このキーワード
友達に教える
URLをコピー

衛藤征士郎とは?

衛藤 征士郎
えとう せいしろう

【生年月日】
(1941-04-29) 1941年4月29日(77歳)
【出生地】
朝鮮(日本統治時代) 全羅南道康津
【出身校】
早稲田大学第一政治経済学部卒業
早稲田大学大学院政治学研究科
国際政治専修修士課程修了
【所属政党】
(無所属→)
(自由民主党→)
(無所属→)
自由民主党(細田派)
【称号】
政治学修士(早稲田大学・1973年)
【公式サイト】
衆議院議員 衛藤征士郎 OFFICIAL WEBSITE
衆議院議員

【選挙区】
(旧大分1区→)
(大分2区→)
(比例九州ブロック→)
大分2区
【当選回数】
12回
【在任期間】
1983年12月19日 - 現職
第64代 衆議院副議長

【在任期間】
2009年9月16日 - 2012年11月16日
第57代 防衛庁長官

【内閣】
村山改造内閣
【在任期間】
1995年8月8日 - 1996年1月11日
参議院議員

【選挙区】
大分地方区
【当選回数】
1回
【在任期間】
1977年7月11日 - 1983年7月9日
大分県玖珠郡玖珠町長

【当選回数】
2回
【在任期間】
1971年 - 1977年

衛藤 征士郎(えとう せいしろう、1941年4月29日 - )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(12期)、自民党外交調査会長。

衆議院副議長(第64代)、防衛庁長官(第57代)、参議院議員(1期)、大分県玖珠郡玖珠町長(2期)、自民党たばこ議員連盟顧問などを歴任。

目次

  • 1 来歴
  • 2 政策・主張
    • 2.1 憲法
    • 2.2 公務員制度改革
    • 2.3 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)
    • 2.4 内政の諸政策
  • 3 人物
    • 3.1 台湾
    • 3.2 テコンドー協会
  • 4 不祥事
    • 4.1 年金未納
    • 4.2 政治資金
    • 4.3 やじ問題
  • 5 所属団体・議員連盟
  • 6 年譜
  • 7 著書
  • 8 脚注
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

来歴

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年11月)

2007年9月25日衆議院により内閣総理大臣に指名された福田康夫(中央)を他の議員らとともに祝福

当時日本の統治下であった朝鮮半島南部全羅南道康津に生まれる。父・衛藤貫一は警察官1945年9月、終戦により日本へ引き揚げ大分県玖珠郡玖珠町で育つ。1948年、玖珠町立日出生小学校に入学するが、1950年に玖珠町立森小学校に転校。1957年大分県立森高等学校に進学するが、同年9月から休学。1959年に高校に復学し、1962年に高校卒業。上京し、早稲田大学第二政治経済学部に入学する。1964年、学内の転部試験に合格し、早稲田大学第一政治経済学部に転部。在学中は吉村正教授に師事し、1966年に卒業。早稲田大学大学院政治学研究科国際政治専修修士課程に進学し、現職の町長時代に政治学修士号を取得する。

1970年大分県玖珠郡玖珠町に戻り、豊後森駅前のビルの一室に「衛藤征士郎政治経済研究所」を開設。翌1971年玖珠町長選挙に立候補し、当選。玖珠町長は1977年まで2期務める。1977年第11回参議院議員通常選挙に、政治団体「国政に新風を送る会」公認で大分地方区から出馬し、当選。1983年第37回衆議院議員総選挙に立候補し、衆議院に転出。旧大分1区(定数4)から無所属で出馬し、得票数4位の最下位ながら当選した。以後、衆院当選12回。1986年第3次中曽根内閣農林水産政務次官に任命される。

1995年村山改造内閣防衛庁長官に任命され、初入閣した。1998年大勇会(河野グループ)の旗揚げに参加。2000年第2次森改造内閣外務総括政務次官に閣僚経験者ながら任命され、中央省庁再編後は初代外務副大臣を務める。外務副大臣在任中、台湾総統(当時)・李登輝の訪日を実現した。なお当時の外務大臣だった河野洋平は、李登輝へのビザ発給に最後まで難色を示していたため、衛藤は河野に抗議し、大勇会を退会した。その後、清和政策研究会に入会する。2007年12月、「自由民主党朝鮮半島問題小委員会」を自由民主党政務調査会内に立ち上げ、委員長に就任した。2008年自由民主党総裁選挙では、同じ町村派に所属していた小池百合子の推薦人代表を務めた。

2009年第45回衆議院議員総選挙では自民党公認、公明党推薦で出馬。大分2区社会民主党重野安正に5千票弱の僅差で敗れるが、重複立候補していた比例九州ブロックで復活。同年9月16日より衆議院副議長に就任。

2012年11月16日、衆議院解散(近いうち解散)により副議長を退任。同年の第46回衆議院議員総選挙では、引退する重野に代わり出馬した社民党新人の吉川元を破り、大分2区で10選(吉川は比例復活)。2013年1月、自由民主党外交・経済連携本部長(党則第83条に基づく総裁直属機関) に起用された。2014年第47回衆議院議員総選挙で11選。

2017年12月、自由民主党外交調査会長に就任。

政策・主張

憲法

日本国憲法改正集団的自衛権の行使を禁じた内閣法制局憲法解釈の見直しに賛成。また憲法改正が必要な一院制の導入を推進している。

公務員制度改革

2003年から自由民主党行政改革推進本部長を務め、麻生内閣が「職員の退職管理に関する政令」を改正し国家公務員の「ワタリ」を容認した際には「(行政改革推進本部は)認めない。政令を超えるため、『渡り』を認めない自民党による議員立法を用意する」と主張し、廃止や見直しを求める自民党行革本部公務員制度改革委員会と政府が対立する可能性があることについて「いいじゃないか。断固としてやる」と述べた。また、自民党を離党した渡辺喜美に対しては「渡辺さんも党の中にいればこういうこと(議員立法)ができる」と指摘した。

環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)

TPP交渉参加に関する自民党の公約について、安倍晋三首相が2013年2月28日衆議院予算委員会において、関税に関する項目以外の5項目は「正確には公約ではない。目指すべき政策」と答弁したのに対し、自由民主党幹事長石破茂が3月12日のJA主催の集会で6項目を公約と説明し、翌13日には衛藤が本部長を務める自民党外交・経済連携本部のTPP対策委員会も決議文に六項目の約束が公約であることを明記した。衛藤は決議文について、6項目が順守されない限り「脱退」「批准しない」という趣旨であると述べている。

内政の諸政策

人物

台湾

自民党における親台派議員の代表格であり、2011年5月5日には台湾による東日本大震災の被災者支援に感謝の意を示すため、台湾を訪問した。衆参両院の正副議長の台湾訪問は、1972年に日本が台湾との国交を断絶して以来、初めてのことである。翌2012年3月には再度台湾を訪問し、馬英九総統に面会した。

テコンドー協会

2003年3月から4月まで日本テコンドー連盟会長を務めており、連盟が内紛により日本テコンドー連合、全日本テコンドー協会に分裂した後は全日本テコンドー協会会長に就任。その後、両団体は新団体を設立し、衛藤を新団体の会長に、日本テコンドー連合会長の森喬伸を理事長に起用する方針で合意したが、協会側がこの合意の無効を主張。日本オリンピック委員会(JOC)からも両団体の統一を要求されたが、全日本テコンドー協会は単独で加盟申請を行い、拒否される。その後も一本化がなされなかったため、JOCは両団体を非難し解散を勧告した。これに対し衛藤は「消滅なんてせんえつな話。なにさまだと思っているのか」と述べた。2005年に設立された社団法人全日本テコンドー協会への統合に伴い退任。

不祥事

年金未納

政治資金

やじ問題

2016年2月29日の衆院予算委員会で、民主党の山尾志桜里の質疑に対して、ヤジを飛ばしたと指摘された。

所属団体・議員連盟

年譜

 | 
この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年7月)

衛藤征士郎

著書

脚注

  1. ^ 衆議院副議長就任に伴い、慣例により会派を離脱。
  2. ^ 衛藤 征士郎(えとう せいしろう)
  3. ^ 略歴・役職|衛藤征士郎
  4. ^ “総裁候補の推薦人名簿 自民党”. 共同通信社. 47NEWS. (2008年9月10日). http://www.47news.jp/CN/200809/CN2008091001000300.html 2015年4月15日閲覧。
  5. ^ 比例貢献が基準公明が自民92候補を推薦(2009年7月30日20時25分 読売新聞)
  6. ^ 2012年衆院選 大分2区 衛藤 征士郎
  7. ^ 公務員「渡り」禁止法案提出も-自民・衛藤氏 - MSN産経ニュース産経デジタル2009年1月17日
  8. ^ 自民党内は「6項目遵守」を決議――TPP、公約違反か交渉離脱か週刊金曜日ニュース 2013年4月3日
  9. ^ 「<憲法特集>九州・沖縄の国会議員アンケート(3)主なテーマ」、西日本新聞、2016年4月30日。
  10. ^ 第154回国会 法務委員会 請願2442号
  11. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  12. ^ 馬英九総統が衛藤征士郎・衆議院副議長ら一行と会見台北駐日経済文化代表処 2012年3月26日
  13. ^ 共同通信2003年5月12日
  14. ^ 共同通信2004年2月16日
  15. ^ 共同通信2004年3月19日
  16. ^ sanspoサンスポ
  17. ^ 衛藤氏ら新たに未納議員6人判明 日刊スポーツ 2004年5月2日
  18. ^ しんぶん赤旗 2003年9月12日 パーティ券リストの面々
  19. ^ YOMIURIONLINE2007年1月8日
  20. ^ 共同通信2007年1月9日
  21. ^ 日テレNEWS242007年8月11日
  22. ^ 「『子供を産んだら女じゃない』 愛人が文春でモラハラ告発! 保育園ヤジ議員は自民党“ネトサポ”の親玉だった」、Literax、2016年3月31日
  23. ^ 「自民党たばこ議員連盟」役員(2017/3/7現在)及び役員へのタバコ販売&耕作者政治連盟からの6年間の献金額(万円)”. 2018年4月11日閲覧。
  24. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  25. ^ 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年

関連項目

外部リンク


公職
先代:
玉澤徳一郎 |  防衛庁長官
第57代:1995年 - 1996年 | 次代:
臼井日出男
先代:
(創設) |  外務副大臣
荒木清寛と共同
2001年 | 次代:
植竹繁雄
杉浦正健
議会
先代:
横路孝弘 |  衆議院副議長
第64代:2009年 - 2012年 | 次代:
赤松広隆
先代:
逢沢一郎 |  衆議院予算委員長
2008年 - 2009年 | 次代:
鹿野道彦
先代:
深谷隆司 |  衆議院国家基本政策委員長
2006年 - 2008年 | 次代:
二田孝治
先代:
中村正三郎 |  衆議院決算行政監視委員長
2000年 | 次代:
持永和見
先代:
村井仁
中西啓介 |  衆議院大蔵委員長
1999年(代理)
1990年 - 1991年 | 次代:
金子一義
平沼赳夫
衆議院副議長
帝国議会 | 

国会 | 
  • 田中萬逸
  • 岩本信行
  • 原彪
  • 高津正道
  • 杉山元治郎
  • 椎熊三郎
  • 正木清
  • 中村高一
  • 久保田鶴松
  • 原健三郎
  • 田中伊三次
  • 園田直
  • 小平久雄
  • 藤枝泉介
  • 荒舩清十郎
  • 長谷川四郎
  • 秋田大助
  • 三宅正一
  • 岡田春夫
  • 勝間田清一
  • 多賀谷真稔
  • 安井吉典
  • 村山喜一
  • 鯨岡兵輔
  • 渡部恒三
  • 中野寛成
  • 横路孝弘
  • 衛藤征士郎
  • 赤松広隆
  • 川端達夫
  • 赤松広隆

  • 議院
  • 衆議院
  • 貴族院
  • 参議院


  • 衆議院予算委員長
    帝国議会 | 
    出典:wikipedia
    2018/11/28 12:26

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「衛藤征士郎」の意味を投稿しよう
    「衛藤征士郎」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    衛藤征士郎スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「衛藤征士郎」のスレッドを作成する
    衛藤征士郎の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail