このキーワード
友達に教える
URLをコピー

行方尚史とは?

この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:infobox_将棋棋士を参照してください。

Template


行方 尚史(なめかた ひさし、1973年12月30日 - )は、将棋棋士。棋士番号208。青森県弘前市出身。大山康晴十五世名人門下。

目次

  • 1 棋歴
  • 2 棋風
  • 3 人物
  • 4 昇段履歴
  • 5 主な成績
    • 5.1 タイトル挑戦
    • 5.2 棋戦優勝
    • 5.3 在籍クラス
    • 5.4 将棋大賞
  • 6 脚注
  • 7 外部リンク

棋歴

小学6年生時の1985年春、第10回小学生将棋名人戦で3位入賞。この大会で優勝したのが野月浩貴木村一基がベスト8。

将棋修行のため、小学校卒業と同時に12歳で単身上京。中学生時代には、学校の教師や下宿先で奨励会員という立場を理解してもらえず、バカにされたり罵倒されるなど苦い経験を持つ。そのせいか、当時は「中学中退がかっこいい」などとうそぶいていたという。中学卒業後は都立高校に進学するものの3ヶ月で中退。

1993年、19歳で四段昇段(プロ入り)。このとき、マスコミのインタビューで「羽生さんに勝っていい女を抱きたい。」と発言し、話題となった。

プロ入りから間もない、初参加の第7期竜王ランキング戦6組(1993-1994年)で優勝。6組とはいえども、準々決勝で破った相手は、前年にタイトルを獲得した郷田真隆であった。さらに、佐藤康光竜王への挑戦権を争う本戦トーナメントでも、深浦康市森内俊之南芳一米長邦雄といった強豪をなで斬りにする快進撃。ついに羽生善治との挑戦者決定三番勝負まで進む。三番勝負は、0-2で敗退。ちなみに、羽生はこの期に佐藤から竜王を奪取し、六冠王となっている。

第8期(1994-1995年)の竜王ランキング戦5組でも、決勝で郷田を破って優勝し、昇段規定「竜王ランキング戦2回連続優勝」により五段に昇段した。これは同規定の初の適用であり、その後もこの規定で昇段したのは、行方のほかに木村一基しかいない。決勝トーナメントでは1勝にとどまる。

1995年、テレビ棋戦の早指し新鋭戦で優勝。1995年度将棋大賞の新人賞を受賞。

第13期(1999-2000年)竜王戦2組において3位決定戦を制し、初の1組入りを決める。

2004年度のB級1組順位戦の対中川大輔七段戦で、持将棋千日手による2度の指し直しで合計23時間(午前10時開始、翌日午前9時15分終局)不眠で将棋を指し続け、結果、勝利を収めている。同年、第55期王将戦リーグ入り。

2006年度のB級1組順位戦2位の成績により、2007年4月にA級八段となる。

2008年2月9日、同年度新設された朝日杯将棋オープン戦で優勝し、全棋士参加棋戦での初優勝を果たす。これは、A級順位戦で1期在籍のみでの降級が決定して間もない頃のことであった。

2013年1月10日、第71期順位戦B級1組11回戦で勝利し、10勝0敗で2局残して、A級復帰を決める。

2013年5月29日、第54期王位戦挑戦者決定戦で佐藤康光九段を破り挑戦権を獲得、遂に念願のタイトル初挑戦であったが、羽生善治を相手に1勝4敗で敗退した。

A級2位として臨んだ第73期A級順位戦において、A級3位の渡辺明、同7位の久保利明、同9位の広瀬章人と同じ6勝3敗で終了。2015年3月16日に行われた挑戦者決定プレーオフ第3戦で、広瀬と渡辺を破った久保と対戦し、150手で久保を下して、初めて羽生善治名人への挑戦権を獲得した。しかし、1勝4敗で敗退した。

第64回(2014年度)NHK杯戦で勝ち進み、準決勝で橋本崇載と対戦。局面劣勢の橋本が秒読みに追われる中で二歩の反則をした際、そのことに気付き、頭を抱えて橋本を逆に驚かせた。

2018年1月29日、第89期棋聖戦二次予選で村山慈明七段に勝ち、史上52人目となる公式戦通算600勝(将棋栄誉賞)を達成した。

2018年3月3日、第76期順位戦A級11回戦で稲葉陽八段に敗れ、3勝7敗で連続5期在籍したA級からの降級が決定した。[1]

棋風

居飛車党。粘り強い棋風である。

人物

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2009年6月)

昇段履歴

主な成績

タイトル挑戦

挑戦回数 2回

棋戦優勝

優勝合計 2回

在籍クラス

竜王戦と順位戦のクラスは、将棋棋士の在籍クラス を参照。

将棋大賞

脚注

  1. ^ 木村一基七段に聞く - NIKKEI 将棋王国(日本経済新聞)
  2. ^ 行方尚史四段(当時)「羽生さんの力を引き出せなかった・・・」 - 将棋ペンクラブログ・2012年12月14日
  3. ^ 後に行方は「あの発言はマスコミに(煽られて)言わされてしまった」と述懐している。
  4. ^ この昇段は、竜王戦の規定による昇段の条件(の一つ)が「竜王ランキング戦2回連続優勝」から「竜王ランキング戦2回連続昇級」へ緩和される前に達成された、難易度の高い昇段である。
  5. ^ “行方尚史八段、600勝(将棋栄誉賞)を達成|将棋ニュース|日本将棋連盟”. 日本将棋連盟. (2018年1月30日). https://www.shogi.or.jp/news/2018/01/600_11.html 2018年1月31日閲覧。
  6. ^ 別冊宝島440『将棋これも一局読本』(宝島社、1999年)pp.114 - 119
  7. ^ 別冊宝島380『将棋王手飛車読本』(宝島社、1998年)pp.144 - 153
  8. ^ 行方尚史八段祝賀さくら船(後編) - 将棋ペンクラブログ・2013年4月29日
  9. ^ BS-2囲碁・将棋ジャーナル』にて、将棋司会が清水、ゲストが行方で、双方共に登場時。
  10. ^ 行方尚史八段結婚式 - パラダイスな毎日(恩田菜穂公式ブログ)・2011年12月7日

外部リンク

将棋の現役棋士
タイトル
保持者 | 



九段 | 

八段 | 

七段 | 

六段 | 

五段 | 

四段 | 

日本将棋連盟所属。詳細は将棋棋士一覧を参照。

第31期竜王戦ランキング戦(2017年冬 - 2018年秋)(第30期竜王:羽生善治)
【1組】

【2組】

【3組】

【4組】

【5組】

【6組】

【女流棋士】
【アマチュア】
【奨励会員】


詳細については将棋棋士の在籍クラスを参照
* 加藤桃子は奨励会員であるが、女流タイトル保持により女流棋士枠で出場
第77期(2018年度)順位戦 (第76期名人戦:佐藤天彦名人 - 羽生善治竜王)
A級 | 
  1. 佐藤天か羽生
  2. 稲葉陽
  3. 広瀬章人
  4. 佐藤康光
  5. 久保利明
  6. 豊島将之
  7. 深浦康市
  8. 三浦弘行
  9. 糸谷哲郎
  10. 阿久津主税

B級1組 | 
  1. 渡辺明
  2. 行方尚史
  3. 屋敷伸之
  4. 橋本崇載
  5. 木村一基
  6. 山崎隆之
  7. 谷川浩司
  8. 郷田真隆
  9. 菅井竜也
  10. 斎藤慎太郎
  11. 松尾歩
  12. 野月浩貴
  13. 畠山鎮

B級2組 | 
  1. 丸山忠久
  2. 北浜健介
  3. 横山泰明
  4. 村山慈明
  5. 中田宏樹
  6. 中村太地
  7. 澤田真吾
  8. 飯島栄治
  9. 藤井猛
  10. 窪田義行
  11. 井上慶太
  12. 中村修
  13. 畠山成幸
  14. 中川大輔(1)
  15. 佐々木慎
  16. 鈴木大介
  17. 大石直嗣
  18. 田村康介(1)
  19. 阿部隆
  20. 千田翔太
  21. 永瀬拓矢
  22. 戸辺誠(1)
  23. 飯塚祐紀(1)
  24. 先崎学(1)

C級1組 | 
  1. 森下卓
  2. 青野照市
  3. 佐々木勇気
  4. 髙﨑一生
  5. 宮田敦史
  6. 近藤誠也
  7. 杉本昌隆
  8. 阿部健治郎
  9. 千葉幸生
  10. ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/06/20 18:48

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「行方尚史」の意味を投稿しよう
「行方尚史」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

行方尚史スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「行方尚史」のスレッドを作成する
行方尚史の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail