このキーワード
友達に教える
URLをコピー

読売ジャイアンツ_(ファーム)とは?

読売ジャイアンツのファー厶は、日本のプロ野球チーム・読売ジャイアンツの下部組織として設置されているファームチームである。二軍イースタン・リーグに所属している。

目次

  • 1 歴史・概要
  • 2 沿革
  • 3 本拠地
    • 3.1 過去の本拠地
    • 3.2 TOKYO GIANTS TOWN構想
    • 3.3 つくば市による誘致計画
  • 4 監督・コーチ
  • 5 歴代監督
    • 5.1 三軍監督
    • 5.2 育成チーフコーチ
  • 6 ファーム日本選手権成績
  • 7 放送
  • 8 脚注
  • 9 関連項目
  • 10 外部リンク

歴史・概要

2リーグ分裂の前年、1949年に結成。プロ球団のファーム(二軍)としては1948年に結成された急映チックフライヤーズ及び金星リトルスターズ(金星スターズ二軍)に次ぐもので、巨人と同年には阪急ブレーブス二軍南海ホークス二軍も結成されている。

1950年夏、大阪タイガース二軍松竹ロビンス二軍と3球団で北海道巡業を実施。同年11月に開催されたプロ野球二軍選手権では、準決勝において5-0で南海に敗れる。

1954年関西ファーム・リーグ(1952年結成)に対抗すべく、セントラル・リーグ加盟6球団の二軍で新日本リーグを結成。この際、各球団とも一軍とは別に球団名と本拠地を設定することになり読売ジュニアジャイアンツ(Yomiuri Junior Giants)へ改称、横浜市を本拠地とする。読売ジュニアは1954年前期を18勝5敗で優勝、後期優勝の阪神ジャガーズ(大阪タイガースの二軍が名称変更)と2勝先取方式の優勝決定戦を行うが、1勝2敗で準優勝となった。

しかし、1955年のシーズン途中よりファームをイースタン・リーグ(第1期)とウエスタン・リーグの各7球団から再編することになり新日本リーグは自然消滅。これに伴い、読売ジュニアもイースタンに参加するがリーグの運営方針が定まらず、長期の中断を挟んで1961年にようやくイースタン・リーグ(第2期)が再開される。この際に球団名からは「ジュニア」が除かれ、一軍と同じ名称となった。

1987年よりイースタンとウエスタンの優勝チームにより実施されているジュニア日本選手権に9年連続出場し、1995年までに7回優勝しているが1996年の中断を挟み1997年ファーム日本選手権として再開されて以降、リーグ優勝は2000年2007年の2回に留まり選手権ではいずれも中日ドラゴンズ二軍に敗れている。

2009年、選手に実戦経験を積ませることを目的として千葉ロッテマリーンズ二軍との連合チーム・シリウスを結成。ジャイアンツ球場及びロッテ浦和球場において開催する「シリウスGAME」で社会人野球チームと対戦していたが、2010年を持って事実上休眠となった。

また、2011年から事実上の「三軍」ともいえる「第2の二軍」を立ち上げた。これは二軍のレギュラー選手との競争意識を高めるとともに、試合出場機会が少ない若手や育成・研修生選手(事実上練習生)を中心にした選手構成として、社会人野球やセミプロ独立リーグ、また3月と8月限定であるが大学野球チームとの交流試合を多数行うとしている。

ただ、産経新聞2013年1月11日付によると「第2の二軍」としての強化を事実上廃止したと報じられた。これによると、当初目指していた「多数錬成」の方針が、守備位置の偏りや、故障者の発生により本来の守備位置とは違うポジションを守らせたり、さらにけがが完全に癒えていないにもかかわらず故障者を無理やり出場させることも弊害につながったとしている。そのため本来「育成の手段」とすべきはずだったものが「育成の目的」になってしまい、強化を始めた2年間で一軍に昇格できた選手は誰一人いなかったことも影響していると伝えている。そのため2013年度の育成選手(練習生)の数を減らし、二軍の公式戦での強化の中で選手を育てる。また二軍の公式戦の前後に実践機会を減らさないようにするためにプロ・アマor独立リーグやフューチャーズとの交流試合など非公式戦も行うなどの工夫は今後も取り組むとしている。

2015年10月2016年度から「第2の二軍」を正式に「三軍」として発展発足させることを発表した。基本的には「第2の二軍」時代とほぼ同じように、育成(練習生)契約を中心とした20-25名程度で編成し、独立リーグ、社会人、大学チームとの交流戦を中心に年90試合程度の対外試合を実施するとしている。独立リーグとの交流戦については、2016年はベースボール・チャレンジ・リーグ(BCリーグ)と48試合、四国アイランドリーグplusとは12試合を実施する。

沿革

本拠地

読売ジャイアンツ球場(神奈川県川崎市多摩区よみうりランド内)を1986年より使用している。二軍は2023年を目標に後述の「TOKYO GIANTS TOWN」内の新球場に移転し、ジャイアンツ球場は主に三軍のグラウンドとして用いる予定である。また、2017年からTOKYO GIANTS TOWN完成までは東京都町田市町田市小野路球場を三軍の準本拠地として使用する。

本拠地以外の主催試合に関しては読売ジャイアンツ主催試合の地方球場一覧を参照
本拠地以外の主催試合(オープン戦)に関しては、読売ジャイアンツ主催のオープン戦使用球場一覧を参照

過去の本拠地

TOKYO GIANTS TOWN構想

2016年10月24日、2023年3月末を目標に,ジャイアンツ球場から徒歩10分程度の場所にある東京都稲城市南山東部地区に「TOKYO GIANTS TOWN」を建設する構想を発表した。天然芝やテラス席、デッキ席を備えた新球場と商業施設を建設し、野球以外にも楽しめる都民の憩いの場を目指して稲城市をはじめとした多摩地域の振興を図るという。なお、現在のジャイアンツ球場は主に三軍用グラウンドとして用いる予定である。

つくば市による誘致計画

スポーツ報知によると、茨城県つくば市の有識者による「プロスポーツ誘致推進協議会」(仮称)を立ち上げて、当チームを現在の川崎市・稲城市からつくば市に移転誘致を目指す方針であると伝えられた。つくば市の考えとしては「茨城県内で野球人気が高く、巨人軍を地域経済の活性化の上で、最良のコンテンツ」とする考えで位置付けたいとしている。

予定地としては、同市大穂に予定されている総合運動公園の予定地が有力とされている。

同地は2019年開催の国民体育大会の会場、並びに2020年東京オリンピック・パラリンピックのキャンプ地として、また関東サッカーリーグつくばFC」がJリーグ加盟に際して本拠地として使う予定を念頭に、3万人規模収容の陸上競技場などのスポーツ施設を建設する予定だったが、2015年8月の住民投票で建設計画反対票が多く、この総合運動公園の計画は一度白紙撤回され、開発が凍結された

現在の同地はつくば市土地開発公社の所有で、雑木林などの空き地となっているが、ここに二軍の試合会場となる野球場や練習場、合宿所などの機能を移設したいとしており、「スポーツ施設の建設には民間の発想が必要である」と考えている。

この計画に関する続報はないが、前述のTOKYO GIANTS TOWN構想が発表されたことから事実上頓挫している。

監督・コーチ

詳細は「読売ジャイアンツの選手一覧#首脳陣」を参照

歴代監督

 | 
この節の加筆が望まれています。

太字は優勝達成監督

1953年以前と1956年 - 1960年はリーグ戦が存在せず

三軍監督

育成チーフコーチ

(2011年 - 2014年に置かれ、事実上の三軍に当たる「第2の二軍」の監督的な役割を担当した人物。2015年度は育成チーフコーチは置かず、実質二軍監督が兼任)

ファーム日本選手権成績

【年度】
【勝利チーム】
【スコア】
敗戦チーム
1987年 | 読売ジャイアンツ | 9 - 0 | 中日ドラゴンズ
1988年 | 読売ジャイアンツ | 5 - 2 | 中日ドラゴンズ
1989年 | 読売ジャイアンツ | 3 - 0 | オリックス・ブレーブス
1990年 | 中日ドラゴンズ | 6x - 4 | 読売ジャイアンツ
1991年 | 読売ジャイアンツ | 8x - 7 | 広島東洋カープ
1992年 | 読売ジャイアンツ | 3x - 2 | 中日ドラゴンズ
1993年 | 読売ジャイアンツ | 3 - 0 | 中日ドラゴンズ
1994年 | オリックス・ブルーウェーブ | 6 - 4 | 読売ジャイアンツ
1995年 | 読売ジャイアンツ | 1 - 0 | 近鉄バファローズ
2000年 | 中日ドラゴンズ | 4 - 2 | 読売ジャイアンツ
2007年 | 中日ドラゴンズ | 7 - 2 | 読売ジャイアンツ
2009年 | 中日ドラゴンズ | 2 - 0 | 読売ジャイアンツ
2015年 | 福岡ソフトバンクホークス | 2 - 0 | 読売ジャイアンツ
2016年 | 読売ジャイアンツ | 6 - 2 | 福岡ソフトバンクホークス
2017年 | 広島東洋カープ | 5 - 2 | 読売ジャイアンツ
2018年 | 阪神タイガース | 8 - 4 | 読売ジャイアンツ

放送

地上波については不明

脚注

  1. ^ 巨人とロッテが連合チーム「シリウス」を編成(サンケイスポーツ、2009年3月2日)
  2. ^ 巨人「第二の2軍」わずか2季で解散…理想と現実、難しい育成
  3. ^ 「三軍」の設置について(読売ジャイアンツ2015年10月22日・10月31日閲覧)
  4. ^ “巨人3軍 BCリーグ8球団と交流戦48試合”. スポーツニッポン. (2016年2月29日). http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2016/02/29/kiji/K20160229012126510.html 2016年3月21日閲覧。
  5. ^ “【四国IL】2016年日程発表 巨人3軍との交流戦も”. スポーツ報知. (2016年3月2日). http://www.hochi.co.jp/baseball/etc/20160302-OHT1T50115.html 2016年3月21日閲覧。
  6. ^ 読売巨人軍・ファーム球場の新設と「TOKYO GIANTS TOWN」構想について 2016年10月24日 読売巨人軍
  7. ^ 巨人2軍が町田に準本拠 3軍発足で川崎の施設手狭に 2016年11月1日 スポーツニッポン
  8. ^ つくば市、陸上競技場を3万人規模に(日経新聞2013年12月28日 2015年1月15日閲覧)
  9. ^ (仮称)つくば市総合運動公園基本構想(2014年7月2日 2015年1月15日閲覧)
  10. ^ つくば市に巨人2軍!地元企業関係者ら全施設誘致へ(スポーツ報知2016年1月25日 1月27日閲覧)

関連項目

外部リンク

読売ジャイアンツ 2019
監督 | 
83 原辰徳

一軍コーチ | 

ファーム監督 | 
  • 76 高田誠(二軍監督)
  • 72 井上真二(三軍監督)

  • ファームコーチ | 
  • 73 三澤興一(投手)
  • 78 木佐貫洋(投手)
  • 85 杉内俊哉(投手)
  • 106 会田有志(投手兼トレーニング)
  • 74 金城龍彦(打撃兼外野守備)
  • 75 村田修一(打撃兼内野守備)
  • 103 堂上剛裕(打撃兼外野守備)
  • 86 古城茂幸(打撃守備)
  • 70 片岡治大(内野守備走塁)
  • 104 藤村大介(守備走塁)
  • 84 松本哲也(外野守備走塁)
  • 89 秦真司(バッテリー兼打撃)
  • 102 吉原孝介(バッテリー)
  • 105 木村龍治(トレーニング)
  • 107 石森卓(トレーニング)
  • 108 白水直樹(トレーニング)

  • 巡回コーチ | 
  • 100 小谷正勝(巡回投手)
  • 101 内田順三(巡回打撃)

  • 投手 | 
  • 11 山口俊
  • 12 高橋優貴
  • 13 森福允彦
  • 15 澤村拓一
  • 17 大竹寛
  • 18 菅野智之
  • 20 マシソン
  • 21 岩隈久志
  • 23 野上亮磨
  • 24 クック
  • 28 田口麗斗
  • 29 鍬原拓也
  • 30 宮國椋丞
  • 31 畠世周
  • 32 鍵谷陽平
  • 35 桜井俊貴
  • 37 田原誠次
  • 40 谷岡竜平
  • 41 中川皓太
  • 42 メルセデス
  • 45 今村信貴
  • 47 藤岡貴裕
  • 48 池田駿
  • 49 ヤングマン
  • 50 戸根千明
  • 53 高田萌生
  • 54 直江大輔
  • 57 高木京介
  • 58 坂本工宜
  • 62 横川凱
  • 64 大江竜聖
  • 67 古川侑利
  • 68 戸郷翔征
  • 92 アダメス
  • 95 堀岡隼人
  • 97 デラロサ

  • 捕手 | 
  • 10 阿部慎之助
  • 22 小林誠司
  • 27 炭谷銀仁朗
  • 38 岸田行倫
  • 46 大城卓三
  • 69 田中貴也

  • 内野手 | 
  • 00 吉川大幾
  • 0 吉川尚輝
  • 5 中島宏之
  • 6 坂本勇人
  • 25 岡本和真
  • 33 ビヤヌエバ
  • 51 田中俊太
  • 52 北村拓己
  • 56 山本泰寛
  • 60 若林晃弘
  • 61 増田陸
  • 63 増田大輝
  • 65 松井義弥
  • 93 湯浅大
  • 96 マルティネス

  • 外野手 | 
  • 2 陽岱鋼
  • 8 丸佳浩
  • 9 亀井善行
  • 36 石川慎吾
  • 39 立岡宗一郎
  • 43 重信慎之介
  • 44 ゲレーロ
  • 59 松原聖弥
  • 66 村上海斗
  • 94 加藤脩平
  • 99 山下航汰

  • 育成選手 | 
  • 001 比嘉賢伸(内野手)
  • 003 山川和大(投手)
  • 004 笠井駿(外野手)
  • 005 広畑塁(捕手)
  • 007 小山翔平(捕手)
  • 008 折下光輝(内野手)
  • 010 高山竜太朗(捕手)
  • 011 高井俊(投手)
  • 012 平井快青(投手)
  • 014 モタ(外野手)
  • 015 巽大介(投手)
  • 016 沼田翔平(投手)
  • 017 山上信吾(投手)
  • 018 田島洸成(内野手)
  • 019 田中優大(投手)
  • 020 橋本篤郎(投手)
  • 021 黒田響生(内野手)
  • 022 荒井颯太(外野手)
  • 023 與那原大剛(投手)
  • 024 山下亜文(投手)
  • 025 ラモス(投手)


  • 日本野球機構
    現在のシーズン
    一軍リーグ | 
    セントラル・リーグ | 

    パシフィック・リーグ | 
  • 北海道日本ハムファイターズ
  • 東北楽天ゴールデンイーグルス
  • 埼玉西武ライオンズ
  • 千葉ロッテマリーンズ
  • オリックス・バファローズ
  • 福岡ソフトバンクホークス


  • 二軍リーグ | 
    イースタン・リーグ | 

    ウエスタン・リーグ | 
  • 中日ドラゴンズ
  • 阪神タイガース
  • オリックス・バファローズ
  • 広島東洋カープ
  • 福岡ソフトバンクホークス


  • 消滅した球団 | 
  • 大阪近鉄バファローズ
  • 大阪近鉄バファローズ二軍
  • 大映ユニオンズ
  • 高橋ユニオンズ
  • 松竹ロビンス
  • 西日本パイレーツ
  • 大和軍
  • 西鉄軍
  • 翼軍
  • 名古屋金鯱軍

  • 関連項目 | 
  • 日本選手権シリーズ
  • オールスターゲーム
  • クライマックスシリーズ
  • セ・パ交流戦
  • ファーム日本選手権
  • フレッシュオールスターゲーム
  • プロ野球ドラフト会議
  • 日本プロ野球記録の一覧
  • 日本プロ野球選手会
  • 日本プロ野球名球会
  • 日本プロ野球OBクラブ
  • 日本野球連盟(1936-1949)
  • 職業野球東西対抗戦


  • ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2019/08/25 11:32

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「読売ジャイアンツ_(ファーム)」の意味を投稿しよう
    「読売ジャイアンツ_(ファーム)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    読売ジャイアンツ_(ファーム)スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「読売ジャイアンツ_(ファーム)」のスレッドを作成する
    読売ジャイアンツ_(ファーム)の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail