このキーワード
友達に教える
URLをコピー

鄭載勳とは?


監督・コーチ歴

  • 斗山ベアーズ (2018 - )

【国際大会】

【代表チーム】
大韓民国
WBC
2006年
この表について
この表はテンプレートを用いて表示しています。編集方法はTemplate:Infobox baseball playerを参照してください。

プロジェクト:野球選手 テンプレート


【チョン・ジェフン】

【各種表記】

ハングル: 정재훈
漢字: 鄭載勳
【発音:】
チョンジェフン
ローマ字: Jeong Jae-hun

鄭載勳(チョン・ジェフン1980年1月1日 - )は、大韓民国出身の元プロ野球選手(投手)、野球指導者。

目次

  • 1 経歴
    • 1.1 第一次斗山ベアーズ時代
    • 1.2 ロッテジャイアンツ時代
    • 1.3 第ニ次斗山ベアーズ時代
  • 2 プレースタイル・人物
  • 3 通算記録
  • 4 外部リンク

経歴

第一次斗山ベアーズ時代

2003年に斗山ベアーズから指名を受けて入団した。

2005年は30セーブで最多セーブのタイトルを獲得し、この活躍から翌年の2006 ワールド・ベースボール・クラシック韓国代表に選ばれた。

2006年は38セーブを挙げた。だが故障などによる球威の低下で、2008年途中からは先発中継ぎとして起用されるようになった。

2010年は中継ぎの柱として活躍し、23ホールドで最多ホールドの個人タイトルを獲得した。

2011年は中継ぎ兼抑えに起用され、オフにFA(フリーエージェント)を申請し、2012年からの4年契約を結んだ。

しかし2012年は肩の故障でたった4試合の登板と期待を大きく裏切った。

2013年から2014年は2年連続50試合以上に登板しリリーフとして活躍した。

2014年12月、ロッテ・ジャイアンツから斗山へとFAで移籍した張元準の人的補償選手としてロッテへと移籍した。

ロッテジャイアンツ時代

ロッテでは若手との競争に敗れたため思うような成績を残せず、2015年11月27日、戦力均衡を目的とした2次ドラフト(各チーム40名の保護選手以外から3名まで指名可能)で古巣の斗山から指名され復帰し、わずか1年でロッテを去った。

第ニ次斗山ベアーズ時代

2016年は斗山で中継ぎとして起用され韓国シリーズ優勝に貢献した。

2017年は高齢である上に肩の故障により試合に出場できなくなったため、育成選手として契約したがシーズンを通じて一度も一軍で登板できず、同年限りでの現役引退を表明した。

2018年より斗山のコーチに就任する。

プレースタイル・人物

速球にはあまりスピードがないが、主戦変化球である落差の大きなフォークをはじめとする高水準な変化球を武器に三振の山を築くスタイル。

変化球のコントロールが巧みであり、追い込んでから落ちる変化球で三振をとることがうまい。

通算記録

















|
ブ


|

ド

































W
H
I
P

2003 | 斗 山 | 5 | 0 | 1 | 0 | 0 | 3.1 | 2 | 1 | 4 | 0 | 3 | 4 | 4 | 10.80 | 8.10 | 1.80
2004 | 43 | 3 | 1 | 0 | 3 | 77.1 | 74 | 4 | 33 | 5 | 66 | 30 | 27 | 3.14 | 7.68 | 1.45
2005 | 51 | 1 | 6 | 30 | 0 | 56.0 | 38 | 2 | 22 | 5 | 60 | 15 | 13 | 2.09 | 9.64 | 1.16
2006 | 53 | 2 | 3 | 38 | 0 | 54.0 | 33 | 3 | 28 | 4 | 65 | 9 | 8 | 1.33 | 10.83 | 1.20
2007 | 52 | 5 | 3 | 25 | 0 | 59.0 | 54 | 2 | 32 | 5 | 54 | 22 | 16 | 2.44 | 8.24 | 1.54
2008 | 42 | 3 | 3 | 18 | 0 | 53.0 | 44 | 2 | 16 | 4 | 39 | 22 | 19 | 3.23 | 6.62 | 1.21
2009 | 32 | 5 | 5 | 0 | 4 | 93.1 | 99 | 6 | 29 | 7 | 80 | 48 | 46 | 4.44 | 7.71 | 1.45
2010 | 63 | 8 | 4 | 2 | 23 | 78.0 | 52 | 2 | 28 | 4 | 89 | 16 | 15 | 1.73 | 10.27 | 1.08
2011 | 45 | 2 | 6 | 8 | 9 | 62.2 | 47 | 5 | 22 | 3 | 65 | 23 | 20 | 2.87 | 9.34 | 1.15
2012 | 4 | 0 | 0 | 0 | 0 | 4.0 | 3 | 1 | 1 | 0 | 1 | 3 | 2 | 4.50 | 2.25 | 1.00
2013 | 55 | 4 | 1 | 14 | 7 | 52.1 | 46 | 3 | 17 | 3 | 38 | 26 | 20 | 3.44 | 6.54 | 1.20
2014 | 54 | 1 | 5 | 2 | 15 | 53.2 | 50 | 6 | 19 | 6 | 56 | 33 | 32 | 5.37 | 9.39 | 1.29
2015 | ロッテ | 10 | 0 | 0 | 0 | 0 | 6.1 | 16 | 1 | 6 | 0 | 5 | 8 | 5 | 7.11 | 7.11 | 3.47
2016 | 斗山 | 46 | 1 | 5 | 2 | 23 | 52.1 | 43 | 3 | 17 | 5 | 56 | 21 | 19 | 3.27 | 9.63 | 1.15
2017 | 一軍登板なし
【通 算:15年】
【555】
【35】
【44】
【139】
【84】
【705.1】
【601】
【41】
【274】
【51】
【677】
【280】
【246】
【3.14】
【8.63】
1.24

外部リンク

斗山ベアーズ 2020
監督 | 

88 金泰亨


一軍コーチ | 

二軍監督・コーチ | 
  • 87 朴哲祐(監督)
  • 75 権明哲(投手)
  • 91 裵英洙(投手)
  • 81 姜東佑(打撃)
  • 95 崔京煥(打撃)
  • 85 李龍昊(ブルペン)
  • 72 曺敬擇(バッテリー)
  • 80 金昣秀(バッテリー)
  • 78 崔海明(守備)
  • 83 李光雨(トレーニング)
  • 74 柳志烜(リハビリ)
  • 76 張元鎮(リハビリ)
  • 84金尚珍(残留リハビリ)
  • 89 孔弼聖(総括)

投手 | 

捕手 | 

内野手 | 

外野手 | 


獲得タイトル
韓国野球委員会最優秀中継ぎ投手
2000年代 | 

2010年代 | 


韓国野球委員会最多セーブ
1980年代 | 
  • 82 黄圭奉
  • 83 黄泰煥
  • 84 尹錫環
  • 85 權寧浩
  • 86 金龍洙
  • 87 金龍洙
  • 88 尹錫環
  • 89 金龍洙

1990年代 | 

2000年代 | 

2010年代 | 



野球韓国代表 - 2006 ワールド・ベースボール・クラシック
監督 | 

81 金寅植


コーチ | 

投手 | 

捕手 | 

内野手 | 

外野手 | 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
出典:wikipedia
2020/02/16 18:06

HAPPY Wikipedia

あなたの考える「鄭載勳」の意味を投稿しよう
「鄭載勳」のコンテンツはまだ投稿されていません。
全部読む・投稿 

鄭載勳スレッド一覧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「鄭載勳」のスレッドを作成する
鄭載勳の」
友達を探す
掲示板を探す
このページ
友達に教える
URLをコピー

注目のキーワード

錦織圭/北島康介/2014_FIFAワールドカップ・アジア予選/サッカー日本女子代表/消費税/東京スカイツリー/ダルビッシュ有/イチロー/香川真司/野田内閣/復興庁/石川遼/HKT48/AKB48/ワールド・ベースボール・クラシック日本代表/黒田博樹/尖閣諸島/バレンタインデー/ONE_PIECE

キーワードで探す

 
友達を探す
掲示板を探す
ハッピーWiki
ハッピーメール
ハッピーランド
HAPPY NEWS
2010Happy Mail