このキーワード
友達に教える
URLをコピー

藤本英雄とは?

藤本 英雄
1949年

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
山口県下関市彦島
【生年月日】
(1918-05-18) 1918年5月18日
【没年月日】
(1997-04-26) 1997年4月26日(78歳没)
【身長
体重】
170 cm
65 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
投手
【プロ入り】
1942年
【初出場】
1942年9月27日
【最終出場】
1955年10月11日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴

  • 東京巨人軍
    読売ジャイアンツ (1944, 1946, 1956 - 1957)
  • 大和証券

野球殿堂(日本)
殿堂表彰者

【選出年】
1976年
【選出方法】
競技者表彰
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


藤本 英雄(ふじもと ひでお、1918年5月18日 - 1997年4月26日)は、朝鮮釜山生まれ、山口県下関市彦島出身のプロ野球選手(投手)・コーチ監督解説者。韓国名は李 八龍、後に「中上 英雄(なかがみ - )」。

日本プロ野球史上初の完全試合達成者で、史上最年少監督。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 引退後
  • 2 詳細情報
    • 2.1 年度別投手成績
    • 2.2 年度別監督成績
    • 2.3 タイトル
    • 2.4 表彰
    • 2.5 記録
    • 2.6 背番号
  • 3 参考文献
  • 4 脚注
  • 5 関連項目
  • 6 外部リンク

経歴

釜山で生まれ、8歳の時に彦島に移り、小学校4年で野球を始めた。旧制下関商時代は1935年春1937年春に甲子園へ出場。明治大学時代は通算34勝(六大学歴代10位、明大の投手としては現在も最多)を挙げて優勝投手にもなり、1942年シーズン途中に東京巨人軍へ入団。六大学随一の豪速球投手のプロ入りで、当時主将の水原茂が応召された直後ということもあり、9月27日の初登板の際には読売新聞に先発予告が掲載されるなど大々的に宣伝され、当時の巨人主催試合の動員新記録(16,942名)を作った。初年度に無傷で10連勝する。

2年目の1943年には34勝、防御率0.73、253奪三振で最多勝最優秀防御率最多奪三振三冠を達成。同時に勝率.756で最高勝率を受賞し、19完封もリーグ1位で、1937年春の沢村栄治1938年秋のヴィクトル・スタルヒンに次ぐ日本プロ野球史上3人目の投手五冠王を達成した。防御率0.73、シーズン19完封は現在も日本記録として残っている。同年5月22日名古屋軍戦(後楽園)でノーヒットノーランを達成。この年に結婚し、中上家の婿養子となるが、選手としての登録名は「藤本英雄」のまま引退まで通した。

1944年は投手で3番を打ち、監督も兼任。人員不足の戦中にあってチームを支えた。25歳での監督就任は日本プロ野球史上最年少記録である。1946年途中まで監督を兼任し、同年シーズン途中に中島治康が兼任監督として巨人に復帰したのを受けて選手専任に戻る。戦後、巨人と再契約する時にもらった5,000円の契約金を市岡忠男球団代表からの「シーズン後にまた返すから一旦返してほしい」の求めに応じて返還したが、シーズン後になっても返還されなかったことで球団に不信感を抱き、1947年中部日本ドラゴンズへ移籍するが、シーズン後半に肩を故障。1948年三原修総監督の要請で巨人に復帰するが、シーズン初めは主に外野手として出場。今度は足を故障し、投手へと戻らざるを得なくなった。幸い、外野手に転向している間に投球ができる程度に肩は回復。投手復帰に向けた練習をしていた頃、ボブ・フェラーの投球術の本を参考にして「スライダー」を習得。肩の故障で球威は落ちたものの復活し、1949年にはラビットボール導入でリーグ全体の投手成績が悪化する中、リーグでただ一人防御率1点台(1.94)を記録。自身三度目の最優秀防御率のタイトルを獲得し、勝利数も24勝(2位)をあげるなど安定した成績を残した。

藤本とは巨人軍入団同期であり、6歳下であった青田昇が語ったところによると、「藤本英雄のスライダーは、投げてから手元でホップするところまではストレートと同じで、そこからスッと曲がった。後のプロ野球で藤本英雄と同じスライダーを投げたのは、稲尾和久伊藤智仁しかいない」であるという。

1950年6月28日西日本戦(青森)では蟹の食べ過ぎで腹痛を起こした多田文久三に代わって先発を務め、日本プロ野球史上初の完全試合を達成。藤本自身も前夜「青森での登板はないだろう」と判断して、函館から青森に移動する青函連絡船の中で徹夜マージャンに興じ、ほとんど睡眠をとらない状態で登板しての記録達成だった。しかし、この試合は新聞記者は4人いたがカメラマンがいなかったため、達成時の写真がないという華々しさが残らない結末となった(梅雨を避けての東北・北海道遠征の最中で前日の函館での試合のあと、遠征に帯同していた記者たちのほとんどが東京に戻ってしまったという)。当時中学生だった寺山修司がこの試合を観戦しており、バットボーイは少年時代のなかにし礼が務めた。1949年から1953年までの間に毎年15勝以上を記録し、別所毅彦大友工らと共に第二期黄金時代の巨人の投手陣を支えた。1954年に指のケガにより1勝に終わる。

1955年

1955年は開幕から戦列を離れていたが、唯一の登板となった10月11日広島戦(和歌山)で試合中盤の5回から登板して被安打1に抑え、200勝を達成。同年限りで現役を引退。

引退後

引退後は巨人で二軍監督(1956年)・一軍投手コーチ(1957年)を務めるが、1957年シーズン終了後に発生した品川主計球団社長と水原監督との騒動に巻き込まれ辞任。退団後は大和証券監督(1958年 - 1961年)を務め、チームを都市対抗に導いた。

1962年読売新聞ロサンゼルス支局駐在員に就任。事実上は巨人の米国担当スカウトとして活動し、スコアブックをつけながら、米国各地を回った。1968年には祖国・韓国を訪問し、ソウル・釜山・大田大邱少年野球教室を開く。韓国野球協会設立に尽力し、野球の普及に務める。1976年野球殿堂入り。

1997年4月26日心筋梗塞のため東京都千代田区東京警察病院で死去。78歳没。

詳細情報

年度別投手成績






























ブ




ド
































ボ











W
H
I
P

1942 | 巨人 | 14 | 12 | 9 | 4 | 2 | 10 | 0 | -- | -- | 1.000 | 433 | 111.0 | 64 | 2 | 36 | -- | 0 | 53 | 0 | 0 | 15 | 10 | 0.81 | 0.90
1943 | 56 | 46 | 39 | 19 | 3 | 34 | 11 | -- | -- | .756 | 1664 | 432.2 | 212 | 3 | 168 | -- | 1 | 253 | 9 | 0 | 57 | 35 | 0.73 | 0.88
1944 | 21 | 19 | 17 | 5 | 1 | 10 | 8 | -- | -- | .556 | 693 | 169.2 | 132 | 3 | 62 | -- | 1 | 113 | 2 | 0 | 54 | 30 | 1.59 | 1.14
1946 | 31 | 25 | 21 | 9 | 1 | 21 | 6 | -- | -- | .778 | 870 | 217.1 | 171 | 6 | 81 | -- | 0 | 83 | 1 | 0 | 63 | 51 | 2.11 | 1.16
1947 | 中日 | 35 | 31 | 27 | 4 | 1 | 17 | 15 | -- | -- | .531 | 1062 | 275.0 | 220 | 7 | 52 | -- | 5 | 77 | 1 | 0 | 67 | 56 | 1.83 | 0.99
1948 | 巨人 | 22 | 12 | 9 | 0 | 1 | 8 | 5 | -- | -- | .615 | 517 | 131.0 | 104 | 3 | 24 | -- | 3 | 51 | 2 | 1 | 33 | 25 | 1.72 | 0.98
1949 | 39 | 31 | 29 | 5 | 5 | 24 | 7 | -- | -- | .774 | 1137 | 288.0 | 238 | 14 | 55 | -- | 6 | 137 | 1 | 0 | 72 | 62 | 1.94 | 1.02
1950 | 49 | 34 | 33 | 6 | 8 | 26 | 14 | -- | -- | .650 | 1442 | 360.1 | 307 | 25 | 70 | -- | 2 | 156 | 1 | 0 | 117 | 98 | 2.44 | 1.05
1951 | 31 | 25 | 16 | 3 | 3 | 15 | 7 | -- | -- | .682 | 822 | 206.1 | 189 | 7 | 41 | -- | 3 | 88 | 1 | 1 | 89 | 72 | 3.13 | 1.11
1952 | 34 | 25 | 14 | 5 | 3 | 16 | 6 | -- | -- | .727 | 830 | 213.2 | 169 | 11 | 38 | -- | 2 | 89 | 0 | 0 | 68 | 56 | 2.36 | 0.97
1953 | 29 | 25 | 13 | 3 | 7 | 17 | 6 | -- | -- | .739 | 777 | 198.2 | 166 | 9 | 30 | -- | 1 | 73 | 0 | 0 | 60 | 46 | 2.08 | 0.99
1954 | 5 | 5 | 0 | 0 | 0 | 1 | 2 | -- | -- | .333 | 83 | 19.2 | 21 | 3 | 4 | -- | 1 | 4 | 0 | 0 | 15 | 13 | 5.85 | 1.27
1955 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 1 | 0 | -- | -- | 1.000 | 16 | 5.0 | 1 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0 | 0.00 | 0.20
通算:13年 367 | 290 | 227 | 63 | 35 | 200 | 87 | -- | -- | .697 | 10346 | 2628.1 | 1994 | 93 | 661 | 0 | 25 | 1177 | 18 | 2 | 710 | 554 | 1.90 | 1.01

年度別監督成績

年度
チーム
【順位】
試合
勝利
敗戦
引分
勝率
ゲーム差
【チーム
本塁打】
【チーム
打率】
【チーム
防御率】
年齢
1944年 | 巨人 | 2位 | 35 | 19 | 14 | 2 | .576 | 8 | 5 | .236 | 1.92 | 26歳
1946年 | 2位 | 105 | 64 | 39 | 2 | .621 | 1 | 24 | .257 | 2.59 | 28歳

※1946年は6月10日限りで中島治康と交代

タイトル

表彰

記録

背番号

注:1944年のシーズンは全6球団で背番号廃止

参考文献

脚注

  1. ^ 殿堂入りリスト 中上英雄(なかがみひでお)|財団法人野球体育博物館
  2. ^ http://www.baseball-museum.or.jp/baseball_hallo/news/pdf/2015_do.pdf
  3. ^ 『プロ野球データブック・最新版』(宇佐美徹也著、講談社文庫、1995年)p.756
  4. ^ 『完全試合』(北原遼三郎著、東京書籍刊、1994年)、p.27-28。
  5. ^ 『巨人軍5000勝の記憶』収録の6月29日付読売新聞参照
  6. ^ 『週刊ベースボール』2010年第13号(4月5日号)、ベースボール・マガジン社、32頁

関連項目

外部リンク

東京巨人軍監督 1944、1946


業績
日本プロ野球 完全試合投手


沢村栄治賞
1940年代 | 

1950年代 | 
  • 1950 真田重男
  • 1951 杉下茂
  • 1952 杉下茂
  • 1953 大友工
  • 1954 杉下茂
  • 1955 別所毅彦
  • 1956 金田正一
  • 1957 金田正一
  • 1958 金田正一
  • 1959 村山実

  • 1960年代 | 
  • 1960 堀本律雄
  • 1961 権藤博
  • 1962 小山正明
  • 1963 伊藤芳明
  • 1964 G.バッキー
  • 1965 村山実
  • 1966 村山実, 堀内恒夫
  • 1967 小川健太郎
  • 1968 江夏豊
  • 1969 高橋一三

  • 1970年代 | 
  • 1970 平松政次
  • 1972 堀内恒夫
  • 1973 高橋一三
  • 1974 星野仙一
  • 1975 外木場義郎
  • 1976 池谷公二郎
  • 1977 小林繁
  • 1978 松岡弘
  • 1979 小林繁

  • 1980年代 | 
  • 1981 西本聖
  • 1982 北別府学
  • 1983 遠藤一彦
  • 1985 小松辰雄
  • 1986 北別府学
  • 1987 桑田真澄
  • 1988 大野豊
  • 1989 斎藤雅樹

  • 1990年代 | 
  • 1990 野茂英雄
  • 1991 佐々岡真司
  • 1992 石井丈裕
  • 1993 今中慎二
  • 1994 山本昌広
  • 1995 斎藤雅樹
  • 1996 斎藤雅樹
  • 1997 西口文也
  • 1998 川崎憲次郎
  • 1999 上原浩治

  • 2000年代 | 
  • 2001 松坂大輔
  • 2002 上原浩治
  • 2003 井川慶, 斉藤和巳
  • 2004 川上憲伸
  • 2005 杉内俊哉
  • 2006 斉藤和巳
  • 2007 ダルビッシュ有
  • 2008 岩隈久志
  • 2009 涌井秀章

  • 2010年代 | 
  • 2010 前田健太
  • 2011 田中将大
  • 2012 攝津正
  • 2013 田中将大
  • 2014 金子千尋
  • 2015 前田健太
  • 2016 K.ジョンソン
  • 2017 菅野智之
  • 2018 菅野智之

  • 1947年制定。記述のない年は該当者なし。

    ベストナイン(日本プロ野球1リーグ時代)
    1940年 | 

    1947年 | 
  • 投手:別所昭
  • 捕手:土井垣武
  • 一塁手:川上哲治
  • 二塁手:千葉茂
  • 三塁手:藤村富美男
  • 遊撃手:杉浦清
  • 外野手:大下弘, 坪内道則, 金田正泰

  • 1948年 | 
  • 投手:別所昭, 中尾碩志, 真田重男
  • 捕手:土井垣武
  • 一塁手:川上哲治
  • 二塁手:千葉茂
  • 三塁手:藤村富美男
  • 遊撃手:木塚忠助
  • 外野手:青田昇, 別当薫, 坪内道則

  • 1949年 | 
  • 投手:藤本英雄
  • 捕手:土井垣武
  • 一塁手:川上哲治
  • 二塁手:千葉茂
  • 三塁手:藤村富美男
  • 遊撃手:木塚忠助
  • 外野手:小鶴誠, 別当薫, 大下弘

  • 上記以外の年は表彰なし

    最優秀防御率(日本プロ野球1リーグ時代)

    1945年は太平洋戦争のため中断

    最優秀勝率投手(日本プロ野球1リーグ時代)

    1945年は太平洋戦争のため中断

    最多勝利投手(日本プロ野球1リーグ時代)

    1945年は太平洋戦争のため中断

    最多奪三振(日本プロ野球1リーグ時代)
    出典:wikipedia
    2018/11/17 11:15

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「藤本英雄」の意味を投稿しよう
    「藤本英雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    藤本英雄スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「藤本英雄」のスレッドを作成する
    藤本英雄の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail