このキーワード
友達に教える
URLをコピー

週刊少年ジャンプの増刊号とは?

移動先: 案内検索
 | このページの一部を「少年ジャンププラス」に分割することが提案されています。
議論は「このページのノート」を参照してください。なお、分割を行う際には履歴不継承にならないように注意してください。(2018年2月)

週刊少年ジャンプの増刊号(しゅうかんしょうねんじゃんぷのぞうかんごう)では集英社の少年向け漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』(以下『WJ』または本誌)およびその前身である『少年ジャンプ』の増刊号について述べる。便宜上、『少年ジャンプ+』もここで取り扱う。

目次

  • 1 概要
  • 2 ジャンプGIGA
    • 2.1 概要
    • 2.2 沿革
    • 2.3 掲載内容
    • 2.4 メディアミックス
    • 2.5 作品一覧
  • 3 ジャンプノベル
    • 3.1 主な掲載内容
  • 4 少年ジャンプ+
    • 4.1 概要
    • 4.2 沿革
    • 4.3 UI
    • 4.4 編集方針
      • 4.4.1 新人の発掘・育成
    • 4.5 コンテンツ
    • 4.6 連載作品
    • 4.7 復刻作品
    • 4.8 読切作品
    • 4.9 メディアミックス
    • 4.10 単行本
    • 4.11 DL数
    • 4.12 企画
    • 4.13 少年ジャンプルーキー
      • 4.13.1 概要
      • 4.13.2 沿革
      • 4.13.3 主な作家・作品
      • 4.13.4 月間ルーキー賞
      • 4.13.5 少年ジャンプに絶対載るギャグ賞
      • 4.13.6 少年ジャンプ+連載グランプリ
    • 4.14 事件
      • 4.14.1 『すすめ!ジャンプへっぽこ探検隊!』女子トイレマーク炎上事件
    • 4.15 評価
  • 5 後に独立した増刊号
  • 6 その他の増刊号
  • 7 増刊号出身の本誌現連載作品
  • 8 関連項目
  • 9 脚注
    • 9.1 注釈
    • 9.2 出典
  • 10 外部リンク

概要

WJ増刊号のほとんどは週刊少年ジャンプ編集部による紙の漫画雑誌である。WJ編集部は「新人育成の場」である本誌に対して、増刊号を「新人発掘の場」と位置づけ、新人の読切作品を多く掲載している。『WJ』と同じく読者アンケートが大きな意味を持ち、アンケート上位の作品はしばしば本誌に連載・掲載される。『WJ』に比べ若干値段が張っていることが多い。

増刊を創刊する時は、最初に看板作家を決め、その作家を軸に雑誌のカラーが決められる。定期増刊号(現『少年ジャンプNEXT!!』)は本誌創刊の翌年に創刊された。その他にも『WJ』は単発・年刊・不定期刊の増刊号を複数創刊している。『最強ジャンプ』『Vジャンプ』『スーパージャンプ』はWJ増刊号から始まり、後に独立した。また、『ジャンプSQ.(SQ.)』の前身『月刊少年ジャンプ(MJ)』は『別冊少年ジャンプ』としてスタートした。

WJ増刊号の作品は主に単行本レーベルジャンプ・コミックス」に収録される。一部、ジャンプスーパーコミックス収録作品もある。『ジャンプノベル』の小説はジャンプ ジェイ ブックスに収録された。『ジャンプLIVE(LIVE)』は一部作品を電子書籍限定で販売した。ただし、作者が連載デビューしなかった読切作品は単行本に収録されないことが多く、掲載から時間が経つと入手が難しくなる。また、絶版マンガ図書館がWJ増刊号の読切作品を配信したことがある(『燃えるおにーさん』など)。

ジャンプGIGA

【ジャンプGIGA】

【ジャンル】
少年漫画雑誌
【読者対象】
少年
【刊行頻度】
季刊→年3刊→季刊→隔月刊→月刊
【発売国】
日本
【言語】
日本語
【定価】
480円
【出版社】
集英社
【編集部名】
週刊少年ジャンプ編集部
【発行人】
近藤裕
【編集長】
瓶子吉久
【刊行期間】
2016年7月 - 刊行中
【レーベル】
ジャンプコミックス
【姉妹誌】
週刊少年ジャンプ(本誌)
【ウェブサイト】
ジャンプGIGA

ジャンプGIGA』(『GIGA』)は、集英社が発行する日本月刊漫画雑誌。『週刊少年ジャンプ』の定期増刊号。

概要

1969年、『少年ジャンプ』(当時、月2回刊)の定期増刊号としてスタート。『少年ジャンプ』・『週刊少年ジャンプ〇〇Special(Special)』・『赤マルジャンプ(赤マル)』・『少年ジャンプNEXT!(NEXT!)』・『少年ジャンプNEXT!!(NEXT!!)』などの名称変更を経て、『ジャンプGIGA』に改名。現在の定価は480円。通巻ナンバーのカウントは「vol.〇」。過去には『WJ』の通巻ナンバーにカウントされていたが、近年では別にカウントしている。2014 vol.5以降は『プラス』で本誌電子版を定期購読すると『NEXT!!』も無料で閲覧できる。『GIGA』は、創刊後しばらくは本誌電子版の定期購読特典に含まれていなかったが、2018 WINTER vol.1以降は定期購読特典に含まれるようになった。

新人作家の読切を中心に様々な漫画作品を掲載している。1969年の創刊以来、数々の『WJ』作品を輩出し続けている。

かつてはほぼ必ず、表紙は『WJ』連載作品、カラーページは連載経験者による読切作品が担当した。『NEXT!!』リニューアル後、表紙は裏表からなるW表紙となり、表紙・カラーページの担当作品は柔軟に決められるようになる。

巻頭付近にアンケート用葉書が付いており、切手を貼らなくても郵送できる。ギャグ漫画の読者アンケートは低い傾向にあるという。読切作品の一部でアンケートを基準にした企画を行うことがあり、2015 vol.1からは新人による読切作品を対象にNEXT!!1GP(ネクストワングランプリ)を開催中。また、読切を掲載している新人作家にファンレターを送ると各作品につき1名にサイン色紙が贈られる。

沿革

  • 1969年 - 『少年ジャンプ』(1968年創刊、月2回刊)の間を埋めるために定期増刊号を発行
  • 10月 - 本誌が『週刊少年ジャンプ』として週刊化。それに伴い定期増刊号が季刊化する。タイトルロゴは『少年ジャンプ』のまま
  • 1980年代中頃 - 定期増刊号を『週刊少年ジャンプSpring (Summer, Autumn, Winter) Special』に改名
  • 1996年末 - 『赤マルジャンプ』に名称統一。『WJ』合併号に合わせゴールデンウィークお盆年末年始の年3刊になる。
  • 2010年4月 - 『少年ジャンプNEXT!』に改名。新名称は一般公募された
  • 2012年 - 秋にも発行し季刊(年4刊)化
    • 8月 - 電子版販売開始
  • 2014年3月 - 隔月刊(年6刊)化し、『少年ジャンプNEXT!!』(!が一つ増えた)に改名。この頃から複数の作品を連載するようになる。
  • 2016年7月 - 不定期刊化し、『ジャンプGIGA』に改名。不定期に3~5か月連続の刊行をするようになる。

掲載内容

読切作品
新人・連載経験者らによる漫画作品。手塚賞赤塚賞JUMPトレジャー新人漫画賞(入選・準入選・グランドトレジャー賞)・月間ルーキー賞(シルバールーキー賞)・Gカップなどの受賞・優秀作品を掲載することもある。
掲載作品の大半を占める。数多くの読切作品が『WJ』連載に昇格している。作者が連載デビューした作品を除き単行本に収録されることは少ない。
ジャンプ ジェイ ブックス小説作品のコミカライズが掲載されたこともある。
連載作品
1990年代前半と2014年以降、『WJ』作品続編やオリジナル作品を連載している。『GIGA』における連載は、本誌における連載の手前の場とされている。『GIGA』における連載作品は単行本化される場合もある。
番外編・特別編
『WJ』作品の4コマ漫画・ショートストーリーなど。袋とじにしていることもある。
『NEXT!!』リニューアルまでは、主に番外編を掲載する作品が表紙も担当した。
完結編
『WJ』打ち切り作品の最終回。比較的長く連載した作品が多い。複数号に渡り掲載することもある。
その他
付録やポスターなど。デジタル版では収録しないものもあるが、『少年ジャンプ+』・「ジャンプBOOKストア!」限定の購入特典がつくこともある。

メディアミックス

一部の連載作品はメディアミックスされている。また、読切作品も本誌連載に昇格すれば様々なメディアミックスが行われることがある。特殊な例として、『ホイッスル!』はテレビアニメ放送中に『赤マル』で完結編を掲載した。また、『武装錬金』は『赤マル』で完結編掲載後にテレビアニメ化された。

主なメディアミックス
【原作】
【媒体】
【タイトル】
【発売時期】
【備考】

BASTARD!! -暗黒の破壊神- | 小説 |  |  | 小説:岸間信明
Jブックス(集英社)より
OVA | (無印) | 1992年 - 1993年 | 
ドラマCD |  |  | 『集英社カセット コミックシリーズ』より
ゲーム | (無印) | 1994年1月 | SFC(任天堂)
SOUL CATCHER(S) | 小説 |  |  | 小説:成上真。Jブックスより
黒子のバスケ
(EXTRA GAME) | TVアニメ | (無印) | 2015年1月 - 6月 | 3期
ゲーム | 未来へのキズナ | 2015年3月 | 3DS(任天堂)
小説 | -Replace VI- | 2015年9月 | 小説:平林佐和子。Jブックスより

作品一覧

  • 開始・終了については雑誌の発行年月を「.」で区切って示す。例:2014 vol.2 (2014年5月発行) → 2014.05
連載作品一覧
連載作品
【】
【作品名】
【作者(作画)】
【原作など】
【開始号】
【終了号】
【備考】

0.5 | Z | Z『Special』 | Z | 1990 | 1996年. | Z
01 | はすたあとあんこくのはかいしんBASTARD!! -暗黒の破壊神- | おきわらかすし萩原一至 | - | 1990年 | 1996年 | ←本誌からの移籍
本誌に移籍(出戻り)
1.5 | Z | Z『NEXT!!』 | Z | 2014 | Z | Z
02 | へるせはふべるぜバブ 番外編 | たむらこうへい田村隆平 | - | 2014.05 | 2015.03 | 「べるぜバブ」の続編
03 | いそへいそへいものかたり磯部磯兵衛物語〜浮世はつらいよ〜 番外編 | なかまりよう仲間りょう | - | 2014.05 | 2014.10 | 本誌と並行連載
04 | まものかんていしはひろ魔物鑑定士バビロ | にしよしゆき西義之 | - | 2014.07 | 2014.12 | 
05 | そうるきやつちやあすSOUL CATCHER(S) | しんかいひてお神海英雄 | - | 2014.08 | 2015.05 | ←本誌からの移籍
→『+』に移籍
06 | くろこのはすけえくすとらけえむ黒子のバスケ EXTRA GAME | ふしまきたたとし藤巻忠俊 | - | 2014.12 | 2016.03 | 「黒子のバスケ」の続編
6.5 | Z | Z『GIGA』 | Z | 2016 | Z | Z
07 | あおのれつとうさつほろくかつ青の列島 札幌・九月 | ひら けいひらけい(作画) | つくた ゆうと 附田祐斗(原作) | 2016.07 | 2016.09 | 短期集中連載
08 | いんくのなみたインクの涙 | ふたは はる双刃美 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
09 | かいしゆうのふきしよくにん改獣の武器職人 | たにさき しゆうへい谷崎修平 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
10 | きなたしきぎなた式 | みき ゆう三木有 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
11 | しにきわシニギワ | ふくた けんたろう福田健太郎 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
12 | しやんへらしやんへいへんしゆうてんジャン寺ジャン平 編集伝 | みやさき しゆうへい宮崎周平 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
13 | せんとうのすすめセントウのススメ | くろき ゆうしん黒木雄心 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
14 | とうきようきこたんほう東京季語譚訪 | しいはし ひろし椎橋寛 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
15 | はなさむらいのさはら花侍のサハラ | しはた ゆうさく芝田優作 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
16 | ひいゆうていいこつきようみかくていりよういきさんこくそうさろくBUD "国境未確定領域三国捜査録" | わかお かすひろ若尾和洋(作画) | ほんポン(原作) | 2016.07 | 2016.10 | 
17 | りんこRINGO | てらさか けんと寺坂研人 | - | 2016.07 | 2016.10 | 
18 | ういしらんてほくのひいろおあかてみあいりいかるすヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- | へつてん こうと別天荒人(作画) | ほりこし こうへい ほくのひいろおあかてみあ 堀越耕平僕のヒーローアカデミア」(原作)
ふるはし ひてゆき 古橋秀之(脚本) | 2016.09 | 2016.10 | →『+』に移籍
19 | いちこひやくいちご100% EAST SIDE STORY | かわしたみすき河下水希 | - | 2017.04 | 2017.07 | 
20 | えくそああつエクソアーツ | やすはらひろかす安原宏和 | - | 2017.04 | 2017.07 | 
21 | ういしらんてほくのひいろおあかてみあいりいかるすヴィジランテ -僕のヒーローアカデミア ILLEGALS- | へつてん こうと別天荒人(作画) | ほりこし こうへい ほくのひいろおあかてみあ 堀越耕平僕のヒーローアカデミア」(原作)
ふるはし ひてゆき 古橋秀之(脚本) | 2017.04 | 2017.07 | 『+』からの出張版
22 | こあくまけい小悪魔系大悪魔巳夜ちゃん | あきやまたかし秋山貴志 | - | 2017.04 | 2017.07 | 
23 | しゆけむジュゲム!! | もんりけい門里慧 | - | 2017.04 | 2017.07 | 
24 | とうきようとりつ東京都立呪術高等専門学校 | あくたみけけ芥見下々 | - | 2017.04 | 2017.07 | 
25 | ひくまのて火久摩の手 | ほかみなつき帆上夏希 | - | 2017.04 | 2017.07 | 
26 | ふりきらいおんブリキライオン | みやしまきようへい宮島京平 | - | 2017.04 | 2017.07 | 
27 | もみしのきせつモミジの棋節 | さとしようまさよし里庄真芳 | たなかまこと田中誠(監修) | 2017.04 | 2017.07 | 
28 | るなていつくかあていあん月影の守護騎士 | まえたりようへい前田良平 | - | 2017.04 | 2017.07 | 
29 | たおたおTAOTAO -タオタオ- | なはふさい那波歩才 | - | 2017.05 | 2017.07 | 
30 | あしたはふろおかああしたば仲介業者 | てんかんしんたろう天願慎太郎 | - | 2017.11 | 2018.01 | 
31 | きみをしんりやくキミを侵略せよ! | いなおかかすさ稲岡和佐 | - | 2017.11 | 2018.01 | 
32 | きりのみやこの霧の都のK・K | もうえたかまさ馬上鷹将 | - | 2017.11 | 2018.01 | 
33 | すいきゆうとんふらこ水球どんぶらこ | まつうらけんと松浦健人 | ことうとうこ後藤冬吾(原作) | 2017.11 | 2018.01 | 
34 | てんくきとうたい天狗機動隊 -天狗山学園緋ノ七班- | くまのかんたろう熊野栞太郎 | - | 2017.11 | 2018.01 | 
35 | はかすバカス!! | わたしんし和田眞次 | ほねかわすしえもん骨皮筋右衛門(原作) | 2017.11 | 2018.01 | 
36 | もとやめくんと元八女君と十手の秘密 | まつきゆう茉樹裕 | - | 2017.11 | 2018.01 | 
完結編
【タイトル】
【掲載号】
【備考】

【『Special』】

電影少女 | 1992 Winter | 
【『赤マル』】

みどりのマキバオー | 1998 Spring | 2007年より続編連載中
ライジングインパクト | 2002 Spring | 
ホイッスル! | 2003 Winter | 当時、TVアニメ放送中
武装錬金 | 2005 Summer - 2006 Winter | 2号連続。後にTVアニメ化
P2! - let's Play Pingpong! - | 2008 Winter | 
【『NEXT!』】

保健室の死神 | 2011 Summer | 
エニグマ | 2012 Winter | 
ぬらりひょんの孫 | 2012 Summer - 2013 Winter | 3号連続。『LIVE』に続編掲載
magico | 2012 Summer | 
クロス・マネジ | 2013 Autumn | 

ジャンプノベル

 | この節の加筆が望まれています。
【ジャンプノベル】

Jump Novel
【ジャンル】
小説雑誌
【刊行頻度】
年2刊
【発売国】
日本
【言語】
日本語
【出版社】
集英社
【刊行期間】
1991年8月21日 - 1999年9月25日
【レーベル】
ジャンプ ジェイ ブックス

ジャンプノベル(Jump Novel)は、かつて集英社が発行した日本の年2刊小説雑誌。1991年8月21日にWJ増刊号として創刊、1999年9月25日休刊。春・夏に発売。通巻ナンバーカウントは『vol.(ボリューム)○』。

創刊と同時に、公募新人文学賞ジャンプ小説・ノンフィクション大賞(現・ジャンプ小説新人賞)を創設した。また、1993年3月には、掲載された小説を収録する ライトノベル新書レーベル・『ジャンプ ジェイ ブックス』を創設し、現在でも刊行され続けている。

1999年9月のvol.16で休刊し、それに伴い公募新人文学賞はジャンプ小説大賞にリニューアルした。2002年10月にはWJ増刊号『読むジャンプ』として一度復活した。

主な掲載内容

ノベライズ
SLAM DUNK』『ONE PIECE』など『WJ』作品ノベライズの一部を掲載した。表紙もノベライズが掲載されている『WJ』作品が担当することが多かった。
新人賞受賞作品
ジャンプ小説・ノンフィクション大賞の受賞作品。『ジハード』など。
オリジナル小説
主に『WJ』作家が挿絵を担当した。『おいしいコーヒーのいれ方』『KLAN』など。

少年ジャンプ+

少年ジャンプ+
【URL】
https://shonenjumpplus.com/
【使用言語】
日本語
【運営者】
集英社
ICE
【収益】
少年ジャンプ電子版の販売
オリジナル作品の単行本化
漫画電子書籍の販売
【営利性】

【登録】
任意(一部の機能では必要)
【設立日】
2014年9月22日
【現状】
運用中
【少年ジャンプ+】

【愛称・略称】
J+
【ジャンル】
少年漫画雑誌
【読者対象】
ジャンプ読者(10代)
ジャンプ卒業組(20 - 30代)
インターネットユーザー
【刊行頻度】
毎日
【発売国】
日本
【言語】
日本語
【定価】
無料(一部有料)
【出版社】
集英社
【編集部名】
週刊少年ジャンプ編集部 ジャンプ+班
【編集長】
細野修平
【刊行期間】
2014年9月 - 刊行中
【レーベル】
ジャンプ・コミックスなど
【姉妹誌】
週刊少年ジャンプ
【ウェブサイト】
少年ジャンプ+
【特記事項】
マンガ雑誌アプリ
ウェブコミック配信サイト
電子書籍販売サイト

少年ジャンプ+(しょうねんジャンププラス、『J+』)は、2014年9月22日より集英社が配信する『週刊少年ジャンプ』のアプリケーション

日本HIV陽性者ネットワークJaNP+(ジャンププラス)とは無関係。

概要

ジャンプLIVE』を前身とし、「ジャンプBOOKストア!」のウェブ機能を吸収してリリースした「マンガ雑誌アプリ」。App StoreGoogle PlayからiOSAndroidスマートフォンタブレット端末向けアプリを配信する。ウェブブラウザで閲覧可能なウェブコミック配信サイトでもある。毎日約5作品のウェブコミックを無料配信し、本誌・ジャンプコミックスの電子販売も行っている。

本誌と関わりが強く、『J+』リリースの予告・宣伝は『WJ』で行われた。『J+』新連載も『WJ』で予告することが多い。『WJ』やその系列誌(『SQ.』など)と相互の作品の行き来も積極的に行われている。また、『ジャンプ改』『ジャンプSQ.19』休刊時には一部作品が『J+』に移籍した。『ジャンプ ジェイ ブックス』作品の再録配信や漫画化も行っている。

沿革

創刊までの経緯
2010年代、スマートフォン・タブレット端末の普及に伴い、日本でも電子書籍市場が活発化する。2011年東日本大震災によって流通が滞った時には、史上初めて『WJ』電子版を配信した。2012年集英社は「ジャンプBOOKストア!」を開設し、ジャンプ・コミックス電子書籍の販売を本格的にスタートする。
2013年春・夏頃、多くの出版社が漫画電子書籍アプリやウェブコミック配信サイトをリリースした。8月、集英社も『ジャンプLIVE』を創刊、冬には『LIVE』2号も配信した。しかし編集部内にて「量が多すぎて読み切れない」、「コンテンツが有料か無料か分かりにくい」と指摘された。
『LIVE』の反省を踏まえ、2014年3月頃よりWJ編集部は『J+』のリリース準備を行う。
少年ジャンプ+創刊 - 2015年
『WJ』2014年40 - 42号に『J+』の広告が掲載された(ただし詳細は伏せられた)。また、『WJ』2014年40号公式発売日(9月1日)にディザーサイトが開設した。
2014年9月22日、『WJ』電子版やオリジナル作品を配信する『少年ジャンプ+』が創刊された。11月、『J+』の漫画投稿サイト「少年ジャンプルーキー」がプレオープンした。
2015年1月、最初(2014年12月期)の月間ルーキー賞受賞作品を発表した。3月にはアプリ版でも単行本電子書籍の販売を始める。11月には、『SQ』電子版も紙と同日に配信されるようになる。
2016年
4月にボイスドラマコーナー「聴くジャン!」が創設された。

UI

ユーザーインターフェイス(UI)の大まかな設計はWJ編集者が担当し、細部は外部の専門企業に任せられた。アプリのプラットホーム株式会社ACCESS電子出版ソリューションPUBLUS(パブラス)」を採用した。ウェブ基盤もPUBLUSをベースに構築した。コンテンツの総合的運用は株式会社ICEが担当している。

「分かりやすいアプリ」にするためにコンテンツの量を抑え、本誌電子版と漫画電子書籍以外は全て無料で公開する。会員登録すれば購入したコンテンツを複数の端末で共有できる。解像度はルビが読める程度にしている。

作品はほぼ横読み。アプリで作品を最後まで読むと「いいジャン!」というボタンが表示され、そのボタンを押すと作品を評価することができる。「いいジャン!」は『LIVE』から受け継がれたシステムで、アプリ版では各作品の「いいジャン!」順位を見ることができる。また、不定期に読者アンケートが実施される。

過去のコンテンツは週ごとに「号」単位で折りたたまれ、号のカウントは年を跨ぐとリセットされる。作家と読者のコミュニケーション機能は作家の創作活動に良くないケースもあるとして、コメント欄は意図的に省かれていたが、後にコメント欄が設置された。

編集方針

『プラス』編集部はWJ編集部内に設けられたジャンプ+班で、専業責任者の細野修平(2015年当時副編集長)を中心に数人のWJ編集部員が兼務している。編集長はWJ編集長瓶子吉久が兼任していた。2017年9月現在、WJ編集長とは兼任ではなく、細野修平が編集長となっている。

編集部は現役のWJ読者である中高生に加え、「ジャンプ卒業組」の20 - 30代を読者層として想定している。また、pixivニコニコ動画などのユーザーで紙媒体を読まない層を取り込みたいとしている。収益の柱は「本誌電子版の販売」と「オリジナル作品の単行本化」で、リリースしてすぐに黒字化し、安定的な運営が可能になった。紙とアプリを相互に行き来する仕組を目指している。

また、毎週月曜朝に本誌を買い、そのあとの1週間は無料マンガで楽しむ、という使われ方を目指している。

新人の発掘・育成

創刊の目的はデジタルの才能を探すことで、そのために『WJ』サイマル配信で人を集め、『ルーキー』で作品を発表できるようにしたという。『ルーキー』のようなシステムは、他の主要な漫画アプリにも備わっているが、育成に力を入れることで差別化する方針。有名作家を引き抜くことよりも、新人の発掘を重視し、最終的には大ヒット作を輩出することを目指している。

連載作品の選定基準は特に設けず、面白さを重視している。また、オリジナル作品からヒット作を生み出すべく、2014年12月末から定期的に連載陣を入れ替えている。

コンテンツ

『プラス』の柱は「無料漫画作品」と「本誌電子版」で、後に「復刻作品」も加わり3本柱となる。一部の作品はグノシーニコニコ静画[1]cakesでも公開中。

オリジナル作品
『J+』で新規配信される連載・読切の漫画作品。他媒体からの移籍作品、WJ作品のスピンオフ・番外編、コミカライズなども含む。
連載作品は週刊・隔週刊・月刊などそれぞれのペースで更新される。連載作家は、元WJ作家(天野明叶恭弘ら)や他媒体でデビューした作家(神尾葉子日丸屋秀和ら)、新人作家など。人気作はカラーページをもらうこともできる。本誌と比べて表現の規制は緩い。単行本収録部分は閲覧を制限することがある。
復刻作品
過去に発表された連載作品・エピソード。
小説作品
ジャンプ ジェイ ブックスの小説作品。
週刊少年ジャンプ電子版
2014年27号以降の『WJ』電子版を単号と月間定期で販売している。毎号1作品以上のフルカラー作品を収録。なお、定期購読者は『GIGA』を無料で読むことができる。配信日は公式発売日の午前5時。発売日と同時にデジタル配信するのは週刊少年漫画誌、集英社の定期刊行漫画誌としては初の試みである。広告など諸事情により配信されない部分もある。
電子書籍
ジャンプ・コミックスなどの電子書籍を有料で販売している。当初はウェブ版のみだったが、2015年3月からアプリ版でも可能になった。

連載作品

 | 2018年2月23日現在連載中。
  • 連載中の作品については太字で表記。
  • デフォルトでの表示順は連載開始順。開始日が同じ場合にはウェブ版で上から表示されている順とする。
  • 開始日・終了日はyyyy年mm月dd日を「yyyy.mm.dd」と略記(例:2014年9月22日→2014.09.22)。
  • 移籍元/先については、備考欄で「←/→ 『移籍元/先の雑誌名』」の形で略記。
オリジナル漫画作品
【】
【作品名】
【作者(作画)】
【原作など】
【開始】
【終了】
【更新日】
【備考】

0.5 | Z | Z | Z2014年 | 2014.00.00 | 2014.00.00 | Z | Z
1 | えるとらいふエルドライブ【ēlDLIVE】 | あまのあきら天野明 | - | 2014.09.22 | 連載中 | 08毎月上旬 | ←『LIVE
2 | くろこのはすけはんかいへん黒子のバスケ 番外編 | ふしまきたたとし藤巻忠俊 | - | 2014.09.22 | 2014.12.15 | - | ←『WJ』
3 | れつつはいきゆうれっつ!ハイキュー!? | れつレツ | ふるたてはるいち古舘春一(原作) | 2014.09.22 | 連載中 | 02火曜 | 『WJ』作品のスピンオフ
4 | きすてすKISS×DEATH | かのうやすひろ叶恭弘 | - | 2014.09.22 | 連載中 | 04隔週木曜 | -
5 | とんかつていいしえいあけたろうとんかつDJアゲ太郎 | こやまゆうしろう小山ゆうじろう | いいひやおイーピャオ(原案) | 2014.09.22 | 2017.03.23 | - | 『MEN'S NON-NO』で番外編を並行連載
6 | ゆきみたいふく雪美DAIFUKU | いはらたいき伊原大貴 | - | 2014.09.22 | 2014.10.06 | - | 短期集中連載
7 | けいけんちせろEXP:0 | うえはらさつき上原さつき | - | 2014.09.22 | 2015.07.16 | - | ←『LIVE』。一部未単行本化
8 | らふたいやもんとまんかかつこうにようこそラフダイヤモンド まんが学校にようこそ | おかたてい緒方てい | - | 2014.09.22 | 2015.08.12 | - | ←『LIVE』
9 | なひりんすナビリンス | おくらゆうや小倉祐也 | - | 2014.09.22 | 2014.10.15 | - | 短期集中連載
10 | いろはにほとけいろはにほとけ! | おのたわたる小野田亘 | - | 2014.09.22 | 2014.12.27 | - | 未単行本化
11 | ねこたひより猫田びより | くらく久楽 | - | 2014.09.22 | 連載中 | 00
・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/02/23 09:18

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「週刊少年ジャンプの…」の意味を投稿しよう
「週刊少年ジャンプの増刊号」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

週刊少年ジャンプの増刊号スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「週刊少年ジャンプの増刊号」のスレッドを作成する
週刊少年ジャンプの増刊号の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail