このキーワード
友達に教える
URLをコピー

都市対抗野球大会とは?

この記事には複数の問題があります改善ノートページでの議論にご協力ください。

  • 出典がまったく示されていないか不十分です。内容に関する文献や情報源が必要です。(2014年7月)
  • 雑多な内容を羅列した節があります。(2014年7月)
  • あまり重要でない事項が過剰に含まれているおそれがあり、整理が求められています。(2014年7月)
 | 
ウィキペディアはオンライン百科事典ですが、あらゆる細部にわたる詳細な解説の場ではありません
改善ノートページでの議論にご協力ください。(2014年7月)

【都市対抗野球大会】

開催中の大会:
第88回都市対抗野球大会

【開始年】
1927
【主催】
日本野球連盟
毎日新聞社
【参加チーム数】
32
【加盟国】
日本
【前回優勝】
NTT東日本(2回目)
【最多優勝】
JX-ENEOS(11回)
【備考】
球場
1927年 - 1937年・神宮
1938年 - 1987年・後楽園他
1988年 - 現在・東京ドーム
※ 2011年のみ京セラドーム大阪

都市対抗野球大会(としたいこうやきゅうたいかい、the Intercity Baseball Tournament)は、毎年に行われる社会人野球のトーナメント大会である。「都市対抗野球」、また単に「都市対抗」ともいう。

目次

  • 1 概要
    • 1.1 主催・後援
  • 2 歴史
  • 3 開催時期
    • 3.1 2001年まで
    • 3.2 8月下旬開催へ
    • 3.3 再び7月開催に
    • 3.4 東日本大震災の影響での延期と「日本選手権」兼務
  • 4 大会方式
    • 4.1 試合形式・ルール
      • 4.1.1 タイブレーク
  • 5 予選
    • 5.1 2次予選
      • 5.1.1 予選形式
    • 5.2 1次予選
  • 6 補強選手
    • 6.1 経緯
    • 6.2 選抜方法
  • 7 組み合わせ抽選
    • 7.1 1日に割り当てられる試合数
  • 8 表彰
    • 8.1 個人表彰
    • 8.2 チームに贈呈される記念旗
    • 8.3 黒獅子エンブレム
    • 8.4 優勝チームの特典
    • 8.5 その他の賞
      • 8.5.1 シャットアウト賞・ホームラン賞
  • 9 出場歴のあるチーム
  • 10 都道府県別成績
  • 11 歴代優勝チーム
    • 11.1 前年度優勝チームの連覇
  • 12 歴代表彰選手
    • 12.1 橋戸賞
    • 12.2 久慈賞
    • 12.3 小野賞
    • 12.4 若獅子賞
  • 13 応援
    • 13.1 応援団コンクールの概要
    • 13.2 応援団コンクールの各賞受賞チーム
      • 13.2.1 最優秀賞
      • 13.2.2 優秀賞
      • 13.2.3 敢闘賞
      • 13.2.4 特別賞
      • 13.2.5 努力賞
    • 13.3 決勝戦の応援席の演出
    • 13.4 その他
  • 14 開会式
  • 15 始球式
  • 16 テレビ・ラジオ中継
  • 17 その他
  • 18 脚注
    • 18.1 注釈
    • 18.2 出典
  • 19 関連項目
  • 20 外部リンク

概要

1927年(昭和2年)に第1回大会が行われた歴史の古い野球のトーナメントである。1941年の中止、1943年から1945年には戦争による大会中断もあった。

第1回の行われる前は日本プロ野球は存在しておらず、東京六大学をはじめとする学生野球を頂点としていたが、東京日日新聞(現在の毎日新聞社の前身)の新聞記者であった橋戸信が、早大野球部時代に行ったアメリカ遠征で、メジャー・リーグが地元に根ざしたフランチャイズ制を採用しているのにヒントを得て、日本の各都市を代表するチームを競わせる大会を作ってはどうだろうかと発案。約1年かけて全国の有力クラブチームの関係者に説得を行い、1927年に、学卒者たちによる全国的な野球大会が開かれることとなった。これが都市対抗野球の始まりである。

このような経緯もあり、社会人野球日本選手権大会と並ぶ社会人野球の二大タイトルとなった現在においても、「都市名・チーム名」という独特の表記や「補強選手制度」をはじめ、「地域の代表」としてアマチュア野球日本一の座を争う大会となっている。各地の社会人・クラブチームが繰り広げる熱戦、独自の制度である「補強制度」、郷土色豊かな応援合戦などに根強いファンが多い。

主催・後援

第1回の経緯もあり、毎日新聞社が東京日日新聞時代から続けて主催を続けている。第20回大会(1949年)には日本社会人野球協会(現・日本野球連盟)が発足し、毎日新聞社との共催となった。また、毎日新聞社系列のスポーツ紙であるスポーツニッポン新聞社が後援しているほか、第84回大会(2013年)からは「都市を代表するチーム同士の大会により地域振興がはかられている」との理由で総務省が後援に名を連ねている。

歴史

略歴における用語は以下の記事に詳述している。

開催時期

2017年現在、全国大会の開催時期は7月下旬となっている。これに先立ち、1次予選が概ね4月から5月、2次予選が5月から6月に各地区ごとに行われる。

2001年まで

2001年までは原則として7月下旬-8月上旬の夏休みの初めに開催され、「真夏の球宴」という異名が知られていた。例外として、第51回(1980年)はIBAFワールドカップの開催に伴い11月開催、第63回(1992年)と第67回(1996年)は、夏季オリンピック(当時硬式野球が公式種目とされていた)と平年の開催日が重なってしまうという理由で、8月下旬ないし9月上旬に延期されている。

8月下旬開催へ

第73回大会(2002年)から8月下旬-9月上旬の開催に変更された。従前の開催期間においては、全国高等学校野球選手権地方大会が同時に開催されているなど、メディアへの露出が少なかったことから約1か月繰り下げたもの。しかし、9月には小中学生の新学期が始まるなど、結果的に動員増につながったかどうかは未知数であった。また、甲子園予選との兼ね合いから都市対抗予選が5月から6月にかけて行われる一方、本戦が8月下旬に開幕することから、本戦までの間隔が長すぎるという指摘がなされていた。

再び7月開催に

2011年2月、日本野球連盟により2012年度の大会から再び7月の開催に戻す方針が決まった。主催者・毎日新聞の記事によると、これは社会人硬式野球の大会日程が2003年以後1か月以上も延長されたことで、「選手が社業に関わる時間が減ることで職場とのかい離が進む恐れがある」事や、国際大会(アジア野球選手権大会アジア競技大会IBAFワールドカップIBAFインターコンチネンタルカップ他)と日本選手権の日程が重複するケースも多いため、大会日程を見直すべきだという意見があったため。

このため社会人硬式野球の日程を10月末までに終わらせられるように見直すという観点から、2大大会や日本選手権に付随するJABA大会の日程見直しを目指すことにし、都市対抗の開催を2002年以来続けた8月下旬-9月初めの開催を見直して、ほぼ過去と同じ7月中-下旬の開催に戻す方向で調整することになり、第83回大会(2012年)は7月13日の開幕が発表された。

後述の通り、2011年の第82回大会は東日本大震災の影響により10月開催となったが、2012年の第83回大会は当初の予定通り7月に行われ、翌年以降も同時期の開催となっている。

東日本大震災の影響での延期と「日本選手権」兼務

2011年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の影響を受け、電力事情を考慮する形で主催者の日本野球連盟は3月25日の協議で、8月26日からの第82回大会の開催を秋に延期し、東京ドームでの開催を見合わせると同時に、10月29日から開催する予定だった「第38回日本選手権大会」の単独開催を取り止めとし、本年度に限り都市対抗を日本選手権を兼ねた大会(ただし日本選手権としての回数にはカウントせず)として行い、優勝チームを日本選手権者とすることを決めた。日本選手権と都市対抗が兼務となるのは日本選手権が単独大会となる前の1972年以来である。

その後、この第82回大会は関東以外では史上初めて、同10月22日から11日間にわたり、京セラドーム大阪で行うことが発表された。この大会の優勝チーム・JR東日本硬式野球部に対しての優勝表彰状には「本年度の社会人野球日本一と認定致します」という件があった。

大会方式

トーナメント方式で、予選で用いられることのある敗者復活戦は行われない。第17回大会(1946年)から第38回大会(1967年)までは準決勝敗退チーム同士による3位決定戦が行われていたが、現在では行われていない。

試合形式・ルール

タイブレーク

1日に3、4試合行うこともあることから、2003年からタイブレーク制度が定められている。導入当初の要件は以下の2点をいずれも満たすこと。

  1. 試合開始から4時間以上であること
  2. 延長13回以上であること

この条件を満たしてなお同点の場合、新しいイニングに入るときには、一死満塁の状態から攻撃を開始する。そのイニングの先頭打者は、前の攻撃イニング最終打者の次打者。一塁走者は前の攻撃イニング最終打者、二塁走者は一塁走者の前の打順の打者、三塁走者は二塁走者の前の打順の打者が入る。この場合、あらかじめ置かれた走者が生還したとき、打点及び得点は記録されるが、投手に自責点は記録されない。また、タイブレークの1イニングは記録上3分の2回とされる。

この制度において、2003年から2008年までの間に、実際に適用された試合は第76回大会1回戦の七十七銀行デュプロ戦(延長14回からタイブレークに入り、延長15回の末、七十七銀行 9x-8 デュプロ)の1試合のみであった。

2009年第80回大会からは、試合時間に関係なく、延長11回からタイブレークを適用することとした(ただし準決勝以後は従前に同じ)。第80回大会では4試合、第81回大会では5試合にタイブレークが適用された。

2011年第82回大会からは、試合時間に関係なく、延長12回から選択打順によるタイブレークを適用することとした。12回の打順は、12回の攻撃前に監督が開始打者を指定し、13回以降は前回からの継続打順となる。

なお、準決勝の2試合及び決勝戦では、このタイブレーク制度は2016年より試合時間が5時間超過で適用することになっている。

予選

大会に出場するには各地区の予選を勝ち抜く必要がある。地区は適宜見直しが行われており、第89回大会においても地区割りが変更された。現行の地区割りと出場チーム数は次のとおりとなっている。(括弧内は本戦出場チーム数)

これに加え、前年大会優勝チームは主催者推薦として予選免除されて出場する。

本戦に出場するチームは基本的にそのチームのホームタウンとなる市町村代表として出場するためマスコミではチーム名の後に括弧くくりでその市町村名を併記している。但し主催新聞社の毎日新聞だけ逆で市町村名を優先してチーム名を括弧くくりとしている。また東京特別区(東京23区)については、ホームタウンの特別区名ではなく一律「東京都代表」として扱われる。また、JFE西日本チームが出場した場合、チーム所在地は福山市であるが、川崎製鉄水島チームの所在地だった倉敷市と特例で「福山市・倉敷市代表」扱いとなる。

2次予選

上記のとおり、12の地区において予選が行われる。ほとんどの地区では本戦出場を決めるための予選に出場するため、事前に単独または複数の都道府県を単位とする1次予選を行い、これを通過したチームのみ予選参加資格を与えている。1次予選と対比する意味で、本戦出場をかけて行われる予選を2次予選と呼ぶ。

2次予選での次点による敗退チーム間による広域地区予選(関東地区および近畿地区)が行われていたが、第83回大会から予選が変更され、次点チームにより行われるさらなる予選は実施されなくなった。

予選形式

2次予選の形式は地区連盟が定めることができ、トーナメントやリーグ戦が用いられる。以下説明するのは第85回大会予選において各地区で採用された形式である。

1次予選を勝ち抜いた4チームによる変則敗者復活併用トーナメント。トーナメントを2勝したチームと敗者復活トーナメントを制したチームが代表決定戦を行う。
1次予選を勝ち抜いた12チームによる敗者復活併用トーナメントを行う。
1次予選を勝ち抜いた8チームがトーナメント・敗者復活トーナメントを行う。それぞれの勝者が代表決定戦を行う。
1次予選を勝ち抜いた8チームが1回戦で対戦。勝者4チームがリーグ戦を行い上位2チームが勝ち抜く。
1次予選を勝ち抜いた6チームによる敗者復活併用トーナメントを行う。
1次予選を勝ち抜いた2チームと1次予選を免除された6チームの計8チームによる敗者復活併用トーナメントを行う。
1次予選を勝ち抜いた6チームと1次予選を免除された2チームの計8チームが敗者復活併用トーナメントを行う。
1次予選を勝ち抜いた2チームと1次予選を免除された14チームの計16チームが敗者復活併用トーナメントを行う。
1次予選を勝ち抜いた4チームと1次予選を免除された8チームの計12チームが敗者復活を併用するトーナメントを行う。
1次予選を勝ち抜いた8チームが4チームずつ2リーグに分かれ総当たりのリーグ戦を行う。各リーグ上位2チームずつによる敗者復活併用トーナメントを行う。
1次予選を勝ち抜いた4チームによるトーナメントを行う。
1次予選を勝ち抜いた12チームが敗者復活併用トーナメントを行う。

1次予選

2次予選に出場するチームを決定するために行われる予選であり、原則として1県を1地区として上位1~数チームに2次予選出場権を与える。所属チーム数が少ない県においては、隣県にまたがった地区において合同の1次予選を行うこともある(例:岡山・鳥取・島根)。また、1県による1次予選を突破したチームに隣県との合同1次予選出場権を与える場合もある(例:静岡1次予選・愛知1次予選・三重1次予選の上位チームに静岡・愛知・三重合同1次予選の出場権を付与)。この場合に行われる合同1次予選は他の1次予選と同等に扱われる。

1次予選には各都道府県連盟に所属する企業チームは参加しない(免除される)ことが決して少なくない。これは、実力差が著しいことから企業チームに1次予選の免除特権を与え、同時にクラブチームに実戦機会を多く与えることが目的である。一部の県では企業チームとクラブチームの交流を図るため、企業チームに1次予選からの出場を求めるものもあるが、ほとんどの試合では圧倒的な大差がつく。なお、企業チームが1次予選に出場する場合、準決勝・決勝から登場するなどスーパーシードとなる、あるいは企業チームのみ別枠で2次予選(出場は確定している)の代表順位を決定するために試合を行うところもある。

補強選手

「補強選手制度」は都市対抗野球独特のシステムで、各地区代表のチームが同地区の地方予選で敗退したチームから大会限定で選手をレンタルする制度である。場合によっては、都市対抗野球で敵同士のユニフォームを着た味方と対戦するケースもある。

各チームが「都市代表≒地区代表」として出場している所以であり、出場チームにとっては自らのチーム弱点を補うというメリットがある一方で、補強選手によりチームの陣容が変わるため、ある意味では賭けともなる。また、選手にとっては、10年連続で自分の所属しているチームが本戦に出場することはきわめて困難であり、コンスタントに補強選手に選ばれることが10年連続出場表彰(後述)に不可欠である。

公認野球規則1・11(a)(1)により、同一チームの選手は同一のユニフォームを着用することが義務付けられているため、本大会出場チームは補強選手のユニフォームを用意することとなる。多くの場合で補強選手に与えられる背番号は自チームの選手が使う番号(おおむね1桁から20番台)よりも大きな30番台であるが、自チームの選手が使用する背番号に空き番号がある場合、補強選手が空き番号をつけることもある。また、場合によっては補強先チームでベンチ入り登録から漏れた選手がつけていた背番号をつけることもある。補強選手は本戦開幕日の2週間前の日からチームに合流する。その間に公式戦が行われた場合、大会主催者の判断で補強選手が合流先チームの一員として試合に出場することも可能である。

同地区内での補強が行われるため、ライバルチームに補強されるケースが多くなるが、補強に選出された選手はこれを拒むことができないとされている。

なお、補強選手を選ぶことは出場チームの義務ではない。地区によってはチーム間の実力差が大きいために、補強を全くせずに大会に臨む、「わが道を行く」チームもある。最近では企業チームの減少が進み、有力チームの大半が本戦に出場することから補強選手を選ぶことができず、結果として本戦に補強なしで挑まざるを得ないチームが続出している。そのため第81回大会(2010年)から1チームの補強選手の上限が引き下げられた(後述)。

経緯

選抜方法

組み合わせ抽選

第73回大会(2002年)から、ファンの要望を受けて公開で行われるようになった(会場は年によって異なる)。

地区ごとに代表が出場すること、同一企業から複数のチームが出場する可能性があること等から、次のように組み合わせ抽選が行われる。

1日に割り当てられる試合数

表彰

大会独特の表現が目立つ。

個人表彰

橋戸賞
最優秀選手賞にあたり、優勝チームから1人選出される。都市対抗野球を創設した橋戸信(橋戸頑鉄)にちなんでいる。
久慈賞
敢闘賞にあたり、準優勝チームから1人選出される(第18回大会のみ優勝チームから選出されている)。全日本の主将を務めた名捕手で、1939年8月19日に試合中の事故で死去した久慈次郎にちなんでいる。
若獅子賞
新人賞にあたり、大会で素晴らしい活躍をした新人選手(高卒選手は2年目まで、大卒選手は1年目のみ)が選出される。1名とは限らず、近年は3人同時受賞というケースもある。
小野賞
大会で素晴らしい活躍をした選手、監督、チームが選出される特別賞。都市対抗野球の発展に寄与した小野三千麿にちなんでいる。
なお上記の賞とは別の特別表彰がなされる場合もあり、2011年第82回では、東日本大震災での被災を乗り越えながら、この大会本戦への参戦を果たしたJR東日本東北硬式野球部に対し、特設の「がんばろう!!日本特別賞」が贈られた。
10年連続出場
社会人野球チームはプロ野球の球団よりも選手の入れ替わりが激しく、10年間も主力で活躍できる選手は少ない。さらに各地区に複数の強豪チームが存在するため、自分のチームが毎年都市対抗野球に出場できるとは限らない。よって都市対抗野球大会の10年連続出場は自チームの主力のみならず、補強選手にもコンスタントに選ばれるほど実力が抜きん出ていて、大きな故障もない選手という証明である。
なお、1987年に鈴木政明(旧姓・山根)が大昭和製紙、ヤマハ発動機、プリンスホテルと所属チームの活動休止を移籍によって乗り越え、本大会20年連続出場の偉業をなしとげた。また、第81回大会では、監督として10年連続チームを本大会に導いた神長英一監督(日本通運)が制度開始以来初めて選手と同様に表彰を受けた。
なお、選手同様応援団員にも10年(チアリーダーは5年)連続出場の表彰制度があるほか(後述)、審判員も10年出場(こちらは「連続」の要件が入っていない)すると開会式において表彰される。
首位打者賞
大会を通じて高打率を残した打者に贈られる。受賞条件として、(1)準決勝進出チームに所属、(2)12打席10打数以上を記録することがある。この条件を満たす打者のうち最も高い打率を残した者が獲得する。
打撃賞
勝敗を決する場面での一打など、印象的な打撃を残した打者に贈られる。数値での条件はない。
優秀選手賞
ポジション別に選出される(指名打者含む)。全体として20人前後が選ばれる。特に規定はないがおおむね準々決勝以上に進出したチーム所属の選手が選出される。

チームに贈呈される記念旗

黒獅子旗
黒獅子旗(3代目)。第81回都市対抗野球大会開催中に野球体育博物館で行われた企画展で撮影。
黒獅子旗(初代)。同上
黒獅子旗(2代目)。同上
優勝チームに授与される優勝旗のことで、現在の黒獅子旗は3代目である。なお、初代黒獅子旗のデザインを担当したのは、橋戸信の友人でもあった画家の小杉未醒であった。1942年に全京城(ソウル)の優勝を最後に大会中断、旗は終戦の混乱の中、全京城の主力打者・秋山光夫が命がけで日本へ持ち帰ったという経緯がある(第17回大会#概要参照のこと)。
白獅子旗
本戦の準優勝チームに贈られる旗。獅子の色が白いもので、デザインは黒獅子旗と同じ。閉会式のセレモニーの一環として、準優勝チームの主将に手渡される。
黄獅子旗
本戦の3位チームに贈られる旗。獅子の色が黄色いもので、デザインは黒獅子旗と同じ。準決勝終了時の整列・あいさつが終わると、引き続いて3位チームの主将に手渡される。第17回大会から第38回大会までは準決勝敗退チーム同士による3位決定戦が行われており、この時期は3位決定戦の勝者に贈られていた。
青獅子旗
東北地区の青獅子旗。東日本大震災の津波により流され、がれきの中から発見されたもの。第85回都市対抗野球大会開催中に ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2018/06/22 06:33

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「都市対抗野球大会」の意味を投稿しよう
「都市対抗野球大会」のコンテンツはまだ投稿されていません。

都市対抗野球大会スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「都市対抗野球大会」のスレッドを作成する
都市対抗野球大会の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
無料コミックを探す
占い・診断
着メロを探す
GAMEを探す
デコメを探す
きせかえツールを探す
FLASH待ち受けを探す
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail