このキーワード
友達に教える
URLをコピー

負傷とは?

(負傷から転送)

外傷とは

  1. 身体を構成している組織の生理的な連続性が断たれた状態のこと。本項で詳述する。
  2. 機械的外力(力学的外力)による損傷。目視可能な損傷、比較的軽度な損傷などの俗称。
【外傷】


【分類および外部参照情報】

ICD-9-CM 800-999
MeSH
D014947
2012年の100万人あたりの外傷から死に至った死者数
203-358
359-428
429-483
484-559
560-637
638-716
717-817
818-939
940-1,140
1,141-2,961
2012年の100万人あたりの自殺など故意による外傷からの死者数
14-65
66-89
90-114
115-137
138-171
172-193
194-226
227-291
292-379
380-2,730

外傷(がいしょう、: injury, trauma)とは、外的要因による組織または臓器の損傷の総称。通常、怪我(けが)と呼ばれ、外傷を負うことを負傷(ふしょう)といい、外傷を負った者を負傷者(ふしょうしゃ)という。なお、死亡と外傷をあわせて死傷(ししょう)といい、死亡した者と外傷を負った者とを合せて死傷者(ししょうしゃ)という。

精神医学において、心理的外傷を単に外傷と呼ぶことがある→心的外傷(トラウマ)を参照。

身体的外傷の場合、広義には、物理的あるいは化学的な外的要因による損傷すべてを指すが、通常は機械的外力(力学的外力)による損傷を指す。

用語の定義

医学においては損傷とは身体を構成している組織の生理的な連続性が断たれた状態のことをいう。この定義においては機能障害、例えば脳震盪なども損傷に含まれると解釈されている。また胃潰瘍といった内因性のものも損傷には含まれる。外傷とは損傷のうち外因によるものをさす。外因の種類は特に問題としていないため塩酸をかぶったというのも外傷となる。創傷という言葉があるがこれは損傷のうち機械的エネルギーにより形成されたものであり、外傷よりも言葉の意味が狭くなる。基本的に創とは開放性の損傷であり、傷とは非開放性損傷を示すことが多い。

基本的にはいわゆるキズを診て、内部の骨、特に骨折がないのか調べて、関節に損傷がないのかを調べ、その他の臓器傷害がないのかを調べるのが外傷患者の診方である。骨折とは骨の損傷であり、関節の損傷には捻挫脱臼という言葉がある。脱臼とは関節面における関節頭と関節窩の相互関係が破綻(はたん)したものをいう。関節面の一部が接触を保っている場合は亜脱臼という。関節に外力が加わり、靱帯関節包といった関節支持構造に損傷を受けるが関節面の相互作用関係が保たれている場合は捻挫という。

外傷の種類

外傷の種類には、以下のものがある。

物理的要因によるもの

機械的要因によるもの

創傷(Skin Lesion)は、皮膚の表面のけが(傷)を言う。

内部的なもの

熱的要因によるもの

電気的要因によるもの

特に雷や空中放電によるものを雷撃傷と言う。

放射線要因によるもの

化学的要因によるもの

重症度評価方法

重症度を定量化する値として以下のものがある。

重症外傷患者の診かた

以下の方法は、致命的外傷・重症外傷が前提であり、一般的捻挫や切創は対象としていない。

病院前救護

詳細は「外傷病院前救護ガイドライン」を参照

病院での初期診療

詳細は「外傷初期診療ガイドライン日本版」を参照
下肢の大きな骨折がある場合は骨盤外傷の可能性がある。踵骨骨折があるときは脊椎圧迫骨折の可能性がある。また車にはねられた時はワドルの三徴というものが知られている。まずにバンパーによって下肢外傷が起こり、ボンネットで胸部外傷、最後に道路に転んで頭部外傷というプロセスをたどることが多い。この部位は入念に調べる必要がある。

病院でのその後の診療

脊髄損傷の診療

詳細は「脊髄損傷」を参照

脊椎、脊髄の外傷の診療ではバイタルサインの確認、脊髄損傷の有無の確認、合併損傷の有無の確認という手順を踏む。脊髄損傷の有無は麻痺の高位や程度を評価することでわかる。これは上下肢の知覚検査と筋力検査で明らかになる。C5は肩の外転、肘屈曲でC6、C7は手関節の動き、C7、C8、T1は手指の動きで評価できる。具体的にはC6では手関節の背屈、C7では手関節の掌屈と手指の伸展、C8は手指の屈曲、T1は手指の内転、外転で評価できる。L3は膝伸展、L4は足関節の背屈、L5は趾伸展、S1は足の外反で評価する。深部腱反射では上腕二頭筋反射がC5、腕橈骨筋反射がC6、上腕三頭筋反射がC7である。膝蓋腱反射がL4、アキレス腱反射がS1となる。感覚ではC5で上腕外側、C6で前弯外側、母指、示指、C7が中指、C8が環指、小指、前腕内側。T4が乳首、T7が剣状突起、T10が臍部、T12が鼡径部である。L4が足の内側縁であり、L5が足背中央、S1が足の外側縁となる。合併損傷では頭部外傷、胸腹部外傷、骨盤外傷が重要である。

重症外傷の予後

最も生命を脅かすのはABC(気道・呼吸・循環)の阻害である。詳細はJATECの項を参照されたい。時間的に見て早期に死亡原因となるのは出血であるが、これは単に失血のみならず、心タンポナーデを始めとした各種の内出血によるタンポナーデによるものもあれば、肝臓脾臓大動脈が損傷すれば胸腔・腹腔に大量に出血して死に至る。目に見える外出血の有無にとらわれては重傷度の判断はできない。

また、脊髄損傷は受傷直後は無症状である場合が少なくない。受傷後に傷病者自身や周囲の人間が不用意に動かすことによって脊椎損傷が脊髄損傷に発展する。この場合、呼吸麻痺や脊髄原性ショックによる心停止の危険があるのみならず、生存しても機能予後が大きく低下する。詳細はJPTECを参照のこと。

感染症は受傷の2〜3日後から発現する。創傷面からの感染は勿論のこと、肺炎(人工呼吸器を使用している場合)や皮膚炎、さらに安静によって生じる褥瘡からの感染も無視できない。

コンパートメント症候群挫滅症候群(クラッシュ症候群)は、その兆候に注意することである程度は救命できるが、「それが予測でき、かつ措置を講じた」としても救命できない例も多い。阪神・淡路大震災JR福知山線脱線事故において、24時間以上を経てようやく救出されたにもかかわらず、救出後にクラッシュ症候群により死亡した例が典型的である。

東京医科歯科大の高山渉らの研究で血液型O型では重症の外傷の場合に死亡率が高く32%となり、その他の血液型の11%より高かった。

軽症〜中等症外傷患者の診かた

以下の方法は、致命的外傷ではない場合が前提であり、重症外傷は対象としていない。

病院前

出血があれば、水道水で洗浄し、清潔な布で直接圧迫する。 四肢や指の根元を縛る方法は、適切に行わなないと、動脈を駆血せず、静脈のみの駆血する事となり、鬱血し、出血が助長される。

病院での診療

開放創があれば、その汚染度・深さに応じて、洗浄や縫合をする。 靭帯・骨・腱・筋肉・神経・血管の損傷があれば、損傷に応じて、処置をする。

出典

  1. ^ けがで死亡「O型多い」 出血リスク大か日本経済新聞 2018/5/2
  2. ^ Takayama W, Endo A, Koguchi H, Sugimoto M, Murata K, Otomo Y (May 2018). “The impact of blood type O on mortality of severe trauma patients: a retrospective observational study”. Crit Care 22 (1): 100. doi:10.1186/s13054-018-2022-0. PMC: 5930809. PMID 29716619. https://doi.org/10.1186/s13054-018-2022-0.

参考文献

関連項目

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/16 18:49

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「負傷」の意味を投稿しよう
「負傷」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

負傷スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「負傷」のスレッドを作成する
負傷の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail