このキーワード
友達に教える
URLをコピー

藤波行雄とは?


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


藤波 行雄(ふじなみ ゆきお、1951年4月26日 - )は、静岡県静岡市葵区出身の元プロ野球選手(外野手)。

来歴・人物

プロ入り前

静岡商業では2年生時の1968年に、右翼手として夏の甲子園に出場。1年生エース新浦壽夫(年齢的には同学年だが、定時制課程から編入したため1年後輩に)が好投し勝ち進む。決勝では興國高と対戦するが、丸山朗(早大-大昭和製紙)に0-1で完封を喫し、準優勝にとどまった。新浦はこの年限りで中退して巨人入り、1969年には同期の松島英雄が主戦投手になる。夏の甲子園中堅手として連続出場。準々決勝に進出するが、この大会に優勝した松山商のエース井上明に抑えられ敗退した。しかし秋の長崎国体では、準決勝で松山商に延長12回の末にサヨナラ勝ち、決勝では玉島商を1-0で降し優勝を飾る。高校の1年後輩に控え投手の池谷公二郎がいた。

卒業後は中央大学に進学し、東都大学野球リーグでは3度優勝。1973年全日本大学野球選手権大会ではエース田村政雄を擁し、決勝で愛知学院大を降し優勝した。同期の佐野仙好と共に1年生の春季リーグからレギュラーとして活躍し、卒業まで全試合全イニングに出場。「安打製造機」の異名をとり、東都大学野球リーグ通算最多安打133本も記録した。リーグ通算99試合出場、打率.319(417打数133安打)、6本塁打、37打点。ベストナイン5回。1972年第1回日米大学野球選手権大会日本代表に選出され、翌年の同大会にも連続出場。

プロ入り後

1973年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。ルーキーイヤーの1974年は90試合に出場(うち18試合に先発)し、打率.289(114打数33安打)、1本塁打の成績を挙げてチーム20年ぶり2度目のセントラル・リーグ優勝に貢献。新人王のタイトルを獲得した。同年のロッテ・オリオンズとの日本シリーズでは3試合に出場、第5戦で一番打者、中堅手として起用されるが無安打に終わる。レギュラーへの定着が期待されたが、1975年ローン・ウッズの入団もあって出場機会が減少、打撃も今一つ伸び悩む。1976年はローン・ウッズがシーズン中盤に故障欠場、しかし谷木恭平が台頭して中堅手の座を奪いチャンスを活かせなかった。

1977年のシーズン前にクラウンライターライオンズ基満男らとの交換トレード(藤波と竹田和史=基の2対1で内定)を言い渡され、契約上トレード拒否権がなかったものの、任意引退も辞さない構えでトレードを拒否し、結局トレードによる移籍を免れた。ただ、球団から来春のキャンプは自費参加、開幕二軍スタート、公式戦の第3節終了まで一軍出場停止、背番号も「3」から「40」に変更などのペナルティを受けたが、これを「大甘処分」とする見方もある。

1977年はウィリー・デービスが鳴り物入りで入団するが、8月に骨折で戦線離脱。その代役として中堅手の定位置を獲得、打率.318を残しチャンスメーカーとして活躍した。1978年は開幕から一番打者として起用されるが打率は低迷、8月下旬には故障欠場し谷木恭平にレギュラーを譲る。その後も谷木やボビー・ジョーンズらと併用された。1980年は主に中堅手として71試合に先発、規定打席には到達しなかったが打率.291の好記録を残す。しかし1981年にはレイ・コージの加入、平野謙の成長もあって出場機会が急減。先発から外れる試合が多くなったが、1982年のリーグ優勝にも貢献した。同年の西武ライオンズとの日本シリーズでは全6試合に出場、第5戦では代打で自身の日本シリーズ初安打を東尾修から記録している。1987年限りで現役引退。

引退後

引退後は、東海テレビ放送東海ラジオ放送三重テレビ放送岐阜放送J SPORTSの解説者を務める。一時期は東海テレビのキー局・フジテレビの解説者も兼務し、『プロ野球ニュース』やフジテレビ及び東海テレビ以外の系列局制作の中継などで中日戦以外にも登場する事があったが、テレビは現在は本数出演であり、主に三重テレビやCSの中継(どちらも東海テレビが制作している)に出演する(2008年まではラジオをメインとしていた)。

2005年からはNPB12球団ジュニアトーナメントの、中日ドラゴンズジュニアチームのコーチを担当。

2009年5月、翌年度より発足する三重スリーアローズのコーチに就任することが発表された。一方、三重テレビとスターキャットには試合/番組単位で契約・出演。2010年7月30日付で、監督の松岡弘が体調不良の為休養したことに伴い三重の監督代行を務める。シーズン終了後に退任。

その後は朝日大学の臨時コーチなどを経て、2015年11月より新浦とともに母校・静岡商の外部コーチに就任した。

2018年からは、常葉大学浜松キャンパス硬式野球部の総監督に就任している。

詳細情報

年度別打撃成績









































































O
P
S

1974 | 中日 | 90 | 130 | 114 | 13 | 33 | 4 | 0 | 1 | 40 | 15 | 1 | 0 | 1 | 0 | 13 | 1 | 2 | 15 | 3 | .289 | .372 | .351 | .723
1975 | 81 | 97 | 87 | 6 | 21 | 4 | 0 | 0 | 25 | 11 | 0 | 1 | 1 | 1 | 7 | 1 | 1 | 8 | 1 | .241 | .302 | .287 | .589
1976 | 104 | 163 | 150 | 15 | 39 | 8 | 0 | 1 | 50 | 14 | 3 | 0 | 2 | 2 | 9 | 1 | 0 | 14 | 0 | .260 | .298 | .333 | .631
1977 | 100 | 237 | 214 | 32 | 68 | 9 | 1 | 6 | 97 | 20 | 11 | 5 | 7 | 0 | 11 | 0 | 5 | 9 | 4 | .318 | .365 | .453 | .818
1978 | 96 | 333 | 299 | 39 | 69 | 6 | 0 | 4 | 87 | 22 | 3 | 8 | 4 | 0 | 29 | 1 | 1 | 14 | 4 | .231 | .301 | .291 | .592
1979 | 116 | 274 | 244 | 35 | 73 | 9 | 1 | 4 | 96 | 26 | 2 | 6 | 10 | 0 | 18 | 3 | 2 | 18 | 5 | .299 | .352 | .393 | .746
1980 | 119 | 347 | 326 | 40 | 95 | 11 | 1 | 1 | 111 | 22 | 8 | 6 | 7 | 1 | 12 | 3 | 1 | 13 | 3 | .291 | .318 | .340 | .658
1981 | 41 | 65 | 62 | 5 | 13 | 3 | 0 | 1 | 19 | 6 | 1 | 2 | 0 | 0 | 3 | 0 | 0 | 2 | 2 | .210 | .246 | .306 | .553
1982 | 74 | 92 | 85 | 9 | 22 | 7 | 0 | 2 | 35 | 10 | 2 | 1 | 1 | 1 | 5 | 0 | 0 | 5 | 1 | .259 | .297 | .412 | .708
1983 | 90 | 121 | 114 | 11 | 37 | 4 | 0 | 2 | 47 | 13 | 1 | 1 | 0 | 1 | 5 | 1 | 1 | 12 | 2 | .325 | .355 | .412 | .768
1984 | 83 | 133 | 124 | 15 | 35 | 3 | 1 | 1 | 43 | 17 | 2 | 2 | 5 | 0 | 3 | 0 | 1 | 16 | 1 | .282 | .305 | .347 | .651
1985 | 89 | 100 | 93 | 11 | 22 | 4 | 0 | 1 | 29 | 7 | 2 | 1 | 0 | 0 | 7 | 2 | 0 | 9 | 1 | .237 | .290 | .312 | .602
1986 | 57 | 51 | 48 | 2 | 9 | 1 | 1 | 0 | 12 | 1 | 0 | 0 | 2 | 0 | 1 | 1 | 0 | 10 | 0 | .188 | .204 | .250 | .454
1987 | 6 | 19 | 16 | 0 | 3 | 1 | 0 | 0 | 4 | 2 | 1 | 0 | 2 | 0 | 1 | 0 | 0 | 2 | 0 | .188 | .235 | .250 | .485
通算:14年 1146 | 2162 | 1976 | 233 | 539 | 74 | 5 | 24 | 695 | 186 | 37 | 33 | 42 | 6 | 124 | 14 | 14 | 147 | 27 | .273 | .319 | .352 | .671

表彰

記録

背番号

関連情報

出演番組

脚注

  1. ^ 【12月21日】1976年(昭51) トレード拒否貫き通した中日・藤波に球団が大甘処分”. スポーツニッポン (2007年12月21日). 2018年2月1日閲覧。
  2. ^ 基は中日への移籍を快諾していたが、藤波の移籍拒否の結果クラウンへの残留となり、竹田は松林茂との交換トレードでクラウンに移籍した。
  3. ^ 3番は新外国人のウィリー・デービスが着用し、40番だった大島康徳が5番に変更した。また同時期に14番だった谷沢健一が本人の希望で41番に変更したことが重なり、5番だった神垣雅行が14番に、41番だった片貝義明が50番に変更している。
  4. ^ 独立リーグの指導者と解説者を兼務するのは村上隆行などの例がある。
  5. ^ 松岡弘監督休養のお知らせ
  6. ^ 浜松キャンパス 硬式野球部 総監督 藤波 行雄 氏 就任

関連項目

外部リンク

三重スリアローズ監督 2010


セントラル・リーグ新人王
1950年代 | 

1960年代 | 

1970年代 | 

1980年代 | 

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 

記述のない年は該当者なし

中日ドラゴンズ - 1973年ドラフト指名選手
指名選手 | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/28 05:25

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「藤波行雄」の意味を投稿しよう
「藤波行雄」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

藤波行雄スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「藤波行雄」のスレッドを作成する
藤波行雄の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail