このキーワード
友達に教える
URLをコピー

農林水産省とは?

【役職】

大臣
吉川貴盛
副大臣
礒崎陽輔
谷合正明
大臣政務官
野中厚
上月良祐
事務次官
末松広行
【組織】

内部部局
大臣官房
消費・安全局
食料産業局
生産局
経営局
農村振興局
政策統括官
審議会等
農業資材審議会
食料・農業・農村政策審議会
獣医事審議会
農林漁業保険審査会
農林物資規格調査会
国立研究開発法人審議会
施設等機関
植物防疫所
動物検疫所
那覇植物防疫事務所
動物医薬品検査所
農林水産研修所
農林水産政策研究所
特別の機関
農林水産技術会議
地方支分部局
地方農政局
北海道農政事務所
外局
林野庁
水産庁
【概要】

法人番号
5000012080001
【所在地】
100-8950
東京都千代田区霞が関1-2-1
北緯35度40分25秒 東経139度45分06秒 / 北緯35.673741度 東経139.751542度 / 35.673741; 139.751542座標: 北緯35度40分25秒 東経139度45分06秒 / 北緯35.673741度 東経139.751542度 / 35.673741; 139.751542
【定員】
2万1,013人。
【年間予算】
2兆1,303億3,539万7千円
2018年度(平成30年度)
【設置】
1978年(昭和53年)7月5日
2001年(平成13年)1月6日
【前身】
農林省
農林水産省(旧・農林水産省設置法)
【ウェブサイト】

農林水産省

農林水産省(のうりんすいさんしょう、略称:農水省(のうすいしょう)、英語: Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries、略称:MAFF)は、日本の行政機関の一つである。

食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農林漁業者の福祉の増進、農山漁村及び中山間地域等の振興、農業の多面にわたる機能の発揮、森林の保続培養及び森林生産力の増進並びに水産資源の適切な保存及び管理を図ること」を任務とする(農林水産省設置法第3条)。

目次

  • 1 概要
  • 2 沿革
  • 3 所掌事務
  • 4 組織
    • 4.1 幹部
    • 4.2 内部部局
    • 4.3 審議会等
    • 4.4 施設等機関
    • 4.5 特別の機関
    • 4.6 地方支分部局
      • 4.6.1 地方農政局
    • 4.7 外局
  • 5 所管法人
  • 6 財政
  • 7 職員
  • 8 広報
  • 9 幹部職員
  • 10 脚注
  • 11 関連項目
  • 12 外部リンク

概要

国家行政組織法第3条第2項及び農林水産省設置法第2条第1項に基づき、国の行政機関である省として設置されている。任務は、農林水産省設置法により、「農林水産省は、食料の安定供給の確保、農林水産業の発展、農林漁業者の福祉の増進、農山漁村及び中山間地域等の振興、農業の多面にわたる機能の発揮、森林の保続培養及び森林生産力の増進並びに水産資源の適切な保存及び管理を図ることを任務とする」(第3条)と規定されている。農業畜産業林業水産業をはじめ、食料の安全・安定供給、農村の振興などを所管する。広義の「食」の安全については、農水省消費・安全局も関与しているが、狭義の「食品」の安全については、厚生労働省(医薬食品局)が所管している。競馬の監督官庁でもあり、競走名に「農林水産省賞典」がつく中央競馬重賞競走がある。地方競馬の場合は農林水産大臣賞典となる。国営競馬時代には競馬部が競馬を主催したこともある。

農林水産大臣を長とし、内部部局として大臣官房、消費・安全局、食料産業局、生産局、経営局及び農村振興局並びに政策統括官を置くほか、審議会等として農業資材審議会、食料・農業・農村政策審議会、獣医事審議会、農林漁業保険審査会及び農林物資規格調査会を、施設等機関として植物防疫所、動物検疫所及び那覇植物防疫事務所並びに動物医薬品検査所、農林水産研修所及び農林水産政策研究所 を、特別の機関として農林水産技術会議を、地方支分部局として沖縄を除いた全国を分轄する形で、7つの地方農政局と北海道農政事務所を設置する。地方農政局と北海道農政事務所の下にはそれらの一部事務を分掌する出先機関として計81人の地方参事官(旧・地域センター)、農業水利や土地改良をつかさどる事務所および計45の事業所が置かれている。

設置当初は、農林省(のうりんしょう)という名称だったが、200海里水域問題など種々の問題で水産行政の重要性が高まりつつあったため、1978年7月5日に現在の省名に改められた。

省内では文章作成に一太郎Microsoft Wordが混在して使用されていたが、働き方改革の一つとしてMicrosoft Wordへの一本化が打ち出された。

沿革

外局の馬政局は農林省畜産局馬産課設置に伴い、廃止。

所掌事務

上述の農林水産省設置法第3条に示された任務を達成するため、農林水産省設置法第4条は計87号に及ぶ事務を列記し、所掌させている。具体的には以下などに関することがある。

  • 食料の安定供給の確保に関する政策(第1号)
  • 農林水産業に係る国土の総合開発及び国土調査(第2号)
  • 農林水産業者の協同組織の発達(第3号)
  • 所掌事務に係る一般消費者の利益の保護(第4号)
  • 日本農林規格及び農林物資の品質に関する表示の基準(第5号)
  • 飲食料品及び油脂(第6号)
  • 卸売市場の整備及び中央卸売市場の監督(第7号)
  • 農林水産物市場における取引及び商品投資の監督(第8号)
  • 食品産業一般の発達、改善及び調整(第9号)
  • 食品産業における資源の有効利用(第10号)
  • 農林水産物の輸出入並びに関税及び国際協定(第11号)
  • 農畜産物(第12号)
  • 農林水産物の食品としての安全性の確保に関する事務のうち生産過程に係るもの(第14号)
  • 農作物の作付体系の合理化(第15号)
  • 農林水産植物の品種登録(第16号)
  • 家畜の改良及び増殖並びに取引(第17号)
  • 農地の土壌の改良並びに汚染の防止及び除去(第18号)
  • 草地の整備(第19号)
  • 病虫害の防除、家畜の衛生並びに輸出入に係る動植物及び畜産物の検疫(第20号)
  • 獣医師及び獣医療(第21号)
  • 肥料、農機具、農薬、飼料その他の農畜産業専用物品(第22号)
  • 農業機械化の促進(第23号)
  • 中央競馬及び地方競馬の監督及び助成(第24号)
  • 農業経営の改善及び安定(第25号)
  • 農業を担うべき者の確保(第26号)
  • 農業労働(第27号)

 | 
  • 農業技術の改良・発達及び農林漁業従事者の生活に関する知識の普及交換(第28号)
  • 農地制度(第29号)
  • 農地の権利移動その他農地関係の調整(第30号)
  • 農業構造の改善(第31号)
  • 農業者年金(第32号)
  • 農業災害補償、森林保険並びに漁船損害等補償、漁船乗組員給与保険及び漁業災害補償(第33号)
  • 農林水産業及び食品産業の金融(第34号)
  • 株式会社日本政策金融公庫農林中央金庫、農業信用基金協会、漁業信用基金協会及び農水産業協同組合貯金保険機構(第35号)
  • 農住組合(第37号)
  • 農山漁村及び中山間地域等の振興(第38号)
  • 豪雪地帯雪害防除及び振興(第39号)
  • 農業振興地域整備計画(第40号)
  • 農業生産条件に関する不利を補正するための支援(第41号)
  • 土地、水その他の資源の農業上の利用の確保(第42号)
  • 農地の転用(第43号)
  • 農業水利(第44号)
  • 交換分合(第45号)
  • 土地改良事業(第46号)
  • 農地の保全に係る海岸の管理(第47号)
  • 農地の保全に係る地すべり及びぼた山の崩壊の防止事業(第48号)
  • 農山漁村と都市との交流(第49号)
  • 市民農園の整備の促進(第50号)
  • 主要食糧の需給の調整(第51号)
  • 主要食糧の輸入に係る納付金の徴収(第52号)
  • 主要食糧の価格(第53号)
  • 輸入飼料の流通(第54号)
  • 農産物検査法の規定による農産物の検査(第55号)

 | 
  • 森林資源(第56号)
  • 林野の造林及び治水、林道の開設(第57号)
  • 森林経営の監督及び助成(第58号)
  • 保安林(第59号)
  • 森林病害虫の駆除及び予防(第60号)
  • 林野の保全に係る地すべり及びぼた山の崩壊の防止事業(第61号)
  • 国土緑化の推進(第62号)
  • 木材その他の林産物及び加工炭(第63号)
  • 林業経営(第64号)
  • 林業技術の改良・発達・普及交換および林業・木材産業改善資金(第65号)
  • 林業構造の改善(第66号)
  • 国有林野の管理経営(第67号)
  • 水産資源の保存及び管理(第68号)
  • 漁業の指導及び監督(第69号)
  • 外国人が行う漁業及び水産動植物の採捕の規制(第70号)
  • 遠洋漁業及び沖合漁業に係る漁場(第71号)
  • 沿岸漁業に係る漁場の保全及び持続的な養殖生産の確保(第72号)
  • 栽培漁業(第73号)
  • 遊漁船業(第74号)
  • 水産物(第75号)
  • 水産業専用物品及び氷(第76号)
  • 水産業経営(第77号)
  • 水産技術の改良・発達・普及交換および沿岸漁業改善資金(第78号)
  • 独立行政法人北方領土問題対策協会の行う資金の貸付け(第79号)
  • 沿岸漁業の構造改善(第80号)
  • 漁船の建造、登録及び検査(第81号)
  • 漁港(第82号)
  • 漁港の区域に係る海岸の管理(第83号)
  • 農林水産業に係る保護増殖事業(第84号)


組織

農林水産省庁舎・正面

農林水産省の内部組織は一般的に、法律の農林水産省設置法、政令の農林水産省組織令および省令の農林水産省組織規則が階層的に規定している。

幹部

内部部局

農林水産省庁舎(中央合同庁舎第1号館)

審議会等

施設等機関

農林水産省の施設等機関には以下の6区分がある。

特別の機関

地方支分部局

農林水産省の地方支分部局は地方農政局北海道農政事務所の2区分がある。

地方農政局

外局

所管法人

農林水産省が主管する独立行政法人は2017年4月1日現在、農林水産消費安全技術センター家畜改良センター農業・食品産業技術総合研究機構森林研究・整備機構水産研究・教育機構国際農林水産業研究センター農畜産業振興機構農業者年金基金及び農林漁業信用基金の9法人である。また、独立行政法人水資源機構厚生労働省経済産業省及び国土交通省と、土木研究所国土交通省と、北方領土問題対策協会内閣府と共管している。農林水産消費安全技術センター行政執行法人であり、職員は国家公務員の身分を有する。

主管する特殊法人は2018年4月1日現在日本中央競馬会のみである。ほかに、財務省の主管する日本政策金融公庫も農林漁業金融の関係で共管している。

特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)には2018年4月1日現在農林中央金庫および全国漁業共済組合連合会の2法人である。

認可法人農水産業協同組合貯金保険機構を主管する。

地方共同法人として地方競馬全国協会を所管する。

特別の法律により設立される法人は全国土地改良事業団体連合会及び全国食肉業務用卸協同組合連合会の2法人を所管し、日本商品先物取引協会経済産業省と共管する。

財政

2018年度(平成30年度)一般会計における当初予算(歳出)は2兆1303億5399万7千円である。組織別の内訳は農林水産本省が1兆5367億29,5万3千円(全体比約72.1%)、本省検査指導機関が 157億7492万4千円(0.1%)、農林水産技術会議が661億6677万9千円(3.1%)、地方農政局が822億3300万1千円(3.9%)、北海道農政事務所が47億4322万4千円(0.2%)、林野庁が2858億7798万8千円(13.4%)、水産庁が1388億2902万8千円(6.5%)となっている。本省予算のうち主なものは農林水産基盤整備事業費4382億8600万円、食料安定供給関係費9924億2738万2千円である。

歳入予算の合計は4349億6981万8千円である。大半は雑収入であり、3999億5089万8千円となっており、その主要なものは日本中央競馬会納付金が3082億4001万4千円、土地改良事業費負担金が479億6396万5千円となっている。雑収入以外では、平成25年の国有林野事業の一般会計への移行により発生した立木竹の売払による国有林野事業収入が、291億7342万8千円などがある。

農林水産省は、食料安定供給特別会計国有林野事業債務管理特別会計(林野庁)の2つの特別会計を所管する。また国会、裁判所、会計検査院、内閣、内閣府、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省及び防衛省所管の東日本大震災復興特別会計を共管する。

職員

一般職の在職者数は2017年8月1日現在で2万387人(うち女性3,173人)である。機関別内訳は本省が14,882人(うち女性2,536人)、林野庁4,653人(うち女性525人)、水産庁852人(うち女性112人)となっている

かつて林野庁の国有林野事業に従事する職員の大半が適用されていた国有林野事業を行う国の経営する企業に勤務する職員の給与等に関する特例法は、国有林野事業改正に伴い平成25年4月から廃止されたため、現在では特別職を除く、全員が一般職給与法が適用される。

行政機関職員定員令に定められた農林水産省の定員は特別職1人を含めて2万1,013人である。本省および各外局別の定員は省令の農林水産省定員規則に定められており、本省1万5,303人、林野庁4,759人、水産庁861人と規定している。

2018年度の予算定員は特別職が7人、一般職が2万652人の計2万659人である。これとは別に特別会計の予算定員として食料安定供給特別会計が337人措置されている。国有林野事業債務管理特別会計は、整理会計のためとして定員の措置はされていない。一般会計予算定員の機関別内訳は以下の通りである。

農林水産省の一般職職員は非現業の国家公務員なので、労働基本権のうち争議権と団体協約締結権は国家公務員法により認められていない。団結権は認められており、職員は労働組合として、国公法の規定する「職員団体」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法第108条の2第3項)。従前は、林野庁の国有林野事業職員は、団体協約締結権も認められていた。これは国有林野事業職員が現業職員であるゆえに、非現業の職員と異なる公務員法によって規律されているためであったが、国有林野の改正により、労働組合法特労法の適用から国家公務員法の適用となったため、現在は団体協約締結権はなくなった。国有林野は、かつて5現業といわれたものの最後であった。

2018年3月31日現在、人事院に登録された職員団体の数は単一体2、支部197となっている。組合員数は1万2558人、組織率は72.6%となっている。この組織率は12府省2院の中で最高である。2位の厚生労働省を5.1ポイント上回り、全体平均の44.3%より25.3ポイント高い。職員団体は全農林労働組合と全国林野関連労働組合(林野労組)である。全農林は国有林野事業を除いた省関係機関全体に組織を置き、林野労組は国有林野事業の職員および作業員から構成されている。加盟産別は、前者は国公関連労働組合連合会(略称:国公連合)、後者は全日本森林関連産業労働組合連合会(森林労連)で、どちらも連合の構成組織である。また全農林は国公連合を介して、林野労組は直接、連合系の官公労協議会である公務公共サービス労働組合協議会(公務労協)に加盟している。

広報

農林水産省が編集する白書には『食料・農業・農村白書』、『森林・林業白書』および『水産白書』があり、それぞれ、食料・農業・農村基本法森林・林業基本法および水産基本法の規定により、毎年、政府国会に提出する報告書および今後の施策文書を収録している。たとえば、『食料・農業・農村白書』は食料・農業・農村基本法第14条に定められた「食料、農業及び農村の動向並びに政府が食料、農業及び農村に関して講じた施策に関する報告」と「食料、農業及び農村の動向を考慮して講じようとする施策を明らかにした文書」が収録される。森林・林業白書と水産白書も同様である。また、これらの報告書・文書は対応する審議会の意見を聴いて作成しなければならず、食料・農業・農村は食料・農業・農村政策審議会が、森林・林業は林政審議会が、水産は水産政策審議会がの役割を担う。

定期刊行の広報誌としては、農林水産本省の「aff(あふ)」、林野庁の「林野」、水産庁の「漁政の窓」がそれぞれ月刊で刊行されている。

ウェブサイトURLドメイン名は「www.maff.go.jp」。ほかに林野庁は「www.rinya.maff.go.jp」、水産庁は「www.jfa.maff.go.jp」、農林水産技術会議は「www.s.affrc.go.jp/」と、独自のドメイン名を持つ。

幹部職員

一般職の幹部は以下のとおりである。

脚注

  1. ^ 行政機関職員定員令(昭和44年5月16日政令第121号)」(最終改正:平成30年8月31日政令第246号)
  2. ^ 単位:千円。2018年度(平成30年度)当初予算 - 一般会計(内閣 「平成30年度予算書関連財務省)。
  3. ^ ツッコミどころ満載、農水省「一太郎」廃止報道に失笑 (1/3) - ITmedia ビジネスオンライン
  4. ^ 官制沿革表、国立国会図書館。
  5. ^ 省庁組織変遷図、国立公文書館。
  6. ^ 独立行政法人一覧(平成29年4月1日現在) (PDF)
  7. ^ 所管府省別特殊法人一覧(平成30年4月1日現在) (PDF)
  8. ^ 特別の法律により設立される民間法人一覧(平成30年4月1日現在:34法人) (PDF)
  9. ^ 国の予算を所管するすべての機関である。なお人事院は予算所管では内閣に属するのでここにはない。
  10. ^ 一般職国家公務員在職状況統計表(平成30年7月1日現在)
  11. ^ 農林水産省定員規則(平成13年1月6日農林水産省令第27号)」(最終改正:平成30年3月30日農林水産省令第22号)
  12. ^ 平成29年度 年次報告書(公務員白書) 「第1編第3部第6章:職員団体 - 資料6-2;職員団体の登録状況。2018年3月31日現在。
  13. ^ 農林水産省幹部職員名簿 平成30年9月1日現在

関連項目

外部リンク

日本の行政機関
 | 
内閣
 | 


  • 総務省
  • 法務省
  • 外務省
  • 財務省
  • 文部科学省
  • 厚生労働省
  • 農林水産省
  • 経済産業省
  • 国土交通省
  • 環境省
  • 防衛省

  • 会計検査院(憲法上の独立機関)

    農林水産省
    幹部 | 

    内部部局 | 
  • 大臣官房
    • 国際部
    • 統計部
    • 検査・監察部
  • 消費・安全局
  • 食料産業局
  • 生産局
    • 農産部
    • 畜産部
  • 経営局
  • 農村振興局
    • 農村政策部
    • 整備部
  • 政策統括官

  • 審議会等 | 
  • 農業資材審議会
  • 食料・農業・農村政策審議会
  • 獣医事審議会
  • 農林漁業保険審査会
  • 農林物資規格調査会
  • 国立研究開発法人審議会

  • 施設等機関 | 
  • 植物防疫所
  • 那覇植物防疫事務所
  • 動物検疫所
  • 動物医薬品検査所
  • 農林水産研修所
  • 農林水産政策研究所

  • 特別の機関 | 
  • 農林水産技術会議

  • 地方支分部局 | 
  • 地方農政局
  • 北海道農政事務所
  • 森林管理局(林野庁)
  • 漁業調整事務所(水産庁)

  • 外局
    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    出典:wikipedia
    2018/12/14 08:38

    HAPPY Wikipedia

    あなたの考える「農林水産省」の意味を投稿しよう
    「農林水産省」のコンテンツはまだ投稿されていません。
    全部読む・投稿 

    農林水産省スレッド一覧

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    「農林水産省」のスレッドを作成する
    農林水産省の」
    友達を探す
    掲示板を探す
    このページ
    友達に教える
    URLをコピー

    注目のキーワード

    錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

    キーワードで探す

     
    友達を探す
    掲示板を探す
    ハッピーWiki
    ハッピーメール
    ハッピーランド
    HAPPY NEWS
    2010Happy Mail