このキーワード
友達に教える
URLをコピー

谷垣禎一とは?

移動先: 案内検索
日本政治家
谷垣 禎一
たにがき さだかず

2009年12月14日自由民主党広報本部撮影

【生年月日】
(1945-03-07) 1945年3月7日(72歳)
【出生地】
京都府福知山市
【出身校】
東京大学法学部卒業
【前職】
衆議院議員
【所属政党】
自由民主党(谷垣グループ)
【称号】
法学士(東京大学・1972年)
【配偶者】
佳子(2011年6月死別)
【親族】
祖父・影佐禎昭(元陸軍中将)
父・谷垣専一
【サイン】

【公式サイト】
谷垣禎一公式サイト
衆議院議員

【選挙区】
(旧京都2区→)
京都5区
【当選回数】
12回
【在任期間】
1983年8月8日 - 2017年9月28日
第93代 法務大臣

【内閣】
第2次安倍内閣
【在任期間】
2012年12月26日 - 2014年9月3日
第9代 国土交通大臣

【内閣】
福田康夫改造内閣
【在任期間】
2008年8月2日 - 2008年9月24日
第3-5代 財務大臣

【内閣】
第1次小泉第2次改造内閣
第2次小泉内閣
第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
第3次小泉改造内閣
【在任期間】
2003年9月22日 - 2006年9月26日
内閣府特命担当大臣(食品安全)

【内閣】
第1次小泉第1次改造内閣
【在任期間】
2003年7月1日 - 2003年9月22日
その他の職歴

産業再生機構担当大臣
産業再生機構(仮称)創設準備担当大臣

(2002年11月8日 - 2003年9月22日)
第69代 国家公安委員会委員長
(2002年9月30日 - 2003年9月22日)
第3-4代 金融再生委員会委員長
(2000年2月25日 - 2000年7月4日)
第56代 科学技術庁長官
(1997年9月11日 - 1998年7月30日)

谷垣 禎一(たにがき さだかず、1945年(昭和20年)3月7日 - )は、日本政治家弁護士京都府遺族会会長、有隣会特別顧問。

衆議院議員(12期)、法務大臣(第93代)、財務大臣(第345代)、国土交通大臣(第9代)、国家公安委員会委員長(第69代)、金融再生委員会委員長(第34代)、科学技術庁長官(第56代)、産業再生機構担当大臣自由民主党総裁(第24代)、自由民主党政調会長(第50代)、自由民主党幹事長(第47代)等を歴任。

文部大臣(第100代)を務めた元衆議院議員の谷垣専一が父。元陸軍中将影佐禎昭が祖父。

目次

  • 1 来歴
    • 1.1 生い立ち
    • 1.2 衆議院議員
    • 1.3 小泉政権
    • 1.4 2006年自由民主党総裁選挙
    • 1.5 安倍・福田・麻生政権
    • 1.6 自由民主党総裁
      • 1.6.1 2009年
      • 1.6.2 2010年
      • 1.6.3 2011年
      • 1.6.4 2012年
    • 1.7 与党復帰と法務大臣
    • 1.8 自由民主党幹事長
    • 1.9 自転車事故
  • 2 政策・主張
    • 2.1 日本長期信用銀行の売却
    • 2.2 特定秘密保護法
  • 3 不祥事
    • 3.1 佐世保小6女児同級生殺害事件での失言
    • 3.2 公職選挙法違反疑惑
  • 4 人物
    • 4.1 買春疑惑と裁判勝訴
  • 5 年譜
  • 6 家族・親族
    • 6.1 谷垣家
    • 6.2 親戚
  • 7 所属団体・議員連盟
  • 8 TV出演
  • 9 脚注
  • 10 関連項目
  • 11 外部リンク

来歴[ソースを編集]

 | この節は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2015年12月)

生い立ち[ソースを編集]

京都府福知山市生まれ。谷垣専一の長男。麻布中学校・高等学校東京大学法学部卒業。大学卒業後、司法試験を数回受験し、1979年に合格。司法修習第34期を修了し、弁護士となる。野田総合法律事務所に所属していた。

衆議院議員[ソースを編集]

1983年、父・専一の死去に伴い、父の地盤を継承。1983年旧京都2区補欠選挙自由民主党公認で出馬し、初当選した。当選後、選挙戦中に旧京都2区に20日間泊まり込みで支援をした白川勝彦が所属し、なおかつ亡父も籍を置いていた宏池会に入会。この補欠選挙では、前尾繁三郎の死去に伴って同じ旧京都2区から野中広務も当選しており、選挙の実務を担当したのが当時党総務局長だった小沢一郎である。

1995年衆議院議院運営委員長に就任。1997年第2次橋本改造内閣において科学技術庁長官総理府原子力委員会委員長に任命され、初入閣した。1998年第18回参議院議員通常選挙で大敗した橋本龍太郎が退陣、その後成立した小渕内閣では大蔵政務次官に起用された。首相の小渕恵三が元首相の宮澤喜一に蔵相就任を要請した際、就任の条件の一つに挙げたのが谷垣の大蔵政務次官への就任であったため、閣僚経験者ながら政務次官に就任した。金融国会においては金融二法の成立に尽力し、小渕第2次改造内閣金融再生委員長越智通雄が失言により辞任した際、後任に起用された。第1次森内閣において、金融再生委員長に再任。2000年加藤の乱では、宏池会会長の加藤紘一に同調するも、内閣不信任決議案可決の試みは不発に終わった。谷垣はこの際、賛成票を投じに向かおうとする加藤の腕をつかみつつ、「あなたは大将なんだから、一人で突撃なんて駄目ですよ」と訴え、慰留に努めた。乱以後の宏池会分裂に際しては加藤派に参加した。

小泉政権[ソースを編集]

加藤の乱以後、加藤や山崎拓に連座した議員らは一様に森政権下では不遇であったが、2001年内閣総理大臣に就任した小泉純一郎の下で谷垣は重用された。第1次小泉第1次改造内閣国家公安委員会委員長に任命され、産業再生機構担当大臣内閣府特命担当大臣(食品安全)の補職辞令を受けたことを皮切りに、第1次小泉第2次改造内閣では塩川正十郎の後任として財務大臣に横滑りし、小泉が退陣するまでの丸3年務めた。2005年、加藤派を引き継いでいた小里貞利が政界を引退し、また同派最高顧問の加藤紘一が離脱したのに伴って小里派を継承、谷垣派会長に就任した。

詳細は「宏池会 (谷垣派)#沿革」を参照

2006年自由民主党総裁選挙[ソースを編集]

2006年9月、自由民主党総裁選挙に立候補。

詳細は「2006年自由民主党総裁選挙#立候補者」および「麻垣康三#結果」を参照

総裁選では、政権構想に

  1. 財政再建(2010年代半ばまでには消費税を10%に引き上げ)
  2. 東アジア外交の立て直し(在任中は靖国神社参拝を控え、日中韓首脳同士が常時対話が可能な「アジアホットライン」の構築)
  3. 地域社会の活性化(法人税地方交付税等の税体系の見直しを通じた税収の地域間格差の是正に取り組む)

等を掲げた。投票の結果、谷垣は703票中102票(国会議員66票・地方36票)を獲得し、安倍晋三(当選)、麻生太郎に次ぐ最下位に終わったが、比較的タカ派色の強い安倍、麻生に対しハト派の谷垣が対立軸を明確に打ち出し、3桁の票を獲得する健闘を見せた。

安倍・福田・麻生政権[ソースを編集]

第1次安倍内閣において谷垣派は閣僚および党三役ポストを一つも獲得できず、党内非主流派に回った。与党が過半数割れの大敗を喫した第21回参議院議員通常選挙後は、安倍内閣の政治姿勢や続投に公の場で疑問を呈する等、批判の度合いを強めていたが、参院選後の内閣改造・党役員人事においても谷垣派からの閣僚・党三役への起用は見送られた。同年9月、安倍首相の辞任を受けて行われた自由民主党総裁選挙に一時、出馬を検討したが、出馬表明を行った元内閣官房長官福田康夫を派を挙げて支持し、自身の出馬は見送った。幹事長(当時)の麻生太郎を破り総裁に選出された福田の下で政務調査会長に起用され、初めて党三役入りした。福田政権の発足を契機に、加藤の乱以来の懸案であった宏池会再結集の動きが一気に具体化し、2008年1月には古賀・谷垣両派の合併が決定(中宏池会構想)。

詳細は「宏池会#古賀派・谷垣派の再合流」を参照

同年5月に発足した古賀派では代表世話人に就いたが、新派閥の総裁候補は棚上げされたままで、また派内には菅義偉ら麻生を支持する議員も少なくなく、派を挙げて谷垣を一枚岩で支援する体制は整わなかった。2008年福田康夫改造内閣国土交通大臣に任命されるも、福田は間もなく辞任。それに伴う自由民主党総裁選挙でも出馬に意欲を見せたが、福田康夫内閣の一員であった立場を考慮し、断念。宏池会は自主投票を決定した。この総裁選では、宏池会から麻生派会長の麻生太郎、無派閥の与謝野馨を率先して支持する議員が現れ、2度続けて出馬を見送った谷垣の影響力低下を感じさせた。2009年第45回衆議院議員総選挙では、京都5区民主党新人の元自衛官小原舞の猛追を受けるも7,032票差で逃げ切り、10選。

自由民主党総裁[ソースを編集]

2009年[ソースを編集]

2009年9月28日、499票中300票を獲得し、第24代自由民主党総裁に選出された。自民党総裁就任時に内閣総理大臣に指名されなかったのは河野洋平橋本龍太郎に次いで3人目(橋本は村山富市首相の退陣を受け、内閣総理大臣に就任)。河野は総裁退任後に衆議院議長を務めており、三権の長を経験していない総裁経験者は谷垣のみである。

同年10月、政権奪還を意識する観点から「影の内閣」の設置に意欲を見せていたが、党内から「『影の大臣』と『大臣』の名がつけばポスト争いが始まる」との異論が出たため、構想は頓挫した。10月19日には、秋季例大祭が行われている靖国神社に参拝。自民党総裁の靖国神社参拝は、2006年8月15日(終戦記念日)に内閣総理大臣(当時)の小泉純一郎が参拝して以来、3年2ヶ月ぶりであった。その後産経新聞の取材に対し、2006年自由民主党総裁選挙において「首相に就任した場合は参拝を自粛する」と表明していたことについて、「当時の国際関係を考慮し、総理はあの時点では差し控えるべきだという意味です」と述べ、「野党になったから参拝したのか?」との質問には「野党であるということを斟酌してというよりも、戦争で亡くなられた英霊をお祀りする場は必要だと思う」と答えた。靖国神社に代わる国立追悼施設の建設については、総裁選時に「他の施設を造るのは賛成できない」と述べており、この時も記者団に対し、「戦争に従軍した方々は『戦死したら靖国神社に祀られる』という思いを持って亡くなった方が大勢いるので、その重みはある」と述べ、慎重な構えを見せた。

11月26日民主党公明党などが成立を目指す永住外国人への地方選挙権付与について「反対だ」と明言した。また、「党全体を賛成の方向でまとめていくつもりは全くない」とも語り、自民党としても外国人参政権に賛成をしないという意向を示した。

天皇特例会見問題では、民主党政権を批判。民主党幹事長(当時)の小沢一郎による“国事行為発言”についても批判し、「天皇の政治利用」とする認識を示した。また、天皇の訪韓にも慎重な姿勢を示した。

2010年[ソースを編集]

2010年1月1日自由民主党総裁として自民党本部から全国の党員・党友組織自由国民会議会員に向けて新年のメッセージを送った。

1月4日伊勢神宮に参拝。記者たちに「特に政治とカネの問題を見ると、必ず内閣総辞職、あるいは解散によって国民に信を問うところまで求めていかなければならない」と述べ、偽装献金問題などを追及し首相の鳩山由紀夫が辞任することを強く求めていく考えを強調した。また、衆参同日選挙の可能性について「1つの選択肢として視野に置く必要がある」と述べた。民主党幹事長の小沢一郎については、小沢が先日の天皇特例会見内閣の助言と承認に基づく「国事行為」だとして正当化したことに触れ「小沢幹事長のごときにいたっては、あたかも内閣が判断をすれば天皇陛下に何でもお願いできるかのような表現すら取っている。まったく日本国憲法の構造をはき違えたものだ」と批判した。

1月7日の新年初の自民党総裁定例記者会見にて、産経新聞の記者から「鳩山首相がTwitterを始められましたが、総裁はやられるのか?」との質問に対し「つぶやくようなことはしない。ごまめの歯ぎしりでもあるまいし」と否定し、フリーランスの記者から「鳩山首相がブログを始めましたが、総裁としてブログを書くつもりはあるか?」との質問に対しては「具体的に考えていない」と答えた。

1月19日BSフジの番組「BSフジLIVE プライムニュース」にて、永住外国人への地方選挙権付与法案について「米軍普天間基地移設問題を地方の首長選(2010年1月24日名護市長選)に委ねようとする動きを見ていると、地方参政権を付与するのがいいのかどうか」と述べ、外国人参政権に反対する意向を改めて表明。賛否では党議拘束をかけるべきだとの考えを示した。また同市長選と同日の党大会には自身の選挙区に含まれる網野町(平成の大合併京丹後市)出身の野村克也を来賓として招聘した。

2月11日(建国記念の日)、神社本庁日本会議などで作る「日本の建国を祝う会」主催の「建国記念の日奉祝中央式典」であいさつし、「現在、わが国は非常に厳しい経済情勢のもとにありますが」「むしろ、危機は飛躍するための好機であるととらえ、今こそ人づくり国づくりに力を尽くす時であると考えます」と述べた。また、「国の発展には、伝統文化の継承と心豊かな人材の育成が必要不可欠」として、道徳教育の必要性などを訴えた。

2月25日鳩山由紀夫内閣がまとめた天皇の公的行為に関する見解について、国会内で記者団に「象徴天皇のデリケートさに全く何の配慮もない、政治的英知を欠いた見解だ。その都度その都度便宜的に判断すればいいという答えだが、憲法のイロハも心得ない噴飯物の解釈だ」と批判した。

4月16日韓国与党であるハンナラ党の鄭夢準代表から、日本における永住外国人への地方選挙権付与に協力するよう求められたが、「憲法上の問題もあり自民党は反対の立場だ」と述べた。

4月22日、自民党本部にて行われた定例記者会見で、鳩山由紀夫の元秘書東京地方裁判所にて有罪判決が出たことに関して「弁護士は総理を守る、依頼者を守るのが仕事で、総理の責任は説明責任をきちっと果たす」と述べ、弁護士の国会への参考人招致を求めていく方針を示し、「鳩山首相は、秘書の疑惑は議員の責任と、過去に誠にあっぱれな発言された経緯があります。ご自身の責任も明らかにすべきであると、申し上げたいと思います」と追及する構えを見せた。

参議院議員舛添要一より離党届が提出された問題では、「比例代表から選出されており、議員辞職をするのが筋」と離党届を受理しない旨を示唆した。その結果、舛添は27日の党紀委員会会合で除名処分となった。

詳細は「新党改革#舛添要一の合流と党名変更」および「舛添要一#参議院議員」を参照
除名#国会議員経験者の除名処分」も参照

また、フリーランスの記者から「この程、Twitterを始められた心境の変化について」を尋ねられた際には「若い方々から多くの方の生の声を聞く、非常に良い手法であると。必ずしも、公式の、四角四面の街頭演説や集会では得られない声が返ってくるということもある」と周りから勧められたことを述べた。

4月28日宮崎県家畜伝染病である口蹄疫が拡がっていることを受けて、宮崎県で口蹄疫の視察をした。2日後、口蹄疫対策本部(本部長・谷垣禎一総裁)を設置し、政府に対し万全の対策を講じるよう申し入れ。野党の自民党が対策本部を設置する異例の事態となった。

7月の第22回参議院議員通常選挙を控え、「与党を過半数割れに追い込めなかった場合は総裁を引責辞任する」と表明し、背水の陣を敷いて選挙戦に臨んだ。公明党との協力戦略が奏功し、自民党は51議席を獲得して改選第1党となり、連立与党は過半数を割り込んだため、谷垣は総裁続投を表明した。

2011年[ソースを編集]

2011年8月30日菅内閣総辞職に伴う内閣総理大臣指名選挙で、衆議院において自民党議員の他に無所属鳩山邦夫からも票を得た。参議院では1回目は民主党代表野田佳彦に次ぐ2位の票を獲得し、野田との決選投票では、たちあがれ日本公明党、無所属の大江康弘長谷川大紋からも支持を受けた。

2012年[ソースを編集]

2012年1月8日から12日にかけ、総裁就任後最初の外遊として、ベトナムインドネシアを訪問した。中国の存在感が増す中、ASEANの重要国である両国との間で、安全保障や経済面での連携についての協議が行われた。なお、法務大臣に就任した第2次安倍内閣では、法務省の所管は国内事項が中心であるものの、施設等機関である法務総合研究所の一部局である国際協力部は、アジア圏でのルール形成に日本が積極的に関与していくという見地から、ベトナムインドネシアを含めたアセアン諸国等に対し、法律の整備や法律家人材育成といった法整備支援を行っている。

同年9月の自由民主党総裁選挙に再選を目指して立候補を予定していた。しかし、石原伸晃幹事長が立候補を表明したため「執行部を含めて党内を掌握できなかった責任を取る」として、9月10日に再選出馬を断念。これにより、河野洋平以来2人目の内閣総理大臣に就任しなかった自由民主党総裁、また任期中通して野党であった唯一の総裁となった(河野は任期中に自社さ連立政権発足に伴い与党に復帰した。次代の安倍晋三も就任直後は野党総裁であったものの2012年12月26日に内閣総理大臣に就任、また第21代総裁時代も首相を務めた)。平成年間では谷垣までの時点で13名が総裁を務めたが、任期満了による退任は1995年の河野、2006年の小泉純一郎に続く3例目である。

総裁退任後も宏池会へは戻らず、総裁選で再選出馬を支持していた議員らを中心に谷垣グループである有隣会を旗揚げし、同会顧問に就任した。

与党復帰と法務大臣[ソースを編集]

2012年12月、第46回衆議院議員総選挙で11回目の当選。選挙後に発足した第2次安倍内閣で、新総理の安倍より、法務大臣厚生労働大臣復興大臣を打診され、法務大臣を選択し入閣。法相就任後、2013年2月21日4月26日9月12日12月12日の4度8人の死刑囚死刑を執行した。

2013年9月4日最高裁判所が婚外子を差別する民法の規定が、日本国憲法に対して違憲であるとの違憲判決を下したことを受けて、兵庫県明石市10月1日出生届の記載事項である「嫡出子」「嫡出でない子」の記載を削除した届出用紙を独自に作成したことや、婚姻歴のないひとり親家庭に対する寡婦(夫)控除のみなし適用を実施することを明らかにしたことに対し、「法令で定められたところに背く扱いを行おうとすることは極めて遺憾」と述べた。

2013年10月8日宇都宮市で開いた自身のグループ研修会で講演し、消費税率を10%に引き上げることについて「10%に引き上げる時に最大の問題は原発を動かせるかどうかだ。できるかどうかで日本の景気動向は大きく変わる」と述べた。

2014年6月26日、死刑囚1人に対して死刑の執行をした。この執行は年が変わってから初めてとなる。そして同年8月29日には2度目となる死刑囚2名の死刑執行を行った。法務大臣就任中に合計6度11人の死刑囚の死刑を執行した。これは歴代法相の中で鳩山邦夫に次ぐ執行回数である。

自由民主党幹事長[ソースを編集]

2014年9月3日、第47代自由民主党幹事長に就任。自由民主党総裁経験者の幹事長就任は初めて。そして同日午前中の記者会見では、年末の消費税10%引き上げに関して、法律上は8%から10%に引き上げるためのレールが敷かれており、基本的には法律に則って進める考えを示す一方で、同時に景気情勢をよく見ていかなければならないと述べた。また安倍晋三首相からは「諸般の事情もよく目配りして進めてほしい」と指示があったことも明かした。

自転
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/01/17 11:22

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「谷垣禎一」の意味を投稿しよう
「谷垣禎一」のコンテンツはまだ投稿されていません。

谷垣禎一スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「谷垣禎一」のスレッドを作成する
谷垣禎一の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS

2010Happy Mail