このキーワード
友達に教える
URLをコピー

通商産業省とは?

(通商産業省から転送)
【役職】

大臣
世耕弘成
副大臣
武藤容治(兼内閣府副大臣)
西銘恒三郎
大臣政務官
平木大作
(兼内閣府大臣政務官
復興大臣政務官)
大串正樹
事務次官
嶋田隆
【組織】

内部部局
大臣官房
経済産業政策局
通商政策局
貿易経済協力局
産業技術環境局
製造産業局
商務情報政策局
審議会等
産業構造審議会
消費経済審議会
日本工業標準調査会
計量行政審議会
中央鉱山保安協議会
電力・ガス取引監視等委員会
国立研究開発法人審議会
輸出入取引審議会
化学物質審議会
施設等機関
経済産業研修所
地方支分部局
経済産業局
産業保安監督部
那覇産業保安監督事務所
外局
資源エネルギー庁
特許庁
中小企業庁
【概要】

法人番号
4000012090001
【所在地】
100-8901
東京都千代田区霞が関一丁目3番1号
北緯35度40分20秒 東経139度45分3秒 / 北緯35.67222度 東経139.75083度 / 35.67222; 139.75083 (METI)座標: 北緯35度40分20秒 東経139度45分3秒 / 北緯35.67222度 東経139.75083度 / 35.67222; 139.75083 (METI)
【定員】
7,948人(平成30年9月30日までは7、968人)
【年間予算】
9365億4552万円
(2018年度)
【設置】
2001年(平成13年)1月6日
【前身】
通商産業省
農商省
商工省
軍需省
【ウェブサイト】

経済産業省

経済産業省(けいざいさんぎょうしょう、略称:経産省(けいさんしょう)、英語: Ministry of Economy, Trade and Industry、略称:METI)は、日本の行政機関の一つである。

「民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ること」を任務とする(経済産業省設置法第3条)。

目次

  • 1 概要
  • 2 沿革
  • 3 所掌事務
  • 4 組織
    • 4.1 幹部
    • 4.2 内部部局
    • 4.3 審議会等
    • 4.4 施設等機関
    • 4.5 地方支分部局
      • 4.5.1 経済産業局
      • 4.5.2 産業保安監督部等
    • 4.6 外局
  • 5 所管法人
  • 6 財政
  • 7 職員
  • 8 統計
  • 9 広報
  • 10 経済産業省総合庁舎
  • 11 経産省出身の著名人
  • 12 脚注
  • 13 関連項目
  • 14 外部リンク

概要

経済産業省設置法3条が定めた任務である「民間の経済活力の向上及び対外経済関係の円滑な発展を中心とする経済及び産業の発展並びに鉱物資源及びエネルギーの安定的かつ効率的な供給の確保を図ること」を達成するため、経済産業政策、通商政策、産業技術、貿易・商務流通政策などを所管する。

2001年(平成13年)1月6日の中央省庁再編により、通商産業省(つうしょうさんぎょうしょう、英訳名: Ministry of International Trade and Industry, MITI、略称: 通産省)から移行する形で設置された。

前身の通商産業省は、かつては日本経済ないし「日本株式会社」の総司令塔として高度経済成長の牽引役とされ、海外でも「Notorious MITI」(ノートリアス・ミティ、悪名高い通産省)ないし「Mighty MITI」(マイティ・ミティ、力強い通産省)と呼ばれ、その名は日本官僚の優秀さの代名詞として広く轟いていた。 その持てる許認可行政指導をあまねく駆使し、さらに政府系金融の割り当て融資(財政投融資)、予算手当て、補助金などを力の源泉として主に産業政策を掌り、のみならず通商貿易技術革新に応じた科学技術開発に加え、特許エネルギー政策、中小企業政策など幅広い権限を保持した。

しかし、日本の高度成長期が終わると、幅広い権限を保持する割に他の省庁に比して許認可行政や補助金行政ができないことから、この省では否応なしに単発の政策アイディアで勝負せざるを得なくなってきている。毎年五月六月頃から様々な新政策のアドバルーンを打ち上げてくる。このため、財務省が財政ないし予算査定、税制を通して、依然として広く政策決定に関与する「総合官庁」であるのに対して、経済産業省はほとんどの産業を所管する「行政のデパート」であるにしても「限定された総合官庁」であるとも評されている。

経産省(通産省)のなかで選ばれた一部の中堅官僚は、世界各国の日本貿易振興機構を経由した産業調査員(いわゆる「産調」)として各種調査活動に従事している。

通産省・経産省は、自由な気風や業界との交流の多さも後押しし、実業方面など経済界に人材を数多く輩出してきた。他方、通産省時代は政治家を出せない役所とも言われており、戦後長らく有力政治家といえば商工省出身の岸信介椎名悦三郎、通産省出身では林義郎が目立つくらいで大蔵省や旧内務省系の出身者と比べて見劣りがした。しかし、80年代頃から若手の通産官僚の政界入りが相次ぎ、現在の国会では党派を超えた一大勢力となっている。

また、大分県の名知事として知られた平松守彦(在任1979~2003年)以降、都道府県知事にも通産省・経産省出身者が次第に増え、旧内務省の流れを汲み、伝統的に多くの知事を輩出してきた総務省(旧自治省)と並ぶ勢力になっており、2015年現在、全国の都道府県知事のうち8名が経済産業省出身である。経産省出身者の都道府県知事が増えた理由について、経産省内では「企業誘致に通産・経産省時代に培った企業人脈が生きている。産業振興による税収増への期待もあるのだろう」と分析しているが、対する総務省内からは「経産省は規制緩和で仕事が減り、知事志向が強まっているのでは」と皮肉る声も出ている。

経済産業省では、近年、規制権限が縮小傾向にあり、地域経済振興に活躍の場を求めているという事情もある。こうした理由から、近年では経済産業省では若い優秀な人ほど転出するとも言われ、人事担当者の悩みの種となっているという。

沿革

前身の通商産業省は、1949年5月25日商工省を改組して発足した。その際、旧商工省の外局であった貿易庁及び石炭庁は廃止され、新たに資源庁、工業技術庁特許庁及び中小企業庁の4つの外局が設けられた。貿易庁は本省に、石炭庁は資源庁に移行した。

この組織を考えたのは白洲次郎といわれる。発足当初の通産省には、吉田茂 - 白洲 - 牛場信彦らの「外交派」・「通商派」ラインとして、時に「永山天皇」と呼ばれた永山時雄初代官房長らがおり、主流である「産業派」・「統制派」には岸信介 - 椎名悦三郎 - 美濃部洋次 - 山本高行ラインとして、玉置敬三平井富三郎佐橋滋今井善衛などが名を連ね、その他「商務派」には豊田雅孝らがいた。その後も、「資源派」・「国際派」と「国内派」との対立軸など、現在に至るまで省内における政策対立ないし派閥争いには事欠かないことでも知られている。

1952年に資源庁と工業技術庁が廃止され、外局は特許庁と中小企業庁の2つになった。

1972年田中角栄が通商産業大臣から内閣総理大臣に就任した時、通商産業省出身者が内閣総理大臣秘書官を担当するようになった。これが前例となり、後の内閣も通商産業省から出向で内閣総理大臣秘書官を担当するようになり、首相への通商産業省の影響度が大きくなった。1973年に新たな外局・資源エネルギー庁を設置。

2001年1月の中央省庁再編に伴い、経済産業省に名称変更された。発足当初、経済産業省は経済省という略称を用いていたが、全く定着せず、マスコミ等では経産省と略される。

2011年3月に福島第一原子力発電所事故が起きると、原子力安全・保安院を所管していたことから、事故の発生とその対応について責任を問われ、事務次官、資源エネルギー庁長官及び原子力安全保安院長に事実上の更迭がなされた。

2012年9月19日、原子力規制委員会設置法の施行により、原子力安全保安院に関する事務が環境省に移管された。また原子力安全・保安院(資源エネルギー庁)は廃止され、組織は原子力規制委員会(環境省)に移行した。また、旧保安院の産業保安系の5課(保安課、ガス安全課、液化石油ガス保安課、電力安全課、鉱山保安課)は商務情報政策局の3組織(保安課、電力安全課、鉱山・火薬類監理官付)に、産業保安監督部は本省の地方支分部局に再編された。

所掌事務

上記の経済産業省設置法3条に示された任務を達成するため、同法4条は計60号にわたって所掌事務を規定する。具体的には以下などに関することがある。

  • 経済構造改革の推進(1号)
  • 経済財政諮問会議による企画及び立案への参画(2号)
  • 産業構造の改善(3号)
  • 企業間関係その他の産業組織の改善(4号)
  • 市場における経済取引に係る準則の整備(5号)
  • 工業所有権の保護及び利用(6号)
  • 民間に技術開発に係る環境整備(7号)
  • 業種に普遍的な産業政策(8号)
  • 産業立地(9号)
  • 工業用水道事業の助成及び監督(9号)
  • 地域における商鉱工業一般の振興(11号)
  • 通商に関する政策及び手続(12号)
  • 通商に関する協定又は取決めの実施(13号)
  • 通商経済上の国際協力(14号)
  • 輸出入の増進(15号)
  • 通商政策上の関税に関する事務(16号)
  • 通商に伴う外国為替の管理(17号)
  • 貿易保険(18号)
  • 条約に基づいて日本国に駐留する外国軍隊、在留外国人に対する物資・役務の供給(19号)
  • 通商一般(20号)
  • 鉱工業の科学技術の進歩及び改良並びにこれらに関する事業(21~24号)
  • 地質の調査(25号)
  • 工業標準の整備及び普及(26号)
  • 計量の標準の整備及び適正な計量の実施の確保(27号)
  • 産業公害の防止(28号)
  • 資源の有効利用(29号)
  • 商鉱工業等(30・31号)
  • 鉄鋼、非鉄金属、化学工業品、機械器具、鋳造品、鍛造品、繊維工業品、雑貨工業品、鉱物等の物資の輸出、輸入、生産、流通(32号)
  • 工業塩の流通及び消費(33号)

 | 
  • 化学肥料の輸出、輸入及び生産(34号)
  • 鉄道車両、鉄道信号保安装置、自動車用代燃装置、軽車両、船舶、船舶用機関及び船舶用品の輸出及び輸入(35号)
  • 化学物質の管理(36号)
  • 自転車競走及び小型自動車競走の施行(37号)
  • 宇宙開発に関する大規模技術開発(38号)
  • デザインに関する指導及び奨励並びにその盗用の防止(39号)
  • 物資の流通の効率化及び適正化(40号)
  • 商品市場における取引及び商品投資の監督(41号)
  • 通商に関する参考品等の収集及び展示紹介(42号)
  • 一般消費者の利益の保護(43号)
  • 火薬類の取締り、高圧ガスの保安、鉱山における保安(44号)
  • 情報処理の促進(45号)
  • 情報通信の高度化に関する事務のうち情報処理に係るもの(46号)
  • 鉱物資源及びエネルギーに関する総合的な政策(47号)
  • 省エネルギー及び新エネルギーに関する政策(48号)
  • 石油、可燃性天然ガス石炭亜炭その他の鉱物等並びにこれらの製品の安定的かつ効率的な供給の確保(49号)
  • 石油パイプライン事業(50号)
  • 鉱害の賠償(51号)
  • 電気、ガス及び熱の安定的かつ効率的な供給の確保(52号)
  • 電源開発に関する基本的な政策の企画及び立案並びに推進(53号)
  • エネルギーに関する原子力政策(54号)
  • エネルギーとしての利用に関する原子力の技術開発(55号)
  • 弁理士(56号)
  • 中小企業の育成及び発展(57号)
  • 所掌事務に係る国際協力に関すること(58号)
  • 文教研修施設において、鉱山における保安に関する技術及び実務の教授並びに所掌事務に関する研修を行うこと(59号)
  • その他法律(法律に基づく命令を含む。)に基づき経済産業省に属させられた事務(60号)


組織

経済産業省の内部組織は一般的には、法律の経済産業省設置法、政令の経済産業省組織令、省令の経済産業省組織規則が階層的に規定している。なお、他の省の外局の多くや経済産業省でも資源エネルギー庁や特許庁はそれぞれの省の設置法に規定されているが、中小企業庁は、中小企業庁設置法という個別の法律に基づいている。

幹部

内部部局

審議会等

経済産業省総合庁舎案内板

施設等機関

地方支分部局

経済産業省の地方支分部局には以下の3区分がある。

経済産業局

甲信越地方及び静岡県は関東経済産業局管轄、福井県は近畿経済産業局管轄である(ただし長野県・静岡県及び福井県の一部業務は中部経済産業局、新潟県の一部業務は東北経済産業局のそれぞれ管轄(電力関係など))。
※九州経済産業局の管轄に沖縄県は含まれない(内閣府の地方支分部局である沖縄総合事務局経済産業部が担当する)。

産業保安監督部等

産業保安監督部と那覇産業保安監督事務所を総称して産業保安監督部等という(法律12条表題)。那覇産業保安監督事務所をのぞいてその庁舎は、経済産業局と同じ場所に位置する。管轄区域は経済産業局1つないし2つ分の管轄区域と同じである。

外局

所管法人

経済産業省が主管する独立行政法人は2017年4月1日現在、経済産業研究所工業所有権情報・研修館産業技術総合研究所製品評価技術基盤機構新エネルギー・産業技術総合開発機構日本貿易振興機構情報処理推進機構石油天然ガス・金属鉱物資源機構及び中小企業基盤整備機構の9法人がある。また、独立行政法人水資源機構厚生労働省農林水産省及び国土交通省とと共管している。製品評価技術基盤機構行政執行法人であり、職員は国家公務員(一般職)の身分を有する。

主管する特殊法人は2018年4月1日現在、日本アルコール産業株式会社日本貿易保険株式会社商工組合中央金庫の3法人である。すべて株式会社の形態で設立された特殊会社である。

特別の法律により設立される民間法人(特別民間法人)は2017年4月1日現在、日本商工会議所全国商工会連合会日本弁理士会全国中小企業団体中央会東京中小企業投資育成株式会社名古屋中小企業投資育成株式会社大阪中小企業投資育成株式会社高圧ガス保安協会及び日本電気計器検定所の9法人である。

特別の法律により設立される法人には、全国石油商業組合連合会及び原子力発電環境整備機構の2法人を所管し、日本商品先物取引協会農林水産省と共管する。。

認可法人原子力損害賠償支援機構内閣府及び文部科学省と共管する。

地方共同法人は所管しない。

財政

2018年度(平成30年度)一般会計当初予算における経済産業省所管予算は9365億4552万円である。組織別の内訳は経済産業本省が2273億5810万円、経済産業局が146億5049万9千円、産業保安監督官署が28億1944万円資源エネルギー庁が5996億6156万円中小企業庁が920億5591万5千円となっている。特許庁は一般会計予算を所管せず、特許特別会計が経費を負担する。特許特別会計予算は1552億483万3千円であり、わずかな一般会計からの繰り入れ(1744万6千円)と前年度剰余金(1479億584万3千円)を除く主要な歳入は特許手数料等(1236億6534万2千円)である。

共通費を除いた主な予算項目(100億円以上)としては、本省所管では「国立研究開発法人産業技術総合研究所運営費」が619億2477万7千円、「ものづくり産業振興費」が222億263万円、「独立行政法人日本貿易振興機構運営費」が 239億2565万5千円、「国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構運営費」が131億7067万5千円がある。資源エネルギー庁では「石油石炭税財源燃料安定供給対策及エネルギー需給構造高度化対策費エネルギー対策特別会計へ繰入」に4330億円、「電源開発促進税財源電源立地対策及電源利用対策費エネルギー対策特別会計へ繰入」が1376億3736万9千円となっている。中小企業庁は「経営革新・創業促進費」に 412億5521万6千円、「中小企業事業環境整備費」に241億6876万5千円、「独立行政法人中小企業基盤整備機構運営費」180億358万9千円がある。

歳入予算は193億3893万7千円である。特有の歳入科目としては「特定アルコール譲渡者納付金」の88億9742万円、貸付金等回収金収入(小規模企業者等設備導入資金貸付金の償還金)が44億7245万6千円、所管4独法(産業技術総合研究所、新エネルギー・産業技術総合開発機構、情報処理推進機構、石油天然ガス・金属鉱物資源機構)からの「雑納付金」の32億2045万円がある。

経済産業省は、特許特別会計を所管し、内閣府、文部科学省及び環境省と、エネルギー対策特別会計を共管する。また国会、裁判所、会計検査院、内閣、内閣府、復興庁、総務省、法務省、外務省、財務省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省及び防衛省所管の東日本大震災復興特別会計を共管する。以前所管していた貿易再保険特別会計は、貿易保険制度の改正に伴い2016年度限りで廃止された。

職員

一般職の在職者数は2017年7月1日現在、経済産業省全体で7,686人(うち、女性1,755人)である。うち本省が4,369人(うち、女性1,123人)、資源エネルギー庁が428人(うち、女性61人)、特許庁が2,697人(うち、女性542人)、中小企業庁192人(うち、女性29人)となっている。

行政機関職員定員令に定められた経済産業省の定員は特別職1人を含めて7,948人(平成30年9月30日までは7,968人)である。本省および各外局別の定員は省令の経済産業省定員規則が、本省4,525人(平成30年9月30日までは4,546人)、資源エネルギー庁が451人、特許庁が2,776人、中小企業庁195人と規定する。

2018年度一般会計予算における予算定員は特別職7人、一般職5,106人の計5,113人である。ほかに、特別会計の予算定員は、特許特別会計が2,796人、エネルギー対策特別会計(経済産業省所管分)が52人などとなっている。

職員の競争試験による採用は人事院の実施する国家公務員採用総合職試験(院卒者試験)、総合職試験(大卒程度試験)、一般職試験(大卒程度試験)、一般職試験(高卒者試験)及び一般職試験(社会人試験(係員級))などの合格者から行われる。

経済産業省職員うち、一般職の給与一般職の職員の給与に関する法律(一般職給与法)によって規律される。俸給表は基本的に行政職俸給表、専門行政職俸給表、専門スタッフ職俸給表、指定職俸給表が適用される。特許庁の職員の多くは専門行政職俸給表が適用され、2017年7月現在、2,200人が適用となっている。これは全省庁の一般職全体の専門行政職俸給表適用職員7,997の27.5%を占め、国土交通省の4,003人に次ぐ多さであるとともに、特許庁全体の職員の81.5%が専門行政職俸給表を適用されている。

経済産業省職員うち一般職の国家公務員は、労働基本権のうち争議権と団体協約締結権は国家公務員法により認められていない。団結権は保障されており、職員は労働組合として国公法の規定する「職員団体」を結成し、若しくは結成せず、又はこれに加入し、若しくは加入しないことができる(国公法第108条の2第3項)。

2018年3月31日現在、人事院に登録された職員団体の数は単一体2、支部1となっている。組合員数は935人、組織率は14.5%となっている。組織率は13府省2院の平均である44.3%を30ポイント近く下回っている。

主な職員団体は全経済産業省労働組合(全経済)で、経済産業省内では本省、地方支分部局及び特許庁などに組織をおく。産別は国公労連(全労連系)に加盟している。

電力業界を管轄していることから、電力会社・原子力関連企業は早期退職した経済産業省の幹部職員の主要な再就職先の一つであった。福島第一原子力発電所事故以降、この天下り慣行は資源エネルギー庁(旧原子力安全・保安院)が所掌による原子力発電所の安全規制を形骸化させる背景として批判にさらされた(現在は環境省に事務を移管)。

統計

経済産業省の所管する統計調査のうち、工業統計調査、経済産業省生産動態統計、商業統計、埋蔵鉱量統計、ガス事業生産動態統計、石油製品需給動態統計、商業動態統計調査、特定サービス産業実態統計、経済産業省特定業種石油等消費統計及び経済産業省企業活動基本統計の10統計が総務大臣により基幹統計に指定されている。定期的に実施している所管統計の分野別一覧は以下の通りである。

広報 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2018/08/18 10:43

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「通商産業省」の意味を投稿しよう
「通商産業省」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

通商産業省スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「通商産業省」のスレッドを作成する
通商産業省の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail