このキーワード
友達に教える
URLをコピー

週刊少年サンデーとは?

 | 
この記事は検証可能な参考文献や出典が全く示されていないか、不十分です。
出典を追加して記事の信頼性向上にご協力ください。(2018年4月)

【週刊少年サンデー】

WEEKLY SHONEN SUNDAY
小学館『週刊少年サンデー』創刊号

【愛称・略称】
サンデー
【ジャンル】
少年向けコミック誌
【読者対象】
男性
【刊行頻度】
週刊(水曜日発売 ただし、水曜日が祝日の際は火曜日発売)
【発売国】
日本国
【言語】
日本語
【定価】
280円
【出版社】
小学館
【編集部名】
週刊少年サンデー編集部
【発行人】
佐上靖之
【編集長】
市原武法
雑誌名コード
066
【刊行期間】
1959年3月17日(1959年4月5日号) -
【発行部数】
29万部(2018年1月 - 3月日本雑誌協会調べ)
【レーベル】
少年サンデーコミックス
【ウェブサイト】
「WEBサンデー」
週刊少年サンデー (@shonen_sunday) - Twitter

週刊少年サンデー』(しゅうかんしょうねんサンデー、WEEKLY SHONEN SUNDAY)は、小学館が発行する日本週刊少年漫画雑誌1959年に創刊。略称は 「サンデー」など。

目次

  • 1 概要
  • 2 歴史
    • 2.1 1959年創刊 - 1960年代
    • 2.2 1970年代
    • 2.3 1980年代
    • 2.4 1990年代
    • 2.5 2000年代
    • 2.6 2010年代
  • 3 特徴
    • 3.1 連載傾向と読者層
    • 3.2 各種コーナー
  • 4 週刊少年サンデー事件史
  • 5 歴代編集長
  • 6 連載作品
    • 6.1 休載中
  • 7 発行部数
  • 8 増刊号
  • 9 系列誌
  • 10 映像化作品
    • 10.1 アニメ
      • 10.1.1 現在放送中の作品
      • 10.1.2 放送予定の作品
      • 10.1.3 過去にアニメ化された作品
      • 10.1.4 タイアップ作品のアニメ化
      • 10.1.5 OVA
    • 10.2 ドラマ
      • 10.2.1 放送予定の作品
      • 10.2.2 過去にドラマ化された作品
    • 10.3 実写映画
      • 10.3.1 公開予定の作品
      • 10.3.2 過去に映画化された作品
    • 10.4 OV
    • 10.5 特撮関連
  • 11 少年サンデーCM劇場
    • 11.1 サンデーCM劇場でアニメ化された作品
  • 12 海外提携誌
  • 13 読者コーナー
  • 14 脚注
    • 14.1 注釈
    • 14.2 出典
  • 15 参考文献
  • 16 関連項目
  • 17 外部リンク

概要

1959年(昭和34年)3月17日に、同年4月5日号として創刊。「サンデー」という誌名は「この雑誌を読むとまるで日曜日のように楽しい気分に浸れるように」という初代編集長豊田亀市が名付けた。当初は毎週火曜日の発売だったが、2019年現在は、毎週水曜日に発行されている。マスコットキャラクターはナマズで、『ビッグコミック』系列誌のものとは異なり、本誌ではイナズママーク入りのヘルメットを被っている。「澱んだ池の底でも辛抱していればそのうち大きくなる」というハングリー精神を表している。

企画立ち上げ時のスタッフの中核が学年誌の編集者ということから、創刊前には「小学館の新児童誌」と宣伝され、実際、創刊から10年近くの間、学年誌の延長線上にあり、読み物や付録などが充実していた。1960年代半ばにはSFに力を入れ、当時気鋭の若手筒井康隆が小説の連載を行なっていたこともあった。

1960年代にシリアスな漫画で問題を起こすことが多かった一方、比較的ライトな内容のギャグ漫画やコメディ・タッチの漫画にヒット作が多かったことから、俗に「ギャグのサンデー」と呼ばれることになった。1980年代初頭には「ラブコメ」や「パロディ」も加わり、この様な軽快さは雑誌の大きな気風として現在も続いている。とは言い、1980年代半ばにはギャグ漫画家(パロディ組)が飽和状態になり、サンデー出身作家の『月刊少年キャプテン』(徳間書店)など他誌への鞍替えが目立った時期もあった。

担当編集者を介したつながりや誌上企画などに端を発した、師弟関係以外の漫画家間の交流(サンデー内のみではなく、小学館関係の雑誌も含め)が比較的盛んで、中でも1980年代から1990年代初頭の島本和彦を中心としたグループ、1990年代半ばの藤田和日郎を中心としたグループが有名である。1985年に通巻1500号の記念企画としてレコード「WINGS OF FREEDOM」が制作された際には、当時の連載陣の一部が歌を披露している。

伝統的に、掲載作品については編集部が企画段階から関与し、その意向が作品の方向性に少なからぬ影響を及ぼす。また、長期連載となるには読者からの作品人気が必要で、雑誌付属のアンケート葉書などのリサーチの結果が編集方針や作品の内容・存続に影響を及ぼすことに、競合他誌と違いはない。しかし、創刊時からの競合誌『週刊少年マガジン』と比べれば編集部主導という姿勢がそこまで色濃いわけでもなく、かといって後発誌『週刊少年ジャンプ』『週刊少年チャンピオン』ほどに読者アンケート人気の結果データに極端に偏重したスタイルでもないため、これら競合誌と比較した場合、編集部との折り合いさえ付けば、あとは漫画家が自身の描きたい方向性を自由に打ち出せる傾向がある(そのせいか、他誌のように作品の方向性がテコ入れによって突然、大きく変質してしまうケースが比較的少ない)。

2018年現在の発行部数は、週刊少年漫画誌としては『週刊少年ジャンプ』(集英社)、『週刊少年マガジン』(講談社)に続いて業界3位に位置する。

歴史

1959年創刊 - 1960年代

1958年、学年誌編集部の次長だった豊田亀市が、テレビ時代の到来と1950年代半ばから続いていた週刊誌ブームを受けて、漫画を中心に据えた少年週刊誌の発行を社長の相賀徹夫に働き掛け、『週刊少年サンデー』の創刊が決まる。当初は1959年5月5日の発行を予定して諸準備に取り掛かっていたが、『ぼくら』『少年倶楽部』などの月刊少年誌を持つ講談社も週刊誌ブームを受けて『週刊少年マガジン』の創刊準備を始めたことから、徐々に創刊日が繰り上がり、結局ともに1959年3月17日に創刊した。創刊号のラインアップは手塚治虫スリル博士』、横山隆一『宇宙少年トンダー』、寺田ヒロオスポーツマン金太郎』、 藤子不二雄海の王子』、益子かつみ『南蛮小天狗』で、創刊号の表紙に読売巨人軍長嶋茂雄を起用。巻末には児童心理学者波多野勤子が祝辞を寄せている。

両誌の価格はサンデーが30円、マガジンが40円で、豊田が「もしサンデーがマガジンと同じ値段だったとしたら、マガジンの付録の分お得感で負けてしまう」と判断した事から、両誌の契約している印刷所がともに大日本印刷だったこともあり、「マガジンが刷り始めるのを確認してからサンデーの値段を入れて刷る」という機密漏洩的後だしジャンケンのような裏技を使っている。創刊号の売上げはサンデーが30万部で、マガジンが20.5万部でサンデー側に軍配が上がり、マガジンも5号から30円に値下げした。これ以降もお互い張り合って雑誌の総ページ数を増やしていった。1960年代半ばにはW3事件(『W3』をマガジンからサンデーに移籍)、1960年代末には『天才バカボン』のマガジンからサンデーへの移籍が起きるなど、その後もライバル間の争いは続いた。

1960年代のヒット作には、横山光輝伊賀の影丸』(1961年)、赤塚不二夫おそ松くん』(1962年)、藤子不二雄オバケのQ太郎』(1964年)、藤子・F・不二雄パーマン』(1966年)、横山光輝『ジャイアントロボ』(1967年)、手塚治虫『どろろ』(1967年)、赤塚『もーれつア太郎』(1967年)などがある。

1960年代半ばからマガジンが劇画路線・スポ根路線を開拓して、創刊当初の主要読者層(戦後のベビーブーム世代)を離さなかったのに対して、サンデーは少年向けの漫画にこだわった。毎週土曜日に編集部を子供達に開放し、漫画需要を探るという作戦を取り、当時立ち上げを企画していた『週刊少年ジャンプ』(集英社)編集部の協力要請に「一ツ橋に少年向けの漫画雑誌は二つもいらない」と協力を拒否する一方で、青年向けの漫画雑誌『ビッグコミック』(1968年、創刊当初「一流の漫画家しか起用しない」というのをウリのひとつにしていた)を創刊するなどして対応していた。

1960年代末になると、「右手に朝日ジャーナル、左手にマガジン」の学生運動の時代が訪れ、学生の他にアングラ・カルチャー層からの支持を得たマガジンが発行部数を伸ばし、一気に追い抜かれることになった。この時期、園田光慶の『あかつき戦闘隊』(1968年)の懸賞問題の影響で、隆盛を誇っていた戦記モノが激減した。

1970年代

『週刊少年マガジン』との争いの敗北を受けて、追随する形で青年向け雑誌(マガジンとは異なり、スタイリッシュな路線を目指した)への方向転換を図り、1970年21号から1年間広告製作プロダクションサン・アドに表紙の製作を受注。「傑作アイデアシリーズ」と称した、昆虫をダイナミックにレイアウトした「怪虫シリーズ」を皮切りに、トイレの便器、マネキン、スキンヘッド、マッチ箱、オール手書きイラスト、編集部宛の投書など表紙としての定義さえも破壊した表紙が次々と登場した。この時期の主な連載にジョージ秋山銭ゲバ』(1970年)、古谷三敏ダメおやじ』(1970年)、赤塚不二夫『レッツラゴン』(1971年)などがある。それらが沈静化した1972年頃からは『月光仮面』、『赤胴鈴之助』などの旧作のアニメ化に伴った漫画連載を展開し、当時作品に馴染んでいた親層の取り込みを図る一方で、『人造人間キカイダー』(1972年)、『ウルトラマンタロウ』(1973年)、『がんばれ!!ロボコン』(1974年)、『ゲッターロボ』(1974年)などの特撮・SFアニメ作品のコミカライズを大挙掲載し、新規子供層を押えようとするなど、「親と子が安心して読める」誌面の展開を目指した。

しかし、サンデー、マガジンともすでに青年(あるいはそれ以上)向け雑誌に転じていたため、本来の読者層であるはずの少年の多くが『週刊少年ジャンプ』に流れることになり、1973年にはサンデー、マガジンともに発行部数で追い抜かれることになり、再び少年向けに方向転換(ただし、一部の劇画は残った)。

当時の小学館は路線転換の煽りで離れつつあった少年読者層の再度獲得を目指すべく、まず1974年6月に単行本レーベルの「少年サンデーコミックス」(「漂流教室」などが第一弾として刊行)を立ち上げ、続いてサンデーから特撮・SFアニメ作品の部分を引き継いだ『てれびくん』(1976年)、児童向けの『コロコロコミック』(1977年)、学年誌とサンデーの中間の『マンガくん』(1976年)(1979年に『少年ビッグコミック』に改称)、新人作家育成のための『週刊少年サンデー増刊号』(1978年)など次々と新雑誌を創刊。

この時期は『週刊少年チャンピオン』の大躍進の影響もあり、発行部数が低迷、第4位になっていた。1977年には編集長が交代し、ビッグコミック系誌から持ち込まれ、現在もサンデーを象徴するイメージキャラクターのヘルメットを被ったナマズが初登場。また1976年から5年間1年ごとに誌名ロゴを変更する体制をとった。

1970年代中期から後期にかけては小山ゆうがんばれ元気』(1976年)、楳図かずおまことちゃん』(1976年)、村上もとか赤いペガサス』(1977年)などがヒットしているが、雁屋哲/池上遼一男組』(1974年)、さいとう・たかをサバイバル』(1976年)、林律雄/大島やすいちおやこ刑事』(1976年)などの劇画のインパクトが強く、硬派でかつ重い雑誌と取られがちだった。1980年前後には、『週刊少年チャンピオン』の部数激減の影響もあり、発行部数が『週刊少年ジャンプ』に次ぐ第2位になった。

1980年代

1980年代に入ると、劇画村塾出身の高橋留美子の『うる星やつら』(1978年)と、『少年ビッグコミック』で『みゆき』をヒットさせていたあだち充の『タッチ』(1981年)のヒットでラブコメブーム(学園もの、青春もの)を巻き起こし、部数を大きく伸ばして、1983年には最高発行部数の228万部を記録するなど黄金期を迎えた(ちなみに、この記録は現在でも破られていない)。そのため、当時発行部数で首位に立っていた『週刊少年ジャンプ』編集部は猛追を恐れ、「友情・努力・勝利」を「友情・勝利・愛」に変えようとした程であった(ただし、これはその直後の『北斗の拳』の大ヒットと、これに伴う発行部数の急激な上昇によって回避された)。

また、この時期から増刊組が台頭し、島本和彦の『炎の転校生』(1983年)、ゆうきまさみの『究極超人あ〜る』(1985年)などの特撮のパロディが話題になり、いずれもヒットした。なお、本誌から連載の依頼があっても増刊で描くのが好きだからと断るみず谷なおきのような漫画家もいた。

1985年に誌名ロゴを固定化し、その頃から、RCサクセションを筆頭にBARBEE BOYS爆風スランプなどのロックバンド、あるいはウィラードやガスタンクなどのパンク・ハードコア系のバンドの盛り上がり(第1次バンドブーム)にインスピレーションを受けた石渡治の『B・B』(1985年)、上條淳士の『To-y』(1985年)などの、音楽的かつ青年誌的な漫画が増えた。

1985年中盤に新谷かおるふたり鷹』が、1986年末に『タッチ』が、1987年初頭に『うる星やつら』が終了したのを皮切りに、それまでのサンデーを支えていた作品の多くが完結し、1980年代前半の勢いが止まる。その後、高橋留美子の『らんま1/2』(1987年)、ゆうきまさみの『機動警察パトレイバー』(1988年)、青山剛昌の『まじっく快斗』(1987年~、不定期連載)・『YAIBA』(1988年)などがヒットするものの、続くヒット作がなかなか出ずに部数が大きく落ち込み、1987年頃にはマガジンに発行部数を追い抜かれた。

1988年から1991年にかけて連載数を増加させ、他社からのギャグ漫画家などの引き抜きや、石ノ森章太郎楳図かずおら大御所の再登用、漫画家インタビューコラム「オレのまんが道」の連載、既存の枠にとらわれない増刊『サンデーspecial』の発行、プロ・アマチュアを問わずに連載用の第1話を公募して誌面に掲載、読者の人気が高かったものを連載化する「コミックグランプリ」の実施、たま(1990年14号)やX(1990年35号)といったロックバンドのカラーグラビア掲載などの実験的な試みを数多く行った。この時期は雑誌および編集部に混乱が続いていて、小山ゆうの『少年』(1989年)の不自然な打ち切り、柳沢きみおの『ウエルカム』(1990年)の打ち切り、単行本が最終巻刊行直後に絶版になる(石森『仮面ライダーBlack』、楳図『まことちゃん(平成版)』)など、中堅・ベテラン・大御所を問わず悲惨な目に遭うことになった。

この時期、少年ビッグコミックの対象読者層が創刊当初に予測していた層より上になっていた事を受けて、青年誌『ヤングサンデー』(1987年)としてリニューアル創刊された。

1990年代

1988年から1991年にかけての大混乱の中、若手漫画家の手により、それまでのサンデーの色に無かった新しい漫画が増え始め、『帯をギュッとね!』(河合克敏、1989年)、『スプリガン』(原作:たかしげ宙・漫画:皆川亮二、1989年)、『健太やります!』(満田拓也、1989年、増刊号から移籍)、『うしおととら』(藤田和日郎、1990年)、『今日から俺は!!』(西森博之、1990年、増刊号から移籍)、『行け!!南国アイスホッケー部』(久米田康治、1991年)、『GS美神 極楽大作戦!!』(椎名高志、1991年)などがヒットし、これらはいずれも長期連載となった。

これらに加えて、『俺たちのフィールド』(村枝賢一、1992年)、『H2』(あだち充、1992年)、『名探偵コナン』(青山剛昌、1994年〜)、『ガンバ!Fly high』(原作:森末慎二・漫画:菊田洋之、1994年)、『MAJOR』(満田拓也、1994年)、『じゃじゃ馬グルーミン★UP!』(ゆうきまさみ、1994年)、『DAN DOH!!』(原作:坂田信弘・漫画:万乗大智、1995年)、『烈火の炎』(安西信行、1995年)、『め組の大吾』(曽田正人、1995年)、『神聖モテモテ王国』(ながいけん、1996年)、『モンキーターン』(河合克敏、1996年)、『犬夜叉』(高橋留美子、1996年)、『タキシード銀』(松浦聡彦、1997年)、『ARMS』(皆川亮二、(原案協力:七月鏡一)、1997年)、『からくりサーカス』(藤田和日郎、1997年)、『かってに改蔵』(久米田康治、1998年)、『天使な小生意気』(西森博之、1999年)、『ファンタジスタ』(草場道輝、1999年)などがヒットし、伸び悩んでいた部数も1994年頃から2000年頃まで上昇を続け、サンデーは再び黄金期を迎えた。雑誌的には一種の安定期に入ったが、その一方で1990年代半ばから後半にかけて若手漫画家が台頭せず、暗い影を落とした(1995年に週刊少年サンデー増刊号を『週刊少年サンデー超』とリニューアルするなどして若手漫画家の台頭を待っていた)。

1992年16号から誌名ロゴが現在のものに落ち着き。1993年51号で、サンデーは創刊2000号を迎え、その記念として嘉門達夫(サンデー創刊と同じ年の1959年生まれ)によるオリジナルソング「SUNDAY'S DREAM」が発表され、サンデーの懸賞プレゼント用に8cmCDが制作された(歌詞は嘉門の半生を歌った内容に駄洒落的に過去のサンデーの連載作品名を盛り込んだもの)。

この時期、『コロコロコミック』と『サンデー』の中間層をターゲットにした『コミックGOTTA』(1999年)、メディアミックス誌『月刊サンデーGX』(2000年)が創刊された。

2000年代

この前後から長期連載や人気作が次々と終了し、部数が低迷。1990年代以上に積極的なメディア展開を行うようになり、『金色のガッシュ!!』(雷句誠、2001年)、『うえきの法則』(福地翼、2001年)、『焼きたて!!ジャぱん』(橋口たかし、2002年)、『史上最強の弟子ケンイチ』(松江名俊、2002年)、『美鳥の日々』(井上和郎、2002年)、『ワイルドライフ』(藤崎聖人、2003年)、『MÄR』(安西信行、2003年)、『結界師』(田辺イエロウ、2003年)、『ハヤテのごとく!』(畑健二郎、2004年)、『最強!都立あおい坂高校野球部』(田中モトユキ、2005年) 、『クロスゲーム』(あだち充、2005年) 、『絶対可憐チルドレン』(椎名高志、2005年~) 、『ダレン・シャン』(原作:ダレン・シャン・漫画:新井隆広、2006年)、『魔王 JUVENILE REMIX』(原作:伊坂幸太郎・漫画:大須賀めぐみ、2007年)、『最上の命医』(橋口たかし、2008年)、『月光条例』(藤田和日郎、2008年)、『神のみぞ知るセカイ』(若木民喜、2008年)などがヒットするが、その他の連載は伸び悩み、部数の低迷に歯止めが効かず、また、この時期から多くの漫画家がサンデーを離れていくことになり、さらに、2008年雷句誠がサンデー編集部での原稿紛失を巡って小学館に対し損害賠償請求の民事訴訟を提起するなど、1980年代後半の混乱と同様に安定しない時期となった。

2000年に創刊された『サンデーGX』の合同企画コーナーが設置され、一部の作家の入れ替えや引き入れが同じ小学館で刊行されている『少女コミック』・『ちゃお』と同時になされることが多くなった。

2008年3月から2009年3月にかけて『週刊少年マガジン』と「サンデー×マガジン 創刊50周年企画」を行ない、共同雑誌の他、数多くのコラボレーション商品を発売。2009年第14号(3月18日号)では、「創刊表紙トリビュート号」と題して創刊号の表紙デザインを再現(創刊号表紙の長嶋茂雄を松坂大輔に、手塚治虫の『スリル博士』のイラストを橋口たかしの『最上の命医』に置換)した。

50周年イベント終了後の2009年3月末からは、週刊少年誌としては初のウェブコミック配信サイトクラブサンデー』を開設。さらに、月刊少年サンデー『ゲッサン』の創刊、『週刊少年サンデー超』(現在は『週刊少年サンデーS』)の月刊化などをし、今まで連載経験のない新人作家を、積極的に連載させるなど、これまで以上に新人育成に力を入れるようになる。

また、それ以降連載作品を『クラブサンデー』や『週刊少年サンデー超』に移動させたり、『週刊少年サンデー超』の連載作品を本誌に移動させたりする事例が増え、連載陣の入れ替えの激しさが増していった。

2010年代

この前後から、『アラタカンガタリ〜革神語〜』(渡瀬悠宇、2008年~)、『マギ』(大高忍、2009年)、『銀の匙 Silver Spoon』(荒川弘、2011年〜)など、他誌・他社の人気漫画家の新作を連載する事例が増え、いずれもヒットし、さらに、『コロコロコミック』関連作品との連動も図られるようになっており、『ペンギンの問題』の出張掲載や『機動戦士ガンダムAGE』の前後編読み切り掲載などが行われているほか、小学館の主力コンテンツである『ポケットモンスター』や『デュエル・マスターズ』を原作とする作品が連載されたり、メディアミックスとして『戦国コレクション』や『ささみさん@がんばらない』、『キャプテン・アース』、『クロノマギア』のコミカライズ作品を連載したりしている。

上記3作品以外では、『境界のRINNE』(高橋留美子、2009年)、『今際の国のアリス』(麻生羽呂、2010年)、『常住戦陣!!ムシブギョー』(福田宏、2011年)、『BE BLUES!〜青になれ〜』(田中モトユキ、2011年~)、『電波教師』(東毅、2011年)、『湯神くんには友達がいない』(佐倉準、2012年)、『競女!!!!!!!!』(空詠大智、2013年)、『だがしかし』(コトヤマ、2014年)、『MAJOR 2nd』(満田拓也、2015年〜)などがヒットする。

また、雑誌に付録として、クリアファイルやシール・栞・ソーシャルゲームの限定シリアルコードなどを付録に付けることが増え、単行本関連では人気作品において限定版・特別版の同時発売が多く行われるようになっている。他にも、SSS(サンデーサポーターズショップ)・一部アニメショップでイラストペーパーやなどを初回特典として同梱・配布するケースが増加した。

さらに、ウェブコミック関連では『クラブサンデー』に加えて、WEB漫画作家を多数起用した『裏サンデー』(後に『マンガワン』として独立)を2012年4月に開設し、『モブサイコ100』や『ケンガンアシュラ』などをヒットさせた。

その他にも、著名人である野島伸司五味一男が原作の漫画の連載、2013年33号のみ17年ぶりに200円で販売、初の単独イベント『サンデーフェス』を開催したりなど様々な展開をするが、他の漫画雑誌と同様に出版不況などの影響で、発行部数は減少し続けた。

2015年7月、『ゲッサン』を創刊し、ゲッサンの編集長を務めていた市原武法が編集長として就任。新人作家の育成を絶対的な使命とする大改革を行うと宣言し、大きな話題となった。宣言通り、多くの連載作品の打ち切り、新たな作品の連載、サンデーの雑誌作りに協力する中高校生限定のサンデーサポータークラブ(SSC)の設立、『週刊少年サンデーS』のリニューアル、『クラブサンデー』を終了し、新たなウェブコミック配信サイト『サンデーうぇぶり』の開設など様々な展開をし、『あおざくら 防衛大学校物語』、『魔王城でおやすみ』、『古見さんは、コミュ症です。』、『保安官エヴァンスの嘘 〜DEAD OR LOVE〜』などを、サンデーうぇぶりでは、『ジンメン』、『死神坊ちゃんと黒メイド』などをヒットさせた。しかし、他の少年誌と比べ、アニメ化などメディア展開される作品が減少傾向になっている。

また、連載作家に会えるなど、SSC会員限定のイベントを開催したり、2016年頃からサンデーSと共に『名探偵コナン』関連の全員サービスを定期的に行ったり、スピンオフ作品として、『名探偵コナン ゼロの日常』を連載したりなど、今まで以上に『名探偵コナン』の色が強く出るようになり、内容によっては、売り切れることも増え始めた。

2019年に創刊60周年を迎え、巻末には連載中の漫画家の日記を紹介するミニコーナー、『水曜日のDiary』を立ち上げる。

特徴

連載傾向と読者層

本誌の傾向としては、特にラブコメディ恋愛漫画にノウハウと強みを持っていることが挙げられる。特に、中長期連載となった作品ではその傾向が強く見られる。また、ラブコメ・恋愛漫画ではない作品でも、作中のエピソードなどで恋愛およびラブコメ的な要素を色濃く匂わせるものが多い。

他の少年漫画雑誌と比べて、スロースタートで始まる作品や一つの出来事・展開に数話分使う作品などが比較的多く、ストーリーを深く書かせてくれる傾向がある。また、時折少年漫画雑誌とは思えない社会を絡ませた重厚な内容の作品が連載されることもある。

作品を打ち切りにする場合、『週刊少年ジャンプ』など他誌のように唐突に終了することは少なく、ある程度物語がまとまった形で終了させる傾向にある。

漫画家では、あだち充高橋留美子青山剛昌藤田和日郎など、他の少年誌と比べて、二作目以降も完全新作でヒット作を生み出す作家が多く、「作品を作ることよりもマンガ家を作ることを得意とする雑誌」と評させることがある。

少年漫画誌の中では読者の年齢層が高く、高校生以上の読者が全体の約6割を占めている。ラブコメや恋愛漫画に強みを持っているため、少年誌でありながら女性の購読者も非常に多い。そのためか、他の少年誌と比べて女性漫画家が多いのも特徴である。

各種コーナー

『週刊少年ジャンプ』とは異なり、表紙にグラビア(『週刊少年マガジン』なども同様)が付いている号がある。ただ2013年に入ると前述のアニメプロジェクトもあってかグラビアは減少

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/01/25 16:33

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「週刊少年サンデー」の意味を投稿しよう
「週刊少年サンデー」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

週刊少年サンデースレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「週刊少年サンデー」のスレッドを作成する
週刊少年サンデーの」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail