このキーワード
友達に教える
URLをコピー

遠藤三郎_(政治家)とは?

出典は列挙するだけでなく、脚注などを用いてどの記述の情報源であるかを明記してください。記事の信頼性向上にご協力をお願いいたします。(2019年4月)
 | 
この記事で示されている出典について、該当する記述が具体的にその文献の何ページあるいはどの章節にあるのか、特定が求められています。ご存知の方は加筆をお願いします。(2019年4月)

遠藤 三郎(えんどう さぶろう、1904年4月15日 - 1971年12月27日)は、昭和時代に活躍した日本の農林官僚政治家衆議院議員建設大臣自由民主党(藤山派)に所属した。

来歴・人物

静岡県出身。農業・遠藤儀市郎の五男として生まれる。静岡県立沼津中学校第一高等学校を経て、1930年3月、東京帝国大学法学部法律学科を卒業。1929年10月、高等試験行政科試験に合格。1930年4月、農林省に入省し嘱託となる。

以後、水産局水産課長、同監督課長、食品局特殊食品課長、食料管理局第1部企画課長、同部総務課長、第2部官吏課長などを経て、和歌山県経済部長となる。農商務省となってからは生活物資局監理課長、綜合計画局参事官を務めた。戦後は、内閣調査局調査官、内閣参事官、農林省官房会計課長、総務局長、畜産局長などを務め、1948年9月に退官した。

1949年1月、第24回衆議院議員総選挙静岡県第2区民主自由党から出馬し初当選(当選同期に池田勇人佐藤栄作岡崎勝男前尾繁三郎麻生太賀吉橋本龍伍小渕光平西村英一橋本登美三郎福永健司塚原俊郎藤枝泉介木村俊夫稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。その後、1969年12月の第32回総選挙まで連続9回の当選を果たし、現職で死去した。

自民党では岸信介藤山愛一郎派に所属。第1次鳩山一郎内閣大蔵政務次官第2次岸内閣で建設大臣となった。その他、自由民主党の副幹事長、政調会副会長などを歴任した。

運輸大臣経済産業大臣自由民主党幹事長などを歴任した二階俊博は元秘書。

参考文献

関連項目


建設大臣 (1958年-1959年)
【統合前】
運輸大臣

建設大臣
【建設院総裁】

【建設大臣】


北海道開発庁長官

国土庁長官


【統合後】

2001年、運輸大臣、建設大臣、国務大臣国土庁長官は国土交通大臣に統合された。長官は国務大臣としての長官を表記。

衆議院経済安定委員長 (1952年-1953年)


【典拠管理】

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/05/26 16:09

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「遠藤三郎_(政治家)」の意味を投稿しよう
「遠藤三郎_(政治家)」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

遠藤三郎_(政治家)スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「遠藤三郎_(政治家)」のスレッドを作成する
遠藤三郎_(政治家)の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail