このキーワード
友達に教える
URLをコピー

達川光男とは?

この存命人物の記事には検証可能な出典が不足しています。信頼できる情報源の提供に協力をお願いします。存命人物に関する出典の無い、もしくは不完全な情報に基づいた論争の材料、特に潜在的に中傷・誹謗・名誉毀損あるいは有害となるものはすぐに除去する必要があります。(2012年9月)
達川 光男
2017年11月11日 宮崎・秋季キャンプにて

【基本情報】

【国籍】
日本
【出身地】
広島県広島市東区
【生年月日】
(1955-07-13) 1955年7月13日(64歳)
【身長
体重】
177 cm
74 kg
【選手情報】

【投球・打席】
右投右打
【ポジション】
捕手
【プロ入り】
1977年 ドラフト4位
【初出場】
1978年7月11日
【最終出場】
1992年10月4日(引退試合)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴


監督・コーチ歴


この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


達川 光男(たつかわ みつお、1955年7月13日 - )は、日本の元プロ野球選手(捕手)・監督野球解説者タレント

広島東洋カープの正捕手として、1980年代に活躍。広島の一軍監督を務めた1998年から2000年までは、達川 晃豊(本名と読みが同じ)という登録名を用いていた。監督辞任後は、本名で活動。フジテレビテレビ新広島ニッポン放送などの解説者、スポーツ報知評論家福岡ダイエーホークス阪神タイガース中日ドラゴンズのコーチを歴任している。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 プロ入り前
    • 1.2 現役時代
    • 1.3 現役引退後
  • 2 選手・監督・コーチとしての特徴
    • 2.1 ささやき戦術
    • 2.2 デッドボール
    • 2.3 「珍プレー」について
    • 2.4 サヨナラインフィールドフライ事件
    • 2.5 監督として
    • 2.6 コーチとして
  • 3 人物・エピソード
  • 4 詳細情報
    • 4.1 年度別打撃成績
    • 4.2 年度別守備成績
    • 4.3 年度別監督成績
    • 4.4 表彰
    • 4.5 記録
    • 4.6 背番号
  • 5 関連情報
    • 5.1 著書
    • 5.2 放送
      • 5.2.1 出演番組
      • 5.2.2 出演CM
      • 5.2.3 出演テレビドラマ
    • 5.3 ゲームソフト
    • 5.4 登場作品
  • 6 脚注
    • 6.1 注釈
    • 6.2 出典
  • 7 関連項目
  • 8 外部リンク

経歴

プロ入り前

迫田穆成率いる広島商業では、1973年の春の選抜に出場。準決勝では江川卓を擁する作新学院を、チーム一丸で待ちと小技で攻め崩す作戦で下した。決勝に進むが横浜高永川英植に抑えられ準優勝。同年の夏の甲子園にも出場し、決勝で植松精一のいた静岡高を降し優勝。

捕手にコンバートされたのは高校1年生からで、3年生は引退しており2年生は修学旅行中であり達川ら1年生だけで練習していたところ、1年生捕手がの食中毒で練習を欠席しており、代わりに達川が入った。迫田監督は達川の抜群の肩を見て、すぐさま捕手にコンバートした。3年生時のエースである佃正樹と不仲であったため、春の選抜は外野手として出場していたが夏の甲子園では捕手に戻った。また、夏の甲子園では鹿取義隆から本塁打を打ち、本人曰く高校時代公式戦での唯一の本塁打である。この大会最後のホームランで次の大会から金属バットが採用されたため、甲子園における木製バットでの最後の本塁打であるという。なお、この際ベンチのサインはヒットエンドランだったが、サインを取り違えて強振したため迫田監督からひどく叱責された。

東洋大学へ進学。東都大学野球リーグでは1年後輩の松沼雅之バッテリーを組み、1976年秋季リーグにリーグ加盟36年目での初優勝を果たす。同年の明治神宮野球大会では準決勝で早大に敗退。リーグ通算90試合出場、283打数64安打、打率.226、3本塁打、25打点。ベストナイン(捕手)1回。

1977年のドラフト会議広島から4位指名を受け、入団。テレビでドラフトの様子を2巡目までは見ていたが、自分の名前が出ないためパチンコに行ってしまい、指名されたと後輩が伝えに来たときは大当たりの途中で台から動けなくなっていた。また、指名がなかった場合は本田技研野球部に進むことが内定していたという。背番号40

現役時代

入団直後のキャンプ前に広島商業高校の先輩にあたる三村敏之の部屋に挨拶に行くと、三村は達川のスイングを見て「プロでは通用せん」「バッティングが駄目なら捕手として監督の戦術をこなせるようになれ、そうすれば何時かはレギュラーになれるかもしれん」と述べ、達川は後に「心が折れそうじゃった」「早い段階から方向性が決まった事は結果的に良かった」と語る。

1年目の1978年から一軍に上がり、7月には水沼四郎に代わり9試合に先発マスクを被る。翌1979年も序盤から25試合に先発するが、非力な打撃もあって水沼や道原裕幸の控え捕手にとどまった。しかし1982年にはインサイドワークを評価され、水沼、道原を上回る65試合に先発、6年目の1983年には開幕から正捕手として起用される。

1984年阪急との日本シリーズでは全7試合に先発出場。20打数6安打1打点と活躍し、第6戦では佐藤義則から本塁打を放ちチーム日本一に貢献。1986年には課題の打撃も進歩を見せ、初めて規定打席(18位、打率.274)に達する。同年の西武との日本シリーズでも全8試合に先発、第3戦では5回に郭泰源から勝ち越し2塁打を記録した。1991年の5年ぶりのリーグ優勝、西武との日本シリーズでも正捕手として活躍。

打者としては、打率.280・本塁打10本を超えたシーズンは一度もないが、ベストナイン3回、ゴールデングラブ賞3回。現役時代の応援歌の原曲は、『仮面の忍者赤影』のテーマソングだった。

引退試合
1992年には、徐々に西山秀二や前年ドラフト1位入団の瀬戸輝信のスタメン起用が目立つようになり、シーズン100試合に出場していたにもかかわらず同年限りで突如現役引退を決意する。引退試合となった同年10月4日巨人戦では、代打に起用されて涙をこらえながら打席に立った。「バットを乾かした方がボールがよく飛ぶ」という話を聞いた達川は、最後の打席をホームランで飾ろうと、バットを十分に乾かして臨んだが、乾かしすぎたことで却って脆くなってしまい、結局バットは折れてショートゴロに終わった。また、その次の回に守備に就いたときは、大野豊とともにリリーフカーに乗ってグラウンドに登場した。捕手で試合中にリリーフカーに乗ったのは、後にも先にも達川だけである。引退試合後の挨拶では、この日の試合でタイムリーエラーをした巨人の篠塚和典に対し、「特に篠塚会長! その他……」と名指しして、何か特別に言うことがあるのかと思いきや「以下同文」とオチをつけ、涙の引退試合から一転、場内を爆笑の渦に巻き込んだ。筑紫哲也が後に野村克也との共著「功なき者を活かす」にて「優勝時のメンバーが大きく変わってるわけではないのに、なぜ低迷したかというと、達川が引退したから一気にチームがガタガタになってしまった。」と述べている。

現役引退後

1993年から1994年まで、フジテレビニッポン放送テレビ新広島のプロ野球解説者を歴任。1995年に監督の王貞治の要請で福岡ダイエーホークスの一軍バッテリーコーチに就任。選手の起用法を巡って打撃兼守備走塁コーチの高橋慶彦と対立、広島時代から折り合いがよくなかったが選手が目を丸くするほど揉み合い、体調不良を理由に1年で退任、チームも5位に低迷した。同年オフに退団後は再びフジテレビ・テレビ新広島・ニッポン放送のプロ野球解説者として2度目の復帰。

1998年二軍監督として6年ぶりに広島に復帰した。

1999年に一軍監督に昇格。昭和30年代生まれで初めての一軍監督である。鬼軍曹として知られる大下剛史をヘッドコーチに招いて「胃から汗が出る」ほどの猛練習で若手の底上げを図ったが、選手と年が近かったため(達川の現役時代のチームメイトも多数残っていた)、投手交代時に「代えてもいいか」と聞くなど選手に厳しく接することが出来ないときもあった。また、「ビッグ・レッド・マシン」と呼ばれた打撃陣は好調だったが、チーム防御率も3年連続でリーグ最下位に低迷し、長年の課題だった投手陣の崩壊を止めることはできなかった。球団タイ記録の13連敗を喫し、大下、投手コーチの大野豊は1年で辞任した。

2000年には、野村謙二郎前田智徳緒方孝市佐々岡真司が怪我で離脱し、FA権を行使して巨人に移籍した江藤智の穴埋めとしてジェフ・ボールを獲得したが期待外れに終わるなど(そのためルイス・ロペスが復帰することになる)、誤算も相次いだ。この年は若手の黒田博樹新井貴浩東出輝裕らの活躍もあったが、結局チームは2年連続5位に終わり(最下位に低迷していた阪神タイガースに2年連続で負け越した)、成績不振の責任を取る形で同年辞任した。ただ、後に阪神に移籍した金本知憲は達川時代を振り返り「チームは弱かったけど楽しかった」と語っている。

その後は3度目のフジテレビ・テレビ新広島・ニッポン放送で解説(J SPORTSで放送されるテレビ新広島制作のカープ戦にも出演)、スポーツ報知で評論として復帰をしていたが、2003年星野仙一が率いる阪神に一軍バッテリーコーチとして招聘され、同年のリーグ優勝に大きく貢献した。そして星野の勇退とともにチームを去り、翌年フジテレビ・テレビ新広島・ニッポン放送野球解説者として4度目の復帰(このときから2009年までMBSラジオの中継にも登場するようになる)。

2013年10月22日、翌2014年シーズンから中日ドラゴンズの一軍バッテリーコーチを務める事が球団から発表された。11月1日には背番号が90に決定したことが発表された。2015年一軍チーフバッテリーコーチを務め、2015年は12捕逸を記録しリーグワーストタイだった。同年10月13日に2年契約の満了を持って退団することが発表された。

2016年からは、フジテレビ・J SPORTSの野球解説者に復帰。ウエスタン・リーグの広島主催試合(二軍戦)中継(「ちゅぴcom」の名称を冠した中国新聞グループケーブルテレビ局が制作・放送。著作権は親会社の中国新聞社が保有)の解説と、フジテレビ系準キー局・関西テレビのゲスト解説も担当する他、かつてレギュラー出演していた同系列のテレビ新広島にも本数契約扱いで出演。その他系列局やニッポン放送の中継への出演の有無については未定。RCCラジオのゲスト解説も務めるなどフジテレビ系列外の在広局の野球番組にも単発で出演しているが、広島テレビ放送への出演実績はない(後述)。

その一方で、中日からの退団後には、プロ野球経験者による学生野球の指導に必要な学生野球資格の回復に向けて研修会を受講。2016年2月2日付で、日本学生野球協会から資格回復の適性認定を受けた。この認定を機に、高校野球や大学野球も指導できるようになった。

2017年からは、福岡ソフトバンクホークスの一軍ヘッドコーチに就任することになった。同年のリーグ優勝、日本一に貢献し、2018年契約満了で退団。

選手・監督・コーチとしての特徴

ささやき戦術

野村克也日比野武山下健と並ぶ「ささやき戦術」の使い手として知られている。しかし、野村がバッターの弱味を突いて集中力を奪っていたのに対し、達川のそれは世間話やウソなどで相手の思考を撹乱する、いわば「明るいささやき」であった。主なものは以下の通り。

なお、喋ると頭の回転が良くなり、リードが冴えてくるため、大洋の選手が「達川無視作戦」(「絶対喋るな! 挨拶からするな!」とミーティングの段階から選手に徹底させた)を決行した。MSNでの達川のコラム「モノが違いますね」によると、これは加藤博一が提案したもので、この結果として達川本人も「お前ら、どうなっとるんじゃ」と困惑するほどペースを掴めなくなった。

この「ささやき戦術」を始めたきっかけは広商時代、1973年春センバツ準決勝の試合前、迫田穆成に「(作新学院高等学校江川卓に)何でもええけぇ話しかけて、帰り際に広島弁で脅してこい」と心理的な揺さぶりを指示されたのが始まりと述べている。迫田の発言に仰天した達川は「何を言えばええんですか。堪えてつかあさいや(勘弁して下さい)」と必死で許しを請うたが、認められず作戦は強行された。乗り気でない上に混乱していた達川は、「今日は…、おどりゃあ(お前)覚えとけよ!」と言うのがやっとだったという。達川は後年、この作新学院戦について「江川君は本当に飛び抜けていましたね。体も大きいし、球は恐ろしく速い」「打席で実際に投球を見たら、こんなん体に当たったら死ぬなと。そう思って、打席で1歩下がって立ってましたよ」と述懐している。江川に対して行った数々の心理作戦も、あまりにも実力差があったため「少々スポーツマンシップに外れても、ハンデとして認められるだろう」と考えていたという。

デッドボール

達川は身体をかすってもいないボールを「デッドボールだ」と言い張る事が多く、『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』で頻繁に取り上げられた。みのもんたは、自身が選ぶ「印象に残っている選手」の真っ先に達川を挙げ、「別名『うそつきの達川』ね。彼以前にも金森栄治がいたんだけど、達川が『おれならもっとうまくやる』なんて言ってね。でも彼のアピールには『チームの勝利のためになにがなんでも出塁するんだ!」というプロ魂がこもっていた。さすがだと思ったね」と述べている。デッドボールが認められて出塁したことが何度もあり、トリックプレーの代表格として扱われているが、本人は至って真面目なプレーであったと語っている。また、わざと当たりに行った(インコースをデッドボールにした)ことは現役生活を通じて1回も無いという。

東のグラウンドの詐欺師」といわれた大洋の市川和正とともにデッドボールに関する逸話を数多く作ってきた。また、両者はお互いをかなり意識していたという。また当時は金森栄治とともに「東の金森、西の達川」とも称されたが、当たりっぷりの悲惨な金森に対し、達川はその老獪さが笑いを誘った。

引退した年にゲスト出演したテレビの珍プレー番組の中で「当たっていないのに塁に出たのは1回で、当たってても出してもらえなかったことが3回ある」と発言したが、その直後、当たっていないのに出塁したシーンが2つ映し出された。それに対して「あれはオープン戦ですから」と弁明している。

なお達川は日本シリーズでの最多死球6という記録を持っている。

自身のデッドボールもさることながら、「プロの強打者に対するビーンボールの使用は、バッテリーが持つ正当な権利」という持論を持ち、時には内角を容赦なく突く攻撃的なリードを見せた。この姿勢は監督やコーチ陣も理解を示し、捕手としての長い現役生活を支えた。ただし前述の通り、インコース攻めを行う際は事前に相手打者へ「危ないところいくけぇ、気をつけとけよ」と声をかけることは忘れないよう心がけていた。なお達川の弁によると、ささやきで相手の思考を撹乱することは日常的に行っていたが、相手打者がデッドボールで負傷することを何よりも嫌っており「例えば本当はインコースが来るのに外へ踏み込むよう仕向けるとか、逆を教えたことは1回も無い」という。

「珍プレー」について

前述のように、ボールが体に当たっていないのに「当たった」とアピールする達川のプレーは、『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』などの珍プレーを取り扱う番組でしばしば取り上げられた。

一方、1990年5月24日の阪神戦では三塁に走者がいる場面で投球が左足に当たり、当たったボールがそれる間に三塁走者のロッド・アレンが生還した際には、痛みを必死にこらえて当たっていないフリをした。阪神側の抗議により審判団が話し合った結果、小林毅二球審にしっかり「デッドボール」と判定されアレンも三塁に戻され、その直後に足を引きずりながら達川が一塁に向かう様子は、童話「狼少年」を地でいくシーンとして珍プレー集などで何度も使われた。実はこの時、足の親指の爪が割れて血が噴き出していたという。その後、とてもプレーできる状況ではなく植田幸弘が代走で送られた。

また、達川は試合中に2度コンタクトレンズを紛失したことがある。当時は高価な品物であったため、2度とも試合は中断され、ホームベース周辺で両軍総出の大捜索劇となり、その様子は観客の爆笑を誘ったが正田が踏んづけていた。最初の紛失の際は突然タイムをかけ地面を探り出した達川に場内騒然となったが、「コンタクトレンズ紛失のため」という場内アナウンスにより観客席は大爆笑に包まれた。このシーンも『プロ野球珍プレー・好プレー大賞』で頻繁に取り上げられた。

このように、宇野勝と並んで珍プレーに取り上げられることの多い達川だが、テレビなどでは宇野がほとんどヘディングプレーを採り上げられるのに対し、達川の珍プレーはデッドボールやコンタクト紛失など枚挙に暇がない。『勇者のスタジアム・プロ野球好珍プレー』では、「2試合に1回のペースで珍プレーを出していた」という分析結果が紹介されており、20世紀の珍プレーキングに輝いている。

高木豊からは、大洋ホエールズ時代の「達川無視作戦」を暴露された。しかし、高木とは「豊」と下の名前で呼ぶほど仲が良い。

サヨナラインフィールドフライ事件

1991年6月5日の横浜スタジアムでの大洋戦で、同点で迎えた9回裏1死満塁の場面で清水義之インフィールドフライ・イフ・フェアで併殺が取れると勘違いし、フライを落としてサヨナラ負けを喫したことがある。

詳細は「インフィールドフライ#1991年6月5日」を参照

監督として

達川が広島の監督を務めていた時期は、投手陣がボロボロでピッチャーの頭数が足りなかった。それに加えて当時の外国人枠の関係で外国人投手は2人までしか使えなかったため、打開策として、野手登録していたフェリックス・ペルドモをピッチャーとして登板させたことがある。また、代打でペルドモを送り、そのまま登板させたことがある。

監督時代も「詐欺師」ぶりは変わらず、2000年9月19日。新井貴浩の明らかなファウルボールをホームランだと抗議し、森健次郎だけでなく阿部慶二江藤智金本知憲にまで笑われたことがある。なおこの試合で達川は合計3回抗議に出て、最後はルイス・ロペスのサヨナラホームランで広島が勝利している。この試合に勝利したことで優勝マジックの点灯していた巨人の胴上げを阻止し、次のカードで巨人は優勝を決めた

1999年のドラフト会議において、近鉄中日と競合して河内貴哉の指名権を引き当て、広島オーナーの松田耕平から受け取ったたばこ「ラッキーストライク」を懐から取り出してその喜びを表現した。

森祇晶は監督時代の達川に対して「現役時代のイメージからパフォーマンス豊かな姿を想像していたが監督になってある意味で捕手出身らしい「最悪のケースを想定した冷静な視点」でチームをとらえていた。」 と述べた。

「選手は使って見ないことにはいいもダメもわからない。宝くじとまったく同じです。買わにゃ当たらんし、使わなきゃわからない」と言い、この方針で思い切った起用で東出輝裕木村拓也がレギュラーになった。

コーチとして

コーチとしての評価は非常に高く、様々な球団に呼ばれる事も多い。

甲斐拓也は達川とのマンツーマン指導により動作や送球精度といった技術が大きく向上、.447と好成績を残す。年齢が36の髙谷裕亮も.385と好成績となり福岡ソフトバンクホークスの2018年の盗塁阻止率に大きく貢献している。

人物・エピソード

川口和久が登板したある試合で、川口が自分のサインに従わないことに激怒し、試合中マウンドに詰め寄り「もう勝手にせえ!」とサインを拒否したことがある。結局バッテリーは滅多打ちに遭い、ベンチでコーチに叱責されたが達川は川口を擁護した。それ以降、川口は達川に信頼を寄せるようになった。当時、川口はキャッチングの下手な達川がノーサインで捕れるのか半信半疑だったが、意地になって必死にボールを止め、1球もパスボールしなかった達川の根性に舌を巻いた。その後厚い信頼関係を築いた2人は、相手チームにサインを盗まれていると感じたときなどにはたびたびノーサインで投げたという。

リード面では、評論家時代の野村克也に「達川がうるさくて困る」と言われるほど、野村をグラウンドで見つけると教えを乞うた。野村を信用するきっかけは、当時よく打たれた巨人ゲーリー・トマソンの対策法を伝授されたことだった。野村が「外からの緩いカーブ低めに落としゃぁ、セカンドゴロ4本打つよ」と言うので、北別府学で実践したところ、トマソンは本当にセカンドゴロを4本打った事からである。

「俺は広島初の年俸2000万円捕手になるんだ!」と意気込んで広島市民球場の球団事務所での年俸交渉に臨んだある年、球団側は「達川、これは税金対策だ。この方が君の手取りは多くなる」と年俸1980万円を提示した。それを聞いた達川は、「この20万を足して年俸2000万にして下さい。不足分を私が出す。文句はないでしょう」と、自分の財布から20万円を取り出して詰め寄った。球団もついにその熱意に負け、達川は球団初の2000万円捕手となった。

独特の軽妙な広島弁で、愛称は「タツ」「タツさん」「たっちゃん」「タッツ」など。

現役時代は、どの投手にも分け隔てなく接するため、連れ合っての食事、飲酒等は控えていたが、例外的に同い年の大野豊とは親密に友人付き合いをしていた。また、津田恒実とのコンビも「名バッテリー」と呼ばれた。

珍プレーで同じく有名な宇野勝を「彼ほど正直な男はいない」と評価している。理由は、宇野が打席に立っていた時に審判にストライクをボールと判定されて「今のをボールというのなら僕は(野球を)辞めます。次宇野が打席に立ったら聞いてみます」と審判に言い、宇野が次に打席に入ったときに「ウーやん、さっきのボールはストライクだな?」と宇野に聞くと「はい、確かにストライクです」と正直に答えたからである。

現役時代、印象に残っている選手として前述の宇野勝の他に駒田徳広、長嶋一茂を挙げている。駒田は初対面時、何故かひどい腹痛を訴えながら打席に入ってきたため、心配した達川が「大丈夫か」と声をかけたところ、駒田は「すぐ済ませますから大丈夫です」と答えた。達川は大人しく凡退してベンチへ戻るのかと思ったが、駒田は本塁打を放ち全力疾走でダイヤモンドを一周、腹を抑えながらベンチへ駆け込んだという。達川はこの時のことを「あれは本当に腹を壊していたと思うんですよ。あれでついには2000本(安打)打ちましたからね。わからんもんですよね」と述べている。長嶋一茂については、「潜在能力はかなりのものを持っていたが、少し揺さぶりをかけるとコロッと騙される弱点はプロとして致命的だった」と評している。宇野も含めた3名を達川は「共通点を言うと、3人とも善人なんですよ」と述べ、性格の良さは申し分ないと絶賛した。

取り壊される広島市民球場への思い出として、自身の事よりも、父親と直に観戦した外木場義郎完全試合を挙げている。

達川が監督やコーチに就任して現場復帰している間、テレビ新広島(TSS)は専属の解説者を置かず、必要に応じてフジテレビ系列局(主に一軍公式戦中継)や広島の球団役員・スカウト(主にウエスタン・リーグ公式戦中継)から解説者を招いていた。達川がいつか解説者に復帰する時に備えた配慮だったが、そのため広島主催試合の解説を、同じフジテレビ系列の解説者である対戦相手のOBが務めるケースがしばしば見られ、『J SPORTS STADIUM“野球好き”』にも配信されたため、契約の関係で同番組には通常出演しないはずの解説者が、TSS制作時に限り出演する事態ともなった。また、ローカルニュース・スポーツ情報番組でも解説者を交えた戦力分析などの内容を組むことに制約が生じ、専属解説者を複数確保している広島県内他局との格差が生じる弊害も生じた。

中日コーチに就任した2014年、TSSの自社制作中継については、達川の監督時代に広島に在籍した笘篠賢治金本知憲、、かつてバッテリーを組んでいた金石昭人、引退後にレギュラー捕手を務めた西山秀二など、在広局での活動が少なかった広島OBを本数契約で起用した他、必要に応じて従来同様フジテレビ系列各局からの派遣も受けていた。土曜日の情報番組『知りため! プラス』にはかつて県内他局の解説者で、達川同様中日のコーチを務めた経験のある小林誠二(2014年7月まで飲食店経営)を4月放送分からコメンテーターとして起用した他、『J SPORTS STADIUM“野球好き”』のTSSプロダクション(またはRCC)・J SPORTS制作分や中国新聞社制作のケーブルテレビ向け広島二軍戦中継にも解説者として出演していた。また7月最終週から『TSSスーパーニュース』には小林と同じく中日のコーチを務めた原伸次(2014年現在飲食店経営)がスポーツコーナーのコメンテーターとして出演していた。。その一方でネット受けするビジターゲームについては、長年達川とコンビを組んでいた矢野寛樹アナウンサーの報道部編集デスクへの移動も重なり、TSSからの要員派遣が全く派遣されないという事態も発生していた。

また、これまで達川が解説を務めていた『TSS杯 広島県少年野球学童選手権大会』については、2014年の第44回大会は元広島外野手の小川達明(会社員・ドラワン塾塾長)が務めた。

なお、2015年からは広島の投手コーチを退任した山内泰幸を専属解説者として迎え、解説者時代の達川よりも、野球中継以外のTSSローカル番組に多く出演している。また、かつての森永勝也や達川同様に2015年の『第45回TSS杯 広島県少年野球学童選手権大会』の解説も務めている。

中日ドラゴンズコーチに就任して2年目の2015年4月には、自らが手塩にかけて育成してきた入団2年目の桂依央利が、一軍で初マスクをかぶった試合で、第二打席で初ホームランを放ち、チームの大黒柱である大野雄大の完投勝利をリードするなど大活躍した。鮮烈なデビュー戦の結果に満足気ながらも、試合後には「先発の大野が首を振るのを150回までは数えていたけど、その後は数えられんかったわ。」などと達川節を炸裂させ、早速翌日のスポーツ新聞に掲載された事で読者の笑いを誘った。この試合で先発マスクを被った桂は、初ホームランとマルチ安打をプロ初出場で記録したが、これは日本プロ野球史上初の出来事であった。

映画 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

出典:wikipedia
2019/07/23 13:53

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「達川光男」の意味を投稿しよう
「達川光男」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

達川光男スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「達川光男」のスレッドを作成する
達川光男の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail