このキーワード
友達に教える
URLをコピー

鄭根宇とは?

【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
五輪
2008年
WBC
2009年2013年
プレミア12
2015年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


オリンピック
男子 野球
 | 2008 | 野球
【チョン・グンウ】

【各種表記】

ハングル: 정근우
漢字: 鄭根宇
【発音:】
チョングヌ
ローマ字: Jeong Geun-u(2000年式)
Chŏng Kŭn-u(MR式)
英語表記: Jeong Keun-woo

鄭 根宇(チョン・グンウ、정근우1982年10月2日 - )は、韓国釜山広域市出身のプロ野球選手(内野手)。KBOリーグLGツインズ所属。

経歴

高麗大学校卒業後、2005年SKワイバーンズに入団、1年目は打率.193と低迷。

2006年に120試合に出場、45盗塁を記録。二塁でのゴールデングラブ賞を受賞し、セカンドのレギュラーに定着。

オフの11月から12月に開催されたドーハアジア競技大会野球韓国代表に選出され、プロ入り後初めて韓国代表に選出された。これらの活躍により、主に1番打者として起用された。

2007年2008年ともに3割をマークし、野手としてSKの韓国シリーズ2連覇に貢献した。

2008年北京オリンピック野球韓国代表としては予選リーグのカナダ戦でマイク・ジョンソンから決勝本塁打を打ち、準決勝の日本戦では7回裏3四球で勝負を避けられていた李大浩の代走として出場し、李晋暎のタイムリーヒットで1塁から快足を飛ばして一気に同点のホームを踏むなどの活躍。五輪での成績は打率.310・1本塁打・5得点だった。

2009年のシーズン開幕前の3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)韓国代表に選出された。同大会では二塁手として起用されたが、守備に難があるため、守備力のある高永民との併用だった。10回ウラ2死で打順が回り三振を喫したため、優勝した瞬間を報道されるたびに彼が三振している姿が確認できる。

シーズンでは、自身初の53盗塁を記録。自己最高の成績を残し、1番打者として安定した活躍を見せた。12月11日には二塁手部門で3年ぶり2度目のゴールデングラブ賞を受賞。

2010年は、日替わりでスタメンを変えるSKの下、彼は例外的に1番セカンドで固定された。シーズン終了後、2010年アジア競技大会に代表選手として出場。パキスタン戦は、体調不良のため欠場したが、それ以外の試合では2番セカンドで出場。チーム最多の4得点を挙げ、打率.563と攻守に渡ってチームの優勝に貢献。

2011年は夏場に脇腹痛で約2か月間戦線を離脱し、2005年以来6年ぶりに出場試合数が100を切ってしまった。

2012年は6年ぶりに打率が3割を切ったが2年ぶりに規定打席に達し、ポストシーズン・プレーオフではMVPを受賞する活躍を見せた。

2013年第3回WBC韓国代表でも、前大会同様セカンドとして適用されたが、台湾戦での走塁死がたたり、1次ラウンドで敗退となってしまった。同年11月、初のFA権取得で行使し、ハンファ・イーグルスへ4年契約で移籍した。

2015年オフの10月10日に第1回WBSCプレミア12韓国代表選手28名に選出された。同大会では11月19日の日本との準決勝9回表に則本昂大からこの試合韓国初得点となるタイムリーヒットを打ち、4-3の逆転勝利へののろしを上げ、優勝に貢献した。

2019年11月20日に余剰戦力を対象とした2次ドラフトでLGツインズから指名され、2020年よりLGに移籍した。

プレースタイル・人物

上背はないが身体能力が高く、走攻守ともに積極的で思い切りの良さが特徴の選手。

打撃面は甘い球は見逃さない反面、来た球に対応するスタイルのせいか緩急を駆使する投球をやや苦手としている。明らかなボール球もバットが出てしまうことが打撃面での短所だが、四球は比較的多め。ただ、韓国では少ないファウルで粘れる選手のため、三振は少ない。

ランナーとしては、余裕があると判断すれば迷うことなく次の塁を狙い、打ち損じでも自慢の足で内野安打になることも少なくない。比較的走塁面は、積極的な結果は良好で、毎年多くの得点を残している。一方、盗塁数に対して盗塁の成功率が低い。盗塁面は走塁面と比べるとそれほど高い評価を受けてはいない。

守備での特徴は、肩の強さは標準程度だが失策が多く、捕球・スローイングとも不安定。俊足で、打球に追い付くが動作や判断を中心に課題を残す。平凡なゴロやイージーフライを後逸・落球することもたびたび発生したが、年齢とともに克服していった。

詳細情報

年度別打撃成績





|























































O
P
S

2005 | S K | 52 | 88 | 11 | 17 | 2 | 0 | 0 | 5 | 19 | 4 | 2 | 8 | 13 | 3 | 7 | .193 | .236 | .216 | .452
2006 | 120 | 430 | 69 | 122 | 19 | 4 | 8 | 42 | 173 | 45 | 10 | 40 | 60 | 3 | 8 | .284 | .333 | .402 | .735
2007 | 111 | 341 | 62 | 110 | 24 | 2 | 9 | 44 | 165 | 24 | 10 | 41 | 44 | 6 | 20 | .323 | .386 | .484 | .870
2008 | 124 | 491 | 73 | 154 | 20 | 4 | 8 | 58 | 206 | 40 | 20 | 49 | 53 | 9 | 15 | .314 | .369 | .420 | .789
2009 | 127 | 480 | 98 | 168 | 29 | 4 | 9 | 59 | 232 | 53 | 13 | 78 | 55 | 8 | 16 | .350 | .441 | .483 | .924
2010 | 128 | 485 | 75 | 148 | 25 | 2 | 2 | 48 | 183 | 33 | 13 | 55 | 51 | 9 | 13 | .305 | .376 | .377 | .753
2011 | 90 | 326 | 60 | 100 | 19 | 0 | 6 | 40 | 137 | 20 | 9 | 42 | 37 | 10 | 4 | .307 | .386 | .420 | .806
2012 | 127 | 467 | 53 | 124 | 13 | 4 | 8 | 46 | 169 | 22 | 12 | 53 | 33 | 10 | 9 | .266 | .340 | .362 | .702
2013 | 112 | 407 | 64 | 114 | 19 | 3 | 9 | 35 | 166 | 28 | 11 | 57 | 48 | 6 | 6 | .280 | .369 | .408 | .777
2014 | ハンファ | 125 | 464 | 91 | 137 | 28 | 5 | 6 | 44 | 193 | 32 | 3 | 75 | 56 | 11 | 12 | .295 | .391 | .416 | .807
2015 | 126 | 468 | 99 | 148 | 30 | 2 | 12 | 66 | 218 | 21 | 6 | 69 | 66 | 14 | 10 | .316 | .403 | .466 | .869
2016 | 138 | 575 | 121 | 178 | 31 | 2 | 18 | 88 | 267 | 22 | 6 | 69 | 58 | 14 | 16 | .310 | .381 | .464 | .845
2017 | 105 | 391 | 73 | 129 | 22 | 0 | 11 | 47 | 184 | 6 | 6 | 42 | 48 | 12 | 11 | .330 | .392 | .471 | .863
2018 | 102 | 375 | 63 | 114 | 24 | 1 | 11 | 57 | 173 | 6 | 5 | 46 | 43 | 12 | 11 | .303 | .377 | .461 | .838
2019 | 88 | 277 | 37 | 77 | 10 | 1 | 3 | 30 | 98 | 8 | 5 | 24 | 43 | 11 | 6 | .278 | .334 | .354 | .688
【通算成績:15年】
【1677】
【6065】
【1049】
【1840】
【315】
【34】
【120】
【708】
【2583】
【364】
【131】
【748】
【708】
【138】
【164】
【.303】
【.378】
【.426】
.804

獲得タイトル

KBO

記録

背番号

代表歴

脚注

  1. ^ 2015 프리미어12 국가대표팀 최종 엔트리 명단 발표 The official site of Korea Baseball Organisation (朝鮮語) (2015年10月10日) 2015年10月21日閲覧
  2. ^ https://www.koreabaseball.com/News/Notice/View.aspx?bdSe=7621
  3. ^ 週刊ベースボール2014年8月18日号101ページ

関連項目

外部リンク

LGツインズ 2020
【監督】

75 柳仲逸(監督)


【コーチ】

【二軍監督・コーチ】
  • 79 黄炳一(監督)
  • 78 賈得焔 (投手)
  • 99 金光三 (投手)
  • 70 林勲(打撃)
  • 82 安相俊(守備・走塁)
  • 73 金正敏(バッテリー)
  • 89 劉東勲(リハビリ)
  • 84 朴龍根(作戦)

【三軍監督・コーチ】
  • 77 尹鎮浩

【投手】

【捕手】
  • 4 李晟宇
  • 12 金宰成
  • 27 劉江南
  • 42 朴栽昱

【内野手】
  • 2 白昇玄
  • 5 金容儀
  • 7 鄭周賢
  • 8 鄭根宇
  • 10 呉智煥
  • 14 申玟宰
  • 16 金旼成
  • 25 具本奕
  • 31 崔宰元
  • 34 金浩垠
  • 44 ロベルト・ラモス
  • 50 孫晧瑩
  • 66 朴智圭

【外野手】


韓国野球委員会ゴールデングラブ(二塁手)
【1980年代】

【1990年代】
  • 90 姜起雄
  • 91 朴正泰
  • 92 朴正泰
  • 93 姜起雄
  • 94 朴鍾浩
  • 95 李明洙
  • 96 朴正泰
  • 97 崔泰源
  • 98 朴正泰
  • 99 朴正泰

【2000年代】

【2010年代】


野球韓国代表
野球大韓民国代表 - 2008 北京五輪 1 金メダル
【監督】

74 金卿文


【コーチ】
  • 76 趙啓顯(投手)
  • 77 金光洙(走塁)
  • 88 金杞泰(打撃)

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


WBC韓国代表
野球韓国代表 - 2009 ワールド・ベースボール・クラシック 2 準優勝
【監督】

81 金寅植


【コーチ】
  • 80 金城漢(ヘッド)
  • 71 孫奕(コンディショニング)
  • 75 姜盛友(バッテリー)
  • 76 金敏浩(守備)
  • 77 柳仲逸(守備走塁)
  • 78 李順喆(打撃)
  • 79 楊相汶(投手)

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】


野球韓国代表 - 2013 ワールド・ベースボール・クラシック
【監督】

75 柳仲逸


【コーチ】

【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】



野球大韓民国代表 - 2015 WBSCプレミア12 優勝
【監督】

81 金寅植


【投手】

【捕手】

【内野手】

【外野手】



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/07/06 00:52

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「鄭根宇」の意味を投稿しよう
「鄭根宇」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

鄭根宇スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「鄭根宇」のスレッドを作成する
鄭根宇の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail