1 | 0 | 1 | 4 | 0 | 0 | 4 | 3 | 3.38 | 1.00
2009 | 38 | 14 | 0 | 0 | 0 | 5 | 8 | 0 | 2 | .385 | 434 | 101.2 | 98 | 10 | 38 | 0 | 4 | 82 | 5 | 0 | 57 | 52 | 4.60 | 1.34
2010 | 32 | 3 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | 0 | 1 | .333 | 236 | 54.0 | 56 | 1 | 21 | 0 | 3 | 57 | 3 | 0 | 29 | 27 | 4.50 | 1.43
2011 | 5 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 42 | 8.1 | 10 | 1 | 5 | 0 | 2 | 8 | 1 | 0 | 9 | 9 | 9.72 | 1.81
2012 | 39 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 8 | 1.000 | 175 | 45.1 | 36 | 0 | 9 | 0 | 0 | 34 | 1 | 0 | 8 | 6 | 1.19 | 0.99
2013 | 32 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 6 | 1.000 | 121 | 28.2 | 29 | 0 | 12 | 0 | 1 | 15 | 3 | 0 | 9 | 8 | 2.51 | 1.43
2014 | 日本ハム | 9 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 2 | 1.000 | 57 | 12.0 | 18 | 0 | 4 | 1 | 0 | 8 | 0 | 0 | 8 | 7 | 5.25 | 1.83
2015 | 6 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 35 | 7.2 | 11 | 1 | 2 | 0 | 0 | 2 | 0 | 0 | 4 | 4 | 4.70 | 1.70
2016 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | ---- | 4 | 0.2 | 2 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 2 | 2 | 27.00 | 3.00
DeNA | 9 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 2 | .000 | 31 | 8.0 | 7 | 0 | 2 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 2 | 1 | 1.13 | 1.13
'16計 10 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 2 | .000 | 35 | 8.2 | 9 | 0 | 2 | 0 | 0 | 4 | 0 | 0 | 4 | 3 | 3.12 | 1.27
2017 | 6 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 1.000 | 23 | 4.1 | 6 | 0 | 4 | 0 | 1 | 3 | 0 | 0 | 2 | 2 | 4.15 | 2.31
NPB:12年 286 | 17 | 0 | 0 | 0 | 20 | 16 | 1 | 54 | .556 | 1605 | 375.2 | 370 | 16 | 135 | 7 | 19 | 307 | 16 | 0 | 173 | 157 | 3.76 | 1.34

記録

投手記録
打撃記録

背番号

登場曲

脚注

  1. ^ DeNA - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2018年3月28日閲覧。
  2. ^ この試合で藤岡は6 - 3と3点リードした7回裏一死一、三塁で登板し、5連続三振で8回裏まで投げ終えたところで降雨コールドゲームが宣告されたためセーブが記録された。
  3. ^ ソフトバンクの前身球団・福岡ダイエーホークスから2004年読売ジャイアンツ(巨人)へ移籍した小久保裕紀が、FA権の行使を通じてソフトバンクへ事実上復帰したことによる補償措置として巨人へ移籍。
  4. ^ “ソフトバンク藤岡今季絶望か 2カ月安静”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2013年7月28日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20130728-1164380.html 2016年4月6日閲覧。
  5. ^ 藤岡好明選手獲得のお知らせ2013年12月25日 北海道日本ハムファイターズ
  6. ^ “藤岡 ハム移籍後初勝利「流れに乗っていい投球ができた」”. スポニチ Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2014年5月17日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/05/17/kiji/K20140517008180850.html 2014年5月18日閲覧。
  7. ^ “【日本ハム】藤岡、減額制限超えダウンも「来年取り返すチャンスをいただいた」”. スポーツ報知. (2015年12月2日). http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20151202-OHT1T50036.html 2016年4月6日閲覧。
  8. ^ 藤岡好明選手 獲得のお知らせ”. 横浜DeNAベイスターズ (2016年3月30日). 2016年11月11日閲覧。
  9. ^ “藤岡好明選手 入団記者会見”. 横浜DeNAベイスターズ公式サイト. (2016年3月30日). http://www.baystars.co.jp/news/2016/04/0401_01.php 2016年3月30日閲覧。
  10. ^ “日本ハム藤岡好明「突然で驚きある」DeNAへ移籍”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2016年3月30日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1624338.html 2016年4月6日閲覧。
  11. ^ “栗山監督、藤岡トレードは苦渋の決断「申し訳ない」”. 日刊スポーツ. (2016年3月31日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1624343.html 2016年4月6日閲覧。
  12. ^ “DeNAがペトリック、藤岡、乙坂を一軍登録”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2016年4月5日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1627049.html 2016年4月6日閲覧。
  13. ^ “藤岡、右肩違和感で交代=プロ野球・DeNA”. 時事ドットコム (時事通信社). (2016年4月26日). http://www.jiji.com/jc/article?k=2016042601005&g=bsb 2016年6月14日閲覧。
  14. ^ “DeNAが久保康を登録、藤岡を抹消”. nikkansports.com (日刊スポーツ). (2016年4月27日). http://www.nikkansports.com/baseball/news/1638324.html 2016年6月14日閲覧。
  15. ^ “ハムからDeNA移籍右腕の藤岡また好投 CS秘密兵器だ”. nikkansports.com (スポーツニッポン). (2016年10月6日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/10/06/kiji/K20161006013484350.html 2016年10月8日閲覧。

関連項目

外部リンク

横浜DeNAベイスターズ 2018
監督 | 
80 アレックス・ラミレス

一軍コーチ | 

二軍監督・コーチ | 
  • 82 万永貴司(監督)
  • 86 福原峰夫(野手総合兼内野守備走塁)
  • 84 嶋村一輝(打撃)
  • 85 柳田殖生(打撃)
  • 72 川村丈夫(投手)
  • 78 大家友和(投手)
  • 71 小池正晃(外野守備走塁)
  • 79 新沼慎二(バッテリー)
  • 87 靏岡賢二郎(バッテリー補佐兼育成)

  • 投手 | 
  • 11 東克樹
  • 12 阪口皓亮
  • 14 石田健大
  • 15 井納翔一
  • 16 加賀繁
  • 17 三嶋一輝
  • 19 山崎康晃
  • 20 須田幸太
  • 21 今永昇太
  • 22 熊原健人
  • 24 齋藤俊介
  • 26 濱口遥大
  • 28 福地元春
  • 30 飯塚悟史
  • 34 平田真吾
  • 35 三上朋也
  • 41 櫻井周斗
  • 42 バリオス
  • 43 進藤拓也
  • 45 綾部翔
  • 46 田中健二朗
  • 47 砂田毅樹
  • 48 京山将弥
  • 49 赤間謙
  • 53 パットン
  • 54 寺田光輝
  • 56 ウィーランド
  • 58 武藤祐太
  • 59 平良拳太郎
  • 62 エスコバー
  • 65 国吉佑樹
  • 68 藤岡好明
  • 91 中後悠平
  • 92 田村丈
  • 94 笠井崇正
  • 97 野川拓斗

  • 捕手 | 
  • 10 戸柱恭孝
  • 29 伊藤光
  • 39 嶺井博希
  • 50 山本祐大
  • 66 西森将司

  • 内野手 | 
  • 00 宮本秀明
  • 2 ロペス
  • 5 倉本寿彦
  • 7 石川雄洋
  • 9 大和
  • 23 大河
  • 31 柴田竜拓
  • 36 狩野行寿
  • 38 山下幸輝
  • 40 飛雄馬
  • 44 佐野恵太
  • 51 宮崎敏郎
  • 55 G後藤武敏
  • 61 中川大志
  • 64 百瀬大騎
  • 67 田中浩康
  • 99 ソト

  • 外野手 | 
  • 1 桑原将志
  • 3 梶谷隆幸
  • 4 荒波翔
  • 8 神里和毅
  • 25 筒香嘉智
  • 33 乙坂智
  • 37 楠本泰史
  • 52 細川成也
  • 57 青柳昴樹
  • 60 白根尚貴
  • 63 関根大気

  • 育成選手 | 
  • 100 網谷圭将(内野手)
  • 101 武白志(内野手)
  • 102 亀井塔生(捕手)
  • 104 中川虎大(投手)
  • 106 水野滉也(投手)


  • 福岡ソフトバンクホークス 2005年ドラフト指名選手
    大学生・社会人 | 

    高校生 | 
  • 1巡目:荒川雄太
  • 3巡目:大西正樹
  • 4巡目:大田原隆太
  • 5巡目:川口容資

  • 育成選手 | 
  • 1巡目:小斉祐輔
  • 2巡目:西山道隆


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/09/21 14:57

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「藤岡好明」の意味を投稿しよう
    「藤岡好明」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    藤岡好明スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「藤岡好明」のスレッドを作成する
    藤岡好明の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    無料コミックを探す
    占い・診断
    着メロを探す
    GAMEを探す
    デコメを探す
    きせかえツールを探す
    FLASH待ち受けを探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail